Parallels Desktop for Mac User Guide

Published on May 2016 | Categories: Documents | Downloads: 33 | Comments: 0 | Views: 538
of x
Download PDF   Embed   Report

Comments

Content

Parallels Software International, Inc.

Parallels Desktop for
Mac
ユーザー ガイド

(c) 2005-2007

Copyright © 2005-2007 by Parallels Software International, Inc. All rights reserved.
Parallels、Parallels のロゴ、Compressor、および Transporter は Parallels Software International, Inc. の登
録商標であり、Coherence はその商標です。

本製品は、数多くの特許申請中のアプリケーションに使用されているテクノロジに基づいています。
本製品または本製品の派生物の配布は、事前に著作権者の書面による許可を受けない限り、いかなる
形式であっても禁止されています。
Microsoft、Windows、Windows Server、Windows NT、Windows Vista、MS-DOS は、Microsoft Corporation
の登録商標です。
Linux は、Linus Torvalds の登録商標です。
Apple、Bonjour、Mac、MacBook、iMac、Macintosh、および Mac OS は、Apple Inc. の登録商標であり、
Finder および Safari はその商標です。
Solaris は、Sun Microsystems, Inc. の商標です。
eComStation は、Serenity Systems International の登録商標です。
FreeBSD は、The FreeBSD Foundation の登録商標です。
Intel および Intel Core は、Intel Corporation の商標または登録商標です。
OS/2 Warp は、International Business Machines Corporation の登録商標です。
VMware は、VMware, Inc. の登録商標です。
本書に記載されている他のすべての名称は、各社の商標です。

目次

3

目次
はじめに

9

Parallels Desktop について .......................................................................................................................10
このバージョンでの更新情報.................................................................................................................11
このガイド書について ............................................................................................................................13
ヘルプの利用 ............................................................................................................................................15

Parallels Desktop 仮想マシン

16

仮想マシン テクノロジの概要................................................................................................................16
インテル仮想化テクノロジ (VT-x) のサポート ..................................................................................17
仮想マシンのハードウェア ....................................................................................................................18
サポートされているゲスト オペレーティング システム...................................................................19
仮想マシン ファイル ..............................................................................................................................21
仮想ディスクと実ディスクのサポート.................................................................................................23
サポートされているハードディスクのタイプ..........................................................................23
仮想ハードディスク .....................................................................................................................24
Boot Camp オプション..................................................................................................................25
CD/DVD のディスクとイメージ .................................................................................................26
フロッピーディスク イメージ ....................................................................................................26

Parallels Desktop のインストール

27

システム要件 ............................................................................................................................................27
ハードウェア要件 .........................................................................................................................28
ソフトウェア要件 .........................................................................................................................28
Parallels Desktop のインストール ...........................................................................................................29
Parallels Desktop 3.0 へのアップグレード..............................................................................................35
Parallels Desktop の起動 ...........................................................................................................................36
Parallels Desktop のアクティベーション................................................................................................36
Parallels Desktop の更新 ...........................................................................................................................38
自動更新 .........................................................................................................................................39
手動更新 .........................................................................................................................................40
Parallels Desktop のアンインストール....................................................................................................43

インターフェースの基礎

46

メイン ウィンドウ ...................................................................................................................................47
仮想マシン ダイアログの選択 ...................................................................................................48
構築ページ .....................................................................................................................................50
ゲスト OS ウィンドウ ..................................................................................................................52
ツール バー ....................................................................................................................................53
ステータスバー .............................................................................................................................56

4

目次

構築エディタ ............................................................................................................................................57
メニュー ....................................................................................................................................................58
Parallels Desktop ダイアログについて....................................................................................................60
詳細情報 ....................................................................................................................................................62
画像コピーの作成 ....................................................................................................................................63

仮想マシンの作成

64

概要 ............................................................................................................................................................64
典型的な構築 ............................................................................................................................................66
OS インストール アシスタント .............................................................................................................67
概要 .................................................................................................................................................68
Windows の高速インストール .....................................................................................................69
典型的なインストール .................................................................................................................74
カスタム インストール ................................................................................................................79
ゲスト OS のインストール .....................................................................................................................86
ゲスト オペレーティング システムのインストール..............................................................87
Windows XP を Vista にアップグレード.....................................................................................89
Windows 98 をゲスト OS としてインストール .........................................................................90
FreeBSD ゲスト OS での X Window System の構築 ..................................................................95
キーボードとマウス入力のキャプチャと解放.....................................................................................96
Parallels Tools のインストール................................................................................................................97
Parallels Tools の概要 ....................................................................................................................98
各ゲスト OS ごとに利用可能な Parallels Tools .......................................................................102
Windows 上での Parallels Tools のインストール .....................................................................103
Linux 上での Parallels Tools のインストール ...........................................................................104
Windows 98 Tools のインストール............................................................................................105
Windows NT Tools のインストール..........................................................................................107
OS/2 および eComStation ツールのインストール ...................................................................109
Solaris ネットワーク ドライバのインストール ......................................................................111
Windows での Parallels Tools のアンインストール.............................................................................113
Linux での Parallels Tools のアンインストール ..................................................................................113
Parallels Tools の更新..............................................................................................................................114

仮想マシンの実行

115

概要 ..........................................................................................................................................................116
仮想マシンの選択とオープン...............................................................................................................116
[仮想マシンの選択] ダイアログからの選択............................................................................117
仮想マシンのエイリアスを使用する .......................................................................................118
お気に入りの Windows アプリケーションを Mac OS X から起動する ...............................119
仮想マシン実行中に別の仮想マシンを開く ...........................................................................120
仮想マシンの起動と停止 ......................................................................................................................120
仮想マシンの開始 .......................................................................................................................120
仮想マシンの停止とリセット ...................................................................................................122
仮想マシンの一時停止と再開 ...................................................................................................123
仮想マシンの中断 .......................................................................................................................124

目次

5

全画面モードへの切り換え ..................................................................................................................125
コヒーレンス モードへの切り換え......................................................................................................126
Windows ゲスト OS の実行 ...................................................................................................................127
アクセラレート 3D グラフィックのサポート....................................................................................130
表示のカスタマイズ ..............................................................................................................................131
メイン ウィンドウのオプション .............................................................................................131
ツールバー ボタンの新しいアイコン セットを追加する....................................................132
コヒーレンス表示のオプション ...............................................................................................133
Parallels Tools for Windows.....................................................................................................................134
Parallels Tools Center の停止と再起動.......................................................................................135
クリップボード同期ツール オプション .................................................................................136
時刻同期ツール オプション ......................................................................................................137
ビデオ ドライバ オプション ....................................................................................................139
マウス同期ツール オプション .................................................................................................140
ネットワーク ドライバ オプション .........................................................................................141
ディスク コンパクト化ツール オプション ............................................................................142
共有フォルダ オプション .........................................................................................................143
お気に入りのアプリケーション ツール ..................................................................................144
コヒーレンス ツール ..................................................................................................................145
Linux 用の Parallels Tools .......................................................................................................................146
実行時の構築内容の変更 ......................................................................................................................147
CD/DVD-ROM ドライブの接続.................................................................................................148
フロッピードライブの接続 .......................................................................................................149
ネットワーク アダプタの接続 ..................................................................................................149
シリアル ポートの接続 .............................................................................................................150
パラレル ポートの接続 .............................................................................................................151
サウンド デバイスの接続 ..........................................................................................................152
USB デバイスの接続 ..................................................................................................................153
共有フォルダの接続 ...................................................................................................................155
CD/DVD の取り出し ..............................................................................................................................155
仮想マシンでの USB デバイスの使用................................................................................................156
仮想マシンでのプリンタのセットアップ...........................................................................................156
Mac プリンタの共有 ...................................................................................................................157
USB プリンタのセットアップ...................................................................................................158
Bonjour によるプリンタの設定 .................................................................................................158
ネットワーク プリンタのセットアップ ..................................................................................159

6

目次

コヒーレンス モードでの操作

161

概要 ..........................................................................................................................................................162
コヒーレンス モードのオプション......................................................................................................166

スナップショット と [ディスクを元に戻す] の操作

168

スナップショットの概要 ......................................................................................................................169
スナップショット マネージャ..............................................................................................................171
スナップショットの作成 ......................................................................................................................173
スナップショット間のナビゲーション...............................................................................................174
スナップショットの削除 ......................................................................................................................176
[ディスクを元に戻す] の操作...............................................................................................................176

仮想マシンの構築

178

仮想マシンでのマウスの使用...............................................................................................................178
仮想マシンにおけるネットワーク.......................................................................................................180
共有ネットワーク (NAT) ...........................................................................................................181
ブリッジ イーサネット ネットワーク .....................................................................................182
ホストオンリ ネットワーク ......................................................................................................183
仮想マシン構築の編集 ..........................................................................................................................184
一般オプション ...........................................................................................................................185
ブート オプション ......................................................................................................................187
拡張オプション ...........................................................................................................................189
セキュリティ オプション ..........................................................................................................191
コヒーレンス オプション ..........................................................................................................192
共有フォルダ オプション ..........................................................................................................194
共有アプリケーション オプション ..........................................................................................196
共有プロファイル オプション ..................................................................................................197
ビデオ オプション ......................................................................................................................199
メモリ オプション ......................................................................................................................201
フロッピー オプション ..............................................................................................................202
ハードディスク オプション ......................................................................................................204
ハードディスク拡張オプション ...............................................................................................206
CD/DVD-ROM オプション ........................................................................................................208
ネットワーク アダプタ オプション .........................................................................................210
パラレル ポート オプション .....................................................................................................213
シリアル ポート オプション .....................................................................................................215
サウンド オプション ..................................................................................................................217
USB オプション ..........................................................................................................................219
デバイスの追加と削除 ..........................................................................................................................220
ハードウェアの追加アシスタント ...........................................................................................220
ハードディスクの追加 ...............................................................................................................222
CD/DVD-ROM ドライブの追加.................................................................................................225
ネットワーク アダプタの追加 ..................................................................................................228
シリアル ポートの追加 ..............................................................................................................232
パラレル ポートの追加 ..............................................................................................................235
USB コントローラの追加 ..........................................................................................................239
デバイスの削除 ...........................................................................................................................241

目次

7

共有フォルダの使用 ..............................................................................................................................241
共有フォルダのセットアップ ...................................................................................................242
ゲスト OS での共有フォルダの表示 ........................................................................................243
共有アプリケーションの使用...............................................................................................................244
SmartSelect の使用 ..................................................................................................................................246
共有プロファイルの使用 ......................................................................................................................248
カスタムの画面解像度 ..........................................................................................................................249
Windows ゲスト OS の場合........................................................................................................250
Linux ゲスト OS の場合..............................................................................................................251

仮想マシンの管理

253

Parallels Desktop ユーザー設定の設定..................................................................................................253
[一般] タブ ...................................................................................................................................254
[メモリ] タブ ...............................................................................................................................256
[ネットワーク] タブ ...................................................................................................................258
[アピアランス] タブ ...................................................................................................................261
[アニメーション] タブ................................................................................................................263
[キーボード] タブ .......................................................................................................................265
フロッピー ディスク イメージの作成.................................................................................................268
Parallels エクスプローラの使用............................................................................................................269
Finder 上での仮想ディスクの参照 .......................................................................................................271
仮想ハードディスクでの Spotlight の使用 ..........................................................................................272
仮想マシンにおけるキーボード ショートカット..............................................................................273
仮想マシンへのマルチユーザー アクセス..........................................................................................276
仮想マシンのクローン ..........................................................................................................................278
仮想マシンの削除 ..................................................................................................................................282
仮想マシンのバックアップ ..................................................................................................................286
仮想ハードディスクのメンテナンス...................................................................................................287
仮想ディスクのコンパクト化 ...................................................................................................287

Parallels Compressor の使用

290

Parallels Compressor による仮想マシンの操作....................................................................................291
ゲスト オペレーティング システムの要件.........................................................................................292
Parallels Compressor の実行方法 ...........................................................................................................292
Parallels Compressor のオプション .......................................................................................................295
実行モード ...................................................................................................................................295
標準モードとカスタム モード ..................................................................................................296
圧縮する論理ディスクの選択 ...................................................................................................296
圧縮レベル ...................................................................................................................................297

8

目次

自動モードでの圧縮 ..............................................................................................................................299
Parallels Compressor ウィザード ...........................................................................................................302
ディスクのさらなる削減 ......................................................................................................................307

Boot Camp Windows パーティションの使用

308

概要 ..........................................................................................................................................................309
Boot Camp 用仮想マシンの作成 ...........................................................................................................310
Parallels 仮想マシンからの起動............................................................................................................312
Boot Camp からの起動 ...........................................................................................................................313
Boot Camp パーティションからの Parallels データの削除................................................................314

トラブルシューティングと制限

316

技術サポートについて ..........................................................................................................................316
Parallels チームへの問題報告................................................................................................................317
Mac OS Leopard 上での Windows 仮想マシンにおける F8 キーの使用 ...........................................318
Ubuntu Linux 6.0.6 Server のインストール...........................................................................................318
Windows システム ファイル チェッカー ............................................................................................320
Fedora 7 仮想マシン上での X Server 起動の問題 ...............................................................................320

索引

321

はじめに

9

1章

はじめに
この章では、Parallels® Desktop for Mac で使用されている一般情報を提供し、Parallels
Desktop で作成される仮想マシンの基本的特徴について紹介します。

この章の構成
Parallels Desktop について.................................................................................................. 10
このバージョンでの更新情報........................................................................................... 11
このガイド書について....................................................................................................... 13
ヘルプの利用....................................................................................................................... 15

10

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

Parallels Desktop について
Parallels® Desktop は、Windows® および他のオペレーティング システムをそれらのアプ
リケーションとともに高速で安全な仮想マシンとして、Intel® ベースの Macintosh® コ
ンピュータ上で Mac OS® X と同時に実行可能にする、強力で使いやすいソフトウェア
です。
Parallels Desktop は、ライトウェイト ハイパーバイザ、すなわち、ホスト コンピュータ
のハードウェアと Mac OS X との間で "動作する" ソフトウェアのコンパクトなレイヤ
を搭載しています。これにより、仮想マシンは大幅に安定的でセキュアになり、さらに
その性能が大きく高まります。
Parallels Desktop は、インテルの仮想化(バーチャライゼーション)テクノロジ(VT-x)
を完全にサポートしています。「インテル仮想化テクノロジ(VT-x)のサポート 『ペ
ージ 17』」のトピックを参照してください。
Macintosh コンピュータ上での複数のオペレーティング システムの実行をより円滑にす
るため、Parallels Desktop for Mac は、Parallels Transporter™、Parallels エクスプローラ、
Parallels Compressor™ など、いくつかのユーティリティを同梱しています。
Parallels Desktop は、仮想マシンを効果的に使用する上で役立つ一連の特別なツール(ユ
ーティリティとドライバ)を同梱しています(マウス同期ツール、クリップボード同期
ツール、コヒーレンス ツールなど)。これらのツールの完全な一覧と説明については、
「Parallels Tools の概要 『ページ 98』」を参照してください。

このガイド書で使用されているキーワード
プライマリ オペレーティング システム(プライマリ OS) : コンピュータ上の入出力デ
バイスを制御し、物理コンピュータの電源がオンにされた際にロードされるオペレーテ
ィング システムを指します。実際には、これは Mac OS X になります。
ゲスト オペレーティング システム(ゲスト OS) : 仮想マシンの制御の下に動作するオ
ペレーティング システムを指します。単一のコンピュータ上では、1 つのプライマリ OS
と複数のゲスト OS が同時に実行可能です。

はじめに

11

このバージョンでの更新情報
改善されたコヒーレンス
コヒーレンス ツールにより、ゲスト OS アプリケーションと Mac OS X アプリケーショ
ンがより緊密に統合されるようになりました。
ƒ

Mac OS X から Windows ファイル システムにアクセスすることができます(逆も可
能)。

ƒ

両システムのファイルの関連付けが透過的であるため、Windows ファイルを Mac OS
X アプリケーションで開いたり、Mac OS X ファイルを Windows アプリケーション
で開くことができます。

ƒ

両システムで、同じデフォルト ブラウザと電子メール クライアントを使用できます。

ƒ

Dock に Windows と Mac OS X の両方のアプリケーション アイコンを表示できます。

コヒーレンス モードが使用できるのは、Windows 2000/2003/XP/Vista ゲスト オペレーテ
ィング システムだけです。

Linux 用の Parallels Tools
Linux ユーザーも Parallels Tools を使用できるようになりました。これにより、マウスを
制御したり、Parallels Desktop ウィンドウのサイズ変更時に画面解像度を動的に変更す
ることができます。

さらに強力な Parallels Transporter
Windows または Linux のいずれかのオペレーティング システムがインストールされて
いる PC から Parallels 仮想マシンに移行するには、Parallels Transporter を使用します。
このバージョンでは、サード パーティの仮想マシン全体を、同じ構成の Parallels 仮想
マシンに変換することができます。詳細については、『Parallels Transporter ユーザー ガ
イド』を参照してください。

Parallels エクスプローラ
これは、仮想マシンを起動することなく Parallels やサード パーティの仮想マシンや仮
想ディスクの内容を表示できる、新しい便利な Parallels ユーティリティです。Parallels エ
クスプローラで仮想マシンを開くだけで、その内容を表示することができます。ある仮
想マシンから別の仮想マシンにファイルをドラッグしたり、ファイルを Mac OS X にコ
ピーすることができます。Parallels エクスプローラ は、Parallels Desktop とともにイン
ストールされます。詳しくは、「Parallels エクスプローラ の使用 『ページ 269』」と
『Parallels エクスプローラ ユーザー ガイド』を参照してください。

Spotlight 処理

12

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

Mac OS Spotlight を使用して、Finder 上にマウントされた仮想マシン ハードディスクを
検索可能になりました。詳細な情報については、「仮想ハードディスクでの Spotlight の
使用 『ページ 272』」を参照してください。

共有 Windows ディスク
Parallels Desktop の現行バージョンでは、Windows ディスクを Mac OS X デスクトップに
マウントして Finder で参照することができます。詳細については、「共有フォルダ オ
プション 『ページ 143』」を参照してください。

共有アプリケーション ツール
Mac OS X と Windows ゲスト OS 間でアプリケーションを共有するツールです。仮想マ
シンまたは Mac OS X で任意のファイルを右クリックし、Windows アプリケーションと
Mac OS X アプリケーションの結合リストから共有したいアプリケーションを選択しま
す。

改善された SmartSelect
ファイル拡張子を透過的に関連付ける機能を使用すると、Windows アプリケーションと
Mac アプリケーションの両方を使用して Mac OS X でファイルを開く場合に、同じアプ
リケーションを使用することができます。仮想マシンが稼働しているか停止しているか
に関わらず、SmartSelect を構成してお気に入りの Windows アプリケーションや Mac ア
プリケーションで開くことができます。

共有プロファイル
Parallels Desktop により、プライマリ OS とゲスト OS をさらに緊密に統合することがで
きます。デスクトップから、Mac デスクトップ フォルダやホーム フォルダ(ドキュメ
ント フォルダ、ピクチャ フォルダ、ミュージック フォルダ)に直接アクセスすること
ができ、Windows ゲスト OS の対応するフォルダ(マイ ドキュメント フォルダ、マイ ピ
クチャ フォルダ、マイ ミュージック フォルダ)にアクセスすることができます(逆も
可能)。

拡張された Boot Camp サポート
Windows XP または Windows Vista パーティションとともに Boot Camp がすでにインス
トールされている場合、仮想マシンに Windows を再インストールする必要はありませ
ん。Boot Camp パーティションをハードディスクとして使用する仮想マシンは、Parallels
Desktop のインストール時に自動的に作成されます。Boot Camp パーティションは、こ
の仮想マシンと Boot Camp のどちらからでも使用できます。詳細については、「Boot
Camp Windows パーティションの使用 『ページ 308』」を参照してください。

ハードディスクを元に戻す

はじめに

13

仮想マシンをテストする場合、この機能を使用すると便利です。構築エディタで仮想マ
シンの [ディスクを元に戻す] オプションを選択し、シャットダウン時に実行するアク
ションを [変更内容を破棄する]、[変更の適用]、[処理内容を問い合わせる] の中から選択
します。仮想マシンを起動し、テストされていないソフトウェアをインストールして、
害を及ぼす可能性がある Web サイトをブラウズします。仮想ディスクへの変更を保存
しないように選択した場合、変更は保存されません。詳細については、「ディスクを元
に戻す処理 『ページ 176』」を参照してください。

スナップショット マネージャ
スナップショット マネージャを使用すると、仮想マシンの一連のスナップショット(保
存された状態)を作成できます。いつでも仮想マシンを最新のスナップショットに戻す
ことができ、また以前の任意のスナップショットに移動してスナップショットの新しい
分岐を作成することもできます。詳細については、「スナップショット と [ディスクを
元に戻す] の操作 『ページ 168』」を参照してください。

ツール バーの新しい外観
Parallels Desktop ツール バーに、事前に定義された新しいボタンがいくつか追加されま
した。また、独自のアイコンをツール バー ボタンに追加することもできます。詳しく
は、「ツール バー ボタンの新しいアイコン セットを追加する 『ページ 132』」を参照
してください。

共有プリンタ
Macintosh コンピュータに接続されたプリンタを仮想マシンで使用できるようになりま
した。こうしたプリンタは、仮想マシンのパラレル ポートを使用して接続できます。

このガイド書について
このガイド書は、Parallels Desktop を使用して Parallels 仮想マシンを作成、構成、およ
び実行する広範なユーザーを対象にしています。

表記規則
このガイド書で使用する規則を以下の表に示します。
フォント

このフォント

ボタン、オプション、メニューとメニュー コマンド、
ウィンドウ、およびダイアログ ボックスに使用します。

14

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

このフォント

キー、パス、およびフォルダ名に使用します。

このフォント

Linux および Windows のコンソール コマンドに使用し
ます。

このフォント

ヒント、用語集の項目、および本文で言及されたオプ
ションまたはモードに使用します。

タイプ スタイ
注意


警告。
キーの組み合わ <キー>- クリック

<キー>+<キー>

メッセージを強調するために使用します。
データ損失の可能性を警告するために使用します。

キーを押し、マウス ボタンをクリックするよう指示す
るために使用します。
複数のキーを同時に押すように指示するために使用し
ます。

本文で使用する略語
このガイド書では以下の略語を使用します。
ƒ

OS。長い文中でこの略語を使用しても文の意味が変わらない場合に、オペレーティ

ング システムの代わりに使用します。
ƒ

VM。長い文中でこの略語を使用しても文の意味が変わらない場合に、仮想マシンの
代わりに使用します。

定義
プライマリ オペレーティング システム(プライマリ OS):このガイド書において、こ
の用語は、コンピュータの入出力デバイスを制御し、物理コンピュータの電源がオンに
された際にロードされるオペレーティング システム、つまり Mac OS X を指します。

ゲスト オペレーティング システム(ゲスト OS):この用語は、仮想マシンの制御の下
に動作するオペレーティング システムを指します。

はじめに

15

ヘルプの利用
Parallels Desktop では、以下に示すいくつかの方法で必要な情報を参照することができ
ます。
ƒ

『Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド』には、製品、使用方法、トラブルシュ
ーティングに関するさまざまな情報が記載されています。このガイドは、Parallels
Desktop の [ヘルプ] メニューからアクセスできます。このガイドの PDF バージョン
は 、 Parallels Desktop フ ォ ル ダ に 保 存 さ れ て い ま す 。 デ フ ォ ル ト の 場 所 は
/Applications/Parallels/ です。

ƒ

Parallels Transporter、Parallels Image Tool、Parallels エクスプローラ などのその他の
製品のユーザー ガイドは、Parallels Desktop フォルダから参照することができま
す。

ƒ

コンテキスト依存ヘルプのヘルプ ページは、アクティブ ウィンドウから F1 を押す
と開くことができます。

ƒ

製品の Web サイト http://www.proton.co.jp/products/parallels3-mac/ のサポート Web ペ
ージでは、製品のヘルプ ファイルや FAQ を参照することができます。

16

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

2章

Parallels Desktop 仮想マシン
この章では、Parallels 仮想マシン、その仕様、および基礎となるテクノロジについて簡
単に説明します。また、この章ではサポートされるゲスト オペレーティング システム
の一覧も記載します。

この章の構成
仮想マシン テクノロジの概要.......................................................................................... 16
インテル仮想化テクノロジ (VT-x) のサポート............................................................ 17
仮想マシンのハードウェア............................................................................................... 18
サポートされているゲスト オペレーティング システム ............................................. 19
仮想マシン ファイル......................................................................................................... 21
仮想ディスクと実ディスクのサポート........................................................................... 21

仮想マシン テクノロジの概要
仮想マシン テクノロジにより、ユーザーは以下のことが可能です。
ƒ

1 つ以上の仮想マシンを作成して、フルセットの標準的な仮想ハードウェアをそれ
ぞれで使用すること。

ƒ

物理コンピュータにインストールされているオペレーティング システムの種類に
関係なく、仮想マシンに任意のオペレーティング システムをインストールすること。
ゲスト オペレーティング システムとそのアプリケーションは仮想マシンの内部に
分離され、プライマリ オペレーティング システムとの間で物理ハードウェア リソ
ースを共有します。

ƒ

複数のゲスト オペレーティング システム(OS)とそれらのアプリケーションを 1 台
の物理コンピュータで同時に実行すること。オペレーティング システムを切り換え
る際に再起動する必要はありません。

ƒ

コンピュータ環境を 1 つにまとめて仮想化し、ハードウェアのコストや運用経費を
削減し、生産性を向上すること。

Parallels Desktop 仮想マシン

17

インテル仮想化テクノロジ
(VT-x) のサポート
最新の Intel プロセッサ アーキテクチャに組み込まれているインテル仮想化(バーチャ
ライゼーション)テクノロジ(VT-x)は、複数のオペレーティング システムが稼働す
るプラットフォーム用に特別に開発されました。VT 対応のプロセッサは、仮想プロセ
ッサのシミュレーションの正確さを向上させます。仮想化テクノロジの詳細は、インテ
ル サイト 『http://www.intel.co.jp/jp/technology/virtualization/index.htm』を参照してくださ
い。
インテル仮想化テクノロジは、Parallels Desktop で完全にサポートされます。Parallels
Desktop によって VT 対応の CPU が検出されると、VT-x のサポートが自動的にオンに
なります。構築エディタ] の、[一般] オプションの [拡張] タブで、[Intel VT-x サポートを
使用] が選択されていることを確認してください。VT-x が有効になっているゲスト OS
を稼動させている場合、[Parallels Desktop] ->[Parallels Desktop について] ->[詳細なオプシ
ョン] ダイアログ内の [仮想モード] フラッグに [Intel VT-x] と表示されます。

18

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

仮想マシンのハードウェア
前述のように、仮想マシンは独立したコンピュータのように動作します。各 VM には次
のハードウェアが搭載されています。
ƒ

CPU Intel Pentium。

ƒ

Intel i815 チップセット互換の汎用マザーボード。

ƒ

最大 2048 MB の RAM。

ƒ

VESA 3.0 をサポートする VGA および SVGA。

ƒ

イメージ ファイルに割り当てられた 1.44 MB フロッピーディスク ドライブ。

ƒ

最大 4 つの IDE デバイス。仮想ハードディスク ドライブ(それぞれ 20 MB から最
大 128 GB、イメージ ファイルまたは Boot Camp パーティションに割り当てられる)
または CD/DVD-ROM ドライブ(物理ドライブまたはイメージ ファイルに割り当て
られる)。

ƒ

RTL8029 互換の Ethernet 仮想ネットワーク カードを含む、最大 5 個までの仮想ネッ
トワーク インターフェース。

ƒ

最大 4 つのシリアル(COM)ポート(ソケットまたは出力ファイルに割り当てられ
る)。

ƒ

最大 3 つのパラレル(LPT)ポート(出力ファイル、または Macintosh コンピュータ
に接続されたプリンタに割り当てられる)。

ƒ

8 ポートの USB 2.0 コントローラ、および 2 ポートの USB 1.1 コントローラ。

ƒ

AC'97 互換のサウンド カード。サウンドの録音がサポートされています。

ƒ

標準の PC キーボード。

ƒ

PS/2 ホイール マウス。

Parallels Desktop 仮想マシン

19

サポートされているゲスト オ
ペレーティング システム
現行バージョンの Parallels Desktop は、以下のゲスト オペレーティング システムをサポ
ートしています。

Microsoft® Windows:
ƒ

Windows Vista™ Ultimate、Enterprise、Business

ƒ

Windows Server® 2003 Standard Edition SP0、SP1

ƒ

Windows Server 2003 Enterprise Edition SP0、SP1

ƒ

Windows Server 2003 Web Edition SP0、SP1

ƒ

Windows XP Professional SP0、SP1、SP2

ƒ

Windows XP Home SP0、SP1、SP2

ƒ

Windows 2000 Professional Edition SP4

ƒ

Windows 2000 Server SP4

ƒ

Windows 2000 Advanced Server SP4

ƒ

Windows NT® Workstation 4.0 SP6

ƒ

Windows NT Server 4.0 SP6

ƒ

Windows ME

ƒ

Windows 98

ƒ

Windows 95

ƒ

Windows 3.11

ƒ

Windows 3.1

Windows 2008(Longhorn)については、試験的にサポートされています。

Linux:
ƒ

Red Hat® Enterprise Linux 5、4、3

ƒ

Red Hat Linux 9、8、7.3

ƒ

Debian® Linux 4.0、3.1

ƒ

Fedora™ Core Linux 6、5、4、3

ƒ

SUSE® Linux 10.2、10.1、10.0、9.3、9.2、9.1、9.0

ƒ

Mandrake™ Linux 10.1、10、9.2

ƒ

Mandriva Linux 2007

ƒ

Ubuntu® Linux 7.04、6.10、6.06、5.0.4

ƒ

Xandros Busines 4.0

ƒ

CentOS 5

20

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

FreeBSD® ゲスト オペレーティング システム :
ƒ

FreeBSD 5.4、5.3、4.5、4.1

OS/2® および eComStation™ ゲスト オペレーティング システム :
ƒ

OS/2 Warp 4.5、4

ƒ

eComStation 1.2、1.1

Sun Solaris® ゲスト オペレーティング システム :
ƒ

Solaris 10、9

MS-DOS® ゲスト オペレーティング システム :
ƒ

MS-DOS 6.22

Parallels Desktop 仮想マシン

21

仮想マシン ファイル
デフォルトでは、OS インストール アシスタントで作成された仮想マシンのファイルは、
次のフォルダに配置されます。
<ユーザー名>/Documents/Parallels/<VM 名>/。ここで、<VM 名> は特定の仮想
マシンの名前です。
各仮想マシンのハードウェア構築は、拡張子 .pvs を持つ特別な構築ファイルで定義さ
れています。このファイルには、仮想マシンに設置された仮想デバイスと、それらの仮
想デバイスに接続されたファイルについてのすべての情報が記載されています。1 台の
仮想マシンは、構築ファイルとハードディスク イメージ ファイルの少なくとも 2 つの
ファイルで構成されます。通常、追加的な各仮想ハードディスク用ファイル、仮想ポー
ト用出力ファイルが存在することがあります。仮想マシンにスナップショットがある場
合、ファイルの番号で表されます。例外として、仮想マシンが 1 つの構築ファイルのみ
で構成される場合があります。このような仮想マシンは、ライブ CD から起動できます。
以下の表で、仮想マシンに関連する可能性のあるファイル タイプを説明します。
.pvs

仮想マシン構築ファイルです。1 つの構築ファイルに 1 台の仮想マシンが
定義されます。構築ファイルは、OS インストール アシスタント 『ページ
68』が新規 VM を作成した際に、生成されます。
Parallels Desktop の 1 つのインスタンスで実行できるのは、1 つの構築ファ
イル(つまり 1 台の仮想マシン)のみです。複数の仮想マシンを実行する
には、Parallels Desktop のインスタンスを複数起動する必要があります。

.sav

このファイルは、仮想マシンを一時停止または中断したときに作成されま
す。一時停止が実行された時点での仮想マシンとそのアプリケーションの
状態が記録されます。

.mem

このファイルには一時停止された仮想マシンのメモリ ダンプが含まれま
す。実行中の仮想マシンの場合、これは一時的な仮想メモリ ファイルです。

.hdd

このパッケージ(バンドル)は、Parallels Desktop 仮想マシンの仮想ハード
ディスクを表します。新規仮想マシンを作成するときは、新規の仮想ディ
スクを作成することも、既存の仮想ディスクを使用することもできます。1
つの仮想ディスクを複数の仮想マシンに設置することもできます。
詳細については、「仮想ハードディスク 『ページ 24』」を参照してくださ
い。

22

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

.iso

CD または DVD のイメージ ファイルです。ISO イメージは、仮想マシンに
よって実際の CD/DVD ディスクのように扱われます。
.iso イメージの詳細については、「CD/DVD のディスクとイメージ 『ペ
ージ 26』」トピックに記載されています。

.fdd

フロッピーディスク イメージ ファイルです。.fdd イメージ ファイルは、
仮想マシンによって実際のフロッピーディスクのように扱われます。
.fdd イメージの詳細については、「フロッピーディスク イメージ 『ペ
ージ 26』」トピックに記載されています。

.txt

シリアル ポートおよびパラレル ポートは、出力された .txt ファイルによ
ってエミュレートされます。「シリアル ポート オプション『ページ 215』」
と「パラレル ポート オプション 『ページ 213』」を参照してください。

仮想マシンを作成し、OS インストール アシスタントの Windows 高速 モードを使用し
てゲスト OS をインストールする場合、仮想マシン フォルダに unattended.fdd ファ
イルが作成されます。このファイルには、Windows XP または Windows Vista インスト
ール プロセスを制御するタスクが含まれます。
Windows OS のいずれか(Windows 2000 以降)をゲスト OS として持つ仮想マシンの場
合、以下のオブジェクトも自動的に作成されます。
ƒ

Windows Application フォルダ。このフォルダは Parallels Desktop のみ
が使用します。ここには仮想マシンで使用される Windows アプリケーションへの参
照が含まれます。参照は、ファイル拡張子を透過的にサポートするために使用され
ます。仮想マシンの実行中には、このフォルダは削除できません。

ƒ

Windows Disk フォルダ。このフォルダは Parallels Desktop のみが使用し
ます。仮想マシンで使用可能な Windows ディスクへの参照が含まれます。

スナップショットのファイル
スナップショットを持つ仮想マシンの場合、構築ファイルが配置されるフォルダには以
下のオブジェクトがあります。
ƒ

snapshots.xml - このファイルには仮想マシンのスナップショットに関する情報
が格納されます。

ƒ

Snapshots フォルダ - スナップショット ファイルはこのフォルダに配置されます。
各スナップショットに対して、以下のファイルが作成されます。
ƒ

.pvc ファイル。仮想マシンの構築ファイルのコピーが格納されます。

ƒ

.png ファイル。実行時にスナップショットが作成された場合のゲスト OS の画
像コピーが格納されます。

各仮想ディスクの .hdd バンドル ファイルには、ディスクの元の状態と、仮想マシンに
対して作成されたすべてのスナップショットのディスク差分ファイルが格納されます。

Parallels Desktop 仮想マシン

23

仮想ディスクと実ディスクのサ
ポート
このセクションでは、Parallels Desktop の仮想マシンで使用されるすべてのタイプのデ
ィスクの一覧を示し、ユーザーがこれらのディスクを用いて実行可能な基本的操作につ
いて説明します。

サポートされているハードディスクのタイプ
現行バージョンの Parallels Desktop では、仮想ハードディスクと Windows XP /SP2 また
は Windows Vista のみがインストールされた Boot Camp パーティションが、仮想マシン
から使用可能です。
注意。ライブ CD は、仮想ハードディスクを持たない仮想マシンで使用可能です。

24

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

仮想ハードディスク
仮想ディスクの容量は、20 MB から 128 GB まで設定可能です。
仮想ハードディスクは、プレーンまたは拡張可能のいずれかのフォーマットをもちます。
プレーン

プレーン仮想ディスクのイメージを格納して Mac OS X 上に常駐するファイル
は、ファイルの作成時点から固定のサイズです。このため、実ハードディスク
に空き領域がない場合でも、仮想ディスクの領域が確保されます。また、ゲス
ト OS の動作も若干高速になります。プレーン ディスクは、OS インストール ア
シスタントのカスタム モードを使用して作成できます。

拡張可能

拡張仮想ディスクのイメージを格納して Mac OS X 上に常駐するファイルは、作
成当初は小さく、ゲスト OS の仮想ハードディスクにアプリケーションやデータ
が追加されるにつれて大きくなります。ゲスト OS 側では、仮想ハードディスク
の容量は、仮想マシンの作成時に指定した容量に固定されています。プライマ
リ OS については、仮想ディスクのイメージ ファイルのサイズは、仮想ハード
ディスクに新規アプリケーションやデータを追加するにつれて大きくなりま
す。このフォーマットのディスクを使用すると、Macintosh コンピュータのハー
ドディスク上の領域が節約されます。

どちらのフォーマットのディスクも、一定のメンテナンスが必要です。詳細については、
「仮想ハードディスクの管理 『ページ 287』」を参照してください。

分割ディスク
どちらのフォーマットの仮想ディスクも、単一のディスクまたはいわゆる分割ディスク
にすることができます。デフォルトでは、分割ディスクは 2 GB ずつに分けられます。
分割ディスクは単一の .hdd バンドルとして保存されます。分割ディスクの .hdd バン
ドルには、多数のファイルのほかに 1 つの XML ファイルがあり、この XML ファイル
には他のファイルに関するすべての情報が含まれます。分割ディスクを使用すると、デ
ータへのアクセスが高速になります。

Parallels Desktop 仮想マシン

25

Boot Camp オプション
Boot Camp Windows XP/SP2 または Windows Vista インストールを用いて、これをネイ
ティブに(Boot Camp から)または Parallels Desktop から起動することができます。一
般に、Boot Camp Windows パーティションは、起動可能ディスクとして、または Parallels
仮想マシン内のデータ ディスクとして使用することができます。
Parallels Desktop は、最初の起動時に Macintosh コンピュータ上に Windows XP または
Windows Vista がインストールされた Boot Camp パーティションがあるかどうかを検査
し、コンピュータ上に他の仮想マシンがない場合は、このパーティションを使用するた
めの新規の仮想マシンを自動的に作成します。
ƒ

Windows パーティションが Mac OS X デスクトップにマウントされている場合、
Parallels Desktop はそのパーティションにインストールされているオペレーティン
グ システムを認識し、認識した OS に対して適切な仮想マシンを作成します。

ƒ

Windows パーティションが Mac OS X デスクトップにマウントされていない場合、
または Parallels Desktop がオペレーティング システムを認識できない場合、Windows
XP に対する仮想マシンが作成されます。Boot Camp パーティションに Windows Vista
がインストールされている場合、構築エディタで仮想マシンのゲスト OS のタイプ
を Windows XP から Windows Vista に変更する必要があります。

あるいは、OS インストール アシスタントを使用して、Boot Camp Windows パーティシ
ョンを起動可能ボリュームとして使用するために新規仮想マシンを作成することも、ハ
ードウェアの追加アシスタントを使用して、Boot Camp パーティションをデータ ディス
クとして既存の仮想マシンに追加することもできます。
Boot Camp Windows パーティションを初めて起動するときに、Parallels Tools が自動的に
インストールされます。Boot Camp を使用してシステムを起動する場合、Parallels Tools
によってシステムが妨害されることはありません。
注意。Boot Camp パーティションを使用する仮想マシンでは、スナップショットを作成
したり、ディスクを元に戻す機能を使用したりすることはできません。

26

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

CD/DVD のディスクとイメージ
Parallels Desktop は、実 CD/DVD ディスクおよび CD/DVD ディスクのイメージにアクセ
スできます。
現行バージョンの Parallels Desktop には、マルチセッションの CD/DVD ディスクを使用
する上での制限はありません。仮想マシンは、オーディオ CD を(コピー防止ディスク
上での制限なしに)再生することが可能です。
Macintosh コンピュータに書き込み可能な CD/DVD-ROM ドライブがあれば、これを使
って、仮想マシン内の CD または DVD ディスクに書き込みを行うことができます。
Parallels Desktop では、ISO フォーマットの CD/DVD ディスク イメージを(拡張子 .iso
をもったファイルとして)使用します。Parallels Desktop は多くのサード パーティ アプ
リケーションを用いて作成されたディスクの ISO イメージを読むことができます。さら
に、Parallels Desktop は、ディスク ユーティリティで作成されたディスクの DMG イメ
ージも読むことができます。そのようなイメージを作成する際には、そのイメージが [読
み出しのみ] および [非圧縮] であることを確認してください。
CD/DVD からゲスト OS をインストール中にエラーが発生した場合、その CD の ISO イ
メージからのインストールを試してください。ほとんどの場合、ISO イメージを使用し
た方が、ゲスト OS のインストールを迅速に、かつ少ないエラー頻度で実行することが
できます。

フロッピーディスク イメージ
最近のほとんどの Macintosh コンピュータにはフロッピー ドライブがありませんが、
Parallels Desktop 仮想マシンは仮想フロッピーディスク ドライブがあります。Parallels
Desktop は、仮想マシン フロッピー ドライブを実ディスケットのように見せるフロッピ
ー イメージ ファイルを使用することができます。Parallels Desktop はフロッピーディス
クのイメージを、.fdd 拡張子をもつファイルとして、サポートします。
ゲスト OS では、Macintosh コンピュータに接続された外部 USB フロッピー ドライブを
使用して実ディスケットにアクセスすることもできます。
Parallels Desktop では、実ディスケットのイメージを作成することはできません。空の
フロッピー イメージのみを作成できます。フロッピーディスクのイメージ作成法につ
いては、「フロッピーディスク イメージの作成 『ページ 268』」のトピックで説明さ
れています。

Parallels Desktop のインストール

27

3章

Parallels Desktop のインストール
この章では、システム要件について説明し、Parallels Desktop を Macintosh コンピュータ
にインストールする方法とアクティベーションの仕方についての情報を提供します。

この章の構成
システム要件....................................................................................................................... 27
Parallels Desktop のインストール...................................................................................... 29
Parallels Desktop 3.0 へのアップグレード........................................................................ 29
Parallels Desktop の起動...................................................................................................... 36
Parallels Desktop のアクティベーション.......................................................................... 36
Parallels Desktop の更新...................................................................................................... 38
Parallels Desktop のアンインストール.............................................................................. 43

システム要件
注意。製品をインストールする前に、コンピュータがこのセクションで述べているハー
ドウェアおよびソフトウェア要件を満たしているか、確認してください。

28

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ハードウェア要件
Parallels Desktop をインストールし正常に稼働させるには、以下のものが必要です。
ƒ

Intel 搭載 Core™ Duo または Core™ Solo Mac® Mini、iMac®、MacBook™、MacBook
Pro、Mac Pro。

ƒ

最小 768 MB の RAM。1 GB 以上を推奨。

ƒ

Parallels Desktop のインストール用に起動ボリューム上に約 200 MB のハードディス
ク空き容量。

ƒ

仮想マシンへの割り当てに十分なハードディスクの容量。

Parallels Desktop のインストール計画
現行バージョンの Parallels Desktop は、Mac OS X の起動ボリューム上にのみインストー
ルできます。Parallels Desktop は、40.5 MB のハードディスク スペースしか使いません
が、仮想マシンは さらに 多くのスペースを必要とします。デフォルトでは、Parallels
Desktop は新規の仮想マシンを、ユーザーが作成したホーム フォルダに置くように構築
されます。一般にホーム フォルダもまた、起動ボリューム上にあります。他のディス
クまたはパーティションが Macintosh コンピュータ上にある場合、これらのいずれかを
選択して、仮想マシンをここに保存することができます。
注意。外部 USB ドライブ上にある仮想マシンを使用することは、お勧めできません。
それにもかかわらず、これを使おうとする場合は、そのドライブがネイティブの Mac OS
X ファイル システムにフォーマットされているか確認してください。

ソフトウェア要件
Parallels Desktop は、Mac OS X 10.4.6 以降をプライマリ オペレーティング システムとし
て使用している場合に、正常にインストールすることができます。所有している Mac OS
X のバージョンを確認するには、メニュー バーの [Apple] メニューから [この Mac につい
て] を選択します。

Parallels Desktop のインストール

29

Parallels Desktop のインストール
Parallels Desktop のパッケージ版を購入した場合は、CD/DVD-ROM ドライブに Parallels
Desktop の CD を挿入します。[Finder] で、Parallels Desktop の CD を開き、Parallels
Desktop パッケージを開きます。
Parallels Desktop のダウンロード版を購入、または試用版を入手した場合は、ダウンロ
ードした DMG ファイルをダブルクリックして、[Parallels Desktop] ウィンドウを開きま
す。インストールを開始するには、[Install Parallels Desktop] をダブルクリックします。

30

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

1

[はじめに] ウィンドウで、[続ける] をクリックします。

Parallels Desktop のインストール

2

31

[大切な情報] ウィンドウで、Parallels Desktop 新バージョンの主な特長がリストされ
ている製品リリース ノートを読みます。[プリント] をクリックして文書を印刷する
か、[保存] をクリックしてあとで読むために保存します。完了したら、[続ける] をク
リックします。

注意。[戻る] ボタンをクリックすると、いつでも前のステップに戻ることができま
す。

32

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

3

[使用許諾契約] ウィンドウで、使用許諾契約をよく読みます。記録のため、[プリン
ト] ボタンを用いてこの使用許諾契約を印刷するか、または [保存] ボタンを用いて、
あとでこれを読むために保存しておくことをお勧めします。準備ができたら、[続け
る] をクリックします。

ポップアップ ダイアログで、使用許諾契約の使用条件に同意する場合は [同意しま
す] をクリックします。

4

[インストール先の選択] ウィンドウで、Parallels Desktop のインストール先にするハ
ードディスクを選択します。Parallels Desktop は、起動ボリューム上のみ、つまり Mac
OS X がインストールされているハードディスクのみにインストールできます。その
他のディスクがあっても選択できません。[続ける] をクリックします。

Parallels Desktop のインストール

33

5

[インストール] をクリックして Parallels Desktop のインストールを開始するか、前の
バージョンの Parallels Desktop に上書きしてインストールする場合は [アップグレー
ド] をクリックします。

6

パスワードが要求されたらこれを入力し、Return (Enter) キーを押します。

34

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

7

インストールの進捗状況は、[Parallels Desktop をインストール] ウィンドウに表示さ
れます。

8

インストーラにより、インストールが成功したことが表示されます。インストール
を完了するには、[閉じる] をクリックします。

Parallels Desktop のインストール

35

Parallels Desktop 3.0 へのアップ
グレード
通常、Parallels Desktop のアップグレード手順は、インストール手順とほぼ同じです。
「Parallels Desktopのインストール 『ページ 29』」を参照してください。

アップグレード プロダクト キーの使用
Parallels Desktop 3.0 のアップグレード プロダクト キーをご購入の場合は、前のバージ
ョンの有効な正規のキーを持っていることを確認するプロンプトが出されます。
ƒ

正規のキーを持つ、前のバージョンの Parallels Desktop をアクティベートした場合、
3.0 バージョンのインストール時にアップグレード キーを入力する必要があります。

ƒ

試用版キーを使用している場合、前のバージョンのキーと 3.0 バージョンのアップ
グレード キーの両方を入力するよう求められます。

新規仮想ディスクフォーマットへの変換
Parallels Desktop 3.0 では、新しいフォーマットの仮想ハードディスクを使用します。そ
のため、Parallels Desktop 3.0 へのアップグレード後に既存の仮想マシンを起動すると、
仮想ディスクは自動的に新しいフォーマットに変換されます。
注意。Parallels Desktop パッケージに同梱されている Parallels Image Tool を用いて、この
仮想ハードディスクをあとで古いフォーマットに変換することができます。この Image
Tool は Parallels Desktop と 同 時 に イ ン ス ト ー ル さ れ 、 ご 使 用 の Mac 上 の
/Applications/Parallels フォルダに置かれます。

Parallels Tools のアップグレード
Parallels Tools は、一度仮想マシンを起動すると自動的にアップグレードされます。

36

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

Parallels Desktop の起動
Parallels Desktop の起動方法:
Finder 上で [アプリケーション] -> [Parallels] を開き、Parallels Desktop アイコン
をダブルクリックします。

ƒ

Parallels Desktop アイコンを Dock から削除するには、単にこれを Dock の外にドラッグ
します。
警告。Parallels Desktop を使用するには、まず(正規または試用版)プロダクト キー
でこれをアクティベーションする必要があります。

Parallels Desktop のアクティベー
ション
Parallels Desktop を実行するには、プロダクト キーを用いてこれをアクティベーション
する必要があります。店頭でプログラムのパッケージ版をご購入の場合、プロダクト キ
ーはパッケージ内に同梱されています。ダウンロード版の場合は、このキーは電子メー
ルで送信されます。ご購入前に製品を評価する場合は、一定期間有効な試用版キーを取
得することができます。

Parallels Desktop のアクティベーション
Parallels Desktop をアクティベーションするには、以下の簡単なステップに従います。
9

[ヘルプ] メニューから [製品のアクティベーション] を選択します。

10 [製品のアクティベーション] ダイアログで、次のフィールドに必要事項を入力しま
す。
ƒ

[プロダクト キー] フィールドに、提供されたキーを入力します。このフィールド
に入力すると、[アクティベート] ボタンが使用可能になります。

Parallels Desktop のインストール

ƒ

37

名前と会社名を [ユーザー名] および [会社名] フィールドに入力します。この 2 つ
のフィールドは任意です。

[アクティベート] ボタンをクリックします。有効なプロダクト キーを入力すると、次
のメッセージが表示されます。"Parallels Desktop は正常にアクティベートされ
ました。ありがとうございました。" これで Parallels Desktop がアクティベーションさ
れたので、仮想マシンのビルド、構築、および実行が可能です。

試用版キーの取得
(株)プロトンのダウンロード サイト
『http://www.proton.co.jp/products/parallels-mac/trial.html』から Parallels Desktop をダウン
ロードした後は、以下のステップに従います。
1

[ヘルプ] メニューから [製品のアクティベーション] を選択します。

2

[製品のアクティベーション] ダイアログで、ライセンス情報本文内の "無償の試用キ
ーを取得" リンクをクリックします。

3

(株)プロトンの「体験版サイト」 に接続されますので、必要事項をご記入の上、
[送信] をクリックしてください。

4

無料の試用版キーが、指定された電子メール アドレスに送信されます。

試用版キーの有効期限が切れた場合、正規のプロダクト キーが必要になります。これ
を取得するには、以下のステップに従います。
1

[ヘルプ] メニューから [製品のアクティベーション] を選択します。[製品のアクティ
ベーション] ダイアログが開きます。

2

[製品のアクティベーション] ダイアログで、ライセンス情報本文の "製品用プロダク
ト キーを購入" ハイパーリンクをクリックして、(株)プロトンの「製品購入サイ
ト」を開きます。

38

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

製品登録について
Parallels Desktop を正規のプロダクト キーでアクティベーションした後で最初に製品を
起動したときに、製品を登録するように求められます。以下のメッセージが表示された
ら、[登録] ボタンをクリックします。オンライン ユーザー登録フォームが Web ブラウ
ザで開かれます。ただし、この登録フォームは、開発元の Parallels 社のもので、(株)
プロトンには無関係です。ユーザーの問い合わせ先は、開発元からの新規更新および製
品に関する通知を送信するためのみに使用されます。

Parallels Desktop の更新
Parallels Desktop には、ご使用の Parallels Desktop インストールを最新の状態に保つため
の更新機能があります。この更新機能は、コンピュータがインターネットに接続されて
いる場合のみ、使用可能です。
更新チェックは自動または手動で開始することができます。
ƒ

更新が利用可能になったら通知されるように自動更新をオンにすることをお勧めし
ます。Parallels Desktop では、Parallels サーバーが定期的にチェックされ、更新が利
用可能になったときのみユーザーに通知されます。

ƒ

自動更新だけでなく、いつでも更新を手動で開始できます。

Parallels Desktop のインストール

39

自動更新
自動更新機能を使用するには、ご使用の Macintosh コンピュータが安定したインターネ
ット接続状態にある必要があります。

Parallels Desktop の構築
Parallels Desktop を構築するには次のようにします。
1

2
3

[ヘルプ] メニューの [更新をチェック] を選択します。次のダイアログが表示されま
す。

[更新を自動的にチェック] をオンにします。
[チェックを xx 日ごとに行う] フィールドで頻度を指定します。これらのオプション
を設定すると、Parallels Desktop は Parallels サーバーにアクセスし、更新が利用可能
な場合にユーザーに通知します。

40

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

4

5

Parallels Desktop で、更新を自動的にダウンロードするには、[更新をバックグラン
ドでダウンロード] をオンにして、更新を保存するフォルダを指定します。

[OK] をクリックしてダイアログを閉じ、新規設定を適用します。

その後の操作は以下のとおりです。
ƒ

[更新をバックグランドでダウンロード] をオンにしなかった場合は、「手動更新『ペ
ージ 40』」のステップ 3 で検出された更新がユーザーに通知されます。更新を完了
するには、このセクションの残りのステップを実行してください。

ƒ

[更新をバックグランドでダウンロード] をオンにした場合は、「手動更新 『ページ
40』」のステップ 4 に示すダイアログでダウンロードされた更新がユーザーに通知
されます。更新を完了するには、このセクションの残りのステップを実行してくだ
さい。

手動更新
1

メニューの [ヘルプ] メニューから [更新をチェック] を選択します。次のダイアログ
が表示されます。

Parallels Desktop のインストール

41

このダイアログでの設定は自動更新用のもので、前のトピック「Parallels Desktop の
更新 『ページ 39』」で説明しています。
手動更新に進むには、[今すぐチェック] をクリックします。

42

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

2

アップデータが Parallels Desktop Web サーバーにアクセスし、利用可能な更新とイ
ンストールされているバージョンを比較します。インストールされているバージョ
ンより新しい更新がない場合、次のメッセージが表示されます。

3

1 つ以上の新しい更新が見つかった場合、次のダイアログにリストされます。1 つ選
択して [ダウンロード] ボタンをクリックし、ダウンロードを開始します。

4

更新がダウンロードされると、次のメッセージが表示されます。更新をインストー
ルするには、[アプリケーションの終了] をクリックして、「Parallels Desktop のイン
ストール 『ページ 29』」の場合と同じステップを実行します。

Parallels Desktop のインストール

43

Parallels Desktop のアンインスト
ール
Parallels Desktop をアンインストールするには以下のようにします。
Parallels Desktop の イ ン ス ト ー ル に 用 い た "Parallels Desktop 3.0.XXXX
Mac.dmg"
1

ファイルを探して開きます。[Uninstall Parallels Desktop] をクリックします。

44

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

2

次のダイアログで、[継続] をクリックします。
すべての SmartSelect 『ページ 246』 ファイル の関連付けを Parallels Desktop ととも
にコンピュータから取り除くには、[SmartSelect のファイル関連付けを削除] を有効
にします。

次のダイアログで、[アンインストール] をクリックします。

Parallels Desktop のインストール

45

3

パスワードの入力を求められたら入力し、Return(Enter) を押します。

4

アンインストーラにより、Parallels Desktop がコンピュータから削除され、次のダイ
アログが表示されます。[完了] をクリックします。

46

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

4章

インターフェースの基礎
この章では、Parallels Desktop のメイン ウィンドウと、Parallels Desktop メニューを含む
そのコントロールに関する情報について説明します。

この章の構成
メイン ウィンドウ.............................................................................................................. 47
構築エディタ....................................................................................................................... 57
メニュー............................................................................................................................... 58
Parallels Desktop ダイアログについて.............................................................................. 60
詳細情報............................................................................................................................... 62
画像コピーの作成............................................................................................................... 63

インターフェースの基礎

47

メイン ウィンドウ
このセクションでは、Parallels Desktop のメイン ウィンドウのさまざまな表示モードと
コントロールについて説明します。
Parallels Desktop を起動すると、コンピュータで使用可能な仮想マシンの一覧を示す [仮
想マシンの選択] ダイアログがメイン ウィンドウに表示されます。既存の仮想マシンを
選択すると、[仮想マシンの選択] ダイアログが終了し、選択された仮想マシンの [構築
ページ] が表示されます。

注意。Parallels Desktop 起動時に Macintosh コンピュータ上に仮想マシンがない場合、[OS
インストール アシスタント] が表示されます。このウィザードは、仮想マシンを新しく
作成する場合や、その仮想マシンへオペレーティング システムをインストールする場
合に便利です。詳細については、「OS インストール アシスタント 『ページ 67』」を
参照してください。
Parallels Desktop のメイン ウィンドウには、以下のものが表示されます。
ƒ

選択した仮想マシンの構築ページ(マシンが起動されていない場合)。構築ページ
の詳細については、「構築ページ 『ページ 50』」を参照してください。

48

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ƒ

単一ウィンドウ:仮想マシンを起動すると、メイン ウィンドウはゲスト OS ウィンド
ウに変わり、仮想マシンの表示領域として機能します。単一ウィンドウ モードは、
仮想マシンが稼動している場合に限り有効です。

メイン ウィンドウには、以下のビジュアル コントロールが用意されています。
ƒ

タイトル バー。Parallels Desktop ウィンドウの上部に表示されます。
ƒ

現在開いている仮想マシンのパスを表示するには、Command キーを押したまま、
このタイトル バー上の Parallels Desktop アイコンをクリックします。

ƒ

この仮想マシンのエイリアス(ショートカット)を作成するには、
Command+Option(Alt) キーを押したまま、Parallels Desktop アイコンをデスク
トップ上または Dock 内にドラッグします。

ƒ

ツール バー。詳細については、「ツール バー 『ページ 53』」を参照してください。

ƒ

ステータス バー。ウィンドウの最下部に表示され、仮想マシンが稼働している場合
に限り使用することができます。仮想マシンの状態とそのデバイスの状態が表示さ
れます。詳しくは、「ステータス バー」を参照してください。

仮想マシン ダイアログの選択
Parallels Desktop を起動すると、常に [仮想マシンの選択] ダイアログが新規ブランク仮
想マシンの [構築ページ] の上に開かれます。

インターフェースの基礎

49

[仮想マシンの選択] ダイアログには、以下の項目が含まれています。
ƒ

既存の仮想マシンの一覧。仮想マシンは、パス名ではなく、その名前でリストされ
ています。開いている仮想マシン名はグレー表示されていて、選択不可になってい
ます。

ƒ

[選択] ボタン。一覧の中で選択した仮想マシンを開くには、これをクリックします。

ƒ

[新規] ボタン。[OS インストール アシスタント] を開くには、これをクリックします。

ƒ

[選択...] ボタン。一覧の中にない(外部 USB ストレージやネットワーク上にある)
仮想マシンの場所を指定するには、これをクリックします。

ƒ

[ ダ ウ ン ロ ー ド ] ボ タ ン 。 Parallels Virtual Appliances Library
http://ptn.parallels.com/en/ptn/dir の Web ページ(英語)にアクセスするには、これを
クリックし、仮想アプライアンスを選択してダウンロードします。Parallels Virtual
Appliances はすぐに使用できる仮想マシンであり、特定のアプリケーションを実行
するために特別に構築されています(注.日本語版では、ここに含まれている仮想
マシンに対する技術サポートは一切行っておりません)。

一覧の中の仮想マシンにカーソルを置くと、ポップアップ ヘルプ タグ内に説明が表示
されます。仮想マシンの説明は、[構築エディタ] の [一般オプション] タブで記述するこ
とができます。
この一覧の中に 5 項目を越える仮想マシンがある場合、[検索] フィールドが [仮想マシ
ンの選択] ダイアログの上部に表示されます。目的とする仮想マシンの名前に含まれる
文字列(8 文字以内)を入力します。文字を入力するたびに Parallels Desktop は仮想マ
シン名をフィルタにかけ、その文字列に合致した名前の仮想マシンのみを一覧に表示し
ます。
注意。仮想マシンの名前は、[構築エディタ] 内で変更可能です。「一般オプション 『ペ
ージ 185』」のトピックを参照してください。

50

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

構築ページ

既存の仮想マシンを開いたとき、その [構築ページ] が表示されます。そのページの上
の部分には、仮想マシン名、(インストールされていてもいなくても)ゲスト オペレ
ーティング システムのタイプ、および仮想マシンの状態(実行中、停止、中断)が表
示されます。

構築内容
[構築内容] と題するメイン ウィンドウの下の部分は、仮想マシンに接続されたメモリ、
ハードディスクおよびその他のデバイスなどの仮想マシンの構築内容についての情報
を提供します。
仮想マシンの構築内容を編集するか、またはその詳細を表示するには、[構築内容] タイ
トルまたはリスト内の任意のデバイス リンクをクリックします。そうすると、[構築エ
ディタ] 『ページ 184』(仮想マシンが実行中でない場合のみ使用可能)が開きます。
ゲスト OS が実行中のときは、[構築ページ] は参照のみ可能であり、リンクは使用でき
ません。

構築ページを開くには
[表示] メニューから [VM の構築] を選択します。

インターフェースの基礎

51

仮想マシンを [仮想マシンの選択] ダイアログ内で選択するか、またはそのエイリアスを
クリックするとその仮想マシンが起動するように構築されている場合に、[構築ページ]
を開くには、以下のいずれかの手順を実行します。
ƒ

Parallels Desktop を起動します。[仮想マシンの選択] ダイアログで Command キーを
押したまま、目的の仮想マシンをハイライトし、[選択] ボタンをクリックします。

ƒ

Command キーを押したまま、仮想マシンのエイリアスをダブルクリックします。

52

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ゲスト OS ウィンドウ

単一ウィンドウ モードの場合、稼働中の仮想マシンのゲスト OS ウィンドウを介してそ
の仮想マシンと相互にアクセスすることができます。仮想マシンを起動すると、ゲスト
OS ウィンドウの [構築ページ] が単一ウィンドウ モードに変わります。ゲスト オペレ
ーティング システムがインストールされている場合、物理コンピュータの画面に表示
される場合と同じように起動プロセスが表示されます。すべてのツール バー ボタンと
多くのメニュー コマンドが使用可能になります。
仮想マシンのウィンドウの右下隅をドラッグすると、他のアプリケーション ウィンド
ウの場合と同じように、仮想マシン ウィンドウのサイズを変更することもできます。
Windows(Windows 2000 以降)とほとんどの Linux オペレーティング システムの場合、
解像度が自動的に変更されます。
ゲスト オペレーティング システムが実行中の場合、ゲスト OS ウィンドウの一部の表
示モードを以下のモードに切り換えることができます。
ƒ

全画面モード: 詳細については、「全画面モードへの切り換え 『ページ 125』」を
参照してください。

ƒ

コヒーレンス モード: 詳細については、「コヒーレンス モードへの切り換え」を参
照してください。

ƒ

単一ウィンドウ モード

インターフェースの基礎

53

単一ウィンドウへの切り替え
ƒ

全画面モードになっている場合は、Control+Option を押して Parallels Desktop メ
ニューを表示し、[表示] メニューから [単一ウィンドウ] を選択します。

ƒ

コヒーレンス モードになっている場合は、任意の Windows アプリケーションにカ
ーソルを置いて Parallels Desktop メニューを表示し、[表示] メニューから [単一ウィ
ンドウ]を選択します。

ツール バー
ツール バー ボタンは、仮想マシンの制御に使用されます。

54

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

多くのツール バー ボタンは、仮想マシンを起動したときのみ使用可能になります。ツ
ール バー ボタンをクリックすると、押されているように表示されます。
最初の 3 つのボタンは、仮想マシンを制御します。次の 2 つのボタンは、Parallels Desktop
ウィンドウの表示モードを制御します。最後のいくつかのボタンを使用すると、仮想マ
シンの状態を保存したり、仮想マシンを特定の状態にロールバックしたりすることがで
きます。
ツール バー上で使用可能なボタンは、以下のとおりです。
ƒ

- [仮想マシンの停止] ボタンは、仮想マシンを強制的に停止します。仮想マシン
を停止させるにはこのボタンを用いずに、ゲスト OS のシャットダウンを行うこと
をお勧めします。

ƒ

- [仮想マシンの中断] ボタンは、仮想マシンを中断します。中断された仮想マ
シンのウィンドウはグレー表示され、すべてのプロセスが停止されます。

ƒ

- [仮想マシンの起動] ボタンは、仮想マシンを起動します。

ƒ

- [全画面モード] ボタンは、仮想マシンを [全画面] 表示に切り換え、Mac OS X コ
ントロールが画面上に表示されないようにします。

ƒ

- [コヒーレンス] ボタンは、Parallels Desktop ウィンドウをコヒーレンス モード
に切り換えます。

ƒ

- [スナップショットの作成] ボタンは、仮想マシンのスナップショットを作成し
ます。

ƒ

- [スナップショットへの復帰] ボタンは、仮想マシンに対する変更を、最新の
スナップショット時点までロールバックします。

ƒ

- [スナップショット マネージャ] ボタンは、スナップショット マネージャを開
きます。詳細については、「スナップショット と [ディスクを元に戻す] の操作」を
参照してください。

仮想マシンが停止しているときは、
[仮想マシンの起動]



[スナップショットの作成]



および [スナップショット マネージャ]

ボタンのみが使用可能です。

仮想マシンが実行中のときは、全画面とコヒーレンスの 2 つの表示モード(画面モード)
間で切り換えることができます。

インターフェースの基礎

55

ツール バーの位置
デフォルトでは、ツール バーは Parallels Desktop ウィンドウの右側に置かれます。この
位置を希望により、ウィンドウの左側または上部にすることができます。Parallels
Desktop は、次回にアプリケーションを起動する際に、このツール バーの位置を記憶し
ています。ツール バーの位置の変更方法については、「メイン ウィンドウのオプショ
ン 『ページ 131』」を参照してください。
Parallels Desktop ウィンドウ内にツール バーが表示されない場合、Parallels Desktop ウィ
ンドウの右上隅にある
ボタンをクリックします。

ツール バー ボタン
ツール バー ボタン アイコンには、標準、Glass とModernという事前定義セットがあり
ます。これらのセットを使用することも、独自のアイコンのセットを作成して追加する
こともできます。詳細については、「ツール バー ボタンの新しいアイコン セットを追
加する 『ページ 132』」を参照してください。
以下の図に、Modern セットのボタンを示します。

56

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ステータスバー
ステータス バーは、仮想マシン実行中のデバイス情報を表示します。ステータス バー
の左側には、現在カーソルが置かれているデバイスに対するツールチップまたはその他
のメッセージ、ステータス バーの右側には、デバイスのアイコンが表示されます。

ステータス バー上にアイコンがあるデバイスは、以下のとおりです。
ƒ

ハードディスク

ƒ

CD/DVD-ROM

ƒ

フロッピーディスク ドライブ

ƒ

ネットワーク アダプタ

ƒ

シリアル ポート

ƒ

パラレル ポート

ƒ

サウンド デバイス

ƒ

共有フォルダ

ƒ

USB コントローラ

デバイスの使用中は、アイコン上に表示される以下の色の丸がデバイスの状態を示しま
す。
ƒ

緑色の丸

ƒ

オレンジ色の丸

: 読み取りが実行されているとき。
: 書き込みが実行されているとき。

デバイスを、ゲスト OS の実行中に接続または切断できる場合(実際には、ほとんどの
デバイスで可能です)、これらの操作は、デバイスのショートカット メニューを使用
して実行することができます。デバイス アイコンを右クリックして、ショートカット メ
ニューを表示し、必要なコマンドをクリックします。以下の図に、CD/DVD-ROM ドラ
イブのショートカット メニューを示します。

また、CD/DVD ディスクまたはディスク イメージを仮想マシンの CD/DVD-ROM ドラ
イブに接続したり、フロッピー イメージをフロッピー ドライブに接続したりすること
もできます。これは、必要なイメージ ファイルを Parallels Desktop ステータス バー上の
CD/DVD-ROM ドライブ の上にドラッグするという方法で行います。詳細については、
「実行中に構築内容を変更する 『ページ 147』」セクションを参照してください。

インターフェースの基礎

57

構築エディタ
[構築ページ] 上に表示されている既存の仮想マシンの構築は、[構築エディタ] 内で行う
ことができます。
[構築エディタ] を開くには、以下の手順の 1 つを実行します。
ƒ

ƒ

[構築ページ] を開いて、
ƒ

[構築内容] リンクをクリックする([一般] オプション ページが開きます)

ƒ

リスト内の任意のデバイスをクリックする([構築エディタ] が特定のデバイス ペ
ージで開かれます)

[編集] メニューから [仮想マシン] を選択する

注意。仮想マシンが実行中のときは、[構築エディタ] は使用できません。[構築ページ] の
すべてのリンクと、[編集] メニューの [仮想マシン] コマンドは使用不可の状態になって
います。
詳細な情報については、「仮想マシン構築の編集 『ページ 184』」のセクションを参照
してください。

58

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

メニュー
Parallels Desktop のメニューには、Parallels Desktop とその仮想マシンで使用可能なすべ
てのコントロールが含まれています。
以下のメニューがあります。
ƒ

[Parallels Desktop] メニューには、[Parallels Desktop について] ダイアログが表示されま
す。このメニューから、[ユーザー設定] を設定することができます。

ƒ

[ファイル] メニューを使用すると、新規仮想マシンの作成、既存の仮想マシンのオ
ープン/削除/クローンの作成などの操作を行うことができます。このメニューには、
他のコンピュータや仮想マシンからの情報をマイグレーションする [インポート] コ
マンドも用意されています。

ƒ

[編集] メニューを使用すると、仮想マシンの構築内容を編集することができます。

ƒ

[表示] メニューには、Parallels Desktop のメイン ウィンドウを、[構築ページ] または
[単一ウィンドウ] として表示するコマンドが用意されています。ゲスト OS ウィン
ドウは、全画面モード、コヒーレンス モード、または単一ウィンドウ モードに切り
換えることができます。また、ツール バーの表示方法をカスタマイズしたり、一部
のコヒーレンス モード オプションを設定することもできます。

ƒ

[アクション] メニューには、基本的な仮想マシンの開始/停止コマンド、Parallels
Tools のインストール コマンド、および内蔵ユーティリティの Parallels Compressor の
起動コマンドなどが用意されています。Windows XP 仮想マシン用として、[Windows
Vista アップグレードの準備] コマンドも用意されています。[アクション] メニューに
は、[スナップショット] セクションも含まれます。

ƒ

[デバイス] メニューを使用すると、デバイスの接続や切断、デバイスのオプション
の変更を行うことができます。一部のオプションは、仮想マシンの実行中に使用で
きます。

ƒ

[アプリケーション] メニューを使用すると、Windows と Mac の共有アプリケーショ
ンの管理や、SmartSelect 『ページ 246』 を使用したファイル拡張子の関連付けを行
うことができます。このメニューを表示してアクセスするには、Parallels Tools をイ
ンストールする必要があります。
注意。 [アプリケーション] メニューが使用できるのは、Windows 2000/XP/2003/Vista
ゲスト OS の場合だけです。

インターフェースの基礎

ƒ

59

[ヘルプ] メニューから、Parallels Desktop のオンライン ヘルプやクイック スタート
ガイドを開くことができます。製品のアクティベーションや更新のチェックを行う
こともできます。

Parallels Desktop ショートカット メニュー
Dock 内にある Parallels Desktop アイコンにはショートカット(コンテキスト)メニュー
があり、そのメニューには次のコマンドが用意されています。新規、開く、ユーザー設
定、Dock に保存、ログイン時に開く、Finder に表示、隠す、終了。このメニューには、
エイリアスに関連する実行中の仮想マシン名も表示されます。
このメニューを開くには、Parallels Desktop アイコンを右クリックします。
Windows XP/2003/Vista 仮想マシンが実行中の場合、Windows の [スタート] メニュー と
[アプリケーション] オプションがショートカット メニューに表示されます。

60

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

Parallels Desktop ダイアログにつ
いて

このダイアログを開くには、[Parallels Desktop] メニューから [Parallels Desktop について]
をクリックします。
[Parallels Desktop について] ウィンドウの上の部分には、以下の情報が表示されます。
ƒ

使用しているビルドの番号

ƒ

開発元のフル ネームとその Web サイトへのリンク

ƒ

著作権と商標情報

[ライセンス情報]。ご使用のアクティベーションのタイプおよびその他のアクティベー
ション情報が表示されます。
[製品サポート情報]。Parallels 技術サポート グループの問い合わせ先が記載されていま
す。

インターフェースの基礎

61

[購入する] および [評価する] ボタン。評価用アクティベーションを所有されているか、
またはコピーをまだアクティベートしていない場合のために提供されています。このプ
ログラムを正規のプロダクト キーでアクティベートした場合は、これらのボタンはい
ずれも表示されません。詳細については、「Parallels Desktop のアクティベーション『ペ
ージ 36』」を参照してください。
[詳細情報] ボタン。ご使用のライセンスの詳細とその他の情報が含まれるダイアログを
開きます。

62

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

詳細情報

ライセンスの詳細 :
ƒ

[ユーザー名] と [会社名] には、[製品のアクティベーション] ウィンドウで入力され
たお客様の名前と会社名に関する情報が表示されます。

ƒ

[プロダクト ID] には、ご使用の Parallels Desktop のコピーに関する識別番号、すなわ
ち、そのライセンス番号が表示されます。

ƒ
ƒ

[有効期限] には、ご使用のライセンスの有効期限の日付が表示されます。
[プライマリ OS] には、Mac OS X のみがご使用のライセンスによって許可されるプ
ライマリ オペレーティング システムとして表示されます。
注意 : 同じライセンス情報が、[製品のアクティベーション] ウィンドウにも表示され
ます。「Parallels Desktop のアクティベーション 『ページ 36』」を参照してくださ
い。

インターフェースの基礎

63

仮想マシンの特性 :
このグループには、ゲスト OS が実行されている場合にのみアクティブなインジケータ
が含まれています。ゲスト OS が実行されていない場合は、インジケータはオフになり
ます。
ƒ

[仮想モード] は、Intel VT-x 対応プロセッサで操作しており、かつ仮想マシンで VT-x
サポートが有効である場合に、Intel VT-x と表示されます。
VT-x サポートを無効にして仮想マシンを実行している場合は、この [仮想モード] は
アクセラレーション レベルを表示します。Windows NT/2000/XP/2003/Vista 以外のす
べ て の ゲ ス ト OS は 、 ソ フ ト ウ ェ ア モ ー ド 0 で 実 行 さ れ ま す 。 Windows
NT/2000/XP/2003/Vista では、ソフトウェア モード 0 で開始され、[アクセラレーシ
ョン レベル] オプションが [高い] に設定されている場合は、ソフトウェア モード 1
または ソフトウェア モード 2 に切り換わります。「仮想マシンの構築」の「拡張
タブ 『ページ 189』」を参照してください。

ƒ

[リモート セッション] は、Parallels Desktop がリモート サーバー上で実行されるか
どうかを示します。

画像コピーの作成
Parallels Desktop では、ゲスト OS の実行時に、ゲスト オペレーティング システム ウィ
ンドウの画面コピーを作成することができます。[アクション] メニューの [画面コピー
を と る ] を ク リ ッ ク し ま す 。 最 初 の 画 面 コ ピ ー フ ァ イ ル の 名 前 は 、 Parallels
Picture.png になり、デスクトップ上に置かれます。次の画面コピーは、同じ名前
に適当な数字が追加されたものになります。

64

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

5章

仮想マシンの作成
この章では、新規の仮想マシンを作成し、ゲスト オペレーティング システムをインス
トールする方法について説明します。この章には、この処理の概要と完全なステップ バ
イ ステップ手順が含まれています。

この章の構成
概要....................................................................................................................................... 64
典型的な構築....................................................................................................................... 66
OS インストール アシスタント....................................................................................... 67
ゲスト OS のインストール................................................................................................ 86
キーボードとマウス入力のキャプチャと解放............................................................... 96
Parallels Tools のインストール.......................................................................................... 97
Windows での Parallels Tools のアンインストール......................................................... 113
Linux での Parallels Tools のアンインストール .............................................................. 113
Parallels Tools の更新.......................................................................................................... 114

概要
一般的に、仮想マシン作成のプロセスは、以下のステップから構成されます。
1

仮想マシン構築の作成。ハードウェア コンポーネントから実際のコンピュータを組
み立てるようなものです。このステップは、OS インストール アシスタント 『ペー
ジ 68』を用いて行われます。Windows 高速 および 典型的 モードでは、[OS インス
トール アシスタント] は、選択されたゲスト OS 用に標準的に構成された仮想マシン
を作成します。典型的な構築以外の仮想マシンを作成するには、カスタム モードを
選択します。詳細については、「典型的な構築」を参照してください。

2

ゲスト オペレーティング システムのインストール。コンピュータのハードウェアを
入手したら、これを制御するオペレーティング システムが必要になります。Windows
XP と Windows Vista の仮想マシンに対しては、[OS インストール アシスタント] が、
仮想マシン構築とオペレーティング システムのインストールを自動的に行います。
他のゲスト オペレーティング システムに対しては、ユーザー自身が、[OS インスト
ール アシスタント] を用いて、仮想マシン構築の作成と OS のインストールを行いま
す。その他の場合のゲスト OS のインストール方法に関しては、「ゲスト OS のイン
ストール 『ページ 86』」の注意書きを参照してください。

仮想マシンの作成

3

65

ゲスト OS への Parallels Tools のインストール。Parallels Tools は、ほとんどの
Windows OS で使用でき、いくつかのツールは、Solaris、OS/2、および eComStation
で使用可能です。「Parallels Tools のインストール 『ページ 97』」を参照してくだ
さい。

これらのステップが終了すると、必要に応じて共有フォルダの設定、画面解像度の調整、
およびアプリケーションのインストールなどのような、仮想マシンの "微調整" に進む
ことができます。

66

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

典型的な構築
典型的な仮想マシンは、以下の基本的な 仮想ハードウェアを含んでいます。
ƒ

メモリ

ƒ

ハードディスク ドライブ

ƒ

フロッピー ドライブ

ƒ

CD/DVD-ROM ドライブ

ƒ

ネットワーク アダプタ

ƒ

サウンド デバイス(FreeBSD および MS-DOS の構築を除く)

ƒ

USB コントローラ(Windows 98/ME/2000/XP/2003/Vista およびすべての Linux の典
型的構築)

ƒ

OS/2 用のシリアル ポート

ƒ

Windows 95/98/ME/NT/XP/2003/Vista 用のパラレル ポート Windows ゲスト OS の構
築では、パラレル ポートは Mac SO X のデフォルトとして設定されているプリンタ
に接続されます。Parallels Desktop では、Macintosh コンピュータに接続されたプリ
ンタが検出されない場合、パラレル ポートは構築に追加されません。

注意。仮想マシンが作成された後でも、[構築エディタ] を用いてハードウェアを追加す
ることができます。
メモリ量とハードディスク サイズは、異なるゲスト OS ごとに変わります。典型的な仮
想マシンが特定のゲスト オペレーティング システムに対して設定する、メモリ量とハ
ードディスク サイズについては、以下の表を参照してください。典型的仮想マシン用
の仮想ハードディスクはつねに、拡張可能フォーマットで生成されます。
オペレーティング システ RAM, MB HDD, GB

Windows Vista, XP

512

32

Windows 2003

384

32

Windows 2000

256

32

Windows ME/98

256

8

Windows NT

128

8

Windows 95

128

2

Windows 3.11

64

2

Linux

256

32

仮想マシンの作成

FreeBSD

256

32

OS/2 Warp 4

128

2

OS/2 Warp 4.5
eComStation

256

6

その他の OS/2

128

2

Solaris

256

32

MS-DOS

32

2

その他のゲスト OS

256

8

67

OS インストール アシスタント
このセクションでは、仮想マシン作成用のメインツール - OS インストール アシスタン
ト の使用法について説明します。
[OS インストール アシスタント] を起動するには、以下のいずれかの手順に従います。
ƒ

[ファイル] メニューの [新規] を選択します。

ƒ

Parallels Desktop 起動時に開く [仮想マシンの選択] ダイアログで、[新規] ボタンをク
リックします。

68

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

概要
このアシスタントでは、いくつかのインストール モードが提供されます。Parallels
Desktop に対する習熟度にあわせて、適切なモードを選択してください。どのモードを
選択した場合でも、構築エディタ 『ページ 184』を用いて、後で仮想マシンの構築内容
を変更することができます。

Windows の高速インストール
このインストール モードは、Windows XP と Windows Vista の 2 つのゲスト オペレーテ
ィング システムに対してのみ使用可能です。OS インストール アシスタントは仮想マシ
ンの構築を作成するだけでなく、いくつかのデフォルト オプションを使用してゲスト
OS を自動的にインストールします。これは新規の仮想マシンを作成する、もっとも簡
単 な 方 法 で す 。 Windows XP ま た は Windows Vista の イ ン ス ト ー ル デ ィ ス ク を
CD/DVD-ROM ドライブに挿入するだけでよいのです。詳しくは、「高速インストール
『ページ 69』」を参照してください。このモードでは、仮想マシンは典型的な構築内
容で(詳細については、「典型的な構築 『ページ 66』」を参照してください)作成さ
れ、デフォルトのフォルダに置かれます(以下を参照)。
ご使用の Macintosh コンピュータにプリンタが接続され、デフォルト プリンタとして設
定されている場合、OS インストール アシスタントはそのプリンタを、パラレル ポート
を介して仮想マシンに接続します。
オペレーティング システムのインストール後、このアシスタントは自動的に Parallels
Tools をインストールします。

典型的なインストール
この方法は、新規のユーザーおよび仮想マシンの迅速な作成のためのものです。この方
法を選択すれば、インストールするゲスト オペレーティング システムのタイプとバー
ジョン、仮想マシンの構築ファイルを置く場所のみを指定するだけで済みます。OS イ
ンストール アシスタントは、(選択されたゲスト OS の) 典型的な仮想マシンを構築し、
対話式インストールでゲスト OS のインストールを開始します。「典型的なインストー
ル 『ページ 74』」を参照してください。

カスタム インストール
カスタム インストールは、習熟したユーザーのためのものです。これにより、典型的
な構築以外の構築を行うことができます。このインストール モードを選択すると、ユ
ーザーは、RAM サイズ、仮想ハードディスクのサイズとフォーマット、およびネット
ワーク オプションのような基本的なハードウェア オプションを指定するよう要求され
ます。デバイスをあとでこの仮想マシンに追加する場合は、[構築エディタ]『ページ 184』
を用いて行います。OS インストール アシスタントは仮想マシンを構築した後、ゲスト
OS のインストールを開始します(そのようなオプションが選択されている場合)。「カ
スタム インストール 『ページ 79』」を参照してください。

仮想マシンの作成

69

仮想マシンのデフォルトのフォルダ
デフォルトでは、Parallels Desktop は新規の仮想マシンを、それを作成したユーザーの
ホーム フォルダに置きます。
<ユーザー名>/Documents/Parallels/
ここで、<ユーザー名> はユーザーのホーム フォルダを表します。
ただし、仮想マシンをデフォルト以外のフォルダに置くこともできます。
仮想マシン保存用のデフォルト以外のフォルダを指定するには、以下の手順に従います。
4

[Parallels Desktop] メニューの [ユーザー設定] を選択します。

5

[ユーザー設定] ウィンドウの [一般] タブで、[仮想マシンのデフォルト フォルダ] フ
ィールドに、仮想マシンの保存先ボリュームとフォルダを指定します。この設定は、
デフォルトの場所として使用されます。

注意。仮想マシン作成時にそのフォルダを指定することができます。既存の仮想マシン
を、その作成後に別のフォルダに移動することも可能です。

Windows の高速インストール
1

Parallels Desktop を起動します。[仮想マシンの選択] ダイアログの [新規] ボタンをク
リックするか、または [ファイル] メニューの [新規] を選択します。OS インストー
ル アシスタントのウィンドウが表示されます。

70

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

2

[Windows 高速] オプションを選択します。[次へ] をクリックします。

3

Windows XP または Windows Vista を選択します。自動インストールは、これら 2 つ
のオペレーティング システムに対してのみ可能です。

4

Windows のプロダクト キーと、オペレーティング システムのインストールに必要
な個人情報を入力します。ただし、これらに日本語文字は入力できません。

仮想マシンの作成

5

71

デフォルトでは、仮想マシン名は、インストールされるオペレーティング システム
の名前になります。同じ名前の仮想マシンが既に存在する場合、別の名前を指定す
るように求められます。この名前は 50 文字以内にする必要があります。仮想マシン
にデフォルトの場所以外の場所を指定する場合は、[詳細なオプション] をクリック
します。この仮想マシンをこの Mac の他のユーザーと共有する場合、[Mac 上の他の
ユーザーと仮想マシンを共有] オプションを選択します。この場合、仮想マシン フ
ァイルは、Mac 上の Users/Shared フォルダに保存されます。

72

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

6

コンピュータ リソースを仮想マシンまたは Mac OS X のどちらに割り振るかを選択
します。

7

選択した Windows OS のインストール ディスクを持っている場合、これを Macintosh
コンピュータの CD/DVD-ROM ドライブに挿入します。

仮想マシンの作成

73

インストール ディスクの ISO イメージを持っている場合、[詳細なオプション] をク
リックして、使用可能なオプションの一覧を開きます。[ISO イメージ] オプション
を選択し、[選択...] ボタンを選択して、そのイメージ ファイルのパスを指定します。

8

[完了] をクリックし、その後は Parallels Desktop をしばらくそのままにしておきま
す。新規の仮想マシンが作成され、ゲスト OS がインストールされます。Parallels
Desktop はゲスト OS をインストールし、そのすぐ後に、Parallels Tools をインストー
ルします。

9

自動インストール中に、Parallels Desktop は空白パスワードの Administrator アカウン
トを作成します。このゲスト OS インストールの終了後、データの安全性を保護す
るために、このパスワードを変更することをお勧めします。
Windows XP(Professional)の Administrator パスワードを変更するには :
- [スタート] メニューをクリックし、[コントロール パネル] -> [管理ツール] -> [コンピ
ュータの管理] を選択します。
- [コンピュータの管理] ウィンドウで、[システム ツール] -> [ローカル ユーザーとグ
ループ] -> [ユーザー] を開きます。[Administrator] アカウントを右クリックし、ポップ
アップ メニューから [パスワードの設定] を選択します。
Windows Vista で Administrator パスワードを変更するには :
- [スタート] メニューをクリックし、[コントロール パネル] -> [ユーザー アカウント
と家族のための安全設定] -> [Windows パスワードの変更] を選択します。
他のバージョンの Windows でパスワードを変更するには、[スタート] -> [ヘルプとサ
ポート] で、Microsoft のヘルプを参照してください。

74

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

トラブルシューティング
Windows 高速インストール モードを使用して仮想マシンにインストールされた、
Windows XP および Windows Vista のローカライズ バージョンでは、問題が発生する場
合があります。Mac OS X のデフォルト言語が英語に設定されていて、仮想マシンに
Windows のローカライズ バージョンをインストールする場合、Windows の [スタート]
メニュー オプションまたは [すべてのプログラム] 一覧が正しく表示されない問題が発
生する可能性があります。
この問題に対処するには、Mac OS X の言語および地域設定を Windows のローカライズ
言語と同じ言語に設定してください。ゲスト OS のインストールが完了したら、言語お
よび地域設定を元の値に戻すことができます。

典型的なインストール
1

Parallels Desktop を起動します。[ファイル] メニューの [新規] を選択します。OS イ
ンストール アシスタントが起動されます。

仮想マシンの作成

75

2

[標準] オプションを選択します。継続するには、[次へ] ボタンをクリックします。

3

次のダイアログでは、新規の仮想マシンにインストールするゲスト オペレーティン
グ システムのタイプとバージョンを指定します。ゲスト オペレーティング システ
ムを指定したら、[次へ] をクリックします。

76

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

4

次に、仮想マシンの名前を指定します。この名前は、VM の識別、とりわけ、同じ
オペレーティング システムを実行する複数の VM の作成を検討している場合に必
要とされます。この名前は 50 文字以内にする必要があります。仮想マシン構築ファ
イルとハードディスク ファイルは同じデフォルトのフォルダに置かれます。デフォ
ルトの宛先フォルダを新規に設定するには、[Parallels Desktop] メニューから [ユーザ
ー設定] を選択し、[一般] タブを開きます。「Parallels Desktop のユーザー設定の設定」
セクションの「一般タブ 『ページ 254』」のトピックを参照してください。

5

コンピュータ リソースを仮想マシンまたは Mac OS X のどちらに割り振るかを選択
します。

仮想マシンの作成

6

77

選択したオペレーティング システムのインストール ディスクを持っている場合、こ
れを CD/DVD-ROM ドライブに挿入して [終了] をクリックします。
ISO イメージ ファイルに OS インストール ファイルがある場合、[詳細なオプション]
をクリックします。[ISO イメージ] オプションを選択し、イメージ ファイルを選択
します。[完了] をクリックして、インストールを開始します。
ゲスト OS のインストールをすぐに行わない場合、[ <ゲスト OS> のインストールを
開始します] オプションのチェック ボックスをクリアします。インストールをあと
で行う方法に関しては、「ゲスト OS のインストール 『ページ 86』」のセクション
を参照してください。

78

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

注意。 Mac OS バージョンが Mac OS Leopard であり、Windows ゲスト OS のインス
トール時に F8 キーを使用したい場合は、「Windows 仮想マシンでの F8 キーの使用
『ページ 318』」のトピックを参照してください。

インストールが終了したら、Parallels Tools がゲスト OS で使用可能な場合には、これを
インストールします。「Parallels Tools のインストール 『ページ 97』」のセクションを
参照してください。

仮想マシンの作成

79

カスタム インストール
1

Parallels Desktop を起動します。[ファイル] メニューの [新規] を選択します。[OS イ
ンストール] ダイアログで、[カスタム] オプションを選択します。[次へ] をクリック
します。

2

[ゲスト OS の選択] ダイアログで、新規の仮想マシンにインストールするゲスト オ
ペレーティング システムのタイプとバージョンを指定します。[次へ] をクリックし
ます。

80

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

3

次のダイアログでは、新規仮想マシンの RAM のサイズを設定します。コンピュー
タにインストールされている物理 RAM の半分以下を割り当てることを強くお勧め
します。4 MB から 1500 MB までの任意の値を選択することができます。メモリ サ
イズは 4 の倍数 MB にしてください。[次へ] をクリックします。

仮想マシンの作成

81

4

新規の仮想ハードディスクを作成するか、既存の仮想ハードディスクを使用するか、
Boot Camp パーティションを使用するか、またはハードディスクをまったく追加し
ないかを決定します。既存のハードディスク イメージを使用する場合は、この手順
のステップ 8 に直接進んでください。ハードディスクをまったく追加しない(代わ
りにライブ CD を使用する)場合は、ステップ 9 に進んでください。Boot Camp パ
ーティションの使用法については、「Boot Camp パーティションの使用 『ページ
308』」の章を参照してください。

5

前のステップで新規の仮想ディスクを作成することを選択した場合は、ディスクの
サイズとフォーマットを指定してください。ディスクフォーマットのオプションに
ついては、このダイアログで簡単に説明されていますが、詳細な説明は、「仮想デ
ィスクのフォーマット 『ページ 24』」トピックに記載されています。[次へ] をクリ
ックします。ステップ 7 に進みます。

82

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

6

ステップ 4 で、仮想マシンのハードディスクに既存のイメージ ファイルを使用する
ことにした場合は、このディスク イメージを保存する場所を指定する必要がありま
す。[選択...] ボタンを用いて、この場所を指定するか、またはフィールド内にパス付
きのファイル名を直接指定します。

仮想マシンの作成

83

7

仮想マシンの名前を指定します。この名前は、同じオペレーティング システムを実
行する複数の VM の作成を検討している場合に重要です。この名前は 50 文字以内に
する必要があります。デフォルトでは、この仮想マシン用に作成されたすべてのフ
ァイルは、デフォルトの場所の同じ新規フォルダに保存されます。このデフォルト
の場所は、[ユーザー設定] の [一般] タブ 『ページ 254』上で指定されます。この仮
想マシン ファイルを特定の場所に置く場合は、[詳細なオプション] を開きます。こ
の入力フィールド内には、構築ファイルのデフォルトのパスと名前が表示されてい
ます。[選択] ボタンをクリックするか、またはフィールド内にパスを直接入力しま
す。

8

コンピュータ リソースを仮想マシンまたは Mac OS X のどちらに割り振るかを選択
します。

84

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

9

次のダイアログでは、新規の仮想マシンのネットワーク タイプを指定します。ここ
では、[共有ネットワーク] を推奨します。VM を外部からアクセス可能にしなくて
も、インターネットにアクセスできます。(それぞれのタイプのネットワークの違い
に関する詳細な情報については、「仮想マシンのネットワーク 『ページ 180』」を
参照してください。) 物理ネットワーク インターフェース カードがないか、または
この仮想マシンがネットワークにアクセスする必要がない場合は、[ネットワークは
不要] オプションを選択します。

仮想マシンの作成

85

[次へ] をクリックします。[ホスト オンリ ネットワーク]、[共有ネットワーク]、また
は [ネットワークは不要] を選択した場合は、この手順のステップ 11 に進んでくださ
い。

10 新規の VM に対して [ブリッジ イーサネット] ネットワーク オプションを選択した
場合、この画面では、仮想アダプタに接続される実アダプタを指定する必要があり
ます。リストの中から 1 つを選択して、[次へ] をクリックします。

86

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

11 最後に、ゲスト OS のインストールに進むよう求められます。
ゲスト OS のインストール ディスクを持っている場合、これを挿入して [終了] をク
リックします。
ISO イメージ ファイルにゲスト OS のインストール ファイルがある場合、[詳細なオ
プション] をクリックして、[ISO イメージ] オプションを開きます。ファイルの場所
を指定するには、[選択...] ボタンを使用します。
既存の仮想ディスクの使用を選択したか、またはインストールを後で行う場合は、
ゲスト OS のインストールをスキップすることができます。[<ゲスト OS> のインス
トールを開始します] オプションのチェック ボックスをクリアします。インストー
ルをあとで行う方法に関しては、「ゲスト OS のインストール 『ページ 86』」のセ
クションを参照してください。
注意。 Mac OS バージョンが Mac OS Leopard であり、Windows ゲスト OS のインス
トール時に F8 キーを使用したい場合は、「Windows 仮想マシンでの F8 キーの使用
『ページ 318』」のトピックを参照してください。

インストールが終了したら、Parallels Tools がゲスト OS で使用可能な場合には、こ
れをインストールします。「Parallels Tools のインストール 『ページ 97』」のセク
ションを参照してください。

ゲスト OS のインストール
このセクションでは、仮想マシンにオペレーティング システムをインストールする方
法について説明します。

仮想マシンの作成

87

ゲスト オペレーティング システムのインストール
CD または DVD より、あるいはそのような CD/DVD のイメージ ファイルより、仮想マ
シンにゲスト オペレーティング システムをインストールすることができます。一部の
オペレーティング システムは、ISO イメージでのみ使用可能です。
ディスク読み込みの問題のため、インストールが実 CD/DVD から実行できないことが
あります。そのような場合、このディスクの ISO イメージから OS をインストールして
みることをお勧めします。CD/DVD の ISO イメージは、任意のサード パーティ製イメ
ージ作成ユーティリティを使用して作成できます。一般に、ISO イメージからのインス
トールの方が迅速に実行されます。
いくつかのオペレーティング システムは、フロッピーディスクからしかインストール
されません。ほとんどの インテル ベースの Macintosh コンピュータには、フロッピー ド
ライブはありません。それにも関わらず、そのような OS は、インストール フロッピー
のイメージ、または実フロッピー ドライブと外部 USB フロッピー ドライブから作成し
たイメージを用いてインストールすることができます。フロッピーディスクのイメージ
作成法については、「フロッピーディスク イメージ 『ページ 26』」のトピックで説明
されています。

一般的なステップ
1

Parallels Desktop を起動します。

2

[ファイル] メニューから [新規] を選択して、OS インストール アシスタントを起動
します。Windows XP または Windows Vista をインストールする場合は、[Windows 高
速インストール] オプションを選択します。他のゲスト OS の場合は、[典型的なイ
ンストール] または [カスタム] オプションを選択します。ゲスト OS の指定は仮想
マシンのパフォーマンスに影響を及ぼすため、正しく指定してください。

物理 CD/DVD または ISO イメージからのインストール方法
1

ディスクを CD/DVD-ROM ドライブに挿入します。
仮想マシンの [構築ページ] 『ページ 50』 上で、対象の CD/DVD-ROM ドライブをク
リックして、[構築エディタ] のオプションを開きます。[使用可能] と [起動時に接続]
オプションが選択されていることを確認します。

2

ゲスト OS インストール メディアを CD/DVD-ROM ドライブに接続します。
ƒ

実 CD/DVD からインストールする場合
[CD/DVD-ROM を使用] オプションを選択し、[CD/DVD-ROM ドライブ] リスト内の仮
想デバイスに接続する実ドライブを指定します。
オペレーティング システム ファイルの入った CD/DVD ディスクをコンピュー
タの適当なドライブに挿入します。

ƒ

.iso イメージ ファイルからインストールする場合
[イメージ ファイルを使用] オプションをチェックし、その .iso ファイルへのパ
スを [イメージ ファイル] フィールド内に指定します。

88

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

3

仮想 CD/DVD-ROM 用の IDE チャンネルを指定します。[IDE スロット] リスト内で、
[0:1] を選択します。

4

[構築エディタ] で [OK] をクリックし、変更内容を保存します。

5

をクリックして、仮想マシンを起動しま
ツール バー上の [仮想マシンの開始]
す。以下、オペレーティング システムのインストール手順に従います。

注意。Windows ゲスト OS をインストールする際に、仮想マシン上で F8 または他のフ
ァンクション キーを押す必要がある場合があります。MacBook および MacBook Pro キ
ーボードを使用する場合は、代わりに Fn+F8 キーの組み合わせを押してください。Fn
キーを押す必要がないように、Mac の構成を変更することができます。「仮想マシンで
のキーボード ショートカット 『ページ 273』」トピックの「MacBook および MacBook Pro
で F1-F12 と他のファンクション キーを押す方法」を参照してください。

フロッピー イメージからのインストール方法
6

フロッピー ドライブを選択して、そのオプション タブを開きます。
仮想マシン [構築ページ] 『ページ 50』 上で、[フロッピー] リンクをクリックして、
[構築エディタ] 内の [フロッピー オプション] 『ページ 202』 を開きます。[フロッピ
ー オプション] タブ内で、[使用可能] と [起動時に接続] オプションが選択されてい
ることを確認してください。
OS インストールの入ったフロッピー イメージ ファイルへのパスを、[イメージ ファ
イル] フィールド内に指定します。

7

ツール バー上の [仮想マシンの起動]
をクリックして、仮想マシンを起動しま
す。以下、オペレーティング システムのインストール手順に従います。

仮想マシンの作成

89

ゲスト OS の再インストール
まず仮想マシンを用いると、ゲスト OS を再インストールする必要がなく、新規の仮想
マシンを作成し、ゲスト OS をインストールして、必要なすべてのデータを新しい仮想
マシンに移動したあとで古いマシンを削除するだけで結構です。
もし、それにも関わらず、ゲスト OS を古い VM に再インストールする場合は、以前イ
ンストールされていた OS 以外の OS をインストールしないようにしてください。以前
インストールされていたものと同じゲスト OS のみを再インストールする必要があり
ます。
ゲスト オペレーティング システムを再インストールまたは修復したい場合、以下のよ
うにブート シーケンスを変更する必要があります。
ƒ

[構築ページ] 上の任意のデバイス リンクをクリックして、[構築エディタ] を開きま
す。次に [一般オプション] 『ページ 185』 の [ブート] オプション タブを開きます。

ƒ

CD/DVD またはフロッピーディスクからそれぞれインストールする場合は、ブート
シーケンスを [CD-ROM、HDD、フロッピー] または [フロッピー、HDD、CD-ROM] に設
定します。

インストール中にゲスト OS が最初に再起動したら、以下のように、ブート シーケンス
をハードディスクからの起動に戻します。
ƒ

仮想マシンを電源オフにしたとき、[HDD、CD-ROM、フロッピー] シーケンスに設定
し、ゲスト OS を起動します。

Windows XP を Vista にアップグレード
すでに Windows XP(Home または Professional エディション)の仮想マシンをお持ちの
場合、このオペレーティング システムを対応する Windows Vista の 1 つに "同じ場所で
アップグレード" することができます。そのようなアップグレード パスが正式に存在す
るかどうかは、Microsoft のウェブをチェックしてください。このアップグレード中に
は、オペレーティング システムのみが影響を受けるため、その仮想マシン内のアプリ
ケーションを再インストールする必要はありません。

Windows XP 仮想マシンのアップグレード方法
1

Windows の [スタート] メニューを用いて、ゲスト オペレーティング システムをシ
ャットダウンします。

2

Windows Vista アップグレード ディスクを挿入します。

3

[アクション] メニューから [Windows Vista アップグレードの準備] コマンドを選択し
ます。

4

必要な準備がすべて完了したら、仮想マシンは自動的に起動されます。

5

Windows Vista へのアップグレードが自動的に開始されます。以下、表示される画面
上の指示に従います。

90

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

実際に Windows XP 仮想マシンのアップグレードを開始する前に、[Windows Vista アップ
グレードの準備] の操作を実行し、Windows XP の動作を継続することができます。最終
的に、Windows Vista へのアップグレードを行わないことに決めた場合には、[構築エデ
ィタ]、[オプション] -> [一般オプション] タブを用いて、[OS バージョン] フィールド内の
Windows Vista の値を Windows XP に変更することができます。

Windows 98 をゲスト OS としてインストール
すべての Windows 95 といくつかの Windows 98 インストール パッケージは、起動可能
なフロッピー(スタートアップ フロッピーディスク)を含んでいます。フロッピーは、
MS-DOS を用いたディスクのパーティション作成とフォーマットに使用されます。最近
の Macintosh コンピュータにはフロッピー ドライブがありませんので、外部 USB フロ
ッピー ドライブを用いて作成したイメージが必要になります。「フロッピーディスク
イメージ 『ページ 26』」のトピックを参照してください。
起動可能な Windows 98 インストール CD をお持ちの場合には、これを "そのまま" 用い
るか、あるいはこの CD の ISO イメージを作成することができます。
以下、スタートアップ フロッピー イメージ、およびインストール ファイルの入った
CD-ROM をお持ちの場合の、Windows 98 インストール手順について説明します。
Windows 95 のインストールについても、これと類似した手順で行われます。

Windows 95/98 インストールのための仮想マシンの準備
Windows 98 に対して典型的な構築(128 MB RAM および 6 GB ハードディスク)で作成
した仮想マシンを使用することをお勧めします。カスタムな構築で生成した場合、仮想
マシンの RAM とハードディスク サイズが各 OS の用件に適合することを確認してくだ
さい。
注意 Windows 95 においては、2 GB を越える仮想ハードディスクを作成しないでくださ
い。このディスクはシステムではサポートされていません。
起動可能なフロッピー イメージをお持ちの場合、以下の操作を実行します。
1

[OS インストール アシスタント] の最後のダイアログ上の [詳細なオプション] 内で、
[Windows 95/98 のインストールを開始します] オプションのチェック ボックスをクリ
アし、[終了] をクリックします。

2

[構築エディタ] 内の [ブート オプション] 『ページ 187』 タブを開き、ブート シーケ
ンスを [フロッピー、HDD、CD-ROM] に設定します。

3

[構築エディタ] 内の [フロッピー オプション] タブを開きます。

4

[使用可能] および [起動時に接続] オプションが選択されていることを確認します。
タブの [エミュレーション] セクション内にフロッピー イメージを指定します。

5

[OK] をクリックして、[構築エディタ] を閉じます。

仮想マシンの作成

91

初期のパーティション作成とフォーマット
6

仮想マシンを起動します。黒い背景に MS-DOS への起動プロセスを示すメッセージ
が表示されます。

7

プロンプトが表示されたら、次のコマンドを入力します。

fdisk

そして、 Return (Enter) を押します。この MS-DOS ユーティリティ Fdisk は、ハ
ードディスクとフロッピーのパーティション作成に使用されます。
8

画面上に Fdisk オプションが表示されますので、実行する操作を選択します。デフ
ォルトでは「1」が選択されています。 Return (Enter) を押します。

9

Fdisk はパーティションの作成を促します。1 つのみまたは 4 つ以下のパーティシ
ョンしか必要でない場合は、基本 MS-DOS 領域を作成 オプションを選択します。

92

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

他の選択は、4 つを越えるパーティションを作成する場合に用います。「1」を入力
し、Return (Enter) を押します。
10 Fdisk は、基本領域(パーティション)のサイズを問い合わせます。使用可能な最大
サイズのパーティションを作成する場合は、Return (Enter) を押します。
他のサイズを指定するには、N を入力し、Return (Enter) を押します。サイズを
指定するように求められます。

仮想マシンの作成

93

11 Fdisk はパーティションを作成し、コンピュータ(仮想マシン)の再起動を求めます。
12 同じ起動フロッピーのイメージを用いて、仮想マシンを再起動します。すなわち、
Ctrl+Option(Alt) キーを押してキーボード入力を解放し、[電源オフ] ボタン
)をクリックして、仮想マシンを停止します。そして、[電源オン] ボタン(

をクリックします。



13 起動後、システム ドライブ C: のフォーマットを求められます。以下のコマンドを
入力します。
format c:

プロンプトが出されたら、ディスク C: をフォーマットすることを確認します。y と
入力し、Return(Enter) を押します。
ディスクをどのようにフォーマットするか問い合わせられます。Windows 95/98 は
FAT16 および FAT32 ファイル システムをサポートしています。
FAT16 パーティションは、2 GB を越えることはできません。これより大きいディス
クは、FAT32 でフォーマットできます。レガシー アプリケーションを実行する場合
は、大きいサイズのディスクは使用しないでください。
プログラムはディスク C: のフォーマットを開始します。
(複数の基本パーティションを作成したか、または複数のディスクをもったカスタ
ム仮想マシンを作成した場合に)他のディスクもフォーマットします。E:、F: のド
ライブ文字を使用します。

94

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

14 各ディスクのラベルを(11 文字以内で)入力します。このラベル名の入力はオプシ
ョンであり、Return (Enter) を押して、このステップをスキップすることができ
ます。
15 仮想マシンをシャットダウンします。
これで、システムのインストールを開始する準備ができました。

Windows 98 インストールの一般的ステップ
1

同じ起動フロッピー イメージを用いて、仮想マシンを起動します。

2

Windows 98 のインストール CD を挿入するか、または [デバイス] メニューで
[CD/DVD-ROM] -> [イメージに接続] を選択して、インストール ディスクの ISO イメー
ジに接続します。

3

1 つの基本パーティション(ディスク C:)のみ作成した場合、デフォルトでは、
CD-ROM ドライブのドライブ文字は D: になります。以下のコマンドを入力します。

D:\setup.exe

そして、Return(Enter) を押します。インストールが開始され、ファイルが CD か
ら仮想ハードディスクへコピーされます。
4

以下、画面に表示されるセットアップ メッセージに従います。オプションは、後で
追加または削除可能です。

5

「使用許諾契約」 を読んでこれを受け入れます。プロダクト キーを入力します。

6

デフォルトのシステム ディレクトリを確認するか、または他のディレクトリを指定
します。

7

[セットアップ オプション] ダイアログではインストールのタイプを選択します。
[標準] を推奨します。

8

(Windows 98 のみ)ネットワークを使用する場合、ネットワーク カードについて
問い合わせられたらこれを選択します。

9

仮想マシンを電源オフにします。

10 インストール CD を取り出すか、または ISO イメージを切断します。
11 [構築エディタ] を開きます。ブート シーケンスを [HDD、フロッピー、CD-ROM] に設
定します。[構築エディタ] を閉じます。
12 仮想マシンを再起動します。今度はハードディスクから起動されます。
13 Parallels Tools のインストール : [アクション] メニューの [Parallels Tools のインストー
ル] を選択します。

仮想マシンの作成

95

Windows 95/98 ゲスト OS では、サウンド ドライバおよび(あるケースでは)ビデオ ド
ライバの手動インストールが必要になります。「Windows 98 Tools のインストール 『ペ
ージ 105』」のトピックを参照してください。
手動インストールが必要なドライバは、Parallels Desktop がインストールされたのと同
じフォルダ /Library /Parallels /Tools にある、CD イメージ VMTools.iso の
中にあります。
仮想マシンをインターネットに接続することが可能です。ホスト オンリ ネットワーク
は、Windows 95/98 およびこれ以前のバージョンでは使用できません。

FreeBSD ゲスト OS での X Window System の構築
FreeBSD ゲスト OS で X Window System グラフィック シェルを使用する場合、これを手
動 で 構 築 す る 必 要 が あ り ま す 。 自 動 構 築 コ マ ン ド X -probeonly ま た は X
-configure は動作しません。X Window System は、xorgconfig テキスト ユーティ
リティ、または xorgcfg グラフィカル ユーティリティを用いて構築できます。これら
を実行するには、root 権限が必要です。
手動構築を開始するには :
1

仮想マシンを起動します。root としてログインします。

2

コマンド行に、以下のコマンドの 1 つを入力します。

xorgconfig

または
xorgcfg

注意。構築時には、ホスト コンピュータではなく、仮想マシンのビデオ カード、その
メモリおよび画面解像度を指定してください。
3

ビデオ カードについては、Generic VESA compatible を選択します。

4

4096K のビデオ メモリ(Parallels 仮想マシンのデフォルト値)を選択します。仮想
マシンの [構築エディタ] でこのビデオ メモリの量を変更した場合は、その現在の値
を選択してください。

5

色深度に対する画面解像度を選択するときは、特定の色深度に対して選択した解像
度が仮想マシンのビデオ カードのメモリの要求を超えないことを確認してくださ
い。4096K ビデオ カードでは、16 ビット色に対して 800x600 を超える解像度を選
択しないでください。

96

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

キーボードとマウス入力のキャ
プチャと解放
このセクションでは、仮想マシン内の入力デバイス(マウスやキーボードなど)の入力
をキャプチャおよび解放する方法を説明します。Parallels Tools パッケージは、ほとん
どの Windows および Linux OS で使用でき、入力デバイスの入力を容易にキャプチャし
たり解放したりする特殊なツールが含まれています。

Parallels Tools がない場合
一般的に、Mac OS X とゲスト OS では同じ入力デバイスを使用します。ゲスト OS のイ
ンストール中または通常の操作中に仮想マシンを起動するときは、仮想マシン内でコン
ピュータの入力デバイスを使用する必要があります。このため、仮想マシン内のデバイ
スの入力をキャプチャする必要があります。Mac OS X で入力デバイスを使用するには、
それらを Mac OS X に解放する必要があります。
仮想マシン内のキーボードおよびマウスの入力をキャプチャするには、次のようにしま
す。
ƒ

カーソルをゲスト OS ウィンドウ上に置いて、ウィンドウ内をクリックします。

マウスおよびキーボート入力がキャプチャされているときは、カーソルを仮想マシン
ウィンドウの外に移動することはできません。
キーボードとマウスを Mac OS X に解放するには、次のようにします。
ƒ

キーボードおよびマウス入力の解放に指定されたホット キーの組み合わせを押し
ます。デフォルトの組み合わせは Ctrl+Alt または Ctrl+Option です。この組
み合わせは、[ユーザー設定] ウィンドウの [キーボード] 『ページ 265』 タブで変更
できます。

キーボードとマウスは即時に解放されます。

Parallels Tools のインストール後
Parallels Tools はほとんどの Windows OS で使用可能です。このパッケージがご使用のゲ
スト オペレーティング システムで使用可能かどうか調べるには、「Parallels Tools の概
要 『ページ 98』」を参照してください。[高速インストール] モードでの [OS インスト
ール アシスタント] は、Parallels Tools を自動的にインストールします。他のケースでは、
これは手動でインストールする必要があります。
Parallels Tools のインストール後は、以下のように、マウスとキーボード入力を簡単に
切り換えることができます。
ƒ

キャプチャ - ゲスト OS ウィンドウ内の任意の場所をクリック

ƒ

解放 - ゲスト OS ウィンドウの外の任意の場所をクリック

仮想マシンの作成

97

Parallels Tools のインストール
Parallels Desktop には、仮想マシンを最大限に快適かつ効率的に使用できるようにする、
特別に開発されたツールが含まれています。現行バージョンの Parallels Desktop は、以
下のゲスト オペレーティング システム用のツールを提供します。
ƒ

Windows バージョン 95、98、ME、NT、2000、XP、2003、Vista

ƒ

OS2 および eComStation

ƒ

Linux オペレーティング システム X.org 6.7 以降

ƒ

Solaris(RTL8029 ネットワーク ドライバ)

他のゲスト オペレーティング システムに対しては、RTL8029 ネットワーク ドライバが
提供されています。
Parallels Tools は、CD イメージ vmtools.iso に格納されていますが、OS/2 のネット
ワーク ドライバは、フロッピーディスク イメージ vmtools.fdd にも格納されていま
す。CD イメージとフロッピー イメージの両方は、/Library/Parallels/Tools に
保存されています。

98

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

Parallels Tools の概要
現在のバージョンの Parallels Desktop で使用可能な Parallels Tools を以下に示します。
クリップボード同期ツール
クリップボード同期ツールは、ゲスト OS のクリップボードと Mac OS X のクリップボ
ードを同期し、クリップボードを介したテキスト交換を可能にします。現状で交換可能
なテキストのサイズは、128 KB 以下です。
すべてのゲスト OS でクリップボード同期ツールを有効にすると、すべてのゲスト OS
と Mac OS X で同じクリップボードを共有することができます。
Windows ゲスト OS の場合、このツールは Parallels Tools のインストール時に自動的に
インストールされます。OS/2 と eComStation の場合、このツールは手動でインストール
する必要があります。
コヒーレンス ツール
コヒーレンス ツールは、仮想マシンがコヒーレンス モードに切り換わると、Mac OS X
デスクトップの Windows アプリケーション ウィンドウを再描画します。
ディスク コンパクト化ツール
Parallels Desktop では、プレーンと拡張可能という 2 つのタイプの仮想ハードディスク
が使用されます。拡張可能仮想ディスクのサイズは、作業の進行に応じて増加します。
ディスク コンパクト化ツールは、使用されていないディスク スペースをクリーンアッ
プし、Mac OS X 上の拡張仮想ハード ディスクのサイズを縮小します。このツールの使
用方法については、「仮想ディスクのコンパクト化 『ページ 287』」を参照してくださ
い。
注意。 このツールで処理できるのは、拡張可能仮想ディスクのイメージのみです。
ドラッグ アンド ドロップ ツール
ドラッグ アンド ドロップ ツールは、ゲスト オペレーティング システムと Mac OS X 間
のドラッグ アンド ドロップによるファイルのコピーをサポートします。
動的解像度ツール
動的解像度ツールを使用すると、動的な解像度の設定が可能になります。ゲスト OS ウ
ィンドウの右下隅をドラッグしてウィンドウのサイズを変更すると、解像度は自動的に
調整されます。
お気に入りのアプリケーション ツール

仮想マシンの作成

99

お気に入りのアプリケーション ツールを使用すると、お気に入りの Windows アプリケ
ーションを管理できます。Windows 仮想マシンで実行されているアプリケーションを、
お気に入りとして登録することができます。こうすることにより、このアプリケーショ
ンを [アプリケーション] -> [お気に入り] メニューから起動したり、Mac OS X デスクト
ップに表示されるエイリアスから起動することができます。このエイリアスをクリック
すると、仮想マシンとお気に入りの Windows アプリケーションが起動します。
ファイル共有ツール
このツールを使用すると、Mac OS X からゲスト OS のファイルやフォルダに直接アク
セスできます。
マウス同期ツール
マウス同期ツールを使用すると、ポインタがゲスト OS ウィンドウを通過するたびにマ
ウス入力が自動的にキャプチャされ、ポインタがゲスト OS ウィンドウから外れたとき
にマウス入力が自動的に解放されます。また、このツールによってポインタの移動が滑
らかになります。
ネットワーク アダプタとドライバ
Parallels Tools には、以下のアダプタが用意されています。
ƒ

Parallels ネットワーク アダプタ。RTL8029 アダプタの Ethernet ドライバは、Parallels
Desktop のネットワークのパフォーマンスを向上させる目的で特別に開発されたド
ライバです。

ƒ

RTL8029。Parallels Tools には、各種オペレーティング システム用に RTL8029 ネッ
トワーク アダプタのネイティブ Realtek ドライバが組み込まれています。これらの
ドライバは、vmtools.iso ファイル内の Drivers\Network\RTL8029 に格納されています。

Windows 2000 などの一部のゲスト オペレーティング システムには、その配布パッケー
ジに RTL8029 ドライバが含まれていますが、Windows 2003 や OS/2 などその他の OS に
は、このドライバは含まれていません。
注意。他のゲスト OS と異なり、Solaris ゲスト OS の場合、ネットワーク機能をサポー
トするため、RTL8029 と互換性のあるドライバをインストールする必要があります。こ
のドライバをインストールしないと、ネットワーキングを行うことができなくなります。
Solaris 対応の RTL8029 互換ドライバは個人開発者によって作成され、BSD 使用許諾条
項の元で配布されています。このドライバに多少の変更を加えたバージョンが、Parallels
Desktop 配布パッケージに含まれています。
共有アプリケーション ツール
共有アプリケーション ツールを使用すると、任意のアプリケーションを使用してゲス
ト OS とプライマリ OS のどちらからでもファイルを開くことができます。その際、Mac
OS X アプリケーションでも Windows アプリケーションでも使用することができます。
共有フォルダ ツール

100

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

このツールを使用すると、ゲスト OS で共有フォルダを表示することができます。この
ツールを使用しない場合、共有フォルダが仮想マシン上にセットアップされていても、
ゲスト OS から共有フォルダにアクセスすることはできません。共有フォルダについて
詳しくは、「共有フォルダの使用 『ページ 241』」を参照してください。
共有インターネット アプリケーション ツール
このツールを使用すると、http、mail、ftp のそれぞれのインターネット リンクに対
して、同じデフォルトのインターネット アプリケーションをゲスト OS と Mac OS X に
定義することができます。たとえば、仮想マシンからでも Mac OS X からでも、Safari で
Web ページを開くことができるようになります。
サウンド ドライバ
Parallels Tools には、標準 AC'97 ドライバが付属していないゲスト オペレーティング シ
ステム用の AC'97 サウンド ドライバが含まれています。Windows XP/2003 オペレーテ
ィング システムのインストールにはサウンド ドライバが含まれているため、Parallels
Tools パッケージにはこれらの OS 用のサウンド ドライバは含まれていません。
スタート メニュー統合ツール
このツールを使用すると、Windows の [スタート] メニューを Dock から直接開くことが
できます。Windows の [スタート] メニューは、次のいずれかの方法で開くことができま
す。
ƒ

Dock で Parallels Desktop アイコンをクリックする。

ƒ

Dock で Parallels Desktop アイコンを右クリックし、ショートカット メニューから [ス
タート] を選択する。

時刻同期ツール
時刻同期ツールを使用すると、ゲスト OS 上で時刻を設定することができます。このツ
ールを使用すると、以下の処理が可能になります。
ƒ

ホスト OS とゲスト OS 間の時刻を同期する。

ƒ

ホスト OS とゲスト OS 間の時差を設定して管理する。

このツールの使用方法については、Windows ゲスト OS の場合は「時刻同期ツール オプ
ション 『ページ 137』 を、Linux ゲスト OS の場合は「Linux 用の Pallels Tools 『ページ
134』」を参照してください。
ビデオ ドライバ
このドライバが搭載されていない Windows NT と Windows 2000 のゲスト オペレーティ
ング システムで利用可能な最良のグラフィック モードは、640×480 の解像度を持つ 16
色 VGA です。ビデオ ドライバを使用すると、ゲスト OS のモニタ内で Parallels Desktop
による SVGA グラフィカル モードの使用が可能になります。

仮想マシンの作成

101

Windows 2000/XP/2003/Vista でマウス同期ツールを使用する場合、ビデオ ドライバが必
要です。このドライバは、カスタム インストールでマウス同期ツールを選択すると自
動的に選択されます。
注意。 ビデオ ドライバをインストールすると、VGA モードを使用できなくなります。
VGA に戻すには、Parallels Tools をアンインストールする必要があります。

102

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

各ゲスト OS ごとに利用可能な Parallels Tools
以下の表は、異なるオペレーティング システムごとに利用可能な Parallels Tools の一覧
を示しています。

クリップボード同期ツ
ール
時刻同期ツール

Windows Windows
95 、 98 、 2000
NT、Me

Windows OS/2、eCS Linux
XP、2003、
Vista

+

+

+

+

+

+

+

+

+

+

+

+

+

+

+

+

+

+

+

+

+

+

+

+

+

+

ドラッグ アンド ドロ
ップ ツール
ファイル共有ツール
共有インターネット
アプリケーション ツ
ール
スタート メニュー統
合ツール
共有アプリケーション
ツール
コヒーレンス ツール
お気に入りのアプリケ
ーション ツール
動的解像度ツール
ビデオ ドライバ

+

マウス同期ツール
サウンド ドライバ

+

共有フォルダ ツール
ディスク コンパクト
化ツール
ネットワーク ドライ
バ:

+

+

+

+

+
+

+

+

+

+

+

+

+

その他

仮想マシンの作成

ƒ

Parallels ネットワ
ーク アダプタ ド
ライバ

ƒ

RTL8029

+

+

+

+

+

+

+

103

+

注意。マウス同期ツールと時刻同期ツールは、Linux ゲスト OS X.org 6.7 以降で使用で
きます。動的解像度ツールは、Linux ゲスト OS X.org 6.9 以降で使用できます。

Windows 上での Parallels Tools のインストール
[OS インストール アシスタント] の 高速 Windows インストール 『ページ 69』 モードを
用いて、Windows XP または Windows Vista 仮想マシンを作成した場合には、Parallels
Tools をインストールする必要はありません。これらは自動的にインストールされます。
その他の場合には、Parallels Tools のインストールが必要です。
Windows ゲスト OS に Parallels Tools をインストールするには、以下の操作を実行しま
す。
1

仮想マシンの構築内容に CD/DVD-ROM ドライブが含まれていること、およびこの
ドライブが有効になっている([使用可能] チェック ボックスがオンになっている)
ことを確認します。「CD/DVD-ROM オプション 『ページ 208』」を参照してくだ
さい。

2

仮想マシンを起動し、ゲスト オペレーティング システムにログインします。

3

[アクション] メニューの [Parallels Tools のインストール] を選択します。

4

Parallels Tools セットアップ ウィザードが開始します。[次へ] をクリックします。

5

[インストール先の選択] 画面で、デフォルトのフォルダに Tools をインストールす
るには、[次へ] をクリックします。他の場所を指定したい場合は、[変更] ボタンをク
リックします。そして、[次へ] をクリックします。

6

[セットアップの種類] ダイアログで、セットアップのタイプを選択します。[完全] セ
ットアップは、ご使用のゲスト OS で使用可能なすべてのツールをインストールし
ます。[カスタム] セットアップでは、インストールするツールを選択できます。[完
全] セットアップを選択した場合は、ステップ 8 に進みます。

7

[カスタム] セットアップを選択した場合は、[機能の選択] ダイアログで、ご使用の
ゲスト OS で利用可能なツールの一覧から希望のツールを選択し、[次へ] をクリック
します。

注意。 Windows 2000/XP/2003/Vista で [カスタム] インストールにおいて、マウス同期ツ
ールを選択すると、ビデオ ドライバ ツールも自動的に選択されます。
1

[プログラムのインストール準備完了] ダイアログで、[インストール] をクリックし
ます。

2

インストーラがファイルをコピーするのにしばらく時間がかかります。

104

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

3

[インストールが終了しました] 画面で、コンピュータを今すぐ再起動するかどうか
が尋ねられます。Windows 98 と NT を除くすべての Windows ゲスト OS では、仮想
マシンを再起動する必要があります。[再起動] をクリックします。

注意 : 1. Windows 98 ゲスト OS では、サウンド ドライバを手動でインストールする必要
があります。「Windows 98 サウンド ドライバのインストール 『ページ 105』」を参照
してください。
2. Windows NT ゲスト OS の場合は、「Windows NT ツールのインストール 『ページ
107』」に進んでこのゲスト OS でのセットアップを完了してください。

Tools インストール時のトラブルシューティング
Parallels Tools のインストールが自動的に開始されない場合は、以下のステップを実行
してください。
1

vmtools.iso イメージ ファイルが仮想マシンの CD-ROM ドライブに接続されて
いることを確認します。

2

Parallels Tools のインストールを手動で開始します。これを行うには、[スタート] メ
ニューから [マイ コンピュータ] を選択します。CD-DVD-ROM アイコンをクリック
し、ショートカット メニューから [開く] を選択します。vmtools.iso の内容を表
示し、PrlTools.exe ファイルを探してこれをダブルクリックして起動します。

Linux 上での Parallels Tools のインストール
Parallels Tools は現在 Linux ゲスト OS X.org 6.7 以降 で使用できます。「各ゲスト OS ご
とに利用可能な Parallels Tools 『ページ 102』」を参照してください。
警告。X-Server の再起動時にデータが損失するのを避けるため、Parallels Tools のイ
ンストールを開始する前に、すべてのアプリケーションを閉じてください。Parallels
Tools のインストールまたはアップデート後に X-Server が応答しない場合は、仮想マ
シンを再起動してください。
Parallels Tools をインストールするには
1

仮想マシンを起動します。

2

Ctrl+Option(Alt) を押して、キーボードおよびマウス入力を Mac OS X に解放
します。[アクション] メニューの [Parallels Tools のインストール] を選択します。
Parallels Tools インストール CD の ISO イメージが、仮想マシンに接続されます。
デフォルトでは、イメージ ファイルは
/Library/Parallels/Tools/vmtools-linux.iso に格納されています。

3

ゲスト OS 内のキーボードおよびマウス入力をキャプチャするには、このゲスト OS
ウィンドウ内をクリックします。

4

ターミナルを起動します。

仮想マシンの作成

105

5

CD-ROM がマウントされていることを確認します。

6

ディレクトリを CD-ROM に移動し、以下のコマンドを入力してインストーラを起動
します。

sh parallels-tools.run

注意。このコマンドを実行するには root 権限が必要です。
Parallels Tools がインストールされるのを待ちます。
7

仮想マシンを再起動します。

トラブルシューティング
一部の Parallels Tools では、正常に機能させるために prluserd サービスが必要です。
このサービスは、ゲスト OS の起動時に起動する必要があります。たいていの Linux ゲ
スト OS では、Parallels Tools のインストール時に、適切なコマンドが起動スクリプトに
自動的に追加されます。
サービスが実行されているかどうかを確認するには、次のコマンドを入力します。
ps -A | grep prluserd

システムの起動スクリプトが BSD 的な場合(たとえば slackware や zenwalk など)は、
prluserd を手動で実行するか、prluserd サービスを起動するコマンドを init スクリ
プトに追加する必要があります。このサービスを実行するには root 権限が必要です。

Windows 98 Tools のインストール
Windows 98 ゲスト OS 用のサウンド ドライバは、一般的な Parallels Tools のインストー
ルが完了した後に、手動でこれをインストールする必要があります。これについては、
「Windows 上での Parallels Tools のインストール 『ページ 103』」のトピックで説明さ
れています。あるケースでは、ビデオ ドライバも手動でインストールする必要があり
ます。
Parallels Tools の ISO イメージ(vmtools.iso)が接続されていることを確認してくだ
さい。ステータス バー上の CD アイコンをクリックします。[イメージに接続] オプショ
ンを選択し、イメージの場所を指定します。イメージは、フォルダ
/Library/Parallels/Tools に保存されています。このイメージの場所を指定して、
[開く] をクリックします。

AC'97 サウンド ドライバのインストール
1

コントロール パネルを開きます。これを行うには、[スタート] システム メニューを
クリックし、[設定] 項目をポイントし、次に [コントロール パネル] をクリックしま
す。

2

[システム] アイコンをダブルクリックして、[システムのプロパティ] ウィンドウを
開きます。[システムのプロパティ] ウィンドウで、[デバイス マネージャ] タブをク
リックします。

106

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

3

ハードウェア リストで [PCI Multimedia Audio Device] を見つけます。これを選択し、[プ
ロパティ] ボタンをクリックします。

4

[PCI Multimedia Audio Device のプロパティ] ウィンドウで、[ドライバの更新] ボタンを
クリックします。

5

[デバイス ドライバの更新ウィザード] で、[サウンド、ビデオ、およびゲーム コン
トローラ] 項目を選択し、[次へ] をクリックします。

6

次のウィンドウで、2 つ目のオプションを選択します。特定の場所にあるすべての
ドライバのリストを表示します。 必要なドライバを選択した後、

7

[次へ] をクリックします。

8

デバイスのタイプを選択するよう求めるウィンドウで、[次へ] をクリックします。

9

次のウィンドウで、[ディスク使用] ボタンをクリックします。[ディスクからインス
トール] ウィンドウが開きます。[製造元ファイルのコピー元 :] フィールドにパス
「C:\Program Files\Parallels\Parallels Tools\Sound」を入力し、[OK]
をクリックします。

10 [デバイスの選択] ウィンドウで、[AC'97 オーディオ] を選択し、[OK] をクリックしま
す。
11 デバイス ドライバの更新ウィザードで、[次へ] ボタンをクリックします。ウィザー
ドで求められたら、Win98 インストール ファイルが保存されているディスクを挿入
して(または、CD-ROM イメージ ファイルを接続して)、[ファイルのコピー元] フ
ィールドにそのパスを入力します。[OK] をクリックします。ウィザードによるファ
イルのコピーが終了したら、[再起動] をクリックします。
12 AC'97 オーディオ プロパティとシステム プロパティを表示している各ウィンドウ
を閉じます。
13 プロンプトが出されたら、新規設定を有効にするために仮想マシンを再起動します。

ビデオ ドライバのインストール
1

コントロール パネルを開きます。これを行うには、[スタート] システム メニューを
クリックし、[設定] 項目をポイントし、次に [コントロール パネル] をクリックしま
す。

2

[画面] アイコンをダブルクリックして、[画面のプロパティ] ダイアログ ボックスを
開きます。

3

[設定] タブをクリックします。

4

[詳細] ボタンをクリックします。

5

[アダプタ] タブ上で、[変更] ボタンをクリックします。

6

[デバイス ドライバの更新ウィザード] が表示されます。[次へ] ボタンをクリックし
ます。

7

[現在使用しているドライバよりさらに適したドライバを検索する] を選択し、[次へ]
をクリックします。

仮想マシンの作成

107

8

[検索場所の指定] オプションを選択して、[参照] をクリックします。開いたウィン
ドウ上で、Parallels Tools を含んだ ISO イメージの場所を次のようにして指定します。
CD-ROM ドライブ(Prltools) -> Drivers -> Video を選択し、Win9x を選んで、[OK] を
クリックし、このダイアログ ボックスを閉じます。

9

[デバイス ドライバの更新ウィザード]上で [次へ] をクリックし、ドライバが見つか
ったら、さらに [次へ] を再度クリックします。

10 [完了] そして [閉じる] をクリックして、[デバイス ドライバの更新ウィザード] を閉
じます。
11 [閉じる] をクリックして、[画面のプロパティ] ダイアログ ボックスを閉じます。
12 [システム設定が変更されました] ダイアログ ボックス上で、ゲスト OS の再起動を
求められたら、[はい] をクリックします。
注意 : セットアップを完了するには、仮想マシンを再起動する必要があります。

Windows NT Tools のインストール
Windows NT に Parallels Tools をインストールするには以下のようにします。
ƒ

「Windows ツールのインストール 『ページ 103』」トピックに記載されているイン
ストール手順を実行します。クリップボード同期ツールやマウス同期ツールなどを
インストールするには、この手順で十分です。

ƒ

ビデオ ドライバやサウンド ドライバをインストールする場合には、以下の特別なス
テップを実行してください。

ビデオ ドライバのインストール
ビデオ ドライバをインストールするには、以下を実行します。
1

コントロール パネルを開きます。これを行うには、[スタート] システム メニューを
クリックし、[設定] 項目をポイントし、次に [コントロール パネル] をクリックしま
す。

2

[画面] アイコンをダブルクリックして、[画面のプロパティ] ウィンドウを開きます。

3

[画面のプロパティ] ウィンドウで、[ディスプレイの設定] タブをクリックします。
次に、[ディスプレイの種類] ボタンをクリックします。

4

[ディスプレイの種類] ウィンドウで、[変更] ボタンをクリックします。

5

[ディスプレイの変更] ウィンドウで、[製造元] -> [Parallels] をクリックし、[ディスプ
レイ] -> [Parallels ビデオ ドライバ] をクリックします。[OK] をクリックします。

6

[サード パーティ ドライバ] ウィンドウで、[はい] をクリックします。

7

[ドライバをインストール中] ウィンドウで、インストールの完了が通知されます。
[OK] をクリックします。

8

[ディスプレイの種類] ウィンドウで、[閉じる] ボタンをクリックします。

9

[画面のプロパティ] ウィンドウで、[閉じる] ボタンをクリックします。

108

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

10 [システム設定の変更] ウィンドウで、[はい] ボタンをクリックし、ゲスト OS を再起
動します。
注意 : このセットアップが完了したら、仮想マシンを再起動する必要があります。

AC'97 サウンド ドライバのインストール
AC'97 サウンド ドライバをインストールするには、以下を実行します。
1

コントロール パネルを開きます。システム メニューの [スタート] ボタンをクリッ
クします。次に、[設定] 項目をクリックし、[コントロール パネル] をクリックしま
す。

2

[マルチメディア] アイコンをダブルクリックして、[マルチメディア プロパティ] ウ
ィンドウを開きます。

3

[マルチメディア プロパティ] ウィンドウで、[デバイス] タブをクリックします。次
に、[マルチメディア デバイス :] ツリーから [オーディオ デバイス] を選択します。[追
加] ボタンをクリックします。

4

[追加] ウィンドウで、[ドライバの一覧] から [一覧にない、または更新されたドライ
バ] を選択します。[OK] をクリックします。

5

[ドライバのインストール] ウィンドウで、[参照] ボタンをクリックしてサウンド ド
ライバのパスを選択します。
Parallels Tools を デ フ ォ ル ト の 位 置 に イ ン ス ト ー ル し た 場 合 は 、 C:\Program
Files\Parallels\Parallels Tools\Sound を選択します。
Parallels Tools を別のディレクトリにインストールした場合は、そのディレクトリを
参照してください。
[OK] をクリックします。次に、[ドライバのインストール] ウィンドウで [OK] をクリ
ックします。

6

[サード パーティ ドライバ] ウィンドウで、[はい] をクリックします。

7

[一覧にない、または更新されたドライバの追加] ウィンドウで、AC'97 オーディオ ド
ライバのインストールを開始することが通知されます。[OK] をクリックします。

8

[AC97 オーディオ ドライバについて] ウィンドウで [OK] をクリックします。

9

[システム設定の変更] ウィンドウで [OK] をクリックします。

注意 : このセットアップ手順が完了したら、仮想マシンを再起動する必要があります。

仮想マシンの作成

109

OS/2 および eComStation ツールのインストール
すべての OS/2 および eComStation ツールは、/Library/Parallels/Tools フォル
ダの vmtools.iso ファイルからインストールできます。.
ネットワーク ドライバは、オペレーティング システムのインストール時に、フロッピ
ーディスク イメージ ファイル vmtools.fdd からインストールすることもできます。
ほとんどの場合、後者の方が簡単です。
インストールを開始する前に、Parallels Tools が保存されている CD-ROM イメージを、
仮想マシンの CD-ROM ドライブに接続してください。以下を実行してください。
ƒ

Parallels Desktop の [アクション] メニューの [Parallels Tools のインストール] をクリ
ックします。

マウス同期ツールのインストール
マウス同期ツールには、マウス ドライバとビデオ ドライバが含まれています。
注意。マウス同期ツールをインストールするには、SDD や GENGRADD などの VESA ビ
デオ ドライバがインストールされている必要があります。この手順については、OS/2 の
マニュアルを参照してください。
マウス ツールをインストールするには以下のようにします。
1

システム パネルの [Drives] アイコンをクリックします。CD-ROM ドライブと、その
中にある Drivers\Mouse\OS2 フォルダを選択します。

2

INSTALL.CMD バッチ ファイルを起動します。INSTALL.CMD により、ファイルが
コピーされ、CONFIG.SYS ファイルに対して必要な変更が行われます。

3

ゲスト OS/2 オペレーティング システムを再起動します。

110

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

注意 :マウス同期ツールにより、Citrix 下で稼働するゲスト OS/2 オペレーティング シス
テムのパフォーマンスが向上します。

クリップボード同期ツールの起動
OS/2 および eComStation では、クリップボード同期ツールは手動で起動する必要があり
ます。このツールは一般的なアプリケーションです。ゲスト オペレーティング システ
ムが開始されたときにクリップボード同期ツールを自動的に起動させる場合は、以下の
ようにします。
ƒ

ツール ファイル PrlClip.exe を自動スタート グループ(startup.cmd またはご
使用のオペレーティング システムで実行されている別のファイル)に含めます。

クリップボード同期ツールは、Parallels Tools が保存されている vmtools.iso の
ClipBrd\OS2 フォルダにあります。

サウンド ドライバのインストール
注意 :OS/2 ゲスト OS では、サウンド ドライバをインストールする前にマルチメディア
サポートをインストールしてください。
サウンド ドライバをインストールするには、以下のようにします。
1

システム パネルの [System Setup] アイコンをクリックします。

2

[Install/Remove] 行を選択し、[Multimedia Application Install] を選択します。

3

[IBM Multimedia Presentation Manager/2 – インストール] ウィンドウで、CD-ROM ドラ
イブを選択し、次に Drivers\Sound\OS2 フォルダを選択します。[ALC Codec] オプショ
ンを選択し、[Install] ボタンをクリックします。

4

OS/2 ゲスト オペレーティング システムを再起動します。

ネットワーク ドライバのインストール
OS/2 Warp バージョン 4.0 内の Realtek RTL8029 ドライバをインストールす
るには、以下のようにします(ご使用のシステムにインストールされた MPTS のバージョン
や言語により、表記は異なります)。

1

システム パネルの [System Setup] アイコンをクリックします。

2

[MPTS Network Adapters and Protocol Services] アイコンをクリックして、[Multi-Protocol
Transfer Services] ウィンドウを開きます。

3

[Configure] をクリックします。

4

[Configure] ウ ィ ン ド ウ で 、 [Configure] を 再 度 ク リ ッ ク し 、 [Adapter and Protocol
Configuration] ウィンドウを開きます。

5

ウィンドウの [Network Adapters] セクションの下の [Other Adapters] ボタンをクリック
し、[Copy Additional Network Adapter Drivers] ウィンドウを開きます。

6

CD-ROM ディスク イメージ上の Parallels ドライバのパスを指定します。パスは次の
ようになります。

仮想マシンの作成

111

<CD-ROM ドライブ> \Drivers \Network \RTL8029 \NDIS2OS2
7

[OK] をクリックします。Parallels ネットワーク アダプタ ドライバがコピーされます。
その後、[Network Adapters] リストに名前 RTL8029 PCI Ethernet Adapter が表示されます。
この名前を選択します。

8

ウィンドウの [Network Adapters] セクションの [Change] をクリックし、現在のネット
ワーク アダプタを選択したアダプタに変更します。

9

メッセージ "Are you sure you want to change this network adapter?"
が表示されたら、[OK] をクリックします。次に、[RTL8029 PCI Ethernet Adapter] が、
ウィンドウの [Current Cinfiguration] セクションの適切なフィールドに表示されます。
ここで、ウィンドウの [Current Cinfiguration] セクションの [Edit] をクリックすると、
どのドライバ プロパティも自己構築可能なので、ユーザーが構築する必要がないこ
とが表示されます。

10 完了したら、[OK] をクリックします。
11 [Configure] および [Multi-Protocol Transport Services] ウィンドウの両方を閉じます。
12 [Update CONFIG.SYS] ウィンドウで [Exit] をクリックします。
13 構築プログラムを終了し、ゲスト OS を再起動します。

Solaris ネットワーク ドライバのインストール
他のゲスト OS と異なり、Solaris では、仮想マシンにエミュレートされた RTL8029 ネ
ットワーク ドライバがサポートされません。RTL8029 サポートを Solaris 仮想マシンに
追加するには、RTL8029 ネットワーク アダプタ ドライバをインストールする必要があ
ります。特別な network.sh スクリプトを使用するか、ドライバを手動でインストー
ルおよび構築します。両方の方法を以下で説明します。

ドライバをインストールする前に
ドライバをインストールする前に、以下のステップを実行します。
1

仮想マシンの構築内容に CD/DVD-ROM ドライブが含まれていること、およびこの
ドライブが有効になっていることを確認します。「CD/DVD-ROM オプション 『ペ
ージ 208』」を参照してください。

2

ゲスト オペレーティング システムを開始します。

3

vmtools.iso ファイルを、仮想マシンの CD/DVD-ROM ドライブに接続します。
ƒ

ステータス バーの [CD/DVD-ROM] アイコンを右クリックし、コンテキスト メ
ニューの [イメージに接続] を選択します(または、Parallels Desktop メニューの
[デバイス] -> [CD/DVD-ROM <番号>] -> [イメージに接続] を選択することもできま
す)。

ƒ

Parallels Desktop をインストールしたフォルダで、vmtools.iso を参照します。

112

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

network.sh スクリプトを使用するか、または手動による RTL8029 ネットワーク ド
ライバのインストールに進みます。

network.sh スクリプトを使用して RTL8029 ネットワーク ドライバをインスト
ールするには以下のようにします。
1

シェルで、

cd /cdrom/PRLTOOLS/Drivers/Network/RTL8029/SOLARIS/

コマンドを実行し、各ディレクトリに移動します。
2

以下のコマンドを実行して、ドライバのインストールを開始します。

./network.sh

3

ドライバが抽出、コンパイル、およびインストールされたことが順番に通知されま
す。完了すると、"DHCP サーバーから IP アドレスを受け取る" かどうかを尋ねら
れます。ネットワーク上の IP アドレスが DHCP サーバーによって管理されている場
合は、ステップ 4 に進みます。 それ以外の場合は、ステップ 5 に進みます。

4

ネットワーク上の IP アドレスが DHCP サーバーによって管理されている場合は「Y」
と入力します。 スクリプトにより、DHCP クライアントが構築されます。ステップ
6 に進みます。

5

ネットワーク上の IP アドレスが DHCP サーバーによって管理されていない場合は
「N」と入力し、仮想マシンの IP アドレス、ネットワーク アドレス、ネットワーク
マスク、およびデフォルト ゲートウェイの IP アドレスを求められたら、指定しま
す。

6

以下のコマンドを実行して、ゲスト オペレーティング システムを再起動します。

init 6

RTL8029 ネットワーク ドライバを手動でインストールするには以下のようにし
ます。
1

シェルにて、以下のコマンドを実行して、root 権限を取得します。

su

root アカウントのパスワードの入力が求められたら、これを入力します。
2

root として、以下のコマンドを実行します。

cd /tmp
gzcat /cdrom/PRLTOOLS/Drivers/Network/RTL8029/SOLARIS/ni0.8.11.tgz |tar
xf cd ni-0.8.11
/usr/ccs/bin/make install
./addni.sh

3

ネットワーク上の IP アドレスが DHCP サーバーによって管理されている場合は、
以下のコマンドを実行します。

touch /etc/hostname.ni0
touch /etc/dhcp.ni0

ネットワーク上の IP アドレスが DHCP サーバーによって管理されていない場合は、
『Solaris System Administration Guide』を参照してください。
4

以下のコマンドを実行して、root アカウントから抜けます。

仮想マシンの作成

113

exit

5

以下のコマンドを実行して、ゲスト オペレーティング システムを再起動します。

init 6

Windows での Parallels Tools のア
ンインストール
Windows ゲスト オペレーティング システムでは、一般的なプログラム削除の手順によ
り、Parallels Tools をアンインストールすることができます。
たとえば、Windows XP Professional では以下の手順に従います。
1

[スタート] -> [コントロール パネル] -> [プログラムの追加と削除](またはゲスト OS
の選択した外観に依存して、[スタート] -> [設定] -> [プログラムの追加と削除])をク
リックします。

2

インストールされたプログラムの一覧から、[Parallels Tools] を選択します。

3

[削除] をクリックします。

Linux での Parallels Tools のアン
インストール
Parallels Tools をアンインストールするには以下のようにします。
1

仮想マシンを起動します。

2

Ctrl+Option(Alt) を押して、キーボードおよびマウス入力を Mac OS X に解放
します。Parallels Tools の ISO イメージ ファイルを見つけます。デフォルトでは、イ
メージ ファイルは /Library/Parallels/Tools/vmtools-linux.iso に格納
されています。

3

ステータス バーで [CD/DVD-ROM] アイコンをクリックし、ショートカット メニュー
から [イメージに接続] を選択して、イメージを CD-ROM ドライブに接続します。

4

ゲスト OS 内のキーボードおよびマウス入力をキャプチャするには、このゲスト OS
ウィンドウ内をクリックします。

5

ターミナルを起動します。

6

CD-ROM をゲスト OS ファイル システムにマウントします。

7

ディレクトリを CD-ROM に移動し、以下のコマンドを入力してアンインストーラを
実行します。

sh prl-tools-uninstall.sh

注意。このコマンドを実行するには root 権限が必要です。

114

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

8

X-Server または仮想マシンを再起動します。

Parallels Tools の更新
更新された Parallels Desktop をお持ちの場合、Parallels Tools を同梱した以前のバージョ
ンの Parallels Desktop で作成した仮想マシンがあることがあります。Parallels Tools
Center の全機能を使用するには、Parallels Tools の更新を行ってください。
Parallels Tools を更新するには、以下のようにします。
1

CD/DVD-ROM ドライブが仮想マシンの構築に含まれ、このドライブが使用可能([使
用可能] チェックボックスが選択されている)であることを確認します。
「CD/DVD-ROM オプション 『ページ 208』」を参照してください。

2

仮想マシンを起動し、ゲスト オペレーティング システムにログインします。

3

[アクション] メニューから [Parallels Tools のインストール] を選択します。

4

Parallels Tools セットアップ ウィザードにより、Parallels Tools を更新する必要があ
ると示されます。

5

[セットアップの種類] ウィンドウで、[完全] セットアップと[カスタム] セットア
ップのいずれかを選択します。[完全] セットアップでは、ゲスト OS で使用可能な
すべてのツールがインストールされます。[カスタム] セットアップを選択した場合、
[機能の選択] ウィンドウで、ゲスト OS で使用可能なツール一覧からツールを選択し
ます。
[次へ] をクリックします。

6

[プログラムのインストール準備完了] ウィンドウで、インストール設定を確認する
には、[戻る] をクリックします。準備ができたら、[インストール] をクリックします。

7

Windows ゲスト システムが、署名されていないドライバがインストールされるごと
に警告するように構築されている場合、[OK] をクリックして、Parallels Tools のイン
ストール中は警告を無効にします。この警告は、インストールの終了後に再度有効
になります。
ご使用のシステムが、署名されていないドライバのインストールをブロックするよ
う構築されている場合、Parallels ドライバのインストールを常に許可してください。
そうしないと、Parallels Tools はインストールされません。

8

ウィザードにより、必要なファイルがコピーされます。[更新完了] ウィンドウで、
仮想マシンを再起動するかどうかが尋ねられます。[再起動] をクリックします。

Windows 98 ゲストOS で Parallels Tools を更新中に、Parallels Tools のインストーラがビ
デオ ドライバをインストールできない場合、この問題に関するメッセージが表示され
ます。この場合には、Parallels ビデオ ドライバを手動でインストールする必要がありま
す。「Windows 98 ツールのインストール 『ページ 105』」のトピックを参照してくだ
さい。

仮想マシンの実行

115

6章

仮想マシンの実行
この章では、ゲスト オペレーティング システムを実行中の仮想マシンの処理に関する
情報を取り上げます。

この章の構成
概要....................................................................................................................................... 115
仮想マシンの選択とオープン........................................................................................... 116
仮想マシンの起動と停止................................................................................................... 116
全画面モードへの切り換え............................................................................................... 125
コヒーレンス モードへの切り換え.................................................................................. 126
Windows ゲスト OS の実行 ............................................................................................... 127
アクセラレート 3D グラフィックのサポート ................................................................ 127
表示のカスタマイズ........................................................................................................... 131
Parallels Tools for Windows................................................................................................. 131
Linux 用の Parallels Tools ................................................................................................... 134
実行時の構築内容の変更................................................................................................... 147
CD/DVD の取り出し .......................................................................................................... 147
仮想マシンでのUSB デバイスの使用 .............................................................................. 156
仮想マシンでのプリンタのセットアップ....................................................................... 156

116

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

概要
仮想マシンを起動すると、Parallels Desktop ウィンドウがゲスト OS ウィンドウに変わり、
仮想マシンの画面のように機能します(「ゲスト OS ウィンドウ 『ページ 52』」を参
照)。ゲスト OS 内にキーボードとマウスをキャプチャするには、このウィンドウ内を
クリックします。マウスとキーボード入力をゲスト OS から Mac OS X に解放するには、
Ctrl+Option(Alt) を押します。
Parallels Desktop のツール バーやメニューなどのコントロールを使用すると、単一ウィ
ンドウで稼動中の仮想マシンの動作を管理することができます。仮想マシンは、全画面
モードまたはコヒーレンス モードで実行することもできます。
Parallels Desktop コントロールを使用すると、以下の操作が可能になります。
ƒ

仮想マシンの開始、電源オフ、リセット。

ƒ

仮想マシンの中断または一時停止。

ƒ

ゲスト OS と Mac OS X との切り換え。

ƒ

(設定済みで使用可能になっている)デバイスの接続と切断、およびこれらのデバ
イスがアクセスするメディアの変更。

ƒ

全画面モードと単一ウィンドウ モード(およびコヒーレンス モード - Windows ゲス
ト OS の場合のみ使用可能)への切り換え。

ƒ

仮想マシンの [構築ページ] の表示。[構築エディタ] は、仮想マシンの実行中は使用
できません。

仮想マシンの選択とオープン
このセクションでは、仮想マシンを選択および起動するためのいくつかの異なる方法に
ついて説明します。

仮想マシンの実行

117

[仮想マシンの選択] ダイアログからの選択
Parallels Desktop を起動すると、常に [仮想マシンの選択] ダイアログが新規ブランク仮
想マシンの [構築ページ] の上に開かれます。

118

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

[仮想マシンの選択] ダイアログは、コンピュータで使用可能な仮想マシンの一覧を表示
します。仮想マシンがない場合、Parallels Desktop は [OS インストール アシスタント] を
開きます。
[仮想マシンの選択] ダイアログでは、以下のことが可能です。
ƒ

[新規] ボタンを使用して、OS インストール アシスタントにより新規仮想マシンを
作成する。

ƒ

[選択] ボタンをクリックして、リスト内でハイライトされている仮想マシンを開く。

ƒ

[選択...] をクリックして、リスト内にない(外部 USB ストレージまたはネットワー
ク上の)仮想マシンの場所を指定する。

ƒ

[キャンセル] をクリックして、Parallels Desktop を終了する。

いくつかの役立つトピック
ƒ

一覧の中の任意の仮想マシンにカーソルを置くと、ポップアップ ヘルプ タグ内にそ
の説明が表示されます。その説明文は、類似の名前をもつ仮想マシンを正しく特定
することに役立ちます。[構築エディタ] の [一般] オプション タブ内に、各仮想マシ
ンの簡潔な説明を記述することができます。

ƒ

使用可能な仮想マシンの数が 5 個を超えた場合、[検索] フィールドがダイアログの
右上隅に表示されます。仮想マシン名の一覧にフィルタをかけるには、任意の文字
列をそこに入力します。文字を入力するごとに、Parallels Desktop はそれに一致する
文字列を名前の中(最初、中間、または最後)に含む VM 名のみを選択してリスト
します。

ƒ

仮想マシンを [仮想マシンの選択] ダイアログ内で選択するか、またはそのエイリア
スをクリックするとその仮想マシンが起動するように構築されている場合に、[構築
ページ] を開くには、以下のようにします。Parallels Desktop を起動し、[仮想マシン
の選択] ダイアログで Command キーを押しながら、目的の仮想マシンをハイライト
し、[選択] ボタンをクリックします。

仮想マシンのエイリアスを使用する
特定の仮想マシンのエイリアスをデスクトップ上、または Dock 内に作成することがで
きます。エイリアスを作成するには、仮想マシンを開き、Command+Option キーを押
したまま、Parallels Desktop のオレンジ色アイコンをタイトルバーからデスクトップま
たは Dock 内にドラッグします。
注意。実行中でない仮想マシンのエイリアスをクリックすると、Parallels Desktop の別
のインスタンスが起動され、そのゲスト OS が自動的に起動されます。

仮想マシンの実行

119

お気に入りの Windows アプリケーションを Mac OS X から
起動する
Mac のデスクトップ上または Dock 内に、お気に入りの Windows アプリケーションのエ
イリアスを作成することができます。
Dock にアプリケーションのエイリアスを作るには
1

構築エディタで仮想マシンの構築内容を開きます。

2

[共有アプリケーション] タブを開き、[Dock 内にアプリケーションを表示] オプショ
ンを [つねに表示] または [コヒーレンス モードでのみ] に設定します。

3

Windows 仮想マシンを起動します。

4

仮想マシンで、任意のお気に入りの Windows アプリケーションを起動します。アプ
リケーションが起動されたら、そのアイコンが Dock 内に表示されます。

5

お気に入りの Windows アプリケーションのエイリアスを作成するには、Dock 内で
そのアプリケーションのアイコンを右クリックし、ショートカット メニューから
[「お気に入り」に追加] を選択します。

6

アプリケーションのエイリアスが Mac OS のデスクトップ上に表示されます。仮想
マシンがオフのときにこのエイリアスをクリックすると、仮想マシンと、仮想マシ
ン内のそのエイリアスに対応するアプリケーションが自動的に起動します。
アプリケーションの名前が [アプリケーション] メニューの [お気に入り] セクション
にも表示され、そのアプリケーションを Parallels Desktop のメニューからも起動でき
るようになります。

7

お気に入りのアプリケーションのアイコンを常に Dock 内に置いておくには、Dock
でそのアプリケーションのアイコンを右クリックし、アプリケーションのショート
カット メニューから [Dock に保存] を選択します。そのアプリケーション アイコン
は、仮想マシンが停止しているときでも、Dock から使用できます。

仮想マシンの停止時にお気に入りの Windows アプリケーションを起動するには、Dock
上のそのアイコンをクリックするか、または Mac OS X デスクトップ上のアプリケーシ
ョン エイリアスをダブルクリックします。いずれの場合も、Parallels Desktop の新規の
インスタンスが作成され、お気に入りのアプリケーションがインストールされている仮
想マシンがコヒーレンス モードで自動的に起動されます。
アプリケーションを [お気に入り] から削除するには
1

仮想マシンと、[お気に入り] から削除するアプリケーションを起動します。

2

Dock でアプリケーション アイコンを右クリックして、ショートカット メニューか
ら [「お気に入り」から削除] を選択します。

120

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

仮想マシン実行中に別の仮想マシンを開く
仮想マシンの実行中には、Doc または Finder から別の Parallels Desktop のインスタンス
を開くことはできません。
別の仮想マシンを開くには、以下の手順を実行します。
ƒ

[ファイル] メニューから [開く] を選択し、

ƒ

Parallels Desktop のインスタンスを開きます。[仮想マシンの選択] ダイアログが表示
されます。既存の仮想マシンの場所を指定する場合は、リストから選択するか [選択]
をクリックします。新規の仮想マシンを作成する場合は、[新規] をクリックします。

ƒ

デスクトップ上で、目的の仮想マシンのエイリアスをクリックします。Parallels
Desktop の新規のインスタンスが作成され、ゲスト OS が自動的に起動されます。

仮想マシンの起動と停止
このセクションでは、仮想マシンの起動方法と停止方法について説明します。また、仮
想マシンの一時停止または中断方法と再開方法についても説明します。

仮想マシンの開始
仮想マシンを開始するには、以下の手順の 1 つを実行します。
ƒ

Parallels Desktop を起動します。使用可能な仮想マシンの一覧から、目的の仮想マシ
ンを選択します。「仮想マシンの選択とオープン 『ページ 116』」を参照してくだ
さい。
ƒ

Parallels Desktop ツールバー上の [仮想マシンの起動] (
ます。

ƒ

[アクション] メニューから [開始] を選択します。

) ボタンをクリックし

仮想マシンの実行

ƒ

121

デスクトップ上または Dock 内にある仮想マシン エイリアスをクリックします。こ
の場合は、ゲスト OS が自動的に起動されます。

OS ウィンドウに、ゲスト OS の起動プロセスが表示されます。ゲスト OS がインストー
ルされていない場合は、黒い背景画面に次のメッセージが表示されます。"起動デバイ
スがありません"
Parallels Desktop ウィンドウ上にツールバーが見つからない場合は、ツールバーを開く
方法やツールバーの位置を変更する方法について、「ツールバー『ページ 53』」のト
ピックを参照してください。
注意。仮想マシンを起動できるのは、Parallels Desktop がアクティベートされている場
合のみです。詳細については、「Parallels Desktop のアクティベーション 『ページ 36』」
を参照してください。

122

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

仮想マシンの停止とリセット
仮想マシンのオフは、実際のコンピュータのオフと同じルールが適用されます。

仮想マシンの停止
まず、ゲスト OS の "シャットダウン" コマンド (Windows の [スタート] -> [シャットダ
ウン] または [スタート] -> [コンピュータの電源を切る])を用いて、ゲスト オペレーテ
ィング システムをシャットダウンします。データの安全性を保証するために、このよ
うな方法でマシンをシャットダウンすることを強く推奨します。そのあとで、アプリケ
ーション ウィンドウを閉じます。
ゲスト OS をこの方法で停止できない場合にのみ、Parallels Desktop のコントロールを使
用して停止してください。
仮想マシンを強制的に停止するには、以下の手順の 1 つを実行します。
ƒ

[仮想マシンの停止]

ƒ

[アクション] メニューから [停止] を選択します。

ƒ

Dock 内の仮想マシン アイコンを右クリックして、ショートカット メニューから [終
了] を選択します。[終了] で仮想マシンが停止するように設定されている場合は、仮
想マシンが停止します。「Parallels Desktop ユーザー設定の設定」の「[一般タブ]『ペ
ージ 254』」を参照してください。

ボタンをクリックします。

仮想マシンのリセット
まず、ゲスト OS の "再起動" コマンド (Windows の [スタート] -> [シャットダウン] -> [再
起動] または [スタート] -> [コンピュータの電源を切る] -> [再起動]) を用いて、そのオペ
レーティング システムを再起動します。データの安全性を保証するために、このよう
な方法でマシンを再起動することを強く推奨します。
ゲスト OS をこの方法で停止できない場合にのみ、Parallels Desktop のコントロールを使
用して停止またはリセットしてください。
仮想マシンをリセットするには、以下のいずれかを行います。
ƒ

[アクション] メニューから [リセット] を選択します。

ƒ

メニューから、[アクション] ->[キーの送信] - >[Control+Alt+Del] を選択します。

ƒ

キーボード入力が仮想マシン ウィンドウ内にキャプチャされている間に
Control+Option(Alt)+Del キーを押します。
注意。MacBook および MacBook Pro ユーザーは、Control + Option(Alt) + Fn
+ Del キーをこの順序どおり同時に押す必要があります。

仮想マシンの実行

123

仮想マシンの一時停止と再開
実行中の仮想マシンの状態と、仮想マシンで実行中の全アプリケーションの状態を保存
することができます。この操作は仮想マシンの一時停止と呼ばれます。後で仮想マシン
を起動して、停止時点の状態からゲスト OS の実行を続けることができます。
一時停止時には、仮想マシンの状態は .sav ファイルに保存されます。このファイルは、
仮想マシンの構成ファイルと同じフォルダに保存されます。

仮想マシンの一時停止
仮想マシンを一時停止するには、以下のようにします。
1

仮想マシンが実行中の状態で、[アクション] メニューから [一時停止] を選択します。

2

仮想マシンの保存の進行状況が [お待ちください。仮想マシンを中断しています] ダ
イアログに表示されます。

注意。一時停止した仮想マシンの構築内容を編集することはできません。無理に編集し
ようとすると、.sav ファイルは削除され、仮想マシンを再開できなくなります。

一時停止した仮想マシンの再開
一時停止した仮想マシンを再開するには、以下のようにします。
1

一時停止した仮想マシンを Parallels Desktop で開きます。

2

以下の手順のいずれかを実行します。

3

ƒ

[開始]

ƒ

[アクション] メニューから [開始] を選択します。

ボタンをクリックします。

ゲスト OS の状態が再開するまで待ちます。進行状況が [お待ちください。仮想マシ
ンを再開しています] ダイアログに表示されます。

仮想マシンの再開後、その .sav ファイルは削除されます。

124

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

仮想マシンの中断
仮想マシンを中断すると、ゲスト OS が停止し、仮想マシン プロセスが CPU プロセス リ
ストから削除されます。ゲスト OS の実行はいつでも再開できます。
ゲスト OS の中断は、仮想マシンを短時間使用しない場合にお勧めします。
長期間使用しない場合、特に Mac OS X を再起動する必要がある場合は、仮想マシンを
一時停止することをお勧めします。詳細については、「仮想マシンの一時停止と再開
『ページ 123』」を参照してください。
仮想マシンを中断するには、以下のようにします。
ƒ

[アクション] メニューの [中断] をクリックします。

ƒ

ツールバー上の [中断]

ボタンをクリックします。

仮想マシンが中断モードになると、そのゲスト OS ウィンドウは淡色表示になります。
仮想マシンの実行を続けるには、以下のいずれかを実行します。
ƒ

ツール バーの [開始]

ƒ

[アクション] メニューの [続ける] をクリックします。

ボタンをクリックします。

仮想マシンの実行

125

全画面モードへの切り換え
ゲスト OS ウィンドウが全画面表示になっていて、Mac OS X と Parallels Desktop のコン
トロールが非表示になっている場合は、ゲスト OS を全画面で実行できます。全画面モ
ードの状態で Mac OS の Dock と Parallels Desktop のアプリケーション メニューを表示
するには、 Control+Option(Alt) キーを押します。
全画面モードの切り換え時に表示するアニメーションのタイプを選択することができ
ます。詳細については、「アピアランス タブ 『ページ 261』」の「Parallels Desktop ユ
ーザー設定の設定」セクションを参照してください。

モード間の切り換え
ゲスト OS の実行中に全画面モードに切り換える場合は、以下のいずれかの手順を実行
します。
ƒ

[全画面モード]

ƒ

[表示] メニューの [全画面] を選択する。

ƒ

該 当 す る 組 み 合 わ せ の ホ ッ ト キ ー
Option(Alt)+Return(Enter)) を押す。

ツールバー ボタンをクリックする。
( デ フ ォ ル ト は

単一ウィンドウ モードに戻るには、以下のいずれかの手順を実行します。
ƒ

該 当 す る 組 み 合 わ せ の ホ ッ ト キ ー
Option(Alt)+Return(Enter)) を押す。

ƒ

Control+Option(Alt) キーを押して Parallels Desktop のアプリケーション メニ
ューを表示し、[表示] メニューから他の表示モードを選択する。

( デ フ ォ ル ト は

ホットキーの組み合わせは、[ユーザー設定] の [キーボード] タブで定義されています。
詳細については、「キーボード タブ 『ページ 265』」を参照してください。

126

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

コヒーレンス モードへの切り
換え
コヒーレンス モードは、仮想マシンを実行するための新しいモードです。コヒーレン
ス モードの詳細については、「コヒーレンス モードの概要 『ページ 161』」を参照し
てください。
実行中の仮想マシンをコヒーレンス モードに切り換えるには、以下のいずれかの手順
を実行します。
ƒ

ツールバー上の

ƒ

[表示] メニューの [コヒーレンス] を選択する。

ƒ

該当する組み合わせのキー(デフォルトは Shift+Control+Option(Alt)) を
押す。ホットキーは、[ユーザー設定] の [キーボード] タブで定義されています。

アイコンをクリックする。

仮想マシンをコヒーレンス モードから別のモードに切り換えるには、以下のいずれか
の手順を実行します。
ƒ

[表示] メニューから [単一ウィンドウ] を選択する。

ƒ

[表示] メニューから [全画面] を選択する。

ƒ

[表示] メニューから [VM の構築] を選択して [構築ページ] に戻る。

ƒ

該当する組み合わせキー(デフォルトは Shift+Control+Option(Alt)) を押
す。

コヒーレンス モードで Windows タスクバーを表示しないように仮想マシンが設定され
ている(「表示のカスタマイズ 『ページ 131』」のトピックを参照)場合に Windows の
[スタート] メニューを開くには、Dock 内でその仮想マシンのアイコンをクリックしま
す。

仮想マシンの実行

127

Windows ゲスト OS の実行
Parallels Tools には、Microsoft Windows 2000/XP/2003/Vista ゲスト オペレーティング シ
ステムの仮想マシン用の特殊機能が多数用意されています。こうした仮想マシンを実行
する場合、以下の処理が可能になります。
ƒ

全画面モード、コヒーレンス モード、単一ウィンドウ モードを切り換える。

ƒ

[アプリケーション] メニューを使用して Windows と Mac の共有アプリケーション
を管理する。

ƒ

Mac OS X アプリケーションと Windows アプリケーション間でファイルをドラッグ
アンド ドロップする(ドラッグ アンド ドロップ操作の詳細と使用可能なオプショ
ンについては、「共有フォルダ 『ページ 143』」を参照してください)。

ƒ

全画面モードの場合、Control+Option(Alt) キーを押して Dock と Parallels
Desktop のメニューを表示する。

ƒ

ゲスト OS ウィンドウの右下隅をドラッグしてウィンドウのサイズを変更し、解像
度を自動的に調整する。

ƒ

Mac OS X デスクトップ上に直接 Windows アプリケーション ウィンドウを表示し、
コヒーレンス モードで作業する。

ƒ

Mac OS X で使用しているホット キーの組み合わせを Windows ゲスト OS で使用す
る(詳しくは、「キーボード タブ 『ページ 265』」と「仮想マシンにおけるキーボ
ード ショートカット 『ページ 273』」を参照)。

お気に入りのアプリケーションのエイリアスを作成する
Windows アプリケーションをお気に入りとして登録し、そのエイリアスを Dock に追加
することができます。
1

仮想マシンで、任意の Windows アプリケーションを起動します。そのアプリケーシ
ョンのアイコンが Dock 内に表示されます。

2

Dock でそのアプリケーション アイコンを右クリックします。

3

ショートカット メニューから [「お気に入り」に追加] を選択します。アプリケーシ
ョンのエイリアスが Mac OS X デスクトップ上に表示されます。お気に入りのアプ
リケーションは、Parallels Desktop の [アプリケーション] メニューの [お気に入り] セ
クション内にも表示されます。

4

Dock でアプリケーション アイコンを右クリックし、[Dock に保存] を選択して Dock
内にアプリケーションのエイリアスを作成します。

128

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

お気に入りの Windows アプリケーションすべてについて、Dock 内にアイコンを作成す
るか、Mac デスクトップ上にエイリアスを作成します。こうしたエイリアスをクリック
すると仮想マシンが起動し、その仮想マシン内の対応する Windows アプリケーション
が起動します。仮想マシンは、直ちにコヒーレンス モードに切り替わります。

Mac OS X と Windows 間でアプリケーションを共有する
Mac OS X アプリケーションを使用して、Windows ゲスト OS のファイルを開くことが
できます(その逆も可能)。
Mac OS X または Windows で文書を右クリックし、[プログラムから開く] の一覧から使
用可能な任意の Mac OS X アプリケーションまたは Windows アプリケーションを選択
します。
以下の手順で、[アプリケーション] メニューから共有アプリケーションを管理すること
ができます。
ƒ

[共有 Windows アプリケーション] を選択して、[お気に入り]、[最近実行したアプリ
ケーション]、[実行中のアプリケーション] を表示します。また、[リストの作成] オ
プションを選択して Windows アプリケーションの一覧を Mac OS X で更新すること
もできます。

ƒ

[共有 Mac アプリケーション] を選択して、Windows ゲスト OS 内で使用可能な Mac
アプリケーションの一覧を更新します。

SmartSelect を使用してファイル拡張子の関連付けを設定する
Windows アプリケーションか Mac アプリケーションかに関わらず、特定の種類のファ
イルをつねに Mac OS X 上で開くアプリケーションを選択することができます。この機
能は、アプリケーションのショートカット メニュー(Dock から開いている場合)、ま
たは Parallels Desktop メニュー バーの [アプリケーション] メニューで使用することが
できます。
注意。SmartSelect は、[構築エディタ] で [共有フォルダ] タブ 『ページ 143』 の共有オ
プションを有効にしている場合に限り、使用することができます。

Windows Vista におけるファイル共有に関する問題のトラブルシューティング
ユーザー アカウント制御(UAC)は、Windows Vista の新しいセキュリティ コンポーネ
ントです。UAC をオンにすると、Mac OS X から Windows ファイルを操作する場合、
一部の操作が実行できなくなります。たとえば、Windows ファイルを Mac OS X にコピ
ーしようとすると、次のような警告が表示されます。

仮想マシンの実行

129

UAC をオフにすると、こうしたメッセージは表示されなくなります。
Windows Vista で UAC をオフにするには
1

[スタート] -> [コントロール パネル] を選択します。

2

[ユーザー アカウント] アイコンをクリックします。

3

[ユーザー アカウント制御の有効化または無効化] リンクをクリックします。

4

[ユーザー アカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる] オプ
ションのチェック ボックスをオフにします。

130

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

アクセラレート 3D グラフィッ
クのサポート
現在のバージョンの Parallels Desktop は、OpenGL と Direct X をサポートしています。
Parallels Tools を Windows 2000/XP/2003/Vista のゲスト オペレーティング システムにイ
ンストールすると、さまざまな 2D または 3D のグラフィック アプリケーションやゲー
ムを実行できるようになります。

OpenGL アプリケーションの実行
OpenGL アプリケーションや OpenGL ゲームを実行する場合、特別に仮想マシンを構成
する必要はありません。

DirectX 7.0 アプリケーションの実行
DirectX 7.0 以前のバージョンを必要とするアプリケーションやゲームを実行する場合、
特別に仮想マシンを構成する必要はありません。DirectX 7.0 以前のバージョンは、自動
的にサポートされます。

DirectX 8.1 アプリケーションの実行
DriectX 8.1 以降のバージョンを必要とするアプリケーションやゲームを実行するには、
構築エディタの [ビデオ オプション『ページ 199』] タブを使用して仮想マシンの DirectX
サポートを有効にする必要があります。
トラブルシューティング
仮想マシンで DirectX サポートを有効にすると、d3d8.dll と d3d9.dll の Windows シ
ステム ファイルが置き換えられます。
SFC(システム ファイル チェッカー。Windows ファイル保護ユーティリティの 1 つ)
の起動時にシステム ファイルのバージョンを確認するように設定されている場合、一
部のシステム ファイルが置き換えられていることが SFC によって検出されます。次の
メッセージが表示されます。

仮想マシンの実行

131

これらのファイルを元に戻すと、3D アプリケーションが正常に実行されなくなります。
この場合、[Windows ファイル保護] メッセージ ボックスの [キャンセル] をクリックしま
す。

表示のカスタマイズ
Parallels Desktop のメイン ウィンドウをカスタマイズして、コヒーレンス モードに関す
るオプションを設定するには、[表示のカスタマイズ] ダイアログを使用します。これを
行うには、[表示] メニューから [カスタマイズ] を選択します。このダイアログには、[メ
イン ウィンドウ] と [コヒーレンス] の 2 つのタブがあります。

メイン ウィンドウのオプション
[メイン ウィンドウ] タブを開くには、[表示] メニューから [カスタマイズ] を選択します。
[メイン ウィンドウ] タブでは、Parallels Desktop ツールバーの位置を変更したり、別の
ツールバー ボタン セットを選択したりすることができます。

132

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ƒ

[ツールバーの位置] オプションは、Parallels Desktop ツールバーの位置を制御します。
デフォルトでは、ツールバーは Parallels Desktop ウィンドウの右側に配置されます。
この位置をトップまたは左に移動させることができます。

ƒ

[ツールバーを表示] オプションでは、Parallels Desktop ウィンドウと共にツールバー
を表示させるかどうかを指定できます。

ƒ

[アイコン セット] オプションでは、ツールバー ボタンのアイコン セットを選択で
きます。数種類のオプションの中から 1 つを選択できます。詳細については、「ツ
ールバー 『ページ 53』」のトピックも参照してください。また、ツールバー ボタ
ンのアイコン セットを独自に作成することも可能です。詳細については、このセク
ションの後述のトピックを参照してください。

ツールバー ボタンの新しいアイコン セットを追加する
ツールバー ボタンには数種類のアイコン セットが用意されていますが、独自のアイコ
ン セットを作成して、使用可能なセットに加えることができます。
これを行うには、以下の手順を実行します。
1

/Applications/Parallels/ フォルダにある Parallels Desktop バンドルを右クリ
ックします。ショートカット メニューから [パッケージの内容を表示] を選択します。

2

[Contents] -> [Recources] -> [Iconsets] を選択します。

3

[Iconsets] フォルダの中には、[Modern] や [Standard] など数種類のフォルダがあり
ます。いずれかのフォルダをコピーし、そのコピーに新しい名前を付けます。この
名前は、[表示のカスタマイズ] ダイアログの [アイコン セット] リストに表示されま
す。

4

新しいフォルダを開きます。1 つのツールバー ボタンにつき 3 つのファイルがあり、
各ファイルには PNG フォーマットで 32X32 のアイコンが入っています。1 つ目のフ
ァイルにはオフ状態、2 つ目のファイルにはオン状態、3 つ目のファイルにはクリッ
ク状態のボタン アイコンが入っています。たとえば、[中断] ボタンには、
tb_pause_enabled.png、tb_pause_disabled.png、
tb_pause_clicked.png の 3 つのファイルがあります。
すべてのボタンまたは選択したボタンのアイコンを置き換えます。使用できるフォ
ーマットは PNG のみです。ファイル名は変更しないでください。ファイル数を変更
できないため、ファイルの追加や削除も行わないでください。

5

新しいアイコン セットは、構築エディタの [メイン ウィンドウ] タブと [アピアラン
ス] タブの [表示] -> [カスタマイズ] ダイアログに表示されます。

仮想マシンの実行

133

コヒーレンス表示のオプション
[コヒーレンス] オプションを開くには、[表示] メニューから [カスタマイズ] を選択しま
す。
[コヒーレンス] タブのオプションは、ゲスト OS がコヒーレンス モードに対応している
場合に限り指定することができます。詳細については、「コヒーレンス モードの概要
『ページ 161』」を参照してください。これらのオプションは、構築エディタの [コヒ
ーレンス オプション] タブでも設定できます。[コヒーレンス] タブでオプションを変更
した場合は、[コヒーレンス オプション] タブのオプションも自動的に変更されます (逆
の場合も同様です)。

Windows タスクバー:
ƒ

[自動的に再配置する] オプションをオンにすると、Windows タスクバーが Dock の
位置に重なる場合に、タスクバーが最適な位置に自動的に再配置されます(複数の
ディスプレイを使用している場合でも、つねにバー全体が表示されるようになりま
す)。

作業領域
ƒ

[Dock と共存表示しない] - Windows アプリケーションを Dock の画面領域に表示さ
せたくない場合は、このオプションを選択します。

ƒ

[マルチ表示を使用する] - 複数のディスプレイを使用している場合は、このオプショ
ンを選択します。このオプションにより、コヒーレンス モードを複数のディスプレ
イに拡張できるようになるため、指定したディスプレイ上でゲスト Windows アプリ
ケーションを使用できるようになります。このオプションがオフの場合、コヒーレ
ンス モードは 1 つのディスプレイ上でのみ実行されます。

134

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

7章

Parallels Tools for Windows
Parallels Desktop では、ツールが提供されるすべての Windows ゲスト OS の Parallels
Tools のステータスを制御することができます。Parallels Tools とともにインストールさ
れる Parallels Tools Center を使用すると、以下の処理を実行することができます。
ƒ

各種ツールのステータスをチェックする。

ƒ

各ツールを個別に、一時的に有効または無効にする (ゲスト OS の実行を妨げずに
停止できるツールの場合)。

ƒ

特定のツール パラメータを設定する (パラメータを持つツールの場合)。

注意。Parallels Tools Center は、Windows ゲスト OS でのみ使用できます(ツールの説明
と各 OS で使用可能なツールを示した表については、「Parallels Tools の概要 『ページ
98』」を参照してください)。
Parallels Tools Center は、タブの集合体として構成されています。それぞれのタブには、
各ツールの設定が含まれています。Parallels Tools Center には、ゲスト OS にインストー
ルしたツールについてのタブのみが含まれています(Parallels Tools の [カスタム] イン
ストールを行った場合)。
Parallels Tools Center はゲスト OS の起動時に自動的に開始され、そのアイコンはゲスト
OS のタスク トレイ内に配置されます。

Parallels Tools Center を開く
Parallels Tools Center を開くには、以下の処理を実行します。
ƒ

ゲスト OS のタスク トレイ内にある Parallels のオレンジ色のアイコン
クします。

ƒ

Windows の [スタート] メニューから [すべてのプログラム] を選択し、[Parallels] ->
[Parallels Tools] を選択します。

をクリッ

変更の適用
タブ上で必要な変更を行ったのち、以下の処理を実行します。
ƒ

変更を有効にして別のタブに進むには、[適用] をクリックします。

ƒ

変更を有効にして Parallels Tools Center を非表示にするには、[OK] をクリックしま
す。

仮想マシンの実行

135

この章の構成
Parallels Tools Center の停止と再起動 .............................................................................. 135
クリップボード同期ツール オプション......................................................................... 136
時刻同期ツール オプション.............................................................................................. 137
ビデオ ドライバ オプション........................................................................................... 139
マウス同期ツール オプション......................................................................................... 140
ネットワーク ドライバ オプション............................................................................... 141
ディスク コンパクト化ツールオプション..................................................................... 142
共有フォルダ オプション................................................................................................. 143
お気に入りのアプリケーション ツール......................................................................... 144
コヒーレンス ツール......................................................................................................... 145

Parallels Tools Center の停止と再起動
必要な場合、Parallels Tools Center を一時的に停止させることができます。Parallels Tools
Center が停止しているときは、ネットワーク、ビデオ、マウス同期、コヒーレンス、お
よび共有フォルダ ツールのみが機能し続けます(特定のゲスト OS で使用可能な場合)。
Parallels Tools Center を停止させるには:
1

Parallels Tools Center アイコンを右クリックし、ステータス領域内で、[終了] をクリ
ックします。

2

停止させることを確認するには [はい] を、キャンセルするには [いいえ] をクリック
します。

Parallels Tools Center の再起動
停止した Parallels Tools Center を再起動するには、以下の手順を実行します。
ƒ

次のデフォルト フォルダにある ParallelsToolsCenter.exe ファイルを見つけ
ます。
C:\Program Files\Parallels\Parallels Tools\
このファイルをダブルクリックし、Parallels Tools Center を起動します。

ƒ

Windows の [スタート] メニューから [すべてのプログラム] を選択し、[Parallels] ->
[Parallels Tools] を選択します。

136

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

クリップボード同期ツール オプション

ステータス :
ƒ

[使用可能] は、クリップボード同期ツールの現在のステータスを表示します。この
ツールを一時的に使用不可にするには、チェック ボックスをオフにします。あとで
このチェック ボックスをオンにして、クリップボード同期ツールを使用可能にする
ことができます。

現在のクリップボードの内容:
ƒ

このフィールドは、現在のクリップボードの内容をスクロール可能な状態で表示し
ます。

ƒ

[クリア] ボタンは、クリップボードの内容を空にします。

説明 :
ƒ

ツールの簡単な説明を表示します。詳細な説明については、「Parallels Tools の概要
『ページ 98』」を参照してください。

変更の適用:
タブ上で希望する変更を行った後に、以下のいずれかを実行します。
ƒ

[適用] ボタンをクリックして、変更を適用します。

ƒ

[OK] ボタンをクリックして変更を適用し、Parallels Tools Center を非表示にします。

仮想マシンの実行

137

時刻同期ツール オプション
現行バージョンの Parallels Desktop for Mac では、時刻同期ツールは Windows および
Linux ゲスト OS のどちらでも使用可能です。それぞれのオペレーティング システム用
に以下のツール構成オプションがあります。

Windows ゲスト OS 用時刻同期ツールオプション

ステータス :
ƒ

[使用可能] チェック ボックスは、時刻同期ツールの現在のステータスを表示します。
このツールを一時的に使用不可にするには、チェック ボックスをオフにします。

拡張オプション:
ƒ

[同期時間間隔 (秒)] には、2 つの同期操作の間の間隔が入ります。フィールド内のス
クロール ボタンを使用して希望の値を設定するか、またはフィールドに値を入力し
てください。間隔の値は 10 ~ 3600 秒の範囲内でなければなりません。
ゲスト OS のシステム時刻をプライマリ OS と同期させるには、以下のようにします。
1. [使用可能] チェック ボックスをオンにします。
2. 同期間隔の希望する値を [同期時間間隔 (秒)] フィールドに設定します。

ƒ

[プライマリ OS とゲスト OS の間の時差を維持] チェック ボックスにより、ゲスト
OS のシステム時刻とプライマリ OS のシステム時刻との間の時差を一定に維持す
ることができます。
この機能を使用するには、以下のようにします。
1. [使用可能] チェック ボックスをオンにします。
2. [時差を維持] オプションをオンにします。

138

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

3. ゲスト OS で、希望する現在時刻を設定します。
時刻同期ツールは、ゲスト OS 時刻が設定された時点で、遅延/先行値を計算し、そ
れを維持します。
説明 :
ƒ

ツールの簡単な説明を表示します。詳細な説明については、「Parallels Tools の概要
『ページ 98』」を参照してください。

Linux ゲスト OS 用時刻同期ツールオプション
時刻同期ツールにより、ゲスト OS の時刻設定を構成できます。このツールで使用可能
な構成オプションを下の表にリストします。
オプション

説明

-T

このゲスト OS に対して時刻同期ツールをオフにします。

-d

プライマリ OS とゲスト Linux OS との間に一定の時差を設定します。オプショ
ンには次の値があります。
<秒> - ゲスト OS の時刻をプライマリ OS の時刻よりも進める場合に、正の値を
設定します。
n<秒> - ゲスト OS の時刻をプライマリ OS の時刻よりも遅らせる場合に、負の
値を設定します。

-s

ゲスト OS の時刻をプライマリ OS に同期させる同期時間間隔を設定します。こ
の間隔の設定は秒単位で、範囲は 1 ~ 3600 秒です。

時刻同期ツールを構成するには、prluserd スクリプトを編集する必要があります。こ
のスクリプトは、デフォルトでは /usr/lib/parallels/prluserd に格納されてい
ます。希望のオプションを指定し、仮想マシンを再起動します。仮想マシンの起動時に
prluserd スクリプトが実行されると、時刻設定が自動的に調整されます。
注意。prluserd スクリプトを編集するには root 権限が必要です。

仮想マシンの実行

139

ビデオ ドライバ オプション

ステータス :
ƒ

[使用可能] チェック ボックスは、ツールの現在のステータスを表示しますが、編集
のためにアクセスすることはできません。

説明 :
ƒ

ツールの簡単な説明を表示します。詳細な説明については、「Parallels Tools の概要
『ページ 98』」を参照してください。

140

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

マウス同期ツール オプション

ステータス :
ƒ

[使用可能] チェック ボックスは、ツールの現在のステータスを表示します。ツール
を一時的に無効化するには、このチェック ボックスをオフにします。

説明 :
ƒ

ツールの簡単な説明を表示します。詳細な説明については、「Parallels Tools の概要
『ページ 98』」を参照してください。

仮想マシンの実行

141

ネットワーク ドライバ オプション

ステータス :
[使用可能] チェック ボックスは、Parallels ネットワーク アダプタ ドライバの現在の
ステータスを表示します。このチェック ボックスがオンにされている場合は、
Parallels ネットワーク アダプタ ドライバがアクティブであることを意味します。可
能な場合はつねにこのドライバを使用することをお勧めします。ただし、[使用可能]
チェック ボックスをクリアして、このドライバを使用不可にし、ネイティブの
Realtek RTL8029 ドライバに戻ることができます。ドライバはゲスト オペレーティ
ング システムを再起動せずに変更できます。 ただし、ネットワーク接続が一時的に
失われることがあります。
説明 :
ƒ

ツールの簡単な説明を表示します。詳細な説明については、「Parallels Tools の概要
『ページ 98』」を参照してください。

142

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ディスク コンパクト化ツール オプション

ステータス :
ƒ

この表には、仮想マシンに接続され、Windows ファイル システムにフォーマットさ
れている、拡張可能仮想ハード ディスク上に存在するボリュームのリストが表示さ
れます。他のファイル システムにフォーマットされたボリュームは、拡張可能仮想
ハード ディスク上に物理的に存在しているとしても表示されません。この表から、
ディスク コンパクト化ツールにより処理するボリュームを選択できます。

ƒ

[全段階を一度に実行する]。このチェック ボックスは、コンパクト化プロセスの両
方の段階を一度に実行する場合に選択します。コンパクト化プロセスの 2 つの段階
の説明については、「仮想ディスクのコンパクト化 『ページ 287』」トピックを参
照してください。

ƒ

[開始] ボタンは、仮想ハード ディスクのコンパクト化の準備を行うプロセスを開始
します。

説明 :
ƒ

ツールの簡単な説明を表示します。詳細な説明およびガイドラインについては、「仮
想ディスクのコンパクト化 『ページ 287』」トピックを参照してください。

注意。仮想ディスクのコンパクト化は、仮想マシンの [ディスクを元に戻す] オプション
がオンになっている場合またはスナップショットがある場合には、実行できません。

仮想マシンの実行

143

共有フォルダ オプション

ステータス :
ƒ

[使用可能] チェック ボックスは、ツールの現在のステータスを表示しますが、編集
のためにアクセスすることはできません。

拡張オプション :
ƒ

[ショートカットをデスクトップ上に置く] オプションは、ゲスト OS デスクトップ
上に [Parallels Shared Folders] のショートカットを置くかどうかを制御します。

説明 :
ƒ

ツールの簡単な説明を表示します。詳細な説明については、「Parallels Tools の概要
『ページ 98』」を参照してください。

144

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

お気に入りのアプリケーション ツール

お気に入りのアプリケーション ツールを用いると、Mac OS X から「お気に入りの」
Windows アプリケーションを起動することができます。
ステータス :
ƒ

[使用可能] チェック ボックスは、ツールの現在のステータスを表示しますが、編集
のためにアクセスすることはできません。

説明 :
ƒ

ツールの簡単な説明を表示します。詳細な説明については、「Parallels Tools の概要
『ページ 98』」を参照してください。

お気に入りのアプリケーションの構築方法に関する詳細な説明については、「Mac OS
X から「お気に入りの」Winidows アプリケーションを起動する 『ページ 119』」のト
ピックを参照してください。

仮想マシンの実行

145

コヒーレンス ツール

Windows 2000/2003/XP/Vista のゲスト OS でのみ使用可能です。コヒーレンス ツールを
使用すると、ゲスト OS のアプリケーションと Mac OS X を統合できます。詳細につい
ては、「コヒーレンス モードでの操作」を参照してください。
ステータス :
ƒ

[使用可能] チェック ボックスは、ツールの現在のステータスを表示しますが、編集
はできません。

説明 :
ƒ

ツールの簡単な説明を表示します。詳細な説明については、「Parallels Tools の概要
『ページ 98』」を参照してください。

146

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

8章

Linux 用の Parallels Tools
プライマリ OS とゲスト OS をより確実に統合するため、動的解像度ツール、マウス同
期ツール、時刻同期ツールが設定された Linux ゲスト OS 用の一連のツールが Parallels
Desktop には用意されています。
動的解像度ツール
動的解像度ツールを使用すると、動的な解像度の設定が可能になります。ゲスト OS ウ
ィンドウの右下隅をドラッグしてウィンドウのサイズを変更すると、解像度は自動的に
調整されます。
マウス同期ツール
マウス同期ツールを使用すると、ポインタがゲスト OS ウィンドウを通過するたびにマ
ウス入力が自動的にキャプチャされ、ポインタがゲスト OS ウィンドウから外れたとき
にマウス入力が自動的に解放されます。また、このツールによってポインタの移動が滑
らかになります。
時刻同期ツール
時刻同期ツールを使用すると、ゲスト OS 上で時刻を設定することができます。このツ
ールを使用すると、以下の処理が可能になります。
ƒ

ホスト OS とゲスト OS 間の時刻を同期する。

ƒ

ホスト OS とゲスト OS 間の時差を設定して管理する。

注意。 他の時刻同期ソフトウェアがインストールされている場合、ソフトウェア同士
の競合を避けるため、そのソフトウェアを停止してから Parallels Tools をインストール
してください。
以下の表に、このツールで設定可能なオプションを示します。
オプション

説明

-T

このゲスト OS に対して、時刻同期ツールをオフにします。

-d

プライマリ OS と Linux ゲスト OS 間に特定の時差を設定します。このオプショ
ンでは次の値を設定します。
<seconds> - ゲスト OS の時刻をプライマリ OS の時刻よりも進めたい場合は、
ここに正の値を設定します。
n<seconds> - ゲスト OS の時刻をプライマリ OS の時刻よりも遅らせたい場合
は、ここに負の値を設定します。

仮想マシンの実行

147

ゲスト OS とプライマリ OS の時刻を同期する際の同期間隔を指定します。同期
の間隔は、1 秒から 3600 秒の範囲で設定します。

-s

時刻同期ツールを設定するには、prluserd スクリプトを編集する必要があります。こ
のスクリプトは、デフォルトで /usr/lib/parallels/prluserd に保存されます。
必要なオプションを指定し、仮想マシンを再起動してください。仮想マシンの起動時に
prluserd スクリプトが実行され、時刻の設定が自動的に調整されます。
注意。prluserd スクリプトを編集するには、root 権限が必要です。

実行時の構築内容の変更
構築エディタ 『ページ 184』は仮想マシンの実行中は利用できませんが、一部のデバイ
スを接続または切断したり、それらのデバイスを切り換えて他のメディアを使用するこ
とは可能です。
一般に以下の仮想デバイスは、実行中の仮想マシンに接続/切断することができます。
ƒ

CD/DVD-ROM ドライブ

ƒ

フロッピーディスク ドライブ

ƒ

ネットワーク アダプタ

ƒ

パラレルおよびシリアル ポート

ƒ

サウンド デバイス

ƒ

USB デバイス

ƒ

共有フォルダ

実行中にデバイスを接続/切断するには、そのデバイスが仮想マシンの構成で使用可能
になっている必要があります。
実行時に構築可能なデバイスは、以下の方法で構築することができます。
ƒ

メニュー バー内で、[デバイス] メニューをクリック。

ƒ

ステータス バー上のデバイス アイコンをクリックし、デバイス ショートカット メ
ニューからコマンドを選択。

ƒ

(CD/DVD-ROM、フロッピー ドライブ、および共有フォルダのみ)ステータス バ
ー上の適当なデバイス アイコンに、イメージ ファイル(共有フォルダ)をドラッグ
アンド ドロップ。

148

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

CD/DVD-ROM ドライブの接続
CD/DVD-ROM ドライブを使用可能にしてゲスト オペレーティング システムを起動し
た場合、ゲスト OS の実行中に、そのドライブを接続/切断したり、ドライブがアクセス
するメディアを変更することができます。
注意 : CD/DVD-ROM ドライブを使用不可にしてゲスト OS が開始された場合は、まず
ゲスト OS をシャットダウンし、次に CD/DVD-ROM を [構築エディタ] で使用可能にし
て、ゲスト OS を再起動してください。
ゲスト OS の実行中に CD/DVD-ROM を制御するには、メニュー バー内の [デバイス] メ
ニューを使用します。
仮想マシンに複数の CD/DVD-ROM ドライブが接続されている場合、[デバイス] メニュ
ーでは、その出現の順序に応じてそれらに番号が付けられています。最初の
CD/DVD-ROM は [CD/DVD-ROM 1]、2 番目は [CD/DVD-ROM 2] というようになります。
ゲスト OS の実行中に CD/DVD-ROM ドライブの全操作を無効にするには、[デバイス]
メニューで [CD/DVD-ROM] ->[切断] を選択します。
CD/DVD-ROM ドライブを再度接続するには、[デバイス] メニューで [CD/DVD-ROM] -> [接
続] を選択します。

CD/DVD-ROM ドライブでアクセスされるメディアを変更するには
以下の手順のいずれかを実行します。
ƒ

イメージ ファイル (または CD アイコン) を、ステータス バー上の CD/DVD-ROM
ドライブ アイコン
にドラッグ アンド ドロップします。

ƒ

[デバイス] メニューから、[CD/DVD-ROM] -> [接続] および [CD/DVD-ROM] ->[イメージに
接続] コマンドを選択します。

ƒ

をクリックし、デバ
ステータスバー 『ページ 56』上の CD/DVD-ROM アイコン
イスのショートカット メニューから該当するコマンドを選択します。

仮想マシンの実行

149

フロッピードライブの接続
フロッピー ドライブを使用可能にしてゲスト オペレーティング システムを起動した場
合、フロッピー ドライブを接続/切断したり、フロッピー ドライブがアクセスするメデ
ィアを変更することができます。
注意 : フロッピー ドライブを使用不可にしてゲスト OS を開始した場合は、まずゲスト
OS をシャットダウンし、次にフロッピーを [構築エディタ] で使用可能にして ([フロ
ッピー オプション] 『ページ 202』 タブの [使用可能] チェック ボックスをオン)、ゲス
ト OS を再起動してください。
フロッピー ドライブを仮想マシンに接続または仮想マシンから切断するには、以下の
ようにします。
ƒ

[デバイス]メニューで [フロッピー]-> [接続] または [フロッピー] ->[切断] をクリック
します。

仮想フロッピーがアクセスするイメージ ファイルに接続、またはこれを変更するには、
以下の手順の 1 つを実行します。
ƒ

[デバイス] メニューで [フロッピー] ->[イメージに接続] コマンドをクリックし、イメ
ージ ファイルの場所を指定して選択します。

ƒ

ステータスバー『ページ 56』上のフロッピー ドライブ アイコン
をクリックし、
デバイスのショートカット メニューから [イメージに接続] コマンドを選択します。

ƒ

イメージ ファイルをステータスバー上のデバイス アイコンにドラッグ アンド ドロ
ップします。

ネットワーク アダプタの接続
ネットワーク アダプタが仮想マシン構築内で使用可能になっている場合、ゲスト OS の
実行中に、ネットワーク アダプタを接続/切断することができます。
注意 : ネットワーク アダプタが使用不可の状態でゲスト OS を開始した場合は、まずゲ
スト OS をシャットダウンし、次にネットワーク アダプタを [構築エディタ] で使用可
能にして([ネットワーク アダプタ オプション] 『ページ 210』 タブの [使用可能] チェ
ック ボックスをオンにする)、ゲスト OS を再起動してください。
ネットワーク アダプタを接続または切断するには、以下の手順の 1 つを実行します。
ƒ

[デバイス] メニューから [ネットワーク] を選択し、[接続] または [切断] を選択しま
す。

ƒ

をクリック
ステータスバー 『ページ 56』上のネットワーク アダプタ アイコン
し、ショートカット メニューを表示させ、該当するコマンドを選択します。

150

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

シリアル ポートの接続
シリアル ポートが仮想マシンの設定で使用可能になっている場合は、ゲスト OS の実行
中にポートを接続/切断することができます。
注意 : シリアル ポートが使用不可になっている場合は、まずゲスト OS をシャットダウ
ンしてから、構築エディタでシリアル ポートを使用可能 ([シリアル ポート オプショ
ン] 『ページ 215』 タブの [使用可能] チェック ボックスをオン) にして、仮想マシンを
起動します。
シリアル ポートを接続または切断するには、以下の手順を実行します。
ƒ

[デバイス] メニューをクリックし、[COM] (使用可能なシリアル ポートの数に応じ
て 1 ~ 4) を選択し、[接続] または [切断] コマンドを選択します。

ƒ

をクリックし、シ
ステータスバー 『ページ 56』上のシリアル ポート アイコン
ョートカット メニューを表示させ、該当するコマンドを選択します。

仮想マシンの実行

151

パラレル ポートの接続
パラレル ポートが仮想マシンの設定で使用可能になっている場合は、ゲスト OS の実行
中にポートを接続/切断したり、プリンタや出力ファイルに接続したりすることができ
ます。
ネットワーク プリンタを含め、Macintosh コンピュータに接続されているプリンタは、
パラレル ポートを介して仮想マシンに接続することができます。
注意 : パラレル ポートが使用不可になっている場合は、まずゲスト OS をシャットダウ
ンしてから、構築エディタでパラレル ポートを使用可能 ([パラレル ポート オプショ
ン] 『ページ 213』 タブの [使用可能] チェック ボックスをオン) にして、仮想マシンを
起動します。
仮想マシンの設定でパラレル ポートが使用可能になっている場合は、以下のことが可
能です。
ƒ

ポートの切断

ƒ

出力ファイルの接続

ƒ

プリンタの接続

パラレル ポートを切断するには、以下の手順を実行します。
ƒ

[デバイス] メニューをクリックし、該当するパラレル ポート (使用可能なパラレル
ポートの数に応じて 1 ~ 3) を選択し、[切断] を選択します。

ƒ

ステータスバー 『ページ 56』上のパラレル ポート アイコン
ョートカット メニューを表示させ、[切断] を選択します。

をクリックし、シ

プリンタまたは出力ファイルをポートに接続するには、以下のいずれかの手順を実行し
ます。
ƒ

[デバイス] メニューをクリックし、[パラレル ポート] (使用可能なパラレル ポート
の数に応じて 1 ~ 3) を選択し、[出力ファイルに接続] を選択するか、Macintosh コ
ンピュータに接続されているプリンタのリストから目的のプリンタを選択します。

ƒ

ステータスバー上のパラレル ポート アイコン
をクリックし、ショートカット メ
ニューを表示させ、出力ファイルを選択するか、リストから該当するプリンタを選
択します。

152

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

サウンド デバイスの接続
サウンド デバイスが仮想マシンの設定で使用可能になっている場合は、ゲスト OS の実
行中にサウンド デバイスを接続/切断することができます。
注意 : サウンド デバイスが使用不可の状態でゲスト OS が開始された場合は、まずゲス
ト OS をシャットダウンし、次にサウンド デバイスを構築エディタで使用可能にして
([サウンド オプション] 『ページ 217』 タブの [使用可能] チェック ボックスをオンにす
る)、ゲスト OS を再起動してください。
サウンド デバイスを接続または切断するには、以下のいずれかの手順を実行します。
ƒ

[デバイス] メニューから [サウンド] をクリックし、 [アクティベート] を選択してサ
ウンド デバイスを接続 (または [ミュート] を選択して切断) します。

ƒ

をクリックし、
ステータスバー 『ページ 56』上のサウンド デバイス アイコン
ショートカット メニューを表示させ、該当するコマンドを選択します。

仮想マシンの実行

153

USB デバイスの接続
USB コントローラが仮想マシンの設定で使用可能になっている場合は、USB 周辺機器
を、実行中の仮想マシンに接続/切断することができます。一般的な情報については、
「仮想マシンにおける USB デバイスの使用 『ページ 156』」を参照してください。
注意 : USB コントローラが使用不可になっている場合は、まずゲスト OS をシャットダ
ウンしてから、構築エディタで USB コントローラを使用可能([USB オプション] 『ペ
ージ 219』 タブの [使用可能] チェック ボックスをオン)にして、仮想マシンを起動し
ます。
Parallels Desktop では、Macintosh コンピュータに装着されたすべての USB デバイスが
自動的に検出されます。現在コンピュータ上で使用可能な USB デバイスのリストを表
示するには、[デバイス] メニューから [USB] を選択するか、またはステータスバー内で、
USB コントローラ アイコン ( ) をクリックします。現在仮想マシンに接続されている
USB デバイスが選択された状態で、すなわち、左側にマークが付けられてそのリスト
に表示されます。USB デバイスがその仮想マシンで使用されている間は、このデバイ
スを Mac OS X で使用することはできません。
USB デバイスが装着されたときに、仮想マシンがそのデバイスと自動的に接続される
か、あるいは自動的には接続されないように、仮想マシンを構築することができます。
「仮想マシンの構築」セクション内の「USB オプション 『ページ 219』」のトピック
を参照してください。
警告。USB マウス、USB キーボードのような Macintosh USB デバイスを仮想マシン
に接続しないでください。これを行ってしまった場合には、その仮想マシンをシャッ
トダウンするか、または再起動してください。
USB マイクロフォンは、仮想マシンに特殊な方法で接続されますので、ご注意くださ
い。詳細については、このセクションの後述を参照してください。

自動接続
[USB オプション] 『ページ 219』 タブの [USB デバイスに自動接続] オプションがオンに
なっている場合は、USB デバイスが装着されると自動的に仮想マシンに接続されます。
任意の USB デバイスを仮想マシンから切断し、これを Mac OS X で使用可能にするに
は、以下のようにします。
1

[デバイス] メニューから [USB] を選択します。

2

一覧の中で、マークが付いた USB デバイスを選択。

154

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

そのデバイスは仮想マシンから切断され、そのマークは消えますが、一覧には残されま
す。このデバイスは、Mac OS X で使用可能になります。デバイスを取り外すと、この
一覧から削除されます。

手動接続
[USB オプション] 『ページ 219』 タブの [USB デバイスに自動接続] オプションがオフに
なっている場合、USB デバイスを仮想マシンに接続するには、以下のようにします。
ƒ

USB デバイスをご使用の Mac に装着します。

ƒ

をクリック(または [デバイス] メ
ステータスバーの USB コントローラ アイコン
ニューから [USB] を選択) して、Macintosh コンピュータ上で使用可能な USB デバ
イスのリストを表示させます。

ƒ

一覧から目的の USB デバイスを選択してこれをクリックし、接続します。そのデバ
イスは一覧上で、マークが付けられます。

同時に接続できるのは、8 つの USB 2.0 デバイスのみです。
任意の USB デバイスを仮想マシンから切断し、これを Mac OS X で使用可能にするに
は、以下のようにします。
ƒ

[デバイス] メニューから [USB] を選択します。

ƒ

一覧の中で、マークが付いた USB デバイスを選択。

マイクロフォンの接続
USB マイクロフォンは、ご使用の Macintosh コンピュータに接続されている USB デバ
イスの一覧内に表示されます (メニューの [デバイス] > [USB] および、USB コントロー
ラ ( に対するショートカット メニューの中)にあります。しかしこれはゲスト OS の
方法で接続する必要があります(このときのみ、これがご使用のゲスト OS で見えます)。

仮想マシンの実行

155

共有フォルダの接続
仮想マシンの設定で共有フォルダが使用可能になっている場合は、特定の共有フォルダ
またはすべての共有フォルダを一度に接続/切断することができます。
注意 : 共有フォルダが使用不可になっている場合は、まずゲスト OS をシャットダウン
してから、構築エディタで共有フォルダを使用可能 ([共有フォルダ オプション] 『ペ
ージ 143』 タブの [使用可能] チェック ボックスをオン) にして、仮想マシンを起動し
ます。
共有フォルダを接続または切断するには、以下のいずれかの手順を実行します。
ƒ

[デバイス] メニューから [共有フォルダ] を選択し、仮想マシンで定義されたフォル
ダのリストから該当するフォルダを選択します。選択したフォルダにチェック マー
クが付いていなかった(切断されていた)場合は、フォルダ名の横にチェック マー
クが表示され、そのフォルダが接続されたことを示します。すべてのフォルダを一
度に接続または切断するには、[全て接続] または [全て切断] を選択します。

ƒ

をクリックし、ショートカット メニ
ステータスバー上の共有フォルダ アイコン
ューを表示させます。リストから該当する共有フォルダを選択するか、[全て切断] ま
たは [全て接続] を選択します。

CD/DVD の取り出し
いかなるゲスト OS でも、Mac キーボード上の Eject キー (三角形と下線マークのキー)
が使用できます。
Windows ゲスト OS では、以下の方法も使用できます。
ƒ

[スタート] - >[マイ コンピュータ] をクリックし、対象となる CD/DVD-ROM ドライ
ブ を右クリック (または Control- クリック) して、コンテキスト (ショートカ
ット) メニューから [取り出し] を選択します。

156

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

仮想マシンでの USB デバイス
の使用
現行バージョンの Parallels Desktop は、8 ポートの USB 2.0 コントローラと 2 ポートの
USB 1.1 コントローラをエミュレートします。このことは、最大 8 つの 2.0 USB 周辺機
器が仮想マシンに同時に接続可能であることを意味します。この数には、仮想マシンが
USB コントローラをもたない場合でも接続される、USB キーボード、USB マウス、お
よび USB マイクロフォンは含まれません。
Parallels Desktop は、USB デバイスが装着されたときに、このデバイスを仮想マシンに
自動的に接続します。このオプションをオンにする方法については、「USB オプショ
ン 『ページ 219』」のセクションを参照してください。また、USB デバイスを仮想マ
シンの実行中に、自動的または手動で接続する方法については、「USB デバイスの接
続 『ページ 153』」のセクションを参照してください。
警告。USB マウス、USB キーボードのような標準の Macintosh USB 入力デバイスを
仮想マシンに接続しないでください。これを行った場合は、ゲスト OS をシャットダ
ウンまたは再起動して、デバイスを切断してください。Parallels Desktop では、これ
らのデバイスは別の方法で処理されます。

仮想マシンでのプリンタのセッ
トアップ
仮想マシンで印刷を設定するには、以下の 4 つの基本的な方法があります。
ƒ

仮想マシンのパラレル ポートを介して Macintosh コンピュータに接続されたプリン
タを使用する。

ƒ

USB プリンタをセットアップする。

ƒ

Apple の [Bonjour プリンタ ウィザード] からプリンタをセットアップする。この方
法は、Windows ゲスト OS でのみ使用できます。

ƒ

ネットワーク プリンタをセットアップする。

それぞれの印刷方法に対する仮想マシンの構築については、以下のトピックで説明しま
す。

仮想マシンの実行

157

Mac プリンタの共有
Macintosh コンピュータに接続されたプリンタを仮想マシンで使用するように設定でき
ます。プリンタは仮想マシンのパラレル ポート経由で使用できます。
1

構築エディタで仮想マシンの構築内容を開きます。この構築内容にパラレル ポート
が含まれていることを確認し、必要であれば追加してください。詳細については、
「パラレル ポートの追加 『ページ 235』」を参照してください。

2

[パラレル ポート オプション] タブを開き、[使用可能] オプションが選択されている
ことを確認します。プリンタが仮想マシンの起動時に自動的にキャプチャされるよ
うにする場合は、[起動時に接続] を選択します。[プリンタ] オプションを選択します。
[OK] をクリックして、[構築エディタ] を閉じます。

3

ゲスト オペレーティング システムを起動します。

4

ゲスト OS で、HP Color LaserJet 8500 PS または Apple Color LW 12/660 PS のいずれ
かのプリンタ ドライバをインストールします(ご使用のプリンタの機種は問いませ
ん)。

警告。仮想マシンでは、ご使用のプリンタに付属のインストール CD のドライバはイ
ンストールしないでください。
Windows ゲスト OS でプリンタを追加するには、以下の手順を実行します。
1

Windows ゲスト オペレーティング システムを起動し、管理者としてログインしま
す。

2

Windows の [スタート] メニューを開き、[設定]、[プリンタと FAX] (または [プリン
タ]) 項目の順にクリックします。

3

以下のようにして、[プリンタの追加ウィザード] を開きます。

4

ƒ

Windows 95/98/NT/ME/2000/2003 で、[プリンタの追加] アイコンをダブルクリッ
クします。

ƒ

Windows XP で、[プリンタの追加] リンクをクリックします。

[プリンタの追加ウィザード] で、以下のようにします。
ƒ

Windows 2000/XP/2003 の場合 :
- ウィザードの最初の画面で [次へ] をクリックします。
- [ローカル プリンタまたはネットワーク プリンタ] 画面で、[このコンピュータ
に接続されているローカル プリンタ] をクリックします。

ƒ

Windows 98/ME の場合 :
- ウィザードの最初の画面で [次へ] をクリックします。
- ウィザードの次の画面で、”プリンタはどこに接続されていますか?” と尋ねら
れます。[ローカル プリンタ] オプションをクリックします。

ƒ

Windows 95/NT の場合 :

158

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

- [ローカル プリンタ] をクリックします。
5

一般的なインストール手順を続行し、HP Color LaserJet 8500 PS または Apple Color
LW 12/660 PS ドライバをインストールします。

USB プリンタのセットアップ
USB プリンタを、以下のようにセットアップします。
1

仮想マシン構築を [構築エディタ] 『ページ 184』 で開き、構築に USB コントロー
ラが組み込まれていることを確認します。 必要ならばそれを追加します。詳細につ
いては、「USB コントローラの追加 『ページ 239』」を参照してください。

2

[USB オプション] タブを開き、[使用可能] オプションが選択されていることを確認
します。プリンタが仮想マシンにより自動的にキャプチャされるようにする場合は、
[起動時に自動接続] を選択します。[OK] をクリックして、[構築エディタ] を閉じま
す。

3

ゲスト オペレーティング システムを起動します。

4

USB プリンタを通常の USB デバイスとして接続します。「USB デバイスの接続『ペ
ージ 153』」トピックを参照してください。

5

プリンタのネイティブ ドライバをゲスト OS にインストールします。

Bonjour によるプリンタの設定
注意。このプリンタ構築方法は、Windows ゲスト OS でのみ利用可能です。
Bonjour プリンタ ウィザードを使用してプリンタを設定するには、以下の手順を実行し
ます。
1

Windows 仮想マシンを起動して、ログインします。

2

仮想マシンで、Apple サイト 『http://www.apple.com/macosx/features/bonjour/』から
Bonjour for Windows インストール パッケージをダウンロードします。

3

ダウンロード先のフォルダから BonjourSetup.exe ファイルを実行して、Bonjour
for Windows をインストールします。

4

Bonjour プリンタ ウィザードを起動します。 起動するには、デスクトップにあるア
イコンをクリックするか、[スタート] -> [プログラム] -> [Bonjour] -> [Bonjour プリンタ
ウィザード] をクリックします。

5

[Bonjour プリンタをインストール] ウィンドウが表示されるまでインストール手順
を実行します。

6

[Bonjour プリンタをインストール] ウィンドウの [製造元] リストで [Generic] をクリ
ックし、[モデル] リストで [Generic / Postscript] をクリックします。この手順は、どの
プリンタ モデルでも同じです。

7

残りのインストール手順を実行します。

仮想マシンの実行

159

ネットワーク プリンタのセットアップ
ゲスト OS にネットワーク プリンタをインストールする前に、プライマリ OS および仮
想マシンが以下の要件を満たしていることを確認してください。
ƒ

プライマリ オペレーティング システムにネットワークが構築されている。

ƒ

仮想マシン構築に、コンピュータの実際のネットワーク アダプタに接続されるネッ
トワーク アダプタが組み込まれている。仮想マシンの [ネットワーク アダプタ オプ
ション] 『ページ 210』 を参照してください。 [使用可能] オプションおよび [起動時
に接続] オプションが [デバイス ステータス] グループで選択されていることを確認
してください。[エミュレーション] グループで、[ブリッジ イーサネット] オプショ
ンが選択されており、実際のネットワーク インターフェースが [ネットワーク アダ
プタ] リストで選択されている必要があります。

ƒ

ゲスト OS にネットワークが構築されている。

ƒ

プリンタのセットアップに使用するユーザー アカウントに、ネットワーク プリンタ
へのアクセス許可がある。

Linux または FreeBSD ゲスト オペレーティング システムの場合
以下のコンポーネントが、ゲスト Linux または FreeBSD システムにインストールされて
いることを確認してください。
ƒ

Common UNIX Printing System (CUPS)。インストール手順は、CUPS サイト
『http://cups.org/documentation.php』に記載されています。

ƒ

Samba サービス。インストール手順は、Samba サイト
『http://us4.samba.org/samba/docs/man/Samba-HOWTO-Collection/install.html』に記載さ
れています。

ƒ

Web ブラウザ。Web インターフェースからの CUPS の制御について考慮しているた
め。

root パスワードを認識しておく必要があります。
ネットワーク プリンタを Linux または FreeBSD ゲスト OS に追加するには、以下のよう
にします。
1

Linux または FreeBSD ゲスト オペレーティング システムを始動します。

2

Common UNIX Printing System を開始します。
[ターミナル] で、次のコマンドを実行します。

/etc/init.d/cups start

3

Web ブ ラ ウ ザ を 開 始 し 、 仮 想 マ シ ン の
http://127.0.0.1:631 のいずれかを開きます。

IP ア ド レ ス ま た は

4

メニューで [Printers] をクリックします。選択可能なプリンタがあれば、そのリスト
の下の [Add printer] ボタンをクリックします。

5

root パスワードの入力が求められます。 入力すると、先に進むことができます。

160

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

6

[Add New Printer] 画面で、プリンタの簡易識別用の情報を入力します。識別用のプリ
ンタ名、場所、および説明。

7

[Device for <Printer Name>] 画面で、[Windows Printer via Samba] を選択しま
す。

8

[Device URL for <Printer Name>] 画面で、以下の形式でネットワーク プリンタへのパス
を指定します。
smb://<computer name>/<printer name>

9 [Model/Driver for <Printer Name>] 画面で、プリンタの機種を選択します。
10 CUPS が イ ン ス ト ー ル を 実 行 し ま す 。 イ ン ス ト ー ル が 正 常 に 実 行 さ れ た 場
合、”Printer <name> has been added successfully” というメッセージが
表示されます。

Windows ゲスト オペレーティング システムの場合
ネットワーク プリンタを Windows ゲスト OS で追加するには、以下のようにします。
ƒ

Windows ゲスト オペレーティング システムを始動し、適切なアカウントでログイ
ンします。

ƒ

Windows の [スタート] メニューを開き、[設定]、[プリンタと FAX] (または単に [プリ
ンタ]) 項目の順にクリックします。

ƒ

以下のようにして、[プリンタの追加ウィザード] を開きます。
Windows 95/98/NT/ME/2000/2003 で、[プリンタの追加] アイコンをダブルクリックし
ます。
Windows XP で、[プリンタの追加] リンクをクリックします。

ƒ

[プリンタの追加ウィザード] で、以下のようにします。
Windows 2000/XP/2003 の場合 :
- ウィザードの最初の画面で [次へ] をクリックします。[ローカル プリンタまたはネ
ットワーク プリンタ] 画面で、[ネットワーク プリンタ、またはほかのコンピュータ
に接続されているプリンタ] をクリックします。
Windows 98/ME の場合 :
- ウィザードの最初の画面で [次へ] をクリックします。
- ウィザードの次の画面で、”プリンタはどこに接続されていますか?” と尋ねられま
す。 [ネットワーク プリンタ] オプションをクリックします。
Windows 95/NT の場合 :
[ネットワーク プリンタ/サーバー] をクリックします。

ƒ

通常のネットワーク プリンタのインストールを続行します。

コヒーレンス モードでの操作

161

9章

コヒーレンス モードでの操作
この章では、コヒーレンス モードで実行できるさまざまな操作について説明します。
また、コヒーレンス モードの各種オプションの概要や、設定時の便利なヒントも記載
します。
コ ヒ ー レ ン ス モ ー ド は 、 Parallels Tools が イ ン ス ト ー ル さ れ た Windows
2000/XP/2003/Vista ゲスト オペレーティング システムで使用可能です。

この章の構成
概要....................................................................................................................................... 162
コヒーレンス モードのオプション.................................................................................. 166

162

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

概要
1 つ以上のアプリケーションが開いている状態で、実行中の仮想マシンをコヒーレンス
モードに切り換えると、Mac OS X のアプリケーション ウィンドウとともに、Mac OS X
デスクトップ上に Windows のアプリケーション ウィンドウが表示されます。次の図は、
Mac OS X デスクトップ上に表示された Windows 形式の [ペイント] アプリケーション
ウィンドウを示したものです。デフォルトでは、Windows タスクバーと Mac OS X Dock
の両方が画面に表示されます。Dock には、[ペイント] のアイコンと Parallels Desktop の
アイコンが、Parallels ロゴの付いた仮想マシンのライブ画像コピーとして表示されます。
Windows アプリケーション ウィンドウのいずれかがアクティブ状態の場合は、画面最
上部のメニュー バーに [Parallels Desktop] メニューが表示されます。

現行バージョンの Parallels Desktop では、ゲスト OS のアプリケーションと Mac OS X を
より緊密に統合することができます。
ƒ

Mac OS X から Windows ファイル システムにアクセスすることができます(逆も可
能)。

ƒ

両方のシステムでファイルの関連付けが自動的に行われるため、Windows ファイル
を Mac OS X アプリケーションで開いたり、Mac OS X ファイルを Windows アプリ
ケーションで開くことができます。

ƒ

両システムで、同じデフォルト ブラウザと電子メール クライアントを使用できます。

ƒ

Dock に Windows と Mac OS X の両方のアプリケーション アイコンを表示できます。

ƒ

Dock から Windows の [スタート] にアクセスできます。

コヒーレンス モードでの操作

163

コヒーレンス モードへの切り換え
コヒーレンス モードに切り換えられるのは、実行中の仮想マシンのみです。以下のい
ずれかの処理を実行します。
ƒ

ツールバーの

ƒ

[表示] メニューの [コヒーレンス] を選択する。

アイコンをクリックする。

仮想マシンをコヒーレンス モードに切り換えるためのデフォルトのホット キーは、
Shift+Control+Option です。
切り換えオプションの全リストについては、「コヒーレンス モードへの切り換え 『ペ
ージ 126』」を参照してください。

コヒーレンス モードでの Dock の使用
[Parallels Desktop] アイコンをクリックして、Dock から Windows の [スタート] メニュー
にアクセスします。
Dock または Mac OS X デスクトップのアイコンをクリックして、Windows アプリケー
ションを直接開きます。Windows アプリケーションを起動すると、そのアイコンが Dock
内に表示されます。アプリケーションを閉じるか仮想マシンを停止すると、アプリケー
ション アイコンが Dock から消えます。ただし、以下の操作を実行することにより、ア
イコンを Dock 内につねに表示することができます。
1

Dock で Windows のアプリケーション アイコンを右クリックし、ショートカット メ
ニューを開きます。

2

ショートカット メニューから [Dock に保存] を選択します。

164

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

アプリケーションのショートカット メニューから [「お気に入り」に追加] を選択する
ことにより、Mac OS X 上にアプリケーションのエイリアスを作成することもできます。
Dock 内の Windows アプリケーション アイコンかデスクトップ上のエイリアスをクリ
ックすると、仮想マシンとアプリケーションが起動します。仮想マシンは、自動的にコ
ヒーレンス モードに切り替わります。

Windows タスクバーの使用
デフォルトでは、コヒーレンス モードで仮想マシンを実行すると、Windows タスクバ
ーが Mac OS X デスクトップ上に表示されます。コヒーレンス モードで Windows タス
クバーを非表示にすることもできます。詳細については、「コヒーレンス オプション
『ページ 192』」を参照してください。
画面上に Windows タスクバーがない場合は、次のいずれかの方法で Windows の [スタ
ート] メニューにアクセスできます。
ƒ

Dock で Parallels Desktop アイコンをクリックする。

ƒ

Dock 内の Parallels Desktop のアイコンを右クリックして、ショートカット メニュー
から Windows の [スタート] メニューを選択する。

画面上の Dock の位置に応じて Windows タスクバーの位置を自動的に調整するオプシ
ョンもあります。詳細については、「コヒーレンス表示のオプション 『ページ 133』」
を参照してください。このオプションを選択すると、Dock が画面の下部にある場合は、
タスクバーが画面の左右または上部に配置されます。その際、タスクバー全体が表示さ
れる最適な位置に配置されます。

アプリケーション切り換えバーの使用
実行中の Mac OS X と Windows アプリケーションを、アプリケーション切り換えバーで
切り換えることができます。
1

キーボード上で Command+Tab キーを押すと、デスクトップ一帯にアプリケーショ
ン切り換えバーが表示され、Windows と Mac OS X の両方で実行中のアプリケーシ
ョンがすべて表示されます。

2

アプリケーションを選択するには、バー内で該当するアプリケーションのアイコン
をクリックします。下の図では、Parallels Tools Center が選択されています。

コヒーレンス モードでの操作

165

アプリケーション切り換えバーの使用に関するトラブルシューティングについては、
「仮想マシンでのキーボード ショートカット 『ページ 273』」を参照してください。

Windows アプリケーションと Mac アプリケーションの共有
Mac OS X アプリケーションを使用して、Windows ゲスト OS のファイルを開くことが
できます(その逆も可能)。Parallels Tools のインストール時に、[Parallels Shared
Applications] の一覧が作成されます。この一覧には、使用している Mac OS X アプリケ
ーションが表示されます。この一覧を表示するには、Windows の [スタート] メニューか
ら [すべてのプログラム] -> [Parallels Shared Applications] を選択します。この一覧から、
任意のアプリケーションを選択して起動することができます。
Mac OS X または Windows で文書を右クリックし、[プログラムから開く] の一覧から、
Mac OS X または Windows の使用可能なアプリケーションを選択します。

Mac OS の [ゴミ箱] の使用
コヒーレンス モードの場合、Mac OS の [ゴミ箱] を使用して特定の Windows ファイル
を削除することができます。削除したいファイルを選択して、Mac OS の [ごみ箱] に移
動します。Mac OS の [ゴミ箱] に移動された Windows ファイルは、自動的に Windows の
[ごみ箱] へリダイレクトされます。このファイルを完全に削除したい場合は、Windows
ゲスト OS の [ごみ箱] を空にします。

SmartSelect の使用
Windows アプリケーションか Mac アプリケーションかに関わらず、特定の種類のファ
イルをつねに Mac OS X 上で開くアプリケーションを選択することができます。この機
能は、アプリケーションのショートカット メニュー(Dock から開いている場合)、ま
たは Parallels Desktop メニュー バーの [アプリケーション] メニューで使用することが
できます。

マルチ表示モードの使用
コヒーレンス モードでは複数のディスプレイを使用できるため、コヒーレンス モード
を選択した数のディスプレイに対して拡張することができます。

166

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

コヒーレンス モードのオプシ
ョン
このトピックでは、コヒーレンス モードのオプションについて概説します。

起動オプション
仮想マシンをコヒーレンス モードで直ちに起動するように設定することができます。
[開始モード] オプションは、構築エディタの [ブート オプション] タブで設定できます。
詳細については、「ブート オプション 『ページ 187』」のトピックを参照してくださ
い。

アニメーション オプション
コヒーレンス モードへの切り換え時のアニメーションを設定することができます。こ
れを行うには、[ユーザー設定] ウィンドウの [アニメーション] タブで [コヒーレンス切
り換え時にアニメーションを入れる] オプションを選択します。詳細については、「ア
ニメーション タブ 『ページ 263』」を参照してください。

表示と作業領域のオプション
コヒーレンス表示のオプションでは、仮想マシンのコヒーレンス モードをカスタマイ
ズできます。このモードで Windows タスクバーを表示するかどうかを指定できます。[自
動的に再配置する] オプションを選択すると、Windows タスクバーが Dock 以外の位置
に自動的に配置されます。
作業領域のオプションでは、ゲスト OS のアプリケーションの表示領域から Dock を除
外したり、複数のディスプレイを使用するようにコヒーレンス モードを拡張したりす
ることができます。
これらのオプションは、構築エディタの [コヒーレンス オプション] タブでも使用でき
ます。[コヒーレンス] タブでオプションを変更した場合は、[コヒーレンス オプション]
タブでも自動的に変更されます (逆の場合も同様です)。
詳細については、「コヒーレンス オプション 『ページ 192』」または「コヒーレンス
表示のオプション 『ページ 133』」のトピックを参照してください。

インターネット アプリケーションの共有
このグループのオプションを使用すると、Windows と Mac OS X の両方で共有するイン
ターネット アプリケーションを指定できます。こうすると、両方のシステムで同じデ
フォルト ブラウザ、FTP、メール クライアントを使用できるようになります。これら
のオプションは、[ユーザー設定] ウィンドウの [一般] タブで設定できます。詳細につい
ては、「一般タブ 『ページ 254』」のトピックを参照してください。

コヒーレンス モードでの操作

167

Mac の共有オプション
両方のシステムでファイルの関連付けが自動的に行われるため、Windows ファイルを
Mac OS X アプリケーションで開いたり、Mac OS X ファイルを Windows アプリケーシ
ョンで開いたりすることができます。この機能を有効にするには、[構築エディタ] の [共
有フォルダ] タブの [Mac フォルダを Windows に共有] セクションにあるオプションを使
用します。詳細については、「共有フォルダ 『ページ 143』」のトピックを参照してく
ださい。

Windows の共有オプション
両方のシステムでファイルの関連付けが自動的に行われるため、Windows ファイルを
Mac OS X アプリケーションで開いたり、Mac OS X ファイルを Windows アプリケーシ
ョンで開いたりすることができます。この機能を有効にするには、[構築エディタ] の [共
有フォルダ] タブの [Windows フォルダを Mac に共有] セクションにあるオプションを使
用します。詳細については、「共有フォルダ 『ページ 143』」のトピックを参照してく
ださい。
注意。マウントできるのは仮想ハード ディスクのみです。取り外し可能な USB ストレ
ージ デバイス、外付けフロッピー ディスク、CD/DVD はマウントできません。

仮想マシンのセキュリティ レベル
仮想マシンに対して特定のセキュリティ レベルを設定すると、構築エディタの [コヒー
レンス] タブと [共有フォルダ] タブ上の一部のオプションが自動的にオンまたはオフに
なります。また逆に、これらのタブでオプションを変更すると、変更後の全体的なセキ
ュリティ レベルを反映して、[セキュリティ オプション] タブの [セキュリティ レベル]
スライダーが指定される場合があります。

168

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

10章

スナップショット と [ディスクを元
に戻す] の操作
Parallels Desktop では、スナップショットを作成して [ディスクを元に戻す] オプション
を使用することにより、仮想マシンにバックアップを作成し、仮想マシンに対して行わ
れた変更を元に戻すことができます。
仮想マシンの情報のバックアップを作成して仮想マシンの状態を保存するには、スナッ
プショットを作成 『ページ 169』 します。
仮想ハードディスクに対して行われた変更を元に戻す必要がある場合は、[ディスクを
元に戻す] オプションを使用します。このオプションは、仮想マシンにスナップショッ
トがある場合に使用できます。スナップショットを作成するか、[ディスクを元に戻す]
オプションを使用して、操作を行います。
注意。Boot Camp パーティションを使用する仮想マシンの場合、スナップショットの作
成や [ディスクを元に戻す] 機能を使用することはできません。

この章の構成
スナップショットの概要................................................................................................... 169
スナップショット マネージャ.......................................................................................... 171
スナップショットの作成................................................................................................... 173
スナップショット間のナビゲーション........................................................................... 174
スナップショットの削除................................................................................................... 176
[ディスクを元に戻す] の操作 ........................................................................................... 176

スナップショット と [ディスクを元に戻す] の操作

169

スナップショットの概要
スナップショットとは、特定の時点で保存された仮想マシンの状態を指します。スナッ
プショットは、仮想マシンの実行中だけでなく、停止中、中断中、一時停止中にも作成
することができます。
警告。通常、スナップショットはいつでも作成できます。ただし、スナップショット
を作成する前に、インストール、ダウンロード、外部デバイスへの書き込みなどの操
作をすべて完了しておくことをお勧めします。また、仮想マシン経由で外部データベ
ースに対してトランザクションを実行している場合、このトランザクションを完了す
るかキャンセルしてから、スナップショットを作成してください。
以下の目的でスナップショットを活用することができます。
ƒ

一連のバックアップをスナップショットとして作成し、Macintosh コンピュータのハ
ード ディスク上のスペースを節約します。

ƒ

多数の設定段階を必要とするソフトウェアを設定します。段階ごとに代替設定を選
択できるため、どの設定を選択すべきかを調べたい場合には、分岐点ごとにスナッ
プショットを作成します。

ƒ

開発プロセスにおいて、各マイルストーンをスナップショットとしてマークします。
問題が発生した場合は、いつでも前の段階に戻ることができます。また、特定のマ
イルストーンのスナップショットを基点として、複数のスナップショットからなる
分岐を作成することもできます。

注意。Boot Camp パーティションを使用する仮想マシンの場合、スナップショットは作
成できません。
各スナップショットには、次の追加情報が含まれます。
ƒ

スナップショットの作成日時

ƒ

現在のスナップショットの名前

ƒ

ゲスト OS の画面コピー

スナップショット ファイル
最初のスナップショットを保存する際に、以下のオブジェクトが作成されます。
ƒ

snapshots.xml - このファイルには、仮想マシンのスナップショットに関する情
報が格納されます。

ƒ

スナップショット フォルダ - スナップショット ファイルは、このフォルダに保存
されます。

ƒ

仮想ディスクの差分ファイル(仮想マシン用に作成されたスナップショットに関す
るファイル)

170

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

snapshots.xml ファイルとスナップショット フォルダは、仮想マシンの構成ファイ
ル に 格 納 さ れ ま す 。 こ の フ ォ ル ダ の デ フ ォ ル ト の 場 所 は 、
</Documents/Parallels/<仮想マシン名> です。
仮想ディスクの差分ファイルは、適切な .hdd バンドル ファイルに保存されます。

スナップショット と [ディスクを元に戻す] の操作

171

スナップショット マネージャ
スナップショット マネージャを使用すると、新しいスナップショットの作成、既存の
スナップショットの表示、アクセスするスナップショットの選択、スナップショットの
プロパティの編集などを行うことができます。

[スナップショット マネージャ] ウィンドウは、以下の 3 つの領域に分かれています。
ƒ

ウィンドウ上部にあるスナップショット ツリー ペイン

ƒ

スナップショット プロパティ ペイン。名前と説明を指定することにより、ツリーで
選択したスナップショットのプロパティを編集できます。
このペインには、[移動先] と [削除] というスナップショット コマンド ボタンもあり
ます。

ƒ

スナップショット ツリー全体に対する操作を実行する [新規] ボタンと [閉じる] ボ
タンの 2 つのダイアログ ボタンが配置されたペイン
新しいスナップショットを作成するには、[新規] をクリックします。
仮想マシンのスナップショット ツリーに対して行った変更内容を保存してスナッ
プショット マネージャを閉じるには、[閉じる] をクリックします。

172

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

スナップショット ツリー ペイン
仮想マシンのスナップショット ツリーは、スナップショット マネージャ画面上部のペ
インに表示されます。スナップショットの作成時に仮想マシンが起動していた場合、ス
ナップショット アイコンはゲスト OS ウィンドウの画面コピーのような表示になりま
す。仮想マシンが停止しているときにスナップショットを作成した場合、スナップショ
ット アインコンは画面のような表示になります。
最初のアイコンは、スナップショット システムのルートになります。これは仮想マシ
ンの初期状態であり、参照ポイントとして使用されます。ルート ノードを削除するに
は、その仮想マシンに対して作成されたスナップショットをすべて削除する必要があり
ます。スナップショットが 1 つでも存在する場合、ルート スナップショットも存在す
ることになります。
同じ仮想マシンに関する他のスナップショットはすべて、ルート スナップショットの
子孫となります。1 番目のスナップショットには、ルート スナップショットとの「差分」
が含まれます。2 番目のスナップショットには、1 番目のスナップショットとの差分が
含まれます。前のスナップショットに戻って操作してから別のスナップショットを作成
すると、このスナップショットに対して新しい分岐が作成されます。
仮想マシンの現在の状態を表すアイコンは、フラッグ付きで表示されます。

スナップショット プロパティ ペイン
スナップショット ツリーでスナップショットを選択すると、以下のフィールドにプロ
パティが表示されます。
ƒ

[作成日時] - スナップショットが作成された日時を示します。

ƒ

[名前] - デフォルト名またはユーザーが指定した名前が表示されます。

ƒ

[説明] - スナップショットの作成時に定義した簡単な説明が表示されます。

スナップショットの削除
1

ツリー内のスナップショットを選択します。

2

[削除] ボタンをクリックします。

スナップショット と [ディスクを元に戻す] の操作

173

中間のスナップショットを削除すると、そこに含まれていた情報が、その下のスナップ
ショットにマージされます。
注意。ルート アイコンを直接削除することはできませんが、他のスナップショットを
すべて削除すると、ルート アイコンも自動的に削除されます。

特定のスナップショットへのアクセス
デフォルトでは仮想マシンの現在の状態は保存されないため、特定のスナップショット
にアクセスする前に、仮想マシンの現在の状態をどうするのかを決めておきます。最後
のスナップショット以降に行われた変更内容を維持するには、新しいスナップショット
を作成します。
1

ツリー内のスナップショットを選択します。

2

[移動先] ボタンをクリックします。

3

メッセージ ボックスで [はい] をクリックすると、仮想マシンがそのスナップショッ
トの状態に戻ります。[いいえ] をクリックすると、現在の状態のままになります。

4

[閉じる] をクリックして仮想マシンに戻ります。

スナップショットの作成
スナップショットは、仮想マシンの実行時、中断時、停止時に作成することができます。
仮想マシンの実行時にスナップショットを作成しても、仮想マシンが停止することはあ
りません。

スナップショットを作成するには
1

Parallels Desktop を起動します。

2

[仮想マシンの選択] ダイアログで仮想マシンを選択して [選択] ボタンをクリックし
ます。

ƒ

停止している仮想マシンのスナップショットを作成するには、ツールバーの [スナッ
プショットを作成]
ボタンをクリックするか、[アクション] メニューから [スナ
ップショットの作成] を選択します。

ƒ

実行中の仮想マシンのスナップショットを作成するには、[開始] (
) ボタンをク
リックして仮想マシンを起動します。仮想マシンの状態を保存したいタイミングで
[スナップショットを作成]

3

ボタンをクリックします。

スナップショット パラメータ画面から、スナップショットの名前と簡単な説明を入
力します。[OK] をクリックします。

174

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

4

仮想マシンの状態が保存されるまで、しばらく待ちます。
保存されたら、仮想マシンの処理を続行することができます。

スナップショット間のナビゲー
ション
Parallels Desktop により、スナップショットを作成して仮想マシンの状態のバックアッ
プを作成することができます。スナップショット マネージャ 『ページ 171』 を使用し
て、複数のスナップショットの分岐を作成することができます。
スナップショット マネージャを使用すると、アクセスしたいスナップショットを選択
できます。
ツールバーの [スナップショットへの復帰] ボタンか [アクション] メニューの [スナップ
ショットへの復帰] オプションを使用すると、スナップショットの作成時刻に関わらず、
複数のスナップショットの同じ分岐上で作成された前のスナップショットに戻ること
ができます。
警告。最後のスナップショットの作成後に仮想ディスクと設定に対して行われた変更
内容は、すべて失われます。

スナップショットへのアクセス
任意のツリーから任意のスナップショットを選択できます。
スナップショットにアクセスするには
1

仮想マシンの構成内容を開きます。

2

ツールバーの [スナップショット マネージャの起動]

3

スナップショット マネージャ画面でスナップショットを選択し、[移動先] ボタンを
クリックします。

ボタンをクリックします。

スナップショット と [ディスクを元に戻す] の操作

4

175

通知ウィンドウで [はい] をクリックします。

前のスナップショットに戻る
現在の状態のスナップショットを、同じ分岐上に作成された前のスナップショットへ戻
すことができます。
前のスナップショットへ戻すには
1

ツールバーの [スナップショットへの復帰]
ボタンをクリックするか、[アクショ
ン] メニューから [スナップショットへの復帰] を選択します。

2

次のメッセージが表示されます。

176

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

3

処理を続行するには [OK] をクリックします。仮想マシンをこの分岐上のスナップシ
ョットに戻したくない場合は、[いいえ] をクリックします。

スナップショットの削除
スナップショット マネージャを使用してスナップショットを削除することができます。
スナップショットを作成するには
1

仮想マシンの構成内容を開きます。

2

ツールバーの [スナップショット マネージャの実行]
ボタンをクリックするか、
[アクション] メニューの [スナップショット マネージャの実行] を選択して、スナッ
プショット マネージャを開きます。

3

削除したいスナップショットを選択して [削除] をクリックします。
中間のスナップショットを削除すると、そこに含まれていた情報が、その下のスナ
ップショットにマージされます。

注意。ルート アイコンを直接削除することはできませんが、他のスナップショットを
すべて削除すると、ルート アイコンも自動的に削除されます。

[ディスクを元に戻す] の操作
[ディスクを元に戻す] オプションを使用すると、現在の仮想マシンのセッション中に仮
想ディスクに対して行った変更内容を確定するか、元に戻すことができます。現行バー
ジョンの Parallels Desktop でこのオプションを指定すると、仮想マシンのすべてのディ
スクに同時に適用されます。ディスクに対して個別に適用することはできません。
警告。[ディスクを元に戻す] オプションを有効にしている場合でも、すべての操作を
元に戻せるわけではありません。仮想マシンから Mac OS X ファイルに対して行った
変更など、変更仮想マシンを経由して実行された操作を元に戻すことはできません。
また、ネットワーク データベースで実行されたトランザクションも、元に戻すこと
はできません。
[ディスクを元に戻す] オプションを有効にするには、構築エディタの [オプション] の
[拡張] タブを使用します。詳細については、「拡張オプション 『ページ 189』」を参照
してください。
このオプションを設定する場合、仮想マシンのシャットダウン時に実行するアクション
も選択する必要があります。以下に、そのアクションを示します。
1

[変更の適用]

スナップショット と [ディスクを元に戻す] の操作

2

[変更内容を破棄する]

3

[処理内容を問い合わせる]

177

これにより、選択したアクションに応じて、仮想マシンを閉じるたびに変更内容が適用
されるか、破棄されるか、処理内容を確認するメッセージが表示されるかが決まります。
ƒ

[変更内容を破棄する] を選択すると、仮想マシンをシャットダウンする際に、各仮
想ハード ディスクの状態が、最後に仮想マシンが起動される前の状態に戻されます。

ƒ

[変更の適用] を選択すると、仮想マシンをシャットダウンする際に、すべての変更
内容が仮想マシンのディスクに保存されます。

注意。[ディスクを元に戻す] オプションが有効になっている場合、仮想マシンと仮想デ
ィスクは圧縮できません。
[ディスクを元に戻す] オプションが有効になっている場合、この仮想マシンに対してス
ナップショットを作成することはできません。逆に、仮想マシンに 1 つでもスナップシ
ョットが存在する場合も、[ディスクを元に戻す] オプションを有効にすることはできま
せん。
注意。Boot Camp パーティションを使用する仮想マシンの場合、[ディスクを元に戻す] オ
プションは設定できません。

178

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

11章

仮想マシンの構築
この章の構成
仮想マシンでのマウスの使用........................................................................................... 178
仮想マシンにおけるネットワーク................................................................................... 180
仮想マシン構築の編集....................................................................................................... 184
デバイスの追加と削除....................................................................................................... 220
共有フォルダの使用........................................................................................................... 241
共有アプリケーションの使用........................................................................................... 241
SmartSelect の使用 .............................................................................................................. 246
共有プロファイルの使用................................................................................................... 246
カスタムの画面解像度....................................................................................................... 249

仮想マシンでのマウスの使用
右マウス キーを使用するための Mac の構築方法
デフォルトでは、Macintosh マウスの右ボタンは (このマウスに右ボタンがある場合)、
左ボタンと同じ機能となるように構築されています。この右ボタンが本来の機能をもつ
ように、マウスを構築することができます。
1

Apple システム メニューの [システム環境設定] を選択し、[ハードウェア] セクショ
ンの [キーボードとマウス] をクリックします。

2

[キーボードとマウス] ダイアログで、[マウス] タブを開き、右ボタンに対して [副ボ
タン] オプションを選択します。

仮想マシンの構築

179

マウスに右ボタンがない場合の右クリック方法
マウスに右ボタンがない場合、以下の手順の 1 つを実行します。
ƒ

オブジェクトを選択するには、Control+ マウスキーのクリックの組み合わせを使
用します。

ƒ

デフォルトでは、Control+Shift+ マウスキーのクリック の組み合わせが右クリ
ックの代用として定義されています。[ユーザー設定] -> [キーボード]]『ページ 265』
タブ上で、他のキーを設定することができます。

ƒ

"遅延付きのクリック" を使用します。ショートカット メニューが表示されるまで、
マウス ボタンをクリックしてホールドする必要があります。希望する遅延時間を設
定するには、[Parallels Desktop] メニューから [ユーザー設定] を選択します。[キーボ
ード] タブの [マウスの右クリック] セクションで、[詳細なオプション] をクリックし
ます。表示されるダイアログで、[右クリックの遅延] オプションを選択し、スライ
ダーを使用してご希望の遅延時間を設定します。[OK] をクリックして、設定を適用
します。
デフォルトでは、この方法はオフになっています。オンにするには、[ユーザー設定]
ウィンドウの [キーボード] タブを使用します。

注意。MacBook および MacBook Pro では、キーボード上で、右側の Command キーの右
側にある小さな Enter キーを押す場合もあります。Windows ゲスト OS では、この
Macintosh キーボード上の Enter キーは、Windows キーボード上の メニュー キーに該
当します。

180

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

仮想マシンにおけるネットワー

Parallels Desktop は、以下の 3 つのタイプのネットワークを仮想マシンにおいて使用す
ることができます。
ƒ

共有ネットワーク (NAT)

ƒ

ブリッジ イーサネット

ƒ

ホストオンリ ネットワーク

このセクションでは、これらすべてのタイプのネットワークとその構築方法について説
明します。

仮想マシンの構築

181

共有ネットワーク (NAT)
デフォルトでは、[Windows 高速インストール] または [典型的なインストール] で作成さ
れる仮想マシンは、ネットワーク接続に共有ネットワーク (NAT) モードを使用します。
このモードでは、仮想マシンはネットワーク上の他のコンピュータ (この Macintosh コ
ンピュータを除く) からは見えずに、インターネットにアクセスすることができます。
このモードは、いかなる追加的な構築も必要とされないため、お勧めできます。コンピ
ュータ上でそのときにどのようなネットワーク接続が使われていても、仮想マシンはこ
の接続を共有します。
このモードは、以下のようなケースに適しています。
ƒ

コンピュータが、モデムまたは他の非イーサネット デバイス経由で、インターネッ
トにアクセスしている、

ƒ

モバイル ユーザーとして、インターネット カフェ、ホテルの客室、および移動中に
インターネットにアクセスする、

ƒ

仮想マシン内でインターネットにアクセスしたいが、セキュリティを考慮して、ブ
リッジ イーサネットを使いたくない、

ƒ

ブリッジ イーサネット モードに問題がある、

Parallels Desktop とともにインストールされる Parallels NAT アダプタは、Mac OS X 内で
の共有ネットワークを提供します。 仮想マシン用の IP アドレスは、Parallels NAT アダ
プタに接続された Parallels DHCP サーバーにより、与えられます。

仮想マシンに対する共有ネットワーク (NAT) の構築
仮想マシンの [構築エディタ] を開き、[ネットワーク アダプタ オプション]『ページ 210』
タブ上で、[共有ネットワーク] オプションを選択します。
仮想マシンに、特定の範囲の IP アドレスを設定する場合:
ƒ

[Parallels Desktop] メニューから [ユーザー設定] を選択します。[ネットワーク] 『ペ
ージ 258』 タブで、この仮想マシンとプライマリ OS に割り当てられる IPアドレス
の範囲を [共有ネットワーク用の DHCP スコープを使用可能にする] グループ内に指
定します。

ƒ

注意。 このアドレス範囲は、Macintosh コンピュータがアクセスする他のどのネッ
トワークの範囲とも異なっている必要があります。

182

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ブリッジ イーサネット ネットワーク
仮想マシンがブリッジ イーサネット タイプのネットワーク接続を使用すると、仮想マ
シンは、その独自の IP アドレスとネットワーク名をもった独立したコンピュータとし
て、ネットワーク上に現れます。
仮想マシンで [ブリッジ イーサネット] モードを使用するように構築するには、以下の
手順に従います。
1

仮想マシンの構築エディタを開き [ネットワーク アダプタ オプション] 『ページ
210』 タブで、[エミュレーション] グループのネットワーク タイプ [ブリッジ イーサ
ネット] を選択します。

2

リスト内で適切なネットワーク アダプタを選択します。デフォルト アダプタ オプ
ションを推奨します。このオプションを選択すると、現在アクティブな Macintosh コ
ンピュータの内蔵イーサネット または AirMac に接続されます。

3

ゲスト オペレーティング システムでネットワーク オプションを構築します。

注意。Macintosh コンピュータが AirPort with WEP Enterprise を使っている場合、仮想マ
シンがその独自の IP アドレスを取得できない場合があります。このときは、他のタイ
プのネットワーク接続を使用してください。
ブリッジ イーサネット モードを使用した際に問題が発生したか、またはセキュリティ
上の考慮のためにブリッジ イーサネット ネットワークを使用したくない場合は、イン
ターネット共有を使用したホストオンリ ネットワークを検討します。

仮想マシンの構築

183

ホストオンリ ネットワーク
Parallels Desktop は、Mac OS X とその上で動作する仮想マシンのみにアクセス可能な閉
鎖的なネットワークを提供します。Mac OS X はこのネットワークに、Parallels Desktop と
ともにインストールされた Parallels Host-Guest アダプタを通して、接続されます。
ホストオンリ ネットワークにおける仮想マシンに対する IP アドレスは、Parallels
Host-Guest アダプタに接続された Parallels DHCP サーバーにより、提供されます。DHCP
サーバーは、Parallels Desktop を立ち上げるたびに、自動的に起動されます。
ホストオンリ ネットワークの構築
該当する仮想マシンに対する [構築エディタ] を開き、[ネットワーク アダプタ オプショ
ン] 『ページ 210』 タブ上で、[ホストオンリ ネットワーク] オプションを選択します。
仮想マシンに、特定の範囲の IP アドレスを設定する場合:
ƒ

[Parallels Desktop] メニューから [ユーザー設定] を選択します。[ネットワーク] 『ペ
ージ 258』 タブで、この仮想マシンとプライマリ OS に割り当てられる IPアドレス
を [ホストオンリ ネットワーク用 DHCP スコープ] グループ内に指定します。

注意。このアドレス範囲は、Macintosh コンピュータがアクセスする他のどのネットワ
ークの範囲とも異なっている必要があります。

184

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

仮想マシン構築の編集
既存の仮想マシンの構築は、構築エディタで変更することができます。このセクション
では、構築内容を編集する方法について説明します。
構築エディタを開くには、以下の手順の 1 つを実行します。
ƒ

[構築ページ] 上で、使用可能な仮想ハードウェアのリストから任意のデバイスをク
リックするか、または [構築内容] リンクをクリックします。

ƒ

[編集] メニューから [仮想マシン] を選択します。

[仮想マシンの選択] ダイアログで仮想マシンを選択したときや、そのエイリアスをクリ
ックしたときに仮想マシンが直ちに起動されるように構築されている場合に、[構築ペ
ージ] を開くには、以下の手順の 1 つを実行します。
ƒ

Parallels Desktop を起動し、[仮想マシンの選択] ダイアログで Command キーを押し
ながら目的の仮想マシンをハイライトして、[選択] ボタンをクリックします。

ƒ

Command キーを押したまま、仮想マシンのエイリアスをダブルクリックします。

デバイスを構築に追加するには、[追加] ボタンをクリックします。デバイスを一覧から
削除するには、これを一覧の中から選択し、[削除] ボタンが指定したデバイスで使用可
能である場合にはこれをクリックします。詳細については、「デバイスの追加と削除
『ページ 220』」セクションを参照してください。

仮想マシンの構築

185

一般オプション
構築エディタの [オプション] セクションには、[一般]、[ブート]、[拡張] の 3 つのタブが
あります。
注意。構築エディタは、仮想マシンが停止しているときしか利用できません。
[一般オプション] タブでは、以下の設定を表示および編集できます。

[仮想マシン名] フィールドには、作成時に指定されたマシンの名前が表示され、変更す
ることもできます。この名前は意味の分かりやすいものにし、長さは 50 文字以下にし
てください。仮想マシンの名前は、その [構築ページ] 『ページ 50』 に表示されます。
[OS タイプ] と [OS バージョン]。このフィールドで、仮想マシンにインストールするオ
ペレーティング システムを指定することができます (マシンの作成時に正しいものを
選択しなかった場合、または別の OS をインストールする場合)。
正しいオペレーティング システムを選択するように注意してください。このタブ上の
設定が、実際にインストールされたオペレーティング システムと一致していない場合
は、パフォーマンスの低下からマシン障害にいたるさまざまな問題を引き起こすおそれ
があります。
説明。この仮想マシンについて、重要と考えられるコメントを入力します。この説明は、
[仮想マシンの選択] ダイアログ内でこの仮想マシン上にカーソルを移動した際に、ヘル
プ タグとして表示されます。「メイン ウィンドウ 『ページ 47』」のトピックを参照し
てください。

186

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

仮想マシンの構築

187

ブート オプション
構築エディタの [ブート オプション] タブで、仮想マシンが 1 つずつ起動 (ブート) を試
みるデバイスの順序を選択することができます。
注意。構築エディタは、仮想マシンが停止しているときしか利用できません。

3 つの事前定義されたシーケンス [フロッピー、HDD、CD-ROM]、 [HDD、フロッピー、
CD-ROM]、[CD-ROM、HDD、フロッピー] の 1 つを選択することができます。仮想マシン
は、その起動時に、ブート シーケンスの最初のデバイス内のメディアを検査した後、
そのメディアからのブートを試行します。メディアが検出できないか、またはブート可
能でない場合は、仮想マシンはブート シーケンスの後続のデバイスに進みます。
注意 : ブート ディスク (フロッピー ディスク、HDD、CD-ROM) が利用可能で、正しく
構築されていることを確認してください。仮想マシン(空の新規仮想マシンの場合)上
にブート デバイスがないと、仮想マシンの起動後に、"ブート デバイスがありません”
というエラー メッセージが表示されます。この場合は、この仮想マシンを停止して、
構築内容を修正してください。
[フラッグ]:
ƒ

VM を開いたときに、これを自動的に起動。[仮想マシンの選択] ダイアログで選択し
た仮想マシンを自動的に起動したい場合は、このオプションを選択します。

188

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ƒ

VM シャットダウン時にアプリケーションを終了。このオプションが選択されている
と、Parallels Desktop は、この仮想マシンをシャットダウンした際に自動的に閉じら
れます。

ƒ

[開始モード] オプション。ポップアップ リストの値には、[デフォルト]、[ウィンド
ウ]、[全画面]、[コヒーレンス] があります。[ウィンドウ]、[全画面] または [コヒ
ーレンス] モードが選択されると、仮想マシンは、起動時に、自動的に指定された
モードに切り換わります。[デフォルト] が選択されると、仮想マシンは、前回電源
オフされたときと同じモードで起動されます。

仮想マシンの構築

189

拡張オプション
構築エディタの [ブート オプション] タブを使用すると、仮想マシンが起動するデバイ
スの順序を選択することができます。
注意。構築エディタを使用できるのは、仮想マシンが停止している場合のみです。

[拡張オプション] タブには、仮想マシンのパフォーマンスに影響を与えるさまざまなオ
プションと起動用の構成オプションが含まれています。
エミュレーション フラッグ :
ƒ

アクセラレーション レベル。アクセラレーションを使用すると、ゲスト OS 特有の
パフォーマンス最適化技法を有効にすることができます。[高い] レベルを選択す
ることをお勧めします。ただし、高いアクセラレーション レベルでソフトウェアを
インストールしているときにゲスト オペレーティング システムの不正な動作に気
付いた場合は、OS をシャットダウンしてアクセラレーション レベルを下げてくだ
さい。アクセラレーションを指定しない ([使用不可] レベル) 場合は、仮想マシンが
低速で動作することに注意してください。

190

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ƒ

[Intel VT-x サポートを使用] オプションは、ホスト コンピュータの Intel プロセッサが
Virtualization Technology (仮想化技術) に対応している場合に編集することができま
す。デフォルトでは、VT-x サポートは使用可能になっています。Parallels Desktop で
の VT-x のサポートについては、「Intel Virtualization Technology (VT-x) のサポート
『ページ 17』」を参照してください。ゲスト OS をVT-x サポートで実行している場
合は、[Parallels Desktop について] 画面に示されます (「詳細情報 『ページ 62』」を
参照)。

仮想マシンの性能:
ƒ

[仮想マシン] オプションを選択すると、仮想マシンの動作速度は大幅に向上します
が、Mac OS X アプリケーションの処理速度は低下する可能性があります。

ƒ

[Mac OS X アプリケーション] オプションを選択すると、Mac OS X のパフォーマンス
が向上します。

ディスクを元に戻す
ƒ

[ディスクを元に戻す] オプションを使用すると、仮想マシンのディスクを [ディスク
を元に戻す] として定義できます。現行バージョンの Parallels Desktop でこのオプシ
ョンを指定すると、仮想マシンのすべてのディスクに同時に適用されます。ディス
クに対して個別に適用することはできません。
つまり、仮想マシンの起動時には仮想マシン ディスクの初期状態が保存され、仮想
マシンの操作中にはすべての変更内容が一時ファイルに書き込まれることになりま
す。仮想マシンをオフにすると、選択したアクションに応じて、1: 変更内容をハー
ド ディスクに適用する、2: 変更内容を破棄する、3: 適用か破棄かを決定するプロン
プトを表示する、のいずれかの処理が実行されます。

ƒ

[ディスクを元に戻す] オプションを選択した場合は、仮想マシンを閉じる際に実行
するアクションとして、[変更内容を破棄する]、[変更の適用]、[処理内容を問い合わ
せる] のいずれかを選択します。

注意。1. 仮想マシンに対して [ディスクを元に戻す] オプションを選択した場合は、その
仮想マシンのスナップショットを作成することはできません。
2. このオプションは、Boot Camp パーティションを使用する仮想マシンでは設定
できません。

仮想マシンの構築

191

セキュリティ オプション
このタブは、仮想マシンに対して設定されたセキュリティの全体的なレベルについて説
明するものです。スライダーを使用すると、セキュリティの全体的なレベルを変更でき
ます。これにより、構築エディタの他のタブ (現行バージョンの Parallels Desktop では [共
有フォルダ オプション] タブ) で、特定のセキュリティ レベルと関連付けられた他の設
定も変更されます。

選択可能なセキュリティ レベルは次の 3 つです。
ƒ

[高い]。このレベルは、仮想マシンと Mac OS X の分離度合が他のレベルよりも高い
ことを意味します。

ƒ

[ミディアム - 高]。共有フォルダの使用と、Mac OS X 側から Windows ディスクへの
アクセスが可能です。

ƒ

[ミディアム]。Mac OS X と Windows 間の統合レベルが高いことを意味します。

[デフォルト値に設定] ボタンをクリックすると、セキュリティ レベルがデフォルト位置
の [ミディアム - 高] に設定されます。
関連オプションの意味の詳細については、「共有フォルダ オプション 『ページ 143』」
を参照してください。

192

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

コヒーレンス オプション
構築エディタの [コヒーレンス] タブでは、Windows 2000/XP/2003/Vista のゲスト OS の
コヒーレンス オプションのみを設定できます。他のゲスト OS の場合、以下のメッセー
ジが表示されます。""この機能は、このタイプの OS では使用できません"。
注意。構築エディタを使用できるのは、仮想マシンが停止している場合のみです。
これらのオプションは、[表示のカスタマイズ] ウィンドウの [コヒーレンス] タブでも設
定できます。[表示] メニューから [カスタマイズ] を選択します。[コヒーレンス オプシ
ョン] タブでオプションを変更した場合は、[表示のカスタマイズ] ダイアログの [コヒー
レンス] タブのオプションも自動的に変更されます (逆も同じ)。

アピアランス
ƒ

[全てのコヒーレンスウィンドウをグループ化] - 任意の Windows アプリケーション
をクリックして、オープンされている Windows アプリケーションのグループ全体を
前面に移動したい場合は、このオプションを選択します。このオプションを無効に
すると、オープンされている Mac OS X アプリケーションの前面に Windows アプリ
ケーションを移動する場合、すべての Windows アプリケーションを個別にクリック
する必要があります。

ƒ

[ドロップ シャドウを無効にする] - Windows アプリケーションのシャドウ フレーム
を無効にしたい場合は、このオプションを選択します。シャドウを無効にすると、
コヒーレンス モードでの仮想マシンのパフォーマンスが向上します。

仮想マシンの構築

193

ƒ

[ウィンドウを Dock に最小化しない] - 最小化された Windows アプリケーションをタ
スクバーだけに表示したい場合は、このオプションを選択します。このオプション
を無効にすると、最小化された Windows アプリケーションはタスクバーと Dock の
両方に表示されます。

ƒ

[通知ウィンドウを前面に表示する] - Windows の通知を Mac OS X の実行中のアプリ
ケーションの前面に表示したい場合は、このオプションを選択します。このオプシ
ョンを無効にすると、Windows の通知が表示されるのは Windows アプリケーション
の操作中だけになります。

作業領域
ƒ

[Dock と共存表示しない] - Windows アプリケーションを Dock の画面領域に表示さ
せたくない場合は、このオプションを選択します。

ƒ

[マルチ表示を使用する] - 複数のディスプレイを使用している場合は、このオプショ
ンを選択します。これにより、コヒーレンス表示を複数のディスプレイに拡張し、
ゲスト Windows アプリケーションを他のディスプレイに移動することができます。

Windows タスクバー
ƒ

[自動的に再配置する] - このオプションを選択すると、Dock が画面下部にある場合
はタスクバーが画面上部に自動的に配置され、Dock が画面左側にある場合はタスク
バーが画面右側に自動的に配置されます。その際、タスクバー全体が表示される最
適な位置に配置されます。

複数のモニタを使用する場合、アプリケーションを別のディスプレイに移動する際の表
示方法を調整する必要があります。調整を行うには、Mac OS X メニューから、[システ
ム環境設定] -> [ディスプレイ] -> [調整] を選択します。ドラッグ アンド ドロップ操作を
使用して、[ディスプレイ] ダイアログ内で表示方法を調整します。

194

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

共有フォルダ オプション
共有フォルダ オプションにより、ゲスト Windows OS と Mac OS X に対する仮想マシン
の共有フォルダとファイルの共有設定を制御することができます。また、このタブのオ
プションは、SmartSelect や透過的なファイルの関連付けを設定する場合に使用されます。
構築エディタの [共有フォルダ] タブのオプションは、Windows 2000/XP/2003/Vista ゲス
ト OS の場合に限り設定することができます。
注意。構築エディタを使用できるのは、仮想マシンが停止している場合のみです。

プライマリ OS とゲスト OS 間の相互作用のレベルを設定するための共有設定を構成し
ます。
ここで指定した設定により、SmartSelect 『ページ 246』 内のファイルの関連付けを設定
できるアプリケーションの範囲が決定されます。どのオプションを有効にしたかにより、
SmartSelect は異なる関連付けを設定します。
ƒ

すべての Windows ディスク。 様ざまな Windows OS ファイルを Mac OS アプリケー
ションで開くには、このオプションを有効にします。

ƒ

すべての Mac ディスク。 様ざまな Mac OS ファイルを Windows OS アプリケーショ
ンで開くには、このオプションを有効にします。

ƒ

ホーム フォルダ。 ホーム フォルダにある Mac OS ファイルを Windows OS アプリケ
ーションで開くには、このオプションを有効にします。

すべてのオプションを無効にすると、SmartSelect が使用できなくなります。

仮想マシンの構築

195

[Windows フォルダを Mac に共有]
このセクションのオプションを使用すると、仮想マシンのハードディスクを共有するこ
とができ、Mac からもアクセスできるようになります。
ƒ

[すべての Windows ディスク] オプションを指定すると、すべての Windows 仮想ディ
スクとパーティションに Mac OS X からアクセスできるようになります。

ƒ

[仮想ディスクを Mac デスクトップにマウントする] を選択すると、共有仮想ハード
ディスクを Mac OS のデスクトップにマウントすることができます。
注意。Windows ネットワーク共有はマウントできません。

ƒ

[Spotlight 処理を有効にする] オプションを指定すると、Mac OS Spotlight を使用して、
仮想マシンのハードディスク上に保存された項目の検索が可能になります。Parallels
仮想ハードディスクを検索するための Spotlight の使用法については、「仮想ハード
ディスクでの Spotlight の使用 『ページ 272』」を参照してください。
注意。このオプションを使用するには、管理者権限が必要です。

[Mac フォルダを Windows に共有]
このセクションのオプションを使用すると、すべての Mac ディスク、Mac ホーム フォ
ルダ、指定したその他の Mac フォルダを共有することができます。
ƒ

[すべての Mac ディスク] オプションを指定すると、すべての Mac ディスクとパーテ
ィションに Windows ゲスト OS からアクセスできるようになります。

ƒ

[ホーム フォルダ] オプションを指定すると、ゲスト OS からの Mac ホーム フォルダ
へのアクセスが制限されます。

ƒ

[ユーザー定義のフォルダ] オプションを指定すると、Windows ゲスト OS と Mac OS
X 間で共有するフォルダを指定することができます。特定のフォルダを共有する方
法については、「共有フォルダのセットアップ 『ページ 242』」を参照してくださ
い。

ƒ

[フォルダのドライブ文字への割り当て] オプションを指定すると、共有フォルダを
ドライブ文字に割り当てることができます。

196

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

共有アプリケーション オプション
[構築エディタ] の [共有アプリケーション] タブで、Windows ゲスト OS と Mac OS X で
共有するアプリケーションを選択できます。
注意。[構築エディタ] を使用できるのは、仮想マシンが停止している場合のみです。

Windows アプリケーション
ƒ

Mac OS X 上で Windows アプリケーションを使用してファイルを開くには、[Windows
アプリケーションを Mac に共有] を選択します。

ƒ

Windows ア プ リ ケ ー シ ョ ン に 対 す る フ ァ イ ル の 関 連 付 け を 設 定 す る に は 、
[SmartSelect を有効にする] を選択します。
注意。SmartSelect は、[構築エディタ] の [共有フォルダ] タブ 『ページ 143』 で共有
オプションを有効にした場合のみ使用可能です。

ƒ

[Dock 内に表示] オプションを選択すると、Windows アプリケーションのアイコンが
Mac OS X 上に表示されます。

Mac アプリケーション
ƒ

Windows ゲスト OS 上で Mac アプリケーションを使用してファイルを開くには、
[Mac アプリケーションを Windows に共有] を選択します。

仮想マシンの構築

197

共有プロファイル オプション
構築エディタの [共有プロファイル] タブを使用すると、Mac デスクトップや一部の Mac
ホーム フォルダ(ドキュメント フォルダ、ピクチャ フォルダ、ミュージック フォルダ)
に、Windows ゲスト OS のデスクトップや対応するフォルダ(マイ ドキュメント フォ
ルダ、マイ ピクチャ フォルダ、マイ ミュージック フォルダ)から直接アクセスできる
ようになります。
注意。構築エディタを使用できるのは、仮想マシンが停止している場合のみです。

[共有プロファイル ステータス]
ƒ

共有プロファイル オプションを有効にしてこのツールを使用するには、[有効] を選
択します。

[Mac 上のユーザー プロファイルを Windows 上で使用]
ƒ

Mac デスクトップと Windows デスクトップ間でファイルを共有したい場合は、[[デ
スクトップ]を Windows の[デスクトップ]] を選択します。

ƒ

Mac のドキュメント フォルダと Windows ゲスト OS のマイ ドキュメント フォルダ
間でファイルを共有したい場合は、[[書類]を Windows の[マイ ドキュメント]] を選択
します。

ƒ

Mac のピクチャ フォルダと Windows ゲスト OS のマイ ピクチャ フォルダ間でファ
イルを共有したい場合は、[[ピクチャを]Windows の[マイ ピクチャ]] を指定します。

198

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ƒ

Mac のミュージック フォルダと Windows ゲスト OS のマイ ミュージック フォルダ
間でファイルを共有したい場合は、[[ミュージック]を Windows の[マイ ミュージッ
ク]] を指定します。

注意。共有プロファイルを使用可能にするには、すべての Mac ディスクを共有するか、
少なくとも Mac ホーム フォルダを共有する必要があります。共有設定は、[共有フォル
ダ] 『ページ 143』 タブで構成することができます。
共有プロファイル ツールについて詳しくは、「共有フォルダの使用 『ページ 246』」
を参照してください。

仮想マシンの構築

199

ビデオ オプション
構築エディタの [ビデオ オプション] タブを使用すると、仮想マシンに対して異なる固
定画面解像度を設定したり、仮想マシンでアクセラレート DirectX サポートを有効に設
定することができます。
注意。仮想マシンのウィンドウの右下隅をドラッグすると、他のアプリケーション ウ
ィンドウの場合と同じように、仮想マシン ウィンドウのサイズを変更することもでき
ます。Windows 2000 以降の Windows とほとんどの Linux オペレーティング システムの
場合、解像度が自動的に変更されます。
構築エディタを使用できるのは、仮想マシンが停止している場合のみです。

ƒ

[カスタムの画面解像度を使用] オプションを使用すると、仮想マシンに対してカス
タムの画面解像度を設定できます。
ƒ

[画面解像度] リストには、この仮想マシンに定義されたカスタムの解像度がすべ
て表示されます。チェック マークが付いている解像度は、仮想マシンで選択す
ることができます。チェック マークの付いていない解像度は選択できません。

ƒ

をクリックすると、新規解像度を作成するための [画面解像度
[追加] ボタン
の追加] ダイアログが表示されます。この処理の詳細については、「カスタムの
画面解像度の使用 『ページ 250』」を参照してください。

ƒ

[削除] ボタン

をクリックすると、選択した画面解像度が削除されます。

200

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ƒ

ƒ

[編集] ボタン
をクリックすると、画面解像度のプロパティを変更すること
ができる [画面解像度の編集] ダイアログが表示されます。このダイアログの説明
については、「カスタムの画面解像度の使用 『ページ 250』」を参照してくださ
い。

[DirectX Shader を有効にする (試験的)]。アクセラレート 3D グラフィック のサポート
を必要とするゲームまたはアプリケーションを実行する場合、このオプションを選
択して、仮想マシンにおける Pixel Shader 付きの DirectX 9 を有効にします。DirectX
7.0 以前のバージョンを必要とするアプリケーションの場合は、このオプションを選
択する必要はありません。DirectX 7.0 以前のバージョンは、自動的にサポートされ
ます。
注意: Pixel Shader 付きの DirectX 9 は試験的にサポートされています。このオプショ
ンは、デフォルトでは非選択の状態になっています

仮想マシンの構築

201

メモリ オプション
構築エディタの [メモリ オプション] タブでは、仮想マシンで使用する RAM とビデオ メ
モリの量を定義できます。
注意。構築エディタは、仮想マシンが停止しているときしか利用できません。

メイン メモリ。[メイン メモリ] パラメータには、仮想マシンに割り当てる仮想メモリ
(RAM) のサイズを指定します。4 MB から 2048 MB までの任意の値を選択することがで
きます。推奨の最大サイズは、ご使用のシステムが Mac OS X のパフォーマンスに影響
を及ぼさずに仮想マシン用に予約する物理 RAM の限界であるため、このサイズを超え
ないことをお勧めします。この量が十分でない場合は、未使用のメモリがディスクにス
ワップされ、その結果、ゲスト OS とプライマリ OS の両方のパフォーマンスが低下し
ます。
この仮想マシンが使用可能なメモリ量を設定するには、以下のいずれかの手順に従いま
す。
ƒ

スライダーをドラッグ、

ƒ

スクロール ボタンを使用する、

ƒ

値を直接フィールド内に入力(4 の倍数のみが指定可能です)

推奨のメモリの最大サイズは、スライダーの下のタブ上に表示されます。この値は、[ユ
ーザー設定] 内の [メモリ タブ] 『ページ 256』 上で調整可能です。
ビデオ メモリ

202

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

仮想マシンのビデオ カードが使用可能なビデオ メモリ量を設定するには、スライダー
を使用します。このスライダーを移動させると、スライダーの下に、このビデオ メモ
リで使用可能な最大画面解像度が表示されます。
推奨のメモリの最大サイズは、スライダーの下のタブ上に表示されます。

フロッピー オプション
構築エディタの [フロッピー オプション] タブでは、仮想マシンでフロッピードライブ
を使用可能にしたり、イメージ ファイルに接続したりすることができます。
注意。構築エディタは、仮想マシンが停止しているときしか利用できません。

Parallels Desktop で使用されるフロッピーディスク イメージについては、「フロッピー
ディスク イメージ 『ページ 26』」トピックを参照してください。
デバイス ステータス
ƒ

使用可能 オプション。構築内容からフロッピードライブを削除しないで、一時的に
フロッピードライブ操作を使用不可にするには、[使用可能] チェック ボックスをオ
フにします。
注意 : フロッピードライブを使用不可にした状態で仮想マシンを開始した場合は、
仮想マシンの実行中にこのオプションを変更することはできません。

仮想マシンの構築

203

フロッピードライブを使用可能にしている場合は、仮想マシンの実行中にフロッピ
ードライブを接続または切断することができます。また、フロッピードライブによ
りアクセスされるメディアを変更することもできます。
ƒ

起動時に接続 オプション。フロッピー イメージを接続した状態でゲスト OS を開始
するには、[起動時に接続] チェック ボックスをオンにします。

エミュレーション
ƒ

イメージ ファイル。仮想フロッピードライブをフロッピーディスク イメージに接続
するには、フロッピーディスク イメージの名前をこのフィールドに指定します。[...]
ボタンを使用してファイルを見つけることができます。

ƒ

再作成 ボタン。Parallels Desktop では、空のフロッピー イメージを作成することが
できます。ファイル名とパスを [イメージ ファイル] フィールドに入力して、[再作成]
ボタンをクリックします。フロッピーディスク イメージのサイズは 1.44 MB です。
フロッピーディスクのデフォルトの拡張子は .fdd です。

204

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ハードディスク オプション
構築エディタの [ハードディスク オプション] タブでは、仮想マシンで使用するハード
ディスクの種類を指定できます。
注意。構築エディタは、仮想マシンが停止しているときしか利用できません。
Parallels Desktop の現行バージョンでは、仮想マシンは .hdd フォーマットのハードデ
ィスク イメージと、Boot Camp Windows パーティションを使用できます。ディスクフ
ォーマットとその他のオプションの詳細については、「サポートされているタイプのハ
ードディスク 『ページ 23』」トピックを参照してください。現在、最大 4 つの IDE デ
バイス (ハードディスクと CD/DVD-ROM ドライブ) を仮想マシンに接続できます。[構
築エディタ] において、各ハードディスクは個別にリストされ、番号が付けられていま
す。

デバイス ステータス:
ƒ

構築内容からハードディスクを削除しないで、一時的にこのハードディスクの操作
を使用不可にするには、[使用可能] チェック ボックスをオフにします。

エミュレーション :

仮想マシンの構築

205

ƒ

イメージ ファイルを使用。どのゲスト オペレーティング システムでも、仮想マシ
ンで使用されている仮想ハードディスクを他のイメージと置き換えることができま
す。システム ディスク用のイメージ ファイルを置き換える場合は、新規のイメージ
上で、同じオペレーティング システムがインストールされていることを確認してく
ださい。データ ディスクを置き換える場合は、データ ディスク上のファイル シス
テムが、そのオペレーティング システムと互換性があることを確認してください。

ƒ

Boot Camp を使用。このオプションは、ゲスト OS として Windows XP または Vista が
ある仮想マシンに対してのみ、使用可能です。仮想ハードディスクの代わりに、既
存の Boot Camp Windows XP または Vista パーティションを使用するには、このオプ
ションを選択します。[イメージ ファイルを使用] オプションを用いることにより、
いつでも Boot Camp Windows パーティションの代わりにディスク イメージを使う
状態に戻ることができます。「Boot Camp Windows インストールの使用 『ページ
308』」のトピックを参照してください。

ƒ

[再作成] ボタンを使用して、古いハードディスクを削除して、新規の空のハードデ
ィスクを作成します。

現在のハードディスクを新規のハードディスクに置き換える場合は、以下のようにしま
す。
1

[再作成] ボタンをクリックします。

2

[ハード ディスクの再作成] ダイアログが表示されます。[仮想ハードディスク サイ
ズ] と、ディスクが拡張可能またはプレーンのいずれであるかを指定できます。ハー
ドディスクを拡張フォーマットにする場合は、[拡張可能ディスク] チェック ボック
スをオンにします。そうでない場合は、ディスクはプレーンフォーマットで作成さ
れます。

3

ディスク上のデータに高速アクセスできるようにするには、[ディスク分割] を選択
します。

4

[作成] をクリックします。

5

新規ディスクを古いディスクの代わりに作成するには、[はい] をクリックします。
これで、新規の空のディスクがご使用の仮想マシンに接続されます。

206

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ハードディスク拡張オプション
構築エディタの [ハード ディスク] セクションの [拡張] タブでは、ハードディスクの接
続オプションの設定、ディスクの再作成または圧縮が可能です。
注意。構築エディタは、仮想マシンが停止しているときしか利用できません。

装着オプション :
ƒ

[IDE スロット] フィールド。ポップアップ メニューから HDD イメージに接続する
IDE チャンネルを選択します。この仮想ハードディスクを起動ディスクにする場合
は、[IDE 0:0] を選択します。
一度にハードディスク (IDE 0:0) と CD/DVD-ROM (IDE 0:1) の 2 つの起動ドライブを
設定した場合は、ゲスト OS は、[一般オプション] の下の [ブート オプション] 『ペ
ージ 187』 タブのシーケンス設定に従ってブートを試行することに注意してくださ
い。

再作成
ƒ

[再作成] ボタンは、古いハードディスクを削除して、新たなブランク ディスクを作
成します。

現在のハードディスクを新しいものと置き換える場合は、以下の手順に従います。
1

[再作成] ボタンをクリックします。

仮想マシンの構築

207

2

[ハードディスクの再作成] ダイアログが表示されます。[仮想ハードディスク サイズ]
を指定して、これを「拡張可能」にするか「プレーン」にするかを選択することが
できます。このハードディスクを拡張可能フォーマットにする場合は、[拡張可能] を
選択します。そうでない場合は、このディスクはプレーン フォーマットで作成され
ます。

3

このディスク上のデータへのアクセスをより高速に行いたい場合は、[ディスク分
割] を選択します。

4

[作成] をクリックします。

5

[はい] をクリックして、古いディスクの代わりに新しいディスクの作成を行います。
新たなブランク ディスクがこの仮想マシンに接続されます。

最適化 :
ƒ

[コンパクト] ボタン。選択したディスクが拡張可能タイプのディスクの場合は、[コ
ンパクト] ボタンをクリックすると、ディスクをコンパクト化する処理が開始されま
す。この機能については、「仮想ディスクのコンパクト化 『ページ 287』」トピッ
クを参照してください。[コンパクト] ボタンは、プレーン仮想ディスクに対しては
使用不可になります。

Boot Camp パーティションのクリーンアップ
注意: この領域は、Boot Camp 仮想マシンに対してのみ使用可能です。
ƒ

[クリア] ボタン。このボタンをクリックすると、Parallels Desktop の補助ファイルが
ご使用の Mac の Boot Camp パーティションから削除されます。詳細な情報について
は、「Boot Camp パーティションからの Parallels データの削除 『ページ 314』」を
参照してください。

208

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

CD/DVD-ROM オプション
構築エディタの [CD/DVD-ROM オプション] タブでは、仮想マシンの CD/DVD-ROM ド
ライブを構築できます。仮想マシンの CD/DVD-ROM ドライブは、CD/DVD の .iso イ
メージだけでなく、ご使用のコンピュータの実際の CD/DVD-ROM ドライブに接続する
ことができます。Parallels Desktop での CD/DVD イメージの使用については、「CD/DVD
の実際のディスクとイメージ 『ページ 26』」のトピックを参照してください。
注意。構築エディタは、仮想マシンが停止しているときしか利用できません。
現在、最大 4 つの IDE デバイス (ハード ディスクと CD/DVD-ROM ドライブ) を仮想マ
シンに接続できます。つまり、ハード ドライブと CD/DVD-ROM ドライブの合計を 4 つ
以下にする必要があります。IDE デバイスのうち、いくつがハード ドライブで、いく
つが CD/DVD-ROM ドライブであるかは問題ではありません。

デバイス ステータス:
ƒ

構築内容から CD/DVD-ROM ドライブを削除しないで、一時的にこの CD/DVD-ROM
ドライブを使用不可にする場合は、[使用可能] チェック ボックスをオフにします。
注意 : CD/DVD-ROM ドライブを使用不可にした状態でオペレーティング システム
を開始した場合は、仮想マシンの実行中のこのオプションを変更することはできま
せん。
CD/DVD-ROM ドライブを使用可能にしている場合は、仮想マシンの実行中に
CD/DVD-ROM ドライブを接続または切断することができます。また、CD/DVD-ROM
ドライブによりアクセス可能なメディアを変更することもできます。

仮想マシンの構築

ƒ

209

CD/DVD-ROM ドライブが使用可能になっている場合は、[起動時に接続] チェック
ボックスをオンにして、CD/DVD ディスクを挿入した状態でゲスト OS を開始する
ことできます。

エミュレーション :
ƒ

ご使用のコンピュータに物理的な CD/DVD-ROM ドライブがある場合は、仮想マシ
ンでそれを使用できます。この場合、[CD/DVD-ROM を使用] オプションをオンにする
と、物理的な CD/DVD-ROM ドライブの名前が、[CD/DVD-ROM ドライブ] ドロップダ
ウン メニューに表示され、選択可能になります。
注意 : 仮想マシンの CD/DVD-ROM ドライブを実際の CD/DVD-ROM ドライブに接
続できるようにするには、実際のデバイスにアクセスするためのシステム特権を持
っている必要があります。

ƒ

CD/DVD イメージ (たとえば、.iso .ファイル) を使用する場合は、[イメージ ファ
イルを使用] オプションをオンにします。これを選択すると、その下に別のフィール
ドが表示されます。CD/DVD イメージ ファイルのパスと名前を指定するか、または
[...] ボタンをクリックして、CD/DVD イメージ ファイルの場所を指定します。

装着オプション :
ƒ

[IDE スロット] リストで、CD/DVD イメージに接続する IDE チャンネルを選択しま
す。CD/DVD-ROM を起動ドライブにする場合は、リスト内の [IDE 0:1] を選択し
ます。
一度にハードディスク (IDE 0:0) と CD/DVD-ROM (IDE 0:1) の 2 つの起動ドライブを
設定した場合は、ゲスト OS は、[一般オプション] の [ブート オプション] 『ページ
187』 タブのシーケンス設定に従ってブートを試行することに注意してください。

210

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ネットワーク アダプタ オプション
構築エディタの [ネットワーク アダプタ オプション] タブでは、仮想マシンで使用する
ネットワークの種類を選択できます。Parallels Desktop の現行バージョンでは、RTL8029
(NE2000 互換 PCI カード) ネットワーク アダプタがサポートされています。
注意。構築エディタは、仮想マシンが停止しているときしか利用できません。
Linux のゲスト OS では、仮想マシンで外部ネットワークにアクセスできるようにする
には、ne2k-pci ドライバを Linux カーネルにロードします。このドライバはデフォルト
で組み込まれていますが、カーネルを再コンパイルする場合は、必ず ne2k-pci コンポー
ネントを選択してください。FreeBSD のゲスト OS では、if_ed.ko モジュールをロードす
る必要があります。

デバイス ステータス :
ƒ

構築からネットワーク アダプタを削除しないで、一時的に仮想マシンでのネットワ
ーク サポートを使用不可にする場合は、[使用可能] チェック ボックスをオフにしま
す。 [使用可能] チェック ボックスをオンにしている場合は、ネットワーク構築用の
オプションとフィールドはアクティブになります。

ƒ

ネットワーク アダプタが使用可能になっている場合は、[起動時に接続] チェック ボ
ックスをオンにして、ネットワーク アダプタが接続された状態でゲスト OS を開始
することできます。

エミュレーション :

仮想マシンの構築

211

[エミュレーション] グループで、ご使用のゲスト OS で使用するネットワーク アダプタ
のタイプを選択することができます。
ƒ

仮想マシンにネットワーク アドレス変換 - Network Address Translation (NAT) 機能を
提供する場合は、[共有ネットワーク] を使用します。仮想マシンは、どのようなネ
ットワーク接続がホスト コンピュータで用いられていても、この接続と共有されま
す。このタイプのネットワークの構築方法については、「共有ネットワーク (NAT)
『ページ 181』」を参照してください。

ƒ

[ブリッジ イーサネット] ネットワークは、ローカル ネットワークとインターネット
に、ご使用のコンピュータの物理イーサネット アダプタを使用してアクセスするこ
とを目的としています。仮想マシンは別個のコンピュータとして扱われ、実際のマ
シンと同じように構築される必要があります。
[ブリッジ イーサネット] オプションを選択すると、下のドロップダウン リストに、
ご使用のコンピュータで利用可能なすべての物理ネットワーク アダプタのリスト
が表示されます。それらの 1 つを選択して、ご使用の仮想アダプタに接続します。
このタイプのネットワークの詳細については、「ブリッジ イーサネット ネットワー
ク 『ページ 182』」を参照してください。

212

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ƒ

ご使用の Macitosh コンピュータ以外から仮想マシンにアクセスできないようにす
るか、または Mac のネットワーク インターフェースをオフにする場合は、[ホスト
オンリ ネットワーク] を選択します。このオプションを設定すると、この仮想マシ
ンは、ホスト コンピュータと他の仮想マシンには接続されますが、インターネット
からは切断されます。ホストオンリ ネットワークの構築方法については、「ホスト
オンリ ネットワークの作成 『ページ 183』」のトピックを参照してください。

拡張オプション

このタブを使用すると、ご使用のゲスト OS で使用するネットワーク ドライバを指定で
きます。Parallels Desktop の現行バージョンでは、イーサネット アダプタ用の RTL8029
ドライバがサポートされています。このドライバは、[タイプ] フィールドで既に選択さ
れています。
Parallels Tools 『ページ 97』 パッケージには、各種ゲスト OS 用のネイティブの Realtek
RTL8029 ドライバがあります。
[MAC アドレス] は自動的に生成されますが、手動で変更することもできます。MAC ア
ドレスを変更する場合は、アドレスの番号がご使用のネットワークで一意になるように
してください。

仮想マシンの構築

213

パラレル ポート オプション
構築エディタの [パラレル ポート オプション] タブでは、パラレル ポート用のエミュレ
ーションの種類を選択できます。Parallels Desktop では、最大 3 つのパラレル ポートを
仮想マシンに接続することが可能です。
注意。構築エディタは、仮想マシンが停止しているときしか利用できません。

デバイス ステータス:
ƒ

構築内容からパラレル ポートを削除しないで、一時的にパラレル ポート関連の操作
を使用不可にする場合は、[使用可能] チェック ボックスをオフにします。パラレル
ポートを使用可能にしている場合は、仮想マシンの実行中にパラレル ポートを接続
または切断することができます。
注意 : パラレル ポートを使用不可にした状態でオペレーティング システムを開始し
た場合は、仮想マシンの実行中は、このオプションを変更することはできません。

214

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ƒ

ポートを使用可能にした場合は、[起動時に接続] チェック ボックスをオンにして、
このポートが接続された状態でゲスト OS を開始することできます。

エミュレーション :
ƒ

[プリンタ]。仮想マシンのパラレル ポートを介してプリンタを接続する場合は、こ
のオプションを選択します。
ƒ

ƒ

[プリンタ] 入力フィールド。[プリンタ] オプションがオンの場合は、ネットワー
ク プリンタを含め、Macintosh コンピュータで使用可能なプリンタのリストから
必要なプリンタを選択できます。

[出力ファイル] オプション。出力ファイルを使用してパラレル ポートをエミュレー
トするには、このオプションを選択します。デフォルト名が付いた新規出力ファイ
ルは、仮想マシンのフォルダに作成されます。

仮想マシンの構築

215

シリアル ポート オプション
構築エディタの [シリアル ポート オプション] タブでは、シリアル ポート用のエミュレ
ーションの種類を選択できます。Parallels Desktop では、最大 4 つのシリアル ポートを
仮想マシンに接続することが可能です。
注意。構築エディタは、仮想マシンが停止しているときしか利用できません。

デバイス ステータス:
ƒ

構築内容からシリアル ポートを削除しないで、一時的にシリアル ポート関連の操作
を使用不可にする場合は、[使用可能] チェック ボックスをオフにします。
注意 : シリアル ポートを使用不可にした状態でオペレーティング システムを開始し
た場合は、仮想マシンの実行中にシリアル ポートを接続または切断することはでき
ません。

216

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ƒ

ポートを使用可能にした場合は、[起動時に接続] チェック ボックスをオンにして、
このポートが接続された状態でゲスト OS を開始することできます。

エミュレーション :
Parallels Desktop でシリアル ポートをエミュレートするには、次の 2 つの方法がありま
す。
ƒ

[ソケット] オプション。
[ソケット] を選択した場合は、デフォルトのソケット名が含まれた [ソケット] フィ
ールドが表示されます。デフォルトを使用するか、/tmp/<socket> の形式で新し
い名前を入力してください。ここで、<socket> にはファイル名が入ります。
2 番目のフィールドで、ソケットのこちら側での役割を選択します。

ƒ

[出力ファイル] オプション。
[...] ボタンを使用して既存のファイルを接続するか、または新規ファイルを作成する
ことができます。新規ファイルは、仮想マシンのフォルダに作成されます。

仮想マシンの構築

217

サウンド オプション
構築エディタの [サウンド オプション] タブでは、サウンド デバイスのパラメータを設
定できます。
注意。構築エディタは、仮想マシンが停止しているときしか利用できません。

Parallels Desktop では、Realtek AC'97 互換のサウンド カードが仮想化されています。
デバイス ステータス:
ƒ

[使用可能] オプションを選択すると、仮想マシンでサウンド デバイスを使用できる
ようになります。サウンド デバイスを使用可能にしている場合は、仮想マシンの実
行中にサウンド デバイスを接続または切断することができます。ただし、構築内容
からサウンド デバイスを削除しないで、一時的にサウンド デバイス関連の操作を使
用不可にする場合は、[使用可能] チェック ボックスをオフにします。
注意 : サウンド デバイスを使用不可にした状態でオペレーティング システムを開始
した場合は、仮想マシンの実行中にこのオプションを変更することはできません。

218

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ƒ

サウンド デバイスをアクティベートした状態でゲスト OS を開始するには、[起動時
にアクティベート] チェック ボックスをオンにします。

エミュレーション :
ƒ

[出力デバイス] フィールドには、[デフォルトのオーディオ] と [ヌル デバイス] と
いう項目を持つリストが含まれています。[デフォルトのオーディオ] を選択するこ
とをお勧めします。[ヌル デバイス] は、サウンド カードがゲスト OS のアプリケ
ーションのいずれかに必要であるが、サウンドを発生させたくないような場合に選
択します。

ƒ

[入力デバイス] に対しては、[デフォルトのオーディオ] オプションを選択すること
をお勧めします。[ヌル デバイス] は、サウンド カードがゲスト OS のアプリケー
ションに必要であるが、サウンドを発生させたくないような場合のための選択肢で
す。
注意。生成されるサウンドの音質を改善したい場合は、Windows 95/98/ME/NT/2000
のゲスト OS、および OS/2 と eComStation のゲスト OS で、特別な AC'97 サウンド ド
ライバ 『ページ 98』を使用できます。このドライバは、標準のドライバの代わりに
インストールすることができます。

仮想マシンの構築

219

USB オプション
構築エディタの [USB オプション] タブを使用すると、USB デバイスを自動的に仮想マ
シンに接続するかどうかを指定できます。
注意。構築エディタを使用できるのは、仮想マシンが停止している場合のみです。

デバイス ステータス:
ƒ

[使用可能] オプションを選択すると、仮想マシンで USB デバイスを使用できるよう
になります。USB コントローラを使用可能にしている場合は、仮想マシンの実行中
に USB デバイスを仮想マシンに接続したり、仮想マシンから切断することができま
す。ただし、構成内容から USB を削除することなく一時的に USB の操作を使用不
可にする場合は、[使用可能] チェック ボックスをオフにします。
注意 :USB を使用不可にした状態でオペレーティング システムを開始した場合は、
仮想マシンの実行中にこのオプションを変更することはできません。

220

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

接続オプション :
ƒ

Mac に接続されている USB デバイスを Mac OS に接続したい場合は、[Mac OS X へ
接続] オプションを選択します。

ƒ

Mac に接続されている USB デバイスを仮想マシンに接続したい場合は、[ゲスト OS
へ接続] オプションを選択します。

ƒ

[処理内容を問い合わせる] オプションを選択すると、USB デバイスが接続されるた
びに、この USB デバイスを仮想マシンに接続するかどうかを確認するメッセージが
表示されます。

USB コントローラが構成内容から削除された場合でも、キーボード、マウス、マイク
ロフォンなどの Macintosh USB デバイスは仮想マシンに接続されたままになります。仮
想マシンに設定できる USB コントローラは 1 つだけです。何らかの理由で USB コント
ローラを削除した場合は、[追加] ボタンを使用して追加し直してください。

デバイスの追加と削除
仮想マシンへの新規デバイスの追加は、新規デバイスを実際のコンピュータに接続する
より容易です。デバイスの削除または切断も容易です。以下の仮想デバイスが構築に追
加、またはこれから削除することができます。
ƒ

仮想ハードディスクと CD/DVD-ROM ドライブ(最大 4 つの IDE デバイス)

ƒ

1 つのフロッピー ドライブ

ƒ

1 つのネットワーク アダプタ

ƒ

最大 4 つのシリアル ポート

ƒ

最大 3 つのパラレル ポート

ƒ

1 つのサウンド デバイス

ƒ

1 つの USB コントローラ

ハードウェアの追加アシスタント
新規のデバイスを追加するには、[ハードウェアの追加アシスタント] を使用します。こ
のアシスタントでは、1 回につき 1 つのデバイスのみを追加できます。
注意 : 任意の仮想デバイスを実際のデバイスに接続可能にするには、その実デバイスに
アクセスするためのシステム権限をもっている必要があります。そうでない場合、その
デバイスがコンピュータ上にインストールされていても、それは使用可能なリスト中に
は表示されません。
新規のデバイスを仮想マシンに追加するには、以下の手順に従います。
1

仮想マシンを開きます。ただし、起動はしないでください。仮想マシンが実行中の
場合は停止してください。

仮想マシンの構築

221

2

[編集] メニューから [仮想マシン] を選択するか、または [構築ページ] 上の任意のデ
バイス リンクをクリックします。

3

[構築 エディタ] が表示されます。[構築エディタ] の左下にある、[追加] ボタンをク
リックします。

4

[ハードウェアの追加アシスタント] が開かれ、この仮想マシンに追加可能な仮想ハ
ードウェアのリストが表示されます。
仮想マシンが使用している特定タイプのデバイスの数がすでに許容数に達している
場合、このようなデバイスは [使用可能なハードウェア] リストには表示されません。
たとえば、ただ 1 つのフロッピー ドライブのみが許されています。
このアシスタントは、1 回につき、ただ 1 つのデバイスのみ追加可能です。

追加したいデバイスを選択して、[次へ] をクリックします。
5

アシスタントの画面に従い、新規のデバイスを構築します。デバイス タイプとデバ
イス オプションについて聞かれた場合は、これを選択する必要があります。デバイ
スのオプションは、「仮想マシン構築の編集 『ページ 184』」のセクションでも説
明されています。

222

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ハードディスクの追加
仮想マシンに 1 つ以上の仮想ディスクを追加するには、[ハードウェアの追加アシスタ
ント] を使用します。既存のハードディスク イメージを追加したり、新規のハードディ
スクを作成したりすることができます。さらに、新規の空の .fdd イメージを作成し、
これをフロッピー ドライブに接続することが可能です。新規の空の仮想ディスクを追
加する場合、これを仮想マシン内のゲスト OS と互換性のあるファイル システムにフォ
ーマットすることを忘れないでください。既存の仮想ディスク イメージをデータ ディ
スクとして追加する場合、ファイル システムの互換性を確認してください。
ハードディスク ドライブおよび CD/DVD-ROM ドライブの総数は、4 個を超えることは
できません。
1

[使用可能なハードウェア] リスト内で、[ハードディスク] を選択し、[次へ] をクリッ
クします。

2

次のダイアログでは、以下の 3 つのオプションが表示されます。
ƒ

新規の仮想マシン ハードディスク イメージを作成

ƒ

既存の仮想ハードディスク イメージを使用

ƒ

Boot Camp を使用

詳細については、「Boot Camp Windows インストールの使用 『ページ 308』」を参
照してください。

これらのオプションの 1 つを選択して、[次へ] をクリックします。

仮想マシンの構築

3

223

[新規の仮想マシン ハードディスク イメージを作成] オプションを選択した場合は、
次のダイアログで新規ディスクのサイズとそのフォーマットを選択します。詳細に
ついては、「仮想ディスクのフォーマット 『ページ 24』」を参照してください。[次
へ] をクリックします。

次に、この新規仮想ハードディスクの場所を指定します。この新規ディスク イメー
ジを、(このディスクを使用する)仮想マシンと同じフォルダに置くことをお勧め
します。[終了] をクリックします。

224

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

4

[既存の仮想ハードディスク イメージを使用] オプションを選択した場合、使用する
既存イメージ ファイルの名前と場所を選択します。[...] ボタンを使用してこのファ
イルの場所を指定するか、またはそのパス名を直接このフィールド内に入力します。
[終了] をクリックします。

仮想マシンの構築

5

225

[Boot Camp を使用] オプションを選択した場合、Boot Camp パーティションはハード
ディスクとして、この仮想マシンに追加されます。この仮想マシンにハードディス
クがない場合、Boot Camp は [0,0] ディスクとして追加されます。すでに仮想ディス
クがある場合、Boot Camp はデータ ディスクとして追加されます。[終了] をクリッ
クします。

CD/DVD-ROM ドライブの追加
ハードディスク ドライブおよび CD/DVD-ROM ドライブの総数は、4 個を超えることは
できません。
仮想マシンに CD/DVD-ROM ドライブを追加するには、[構築エディタ] を開き、[追加] を
クリックします。
1

[ハードウェアの追加アシスタント] にデバイス リストが表示されます。
CD/DVD-ROM ドライブを選択し、[次へ] をクリックします。

226

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

2

実 CD/DVD またはディスクのイメージのどちらを使用するかを選択します。

仮想マシンの構築

3

227

実 CD/DVD-ROM ドライブの使用を選択した場合、どの実ドライブを使用するかを
選びます。デフォルトでは、[起動時に CD/DVD-ROM に接続] がオンになっています。
このドライブを使用可能にするが、後で仮想マシンが実行中のときに接続したい場
合は、このオプションのチェック ボックスをオフにします。

このアシスタントを終了するには、[終了] をクリックします。
4

CD/DVD イメージを選択した場合、このドライブに接続するイメージを選択します。
あとでこれを切断して、別のイメージに接続することが可能です。[起動時に
CD/DVD-ROM に接続] がオンになっている場合、選択されたイメージは、この仮想マ
シンを電源オンにした瞬間に接続されます。このオプションのチェック ボックスが
オフの場合、ドライブは [使用可能] ですが、イメージは起動時には切断されていま
す。

228

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

このアシスタントを終了するには、[終了] をクリックします。

ネットワーク アダプタの追加
仮想マシンには、同時に最大 5 個までのネットワーク アダプタを追加することができ
ます。 Macintosh コンピュータ では、複数のアダプタが使用可能であり、各アダプタを
異なるネットワークに接続することができます。
仮想マシンにネットワーク アダプタを追加するには、[ハードウェアの追加アシスタン
ト] を使用します。
1

デバイス リストで [ネットワーク アダプタ] オプションを選択し、[次へ] をクリック
します。

仮想マシンの構築

2

229

現行バージョンの Parallels Desktop では、[共有ネットワーク](推奨)、[ブリッジ イ
ーサネット]、[ホストオンリ ネットワーク] の 3 つのオプションがあります。これら
のネットワーク オプションの詳細については、「仮想マシンにおけるネットワーク
『ページ 180』」のトピックを参照してください。

230

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

3

[ブリッジ イーサネット] オプションを選択した場合は、使用するアダプタの指定を
求めるプロンプトが表示されます。リストからアダプタを選択します。[デフォルト
のアダプタ] オプションを選択すると、仮想マシンが Macintosh コンピュータと同じ
アダプタを使用します。[起動時にケーブルに接続] オプションを選択すると、仮想
マシンの起動時に仮想マシンがアダプタに接続されます。

仮想マシンの構築

4

231

どのネットワーク オプションを選択しても、[ハードウェアの追加アシスタント] に
は生成された MAC アドレスが表示されます。このフィールドは編集可能ですが、
この MAC アドレスを変更することはお勧めできません。

232

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

このアシスタントを終了するには、[終了] をクリックします。

シリアル ポートの追加
仮想マシンにシリアル ポートを追加するには、[ハードウェアの追加アシスタント] を
使用します。
1

デバイス リストで [シリアル ポート] オプションを選択し、[次へ] をクリックします。

2

[シリアル ポート] オプションを選択します。シリアル ポート用の出力ファイル、ま
たはソケットが使用可能です。

仮想マシンの構築

3

233

[出力ファイル] オプションを選択すると、ファイルの場所を指定するよう求めるプ
ロンプトが表示されます。デフォルトのフォルダは、この仮想マシン構築ファイル
があるフォルダになります。このフィールドを直接編集するか、または [...] ボタン
を用いて、デフォルト以外の場所を選択することができます。

234

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

4

[ソケットの使用] オプションを選択すると、ソケット名とその役割を指定するよう
に求めるプロンプトが表示されます。[起動時にシリアルポートに接続] オプション
はデフォルトで選択されています。シリアル ポートを [使用可能] にしたいが、起動
時に接続したくない場合は、このオプションのチェック ボックスをオフにします。
シリアル ポートには後で接続可能です。

仮想マシンの構築

235

このアシスタントを終了するには、[終了] をクリックします。

パラレル ポートの追加
仮想マシンにパラレル ポートを追加するには、[ハードウェアの追加アシスタント] を
使用します。
1

デバイス リストで [パラレル ポート] オプションを選択し、[次へ] をクリックします。

236

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

2

パラレル ポートの場合は、出力ファイルに接続するか、プリンタに接続するかの 2
つのオプションがあります。
[出力ファイル] オプションを選択した場合は、手順 4 に進んでください。
[プリンタ] オプションを選択した場合は、次の手順に進んでください。

仮想マシンの構築

3

237

ご使用のコンピュータで使用可能なプリンタのリストから、必要なプリンタを選択
します。Mac OS X でデフォルトとして設定されているプリンタを使用する場合は、
[デフォルト] を選択します。プリンタが仮想マシンの起動時に接続されるようにす
る場合は、[起動時に接続] オプションを選択します。このアシスタントを終了する
には、[終了] をクリックします。

238

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

4

[出力ファイル] オプションを選択した場合は、パラレル ポートの出力ファイルの場
所を指定します。デフォルトのフォルダは、この仮想マシン構築ファイルがあるフ
ォルダになります。このフィールドを直接編集するか、または [...] ボタンを用いて、
デフォルト以外の場所を選択することができます。

仮想マシンの構築

239

[起動時にパラレルポートに接続] オプションはデフォルトで選択されています。パ
ラレル ポートを [使用可能] にしたいが、起動時に接続したくない場合、このオプシ
ョンのチェック ボックスをクリアします。 パラレル ポートにはあとで接続可能で
す。
このアシスタントを終了するには、[終了] をクリックします。

USB コントローラの追加
仮想マシンには、USB コントローラを 1 つしか設定できません。これを何らかの理由
で削除した場合、これを構築に追加することができます。
仮想マシンに USB コントローラを追加するには、[ハードウェアの追加アシスタント]
を使用します。
1

デバイス リストで [USB コントローラ] オプションを選択し、[次へ] をクリックしま
す。

240

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

2

USB デバイスをコンピュータに接続したときに、これを仮想マシンに自動的に接続
したい場合、 [はい] を選択します。USB デバイスをこの仮想マシンに自動的に接続
したくない場合は、このチェック ボックスをオフにしておきます。

仮想マシンの構築

241

[終了] をクリックします。

デバイスの削除
仮想マシンのデバイスのほとんどは、構築から削除することができます。メモリ、オプ
ション、共有フォルダ、ビデオは削除できません。
注意。メモリを除くすべてのデバイスは、構築内容から削除せずに [構築エディタ] 『ペ
ージ 184』で使用不可にすることができます。目的のデバイスの [使用可能] チェック ボ
ックスをオフにします。
デバイスを削除するには、以下のようにします。
1

デバイスを削除する仮想マシンを開きます。[編集] メニューから [仮想マシン] を選
択するか、または [構築ページ] 上のデバイス リンクをクリックして、構築エディタ
を開きます。

2

[構築エディタ] ウィンドウの左側のペインで削除するデバイスを選択します。

3

[削除] ボタンをクリックします。

注意。誤ってデバイスを削除してしまった場合は、[構築エディタ] で [キャンセル] をク
リックしてください。[OK] をクリックすると、そのデバイスは削除されてしまいます。

共有フォルダの使用
共有フォルダは、ゲスト OS からも認識できる Mac OS X のファイル システム内のフォ
ルダです。これらのフォルダは、プライマリ OS (Mac OS X) と仮想マシンの間または複
数の仮想マシンの間でのファイルの交換に使用されます。Mac OS X では、共有フォル
ダは通常のフォルダとして表示されますが、ゲスト OS では隣接ネットワークのオブジ
ェクトとなります。
共有フォルダの使用は、以下のゲスト OS で可能です。
ƒ

Windows 2000

ƒ

Windows XP

ƒ

Windows 2003

ƒ

Windows Vista

242

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

共有フォルダのセットアップ
共有フォルダのセットアップには、以下の 2 つのステップが必要です。
1

Parallels Tools がゲスト OS にインストールされていることを確認します。特定のゲ
スト OS 上に Parallels Tools をインストールする方法の詳細な説明については、
「Parallels Tools のインストール 『ページ 97』」を参照してください。標準インス
トールを推奨しますが、カスタム インストールを実行する場合は、共有フォルダ ツ
ールが選択されていることを確認してください。

2

共有フォルダをご使用の仮想マシンの構築に追加します。

手順の詳細については、以下を参照してください。

共有フォルダの追加
1

[構築エディタ] を開くには、[編集] メニューから [仮想マシン] を選択します。

2

[構築エディタ] で、[共有フォルダ] タブを選択します 「
( 共有フォルダ『ページ 143』」
トピックを参照)。[ユーザー定義のフォルダ] オプションを選択します。
([追加])ボタンをクリックします。

3
4

[共有フォルダの追加] ダイアログで、以下の手順を実行します。
ƒ

ご使用のゲスト OS で表示されるフォルダの名前を [名前] フィールドに指定し
ます。

ƒ

共有される Mac OS X のファイル システム内のフォルダを [パス] フィールドに
指定します。

ƒ

ゲスト OS 内からこのフォルダへの書き込みを禁止する場合は、[読み取り専用]
チェック ボックスをオンにします。ファイルは、Mac OS X でのみこのフォルダ
に保存することができます。

仮想マシンの構築

ƒ

243

[使用可能] チェック ボックスがオンになっていることを確認し、[OK] をクリッ
クします。

5

[構築エディタ] で [OK] をクリックします。

6

仮想マシンを起動して、ゲスト OS で共有フォルダを表示します。

共有フォルダのプロパティを編集するには、リストから共有フォルダを選択し、 ([編
集])ボタンをクリックします。[共有フォルダの編集] ダイアログでフォルダのプロパテ
ィを編集します。
共有フォルダを削除するには、
(削除)ボタンをクリックします。誤って実際には
必要な共有フォルダを削除してしまった場合は、[構築エディタ] 内の [キャンセル] ボタ
ンをクリックしてください。

ゲスト OS での共有フォルダの表示
共有フォルダの内容をゲスト OS で表示するには、以下の 2 つの方法があります。

簡単な方法
[Parallels Tools Center] 内の [共有フォルダ オプション] 『ページ 143』 タブには、[ショー
トカットをデスクトップ上に置く] オプションがあります。このオプションが選択され
ていると、共有フォルダの内容を、以下のように容易に表示させることができます。
ƒ

実行中の仮想マシンのデスクトップ上にある [Parallels Shared Folders] アイコンをク
リック。

一般的な方法
1

仮想マシン上で、Windows の [エクスプローラ] を開きます。

244

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

2

[エクスプローラ] で、[マイ ネットワーク] をクリックしてから、[ネットワーク全体]
をクリックして、[Parallels Shared Folders] を見つけます。

3

[Parallels Shared Folders] をクリックして、ご使用の仮想マシンで利用可能な共有フォ
ルダのリストを表示します。

注意。 この共有フォルダが [読み取り専用] フォルダでない場合にのみ、ファイルを、
仮想マシン内部からこの共有フォルダに保存することができます。

共有アプリケーションの使用
Mac OS X アプリケーションを使用して、Windows ゲスト OS のファイルを開くことが
できます(その逆も可能)。Parallels Tools のインストール時に、[Parallels Shared
Applications] の一覧が作成されます。この一覧には、Mac OS X アプリケーションが表
示されます。この一覧を表示するには、Windows の [スタート] メニューから [すべての
プログラム] -> [Parallels Shared Applications] を選択します。この一覧から、任意のアプリ
ケーションを選択して起動することができます。仮想マシンが停止している場合でも、
Windows アプリケーションの一覧を Mac OS X で作成して実行することができます。仮
想マシンが停止しているときに Windows アプリケーションを起動した場合、仮想マシ
ンは自動的に起動してコヒーレンス モードに切り替わります。
以下の手順で、[アプリケーション] メニューから共有アプリケーションを管理すること
ができます。
ƒ

[共有 Windows アプリケーション] を選択して、[お気に入り]、[最近実行したアプリ
ケーション]、[実行中のアプリケーション] を表示します。また、[リストの作成] オ
プションを選択して、Windows アプリケーションの一覧を Mac OS X で更新するこ
ともできます。

ƒ

[共有 Mac アプリケーション] を選択して、Windows ゲスト OS 内で使用可能な Mac
アプリケーションの一覧を更新します。

注意。 お気に入りの Mac アプリケーションと Windows アプリケーションを共有するに
は、構築エディタで共有アプリケーションの設定 『ページ 196』を指定する必要があり
ます。
特定のアプリケーションでファイルを開くには、そのファイルやアプリケーションの属
性に関わらず、ファイルを右クリックして [プログラムから開く] の一覧からアプリケー
ションを選択します。また、Windows デスクトップのアプリケーション アイコンにフ
ァイルをドラッグ アンド ドロップするだけで、Mac OS X に格納されているファイルを
ゲスト OS ウィンドウで開くことができます。
Mac のデスクトップ上または Dock 内に、お気に入りの Windows アプリケーションのエ
イリアスを作成することもできます。
アプリケーションのエイリアスを Dock に配置するには
1

構築エディタで仮想マシンの設定内容を開きます。

仮想マシンの構築

245

2

[共有アプリケーション] タブを開き、[Dock 内にアプリケーションを表示] オプショ
ンを [つねに表示] または [コヒーレンス モードでのみ] に設定します。

3

Windows 仮想マシンを起動します。

4

仮想マシンで、任意のお気に入りの Windows アプリケーションを起動します。アプ
リケーションが起動すると、そのアイコンが Dock 内に表示されます。

5

お気に入りの Windows アプリケーションのエイリアスを作成するには、Dock 内で
そのアプリケーションのアイコンを右クリックし、ショートカット メニューから
[「お気に入り」に追加] を選択します。

6

アプリケーションのエイリアスが Mac OS のデスクトップ上に表示されます。仮想
マシンが停止しているときにこのエイリアスをクリックすると、仮想マシンとそれ
に対応するアプリケーションが自動的に起動します。
アプリケーション名も [お気に入り] セクションの [アプリケーション] メニューに表
示されるため、このアプリケーションを [Parallels Desktop] メニューから起動するこ
とができます。

7

お気に入りのアプリケーションのアイコンをつねに Dock 内に表示するには、Dock
でそのアプリケーションのアイコンを右クリックし、アプリケーションのショート
カット メニューから [Dock に保存] を選択します。この操作により、仮想マシンが停
止している場合でも、このアプリケーション アイコンは仮想マシンを起動して Dock
から使用することができるようになります。

アプリケーションを [お気に入り] から削除するには
1

仮想マシンを起動し、[お気に入り] から削除したいアプリケーションを起動します。

2

Dock 内のアプリケーション アイコンを右クリックし、ショートカット メニューの
[「お気に入り」から削除] を選択します。

246

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

SmartSelect の使用
Windows アプリケーションか Mac アプリケーションかに関わらず、特定の種類のファ
イルをつねに Mac OS X 上で開くアプリケーションを選択することができます。この機
能は、アプリケーションのショートカット メニュー(Dock から開いている場合)、ま
たは Parallels Desktop メニュー バーの [アプリケーション] メニューで使用することが
できます。
SmartSelect は、以下に示すゲスト OS 上で使用することができます。
ƒ

Windows 2000

ƒ

Windows 2003

ƒ

Windows XP

ƒ

Windows Vista

注意。 SmartSelect を使用可能にするには、構築エディタで共有アプリケーション 『ペ
ージ 196』と共有フォルダ 『ページ 143』 の設定を指定する必要があります。
ファイル拡張子の関連付けを編集するには
1

仮想マシンを起動します。

2

Parallels Tools をインストールして仮想マシンを再起動します。

3

[アプリケーション] メニューから [SmartSelect] -> [編集] を選択します。

4

使用可能な Windows アプリケーションの一覧から、設定したいアプリケーションを
選択します。
Parallels Desktop により、SmartSelect の設定ダイアログが表示されます。

5

このダイアログで、ファイル拡張子の関連付けを編集します。[OK] をクリックして、
変更を保存します。

仮想マシンの構築

247

関連付けを設定した拡張子を持つファイルが、指定したアプリケーションによってオー
プンされます。Windows アプリケーションを指定した場合、仮想マシンが稼働している
か停止しているかに関わらず、ファイルは Windows アプリケーションによってオープ
ンされます。仮想マシンが稼働している場合、ファイルは単一ウィンドウモードで開き
ます。仮想マシンが停止している場合は自動的に起動し、関連するアプリケーションに
よってファイルがオープンされ、コヒーレンス モードに切り替わります。
以前のファイル拡張子の関連付けに戻したい場合は、以下に示すように、カスタムの関
連付けの構成を一時的に無効にするか、関連付けをデフォルトに設定します。
ƒ

SmartSelect を使用して作成した構成を一時的に無効にするには、構築エディタの [共
有アプリケーション] タブ 『ページ 196』 を開いて [SmartSelect を無効にする] オプ
ションをオフにします。この場合、このオプションを選択すると、構成をつねに有
効にすることができます。

ƒ

関連付けをデフォルトに設定してカスタム構成を削除するには、[アプリケーショ
ン] メニューから [SmartSelect] -> [デフォルト値に設定] を選択します。この場合、
SmartSelect の構成にアクセスできなくなります。次回に SmartSelect を使用する場合
は、構成を新しく作成する必要があります。

Parallels Desktop をアンインストールしても、SmartSelect によるファイル関連付けは残
されています。デフォルトの関連付けに戻すには、これらのファイルを Parallels Desktop
と同時に削除する必要があります。これを行うには、Parallels Desktop のアンインスト
ール時に [SmartSelect のファイル関連付けを削除] を選択します。

248

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

共有プロファイルの使用
Parallels Desktop により、Mac OS と Windows ゲスト OS を緊密に統合することができま
す。Windows から、特定の Mac ホーム フォルダに直接アクセスすることができます(逆
も可能)。
注意。共有プロファイルを使用可能にするには、すべての Mac ディスクを共有するか、
少なくとも Mac ホーム フォルダを共有する必要があります。この処理は、[共有フォル
ダ] 『ページ 143』 タブで実行できます。
以下に示すフォルダを共有することができます。
ƒ

Mac デスクトップ フォルダと Windows デスクトップ フォルダ

ƒ

ドキュメント フォルダと マイ ドキュメント フォルダ

ƒ

ピクチャ フォルダと マイ ピクチャ フォルダ

ƒ

ミュージック フォルダとマイ ミュージック フォルダ

共有フォルダ オプションを有効にすると、Windows ゲスト OS 上の対応するフォルダか
ら、指定された Mac ホーム フォルダに格納されているデータに直接アクセスして変更
することができます。Parallels Desktop は、Windows フォルダに格納されているファイ
ルへのリンクを作成し、そのリンクに名前を付け、対応する Mac フォルダに .lnk フ
ァイルとして保存します。たとえば、Mac 上で ミュージック フォルダを共有した場合、
Parallels Desktop は Windows Music (<ユーザー名>).lnk という名前のファイルを
Windows ゲスト OS 上のマイ ミュージック フォルダに対して作成し、このファイルを
ミュージック フォルダに保存します。
共有フォルダが無効になった場合でも .lnk ファイルは Mac フォルダ内に残るため、
いつでも必要なときに対応する Windows フォルダにアクセスすることができます。仮
想マシンが停止している場合でも、必要なフォルダにアクセスできます。.lnk ファイ
ルを開くと仮想マシンがコヒーレンス モードで起動し、対応するフォルダが開きます。
共有プロファイルを有効にするには
1

構築エディタで仮想マシンの構成内容を開きます。

2

[共有プロファイル] タブを開いて [有効] を選択します。
共有プロファイル オプションが入力可能になったら、オプションの値を設定します。

3

必要なオプションを一覧から選択し、不要なオプションはオフにします。
以下のオプションを指定することができます。
ƒ

[デスクトップ]を Windows の[デスクトップ]

ƒ

[書類]を Windows の[マイ ドキュメント]

ƒ

[ピクチャ]を Windows の[マイ ピクチャ]

ƒ

[ミュージック]を Windows の[マイ ミュージック]

仮想マシンの構築

249

設定が終了したら、[OK] をクリックして変更を保存します。
4

仮想マシンを起動します。
変更を適用するため、一度ログオフしてからゲスト OS にログインし直すように求
めるメッセージが表示されます。[OK] をクリックすると、自動的にログオフします。

5

ゲスト OS にログインします。

共有プロファイルを無効にすると以前のように Windows フォルダが表示されますが、
Mac フォルダには .lnk ファイルが残っているため、このファイルを使用して対応する
Windows フォルダにアクセスすることができます。
共有フォルダを無効にするには、構築エディタから共有プロファイルを無効にするか、
実行中に(または構築エディタから)Mac 共有 『ページ 143』を無効にします。
構築エディタから共有プロファイルを無効にするには
1

仮想マシンが停止していることを確認します。

2

構築エディタで仮想マシンの構成内容を開きます。

3

[共有プロファイル] タブを開いて [有効] オプションをオフにします。

4

仮想マシンを起動します。
変更を適用するため、一度ログオフしてからゲスト OS にログインし直すように求
めるメッセージが表示されます。[OK] をクリックすると、自動的にログオフします。

5

ゲスト OS にログインします。

カスタムの画面解像度
仮想マシンは実際のコンピュータのように、ディスプレイを異なる解像度で使用できま
す。640×480、800×600 などのように、標準の画面解像度を使用できますが、仮想マシ
ンでは、これ以上の自由度、すなわち非標準の画面解像度、が設定可能です。仮想マシ
ンのウィンドウがディスプレイの画面に占める割合を調整したい場合は、この機能を用
います。
カスタムの解像度の設定手順は、ゲスト OS の種類ごとに異なります。

250

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

Windows ゲスト OS の場合
Windows 2000 以降の Windows ゲスト オペレーティング システムでは、ゲスト OS ウィ
ンドウの右下をドラッグするだけで、仮想マシンの実行中に画面解像度を変更すること
ができます。これ以前の Windows ゲスト システムでは、この方法で画面解像度を変更
することはできません。
Parallels Desktop では、[構築エディタ] を用いて Windows 仮想マシン用に最大 10 種類の
異なる解像度を定義することが可能です。解像度は、ゲスト OS 実行中に変更可能です。
なお、使用可能な最低画面解像度は、800×600 です。

画面解像度の追加
1

仮想マシンの [構築ページ] を開き、任意のリンクをクリックして、[構築エディタ] を
開きます。

2

[構築エディタ] 内で [リソース] リスト内の [ビデオ] をクリックします。

3

[画面解像度] タブ (「ビデオ (画面解像度) 『ページ 199』」を参照) で、[カスタムの
画面解像度を使用] オプションが選択されていることを確認してください。

4

[+] ボタンをクリックして、[解像度のプロパティ] ダイアログを開きます。

5

[解像度の プロパティ] ダイアログで次のようにします。
必要な解像度オプションを [幅 (ピクセル)] と [高さ (ピクセル)] フィールドに設定し
ます。
この解像度を選択したゲスト OS で選択可能にする場合は、[使用可能] チェック ボ
ックスをオンにします。
[OK] をクリックします。

6

[構築エディタ] で [OK] をクリックします。

仮想マシンの構築

251

仮想マシンの画面解像度の変更
画面解像度を変更するには、以下のようにします。
ƒ

仮想マシンの電源をオンにします。

ƒ

ご使用のゲスト OS で通常実行する方法で最適な解像度を選択します。ゲスト OS に
より、[使用可能] オプションが選択された [ビデオ (画面解像度)] 『ページ 199』 タ
ブで利用可能なすべての解像度が選択用に表示されます。

非標準の解像度を定義していて、実行中のゲスト OS で利用可能な解像度のリスト内に
その解像度が表示されない場合は、ご使用のゲスト OS がこの解像度を使用できないこ
とを意味しています。

Linux ゲスト OS の場合
Linux 仮想マシンを非標準の解像度で実行させるには、以下の手順に従います。
1

ターミナルで以下のコマンドを実行し、xorg.conf モード行を作成します。

gtf <幅> <高さ> <リフレッシュレート>

注意。ノートブックで使用されている LCD ディスプレイでは、リフレッシュレート
は 60 を超えることはできません。
出力される文字列は、以下の例のようになります。
Modeline "1440x900_60.00"
904 932 -HSync +Vsync

106.47

1440 1520 1672 1904

900 901

"1440x900_60.00" はモード名; 1440 は幅、900 は高さ、そして 60 は gtf に与えら
れた新モードのリフレッシュレートです。
2

xorg.conf を開き、gtf の出力を Monitor セクションに貼り付けます。Monitor セ
クションは以下のようになります。
Monitor
Identifier monitor1
VendorName Generic
ModelName 1024x768 @ 70 Hz
HorizSync 31.5-57.0
VertRefresh 50-70
# TV fullscreen mode or DVD fullscreen output.
# 768x576 @ 79 Hz, 50 kHz hsync
ModeLine "768x576" 50.00 768 832 846 1000 576 590 595 630
# 768x576 @ 100 Hz, 61.6 kHz hsync
ModeLine "768x576" 63.07 768 800 960 1024 576 578 590 616
Modeline "1440x900_60.00" 106.47 1440 1520 1672 1904 900 901 904 932
-HSync +Vsync

252

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

EndSection
3

xorg.conf において、Screen セクション、Display サブセクションおよび
"Modes" キーワードで始まる文字列を探します。ここにはモード リストが含まれて
います。新規のモードの名前を modes リストの先頭に挿入します。
注意。サブセクション "Display" の "Depth" プロパティは、セクション "Screen"
で定義されている "DefaultDepth" の値に等しくなります。

仮想マシンの管理

253

12章

仮想マシンの管理
この章では、特定の仮想マシンの構築を変更する方法について説明し、ユーザーが使用
している仮想マシンに影響を与えるか、あるいはコンピュータ上のすべての仮想マシン
に影響を与える「ユーザー設定」の設定に関する情報を提供します。

この章の構成
Parallels Desktop ユーザー設定の設定.............................................................................. 253
フロッピー ディスク イメージの作成............................................................................. 268
Parallels エクスプローラの使用 ........................................................................................ 269
Finder 上での仮想ディスクの参照................................................................................. 271
仮想ハードディスクでの Spotlightの使用 ...................................................................... 272
仮想マシンにおけるキーボード ショートカット.......................................................... 273
仮想マシンへのマルチユーザー アクセス...................................................................... 276
仮想マシンのクローン....................................................................................................... 278
仮想マシンの削除............................................................................................................... 282
仮想マシンのバックアップ............................................................................................... 286
仮想ハードディスクのメンテナンス............................................................................... 287

Parallels Desktop ユーザー設定の
設定
ユーザー設定を編集するには、[Parallels Desktop] メニューから [ユーザー設定] を選択し
ます。[メモリ] と [ネットワーク] のユーザー設定は、その Macintosh コンピュータを使
うすべてのユーザーとすべての仮想マシンに影響を及ぼします。その他のユーザー設定
は、各ユーザーごとに異なった設定にすることができます。

254

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

[一般] タブ
[一般] タブの設定を使用すると、以下の処理が可能になります。
ƒ

作成した仮想マシンのデフォルト フォルダを変更する。

ƒ

稼動中の仮想マシンに対してさまざまなアクションを設定する。

ƒ

共有 Web アプリケーションを設定する。

注意。 このタブの設定は、コンピュータ上のユーザーごとに異なった設定にすること
ができます。

[仮想マシンのデフォルト フォルダ]

仮想マシンの管理

255

このフィールドには、Parallels Desktop が新規の仮想マシンのファイルを保存するデフ
ォルトのフォルダが表示されます。新しい仮想マシンのデフォルト フォルダを、この
フィールドで変更することができます。または、OS インストール アシスタントを使用
して変更することもできます。このフィールドに別の場所を指定すると、その場所は新
しい仮想マシンに対してのみ有効になります。既存の仮想マシンに属するファイルは、
ここで指定した場所には移動されません。
[仮想マシン実行中に行うアクション]
このセクションでは、[停止] ボタンまたは [中断] ボタンが押された場合や Parallels
Desktop ウィンドウが終了した場合に、仮想マシンがどう機能するかを設定することが
できます。
ƒ

[アプリケーション終了時] フィールドでは、Parallels Desktop ウィンドウを終了した
ときに実行するアクションを選択できます。仮想マシンを停止すべきか一時停止す
べきかが判断できない場合は、[処理内容を問い合わせる] オプションを選択します。

ƒ

[[停止] ボタンを押したとき] フィールドでは、[停止] ボタンをクリックしたときに仮
想マシンを一時停止するか中断するかを指定できます。デフォルトでは、[停止] ボ
タンをクリックすると、仮想マシンが一時停止します。

ƒ

[[中断] ボタンを押したとき] フィールドでは、[中断] ボタンをクリックしたときに仮
想マシンを一時停止するか中断するかを指定できます。デフォルトでは、[中断] ボ
タンをクリックすると、仮想マシンが中断します。仮想マシンの一時停止と再開に
ついては、「仮想マシンの起動と停止 『ページ 116』」を参照してください。

共有 Web アプリケーション
Mac OS X メール、Windows メール、Internet/FTP ファイルを開くアプリケーションを指
定することができます。各フィールドには、以下の 3 つのオプションがあります。
ƒ

[Mac OS X 上で開く] - Internet/FTP リンクを開いたり電子メールを処理する場合のデ
フォルトの Mac OS X アプリケーションを使用する場合に選択します。

ƒ

[Windows 上で開く] - Internet/FTP リンクを開いたり電子メールを処理する場合のデ
フォルトのゲスト OS アプリケーションを使用する場合に選択します。

ƒ

[デフォルト] - ゲスト OS ファイルを処理したり Mac OS X を操作するための Mac OS
アプリケーションを処理する場合のゲスト OS アプリケーションを使用する場合に
選択します。

必要なオプションを、以下のいずれかのフィールドに指定します。
ƒ

[ウェブ ページ] フィールドでは、Web ページを Mac OS X で開くかゲスト OS で開
くかを指定します。

ƒ

[電子メール] フィールドでは、電子メールを Mac OS X で開くかゲスト OS で開くか
を指定します。

ƒ

[FTP] フィールドでは、FTP 操作を Mac OS X で実行するかゲスト OS で実行するか
を指定します。

256

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

[メモリ] タブ
[メモリ] タブでは、Macintosh コンピュータ上で同時に実行されるすべての仮想マシン
に対して、システムが予約する物理メモリ(RAM)の最大量を調整できます。この設
定は、コンピュータ上のすべての仮想マシンに適用されます。
注意。 構築エディタの [メモリ オプション] タブ 『ページ 201』 で、特定の仮想マシン
に対する物理メモリ量を設定できます。この値は、ここで設定された RAM の量よりも
つねに小さな値になります。

デフォルトでは RAM の量は自動的に調整されますが、必要な値を手動で設定すること
もできます。
ƒ

[自動的に行う] を選択すると、Parallels Desktop は以下の値を考慮して予約メモリを
算出します。
ƒ

Macintosh コンピュータの合計メモリ量。

ƒ

Mac OS X が必要とする平均的なメモリ量。

仮想マシンの管理

ƒ

257

現在実行中の仮想マシンの数。

結果として割り当てられるメモリ量は、同時に稼働しているすべての仮想マシン間
で共有されます。特定の仮想マシンに対するメモリは、構築エディタ内の [メモリ] タ
ブ 『ページ 201』 で設定されます。
ƒ

[手動で行う] を選択すると、スライダーを使用して仮想マシン用に予約するメモリ
量を設定できます。メモリ量は 4 の倍数で設定します。

仮想メモリの事前割り当てを有効にする
仮想マシンに対して、2.0 GB の Mac のハードディスク スペースをあらかじめ割り当て
ておくことができます。仮想マシンが停止している場合、Mac のハードディスク スペ
ースは共有されません。こうすると、仮想マシンのメモリ量を増やしたい場合に、
Parallels Desktop を再起動しなくても必要なメモリ量を取得できるようになります。

258

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

[ネットワーク] タブ
このタブ上では、ネットワークの設定に必要な構築を行うことができます。

Parallels Desktop は、いくつかのタイプの仮想マシン内でのネットワーキング、とりわ
け、ホストオンリ ネットワークと共有ネットワーク(NAT)を提供します。[ネットワ
ーク] ペイン上では、共有ネットワーキングとホストオンリ ネットワーキング モードに
おいて、仮想マシンとプライマリ OS に割り当てられる IP アドレスの範囲を指定する
ことができます。
ホストオンリ ネットワーキング モードの設定を行うには、以下の手順に従います。
1

[表示] リスト 内の [ホストオンリ ネットワーク] を選択します。

仮想マシンの管理

2

259

ホストオンリ ネットワーキング用に DHCP サーバーを使用するには、[ホストオン
リ ネットワーク用の DHCP スコープを使用可能にする] を選択します。これにより、
ホストオンリ ネットワークで実行中の仮想マシンに対して Parallels DHCP サーバー
が割り当てる IP アドレスの範囲から、IP アドレスを設定することができます。ホス
トオンリ ネットワークの構築方法については、「ホストオンリ ネットワーク 『ペ
ージ 183』」のトピックを参照してください。
注意。このチェック ボックスがクリアされていると、該当する DHCP サーバーは IP
アドレスの割り当てを行いません。

共有ネットワーキング モードの設定を行うには、以下の手順に従います。
1

[表示] リスト 内の [共有ネットワーク] を選択します。

2

共有ネットワーキング用の Parallels DHCP サーバーを使用するには、[共有ネットワ
ーク用の DHCP スコープを使用可能にする] を選択します。このオプションを用いて、
共有ネットワーク(NAT)モードの仮想マシンに対して Parallels DHCP サーバーが
割り当てる IP アドレスの範囲を設定できます。共有ネットワークの構築については、
「共有ネットワーク(NAT) 『ページ 181』」のトピックを参照してください。

[開始] アドレスと [終了] アドレス値は、最初と最後の IP アドレスを決定し、最初のア
ドレスは通常、DHCP サーバー自体に割り当てられます。2 番目のアドレスは通常、Mac
OS X に与えられます。 他のアドレスは、仮想マシンに割り当てられます。定義された
IP アドレスのスコープは同じサブネットに属する必要があります。
注意。このタブ内の DHCP スコープのいずれかを変更する前に、ホストオンリ ネット
ワーク モードで実行中の仮想マシンがないことを確認してください。実行中の仮想マ
シンのネットワーク モードをチェックするには、次のようにします:ステータスバー内
のネットワーク アダプタ アイコン
をポイントし、ヘルプ タグ上の [モード] を見る。
マスク IP は、サブネット用 IP アドレスの最大数を設定します。

ポート フォワーディング
共有ネットワーキング モードで使用可能なポート フォワーディングを用いると、通常
はアクセスできないローカル ネットワーク上またはインターネット上のコンピュータ
を、ご使用の仮想マシンに接続可能になります。ポート フォワーディングのルールを
設定するには、[共有ネットワーク] 設定ペイン内の [ポート フォワーディング] 領域を使
用します。
新規のルールを追加するには:
1

追加ボタン

2

[ポート フォワーディングの設定を追加] または [ポート フォワーディングの設定を
編集] ウィンドウ上で、以下の設定を行います。

をクリックします。

ƒ

ポート タイプ。 使用するポート。[TCP] または [UDP] のポート タイプを選択可能
です。

ƒ

受信ポート。 データ転送に使用する Mac 上のポート。

260

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

3

ƒ

IP アドレス。 仮想マシンの IP アドレス。

ƒ

ポート。 データ転送先の仮想マシンのポート。

設定が完了したら、[OK] をクリックします。

既存のポート フォワーディング ルールを編集するには、編集ボタン

をクリックし

ます。ポート フォワーディング ルールを削除するには、削除ボタン
ます。

をクリックし

仮想マシンの管理

261

[アピアランス] タブ

これらのユーザー設定は、コンピュータの各ユーザーごとに異なる設定をすることがで
きます。
Dock 内にアプリケーションを表示。仮想マシンをコヒーレンス モードで実行するとき
に Windows 2000/XP/2003/Vista アプリケーション アイコンを Dock 内に表示する場合は、
[コヒーレンス モードでのみ] を選択します。仮想マシンを実行するときに常にアイコ
ンを表示する場合は、[つねに表示] を選択します。Dock 内にアプリケーション アイコ
ンを配置しない場合は、[しない] を選択します。「Windows アプリケーションの実行
『ページ 127』」も参照してください。
Dock アイコン。 このオプションは、Parallels Desktop アプリケーションの Dock 内に配
置されるアイコンのタイプを定義します。以下のタイプのアイコンが使用可能です:[ラ
イブ 画面コピー]、[デフォルト]、[スタート メニュー]。

262

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

[全画面]。[Mac OS X の解像度の変更] オプションを使用すると、ゲスト OS を全画面モー
ドで表示するために Mac OS X の解像度を変更できます。Parallels Tools がないゲスト
OS を実行する際にこのオプションを選択します。 そうしないと、このゲスト OS は、
全画面モードに切り換わったときに、ウィンドウ モードのときと同じ解像度(そして、
実際には黒い背景を伴った同じサイズのウィンドウ)になります。
非表示のメッセージ。 抑制されていたすべてのメッセージを再び表示するには、[リス
トア] ボタンをクリックします。
Parallels Desktop は、適切なメッセージを表示することにより、ユーザーにある操作ま
たは状況を通知します。一般に、メッセージ ダイアログにはメッセージ テキストと、[こ
のメッセージを再度表示させない] チェック ボックスが含まれています。このオプショ
ンを選択すると、次回同じ状況が発生しても、このメッセージは表示されません。
潜在的に危険な状況に関するメッセージを抑制することは、システムにより許可されま
せん。

仮想マシンの管理

263

[アニメーション] タブ
[アニメーション] タブでは、Parallels Desktop を操作する場合に実行するさまざまな種類
のアニメーションを選択できます。

[全画面への切り換え時]
このオプションにより、Parallels 仮想マシンを全画面モードに切り換えたりそこから戻
る際に、好みのアニメーション効果(またはアニメーションなし)を設定することがで
きます。
以下の値を指定することができます。[使用不可]、[フェード]、[ズーム]、[明示]、[ス
ライド]、[Warp]、[キューブ]、[切り替え]、[反転]。このアニメーションの動きを
遅くしたり速くしたりするには、下にある [アニメーション速度] スライダーを使用
します。

264

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

[OS ウィンドウの切り換え時]
このオプションにより、単一ウィンドウ ビュー モードに切り換えたりそこから戻る際
に、好みのアニメーション効果(またはアニメーションなし)を設定することができま
す。以下の値を指定することができます。[使用不可]、[フェード]、[ズーム]、[明示]、
[スライド]、[Warp]、[キューブ]、[切り替え]、[反転]。
ƒ

[コヒーレンス切り替え時にアニメーションを入れる] オプションは、コヒーレン
スに切り換えたり、単一ウィンドウ モードに戻る際にアニメーションをオンに
する場合に選択します。コヒーレンスへ切り換える際にアニメーションが必要な
い場合は、このチェック ボックスをクリアします。

ƒ

[コヒーレンス切り換え時にアニメーションを入れる] オプションは、一時停止と
再開の際にアニメーションをオンにする場合に選択します。一時停止と再開の際
にアニメーションが必要ない場合は、このチェック ボックスをクリアします。

ƒ

「スナップショット動作をアニメーション] アクションは、スナップショット動
作の際にアニメーションをオンにする場合に選択します。スナップショット動作
の際にアニメーションが必要ない場合は、このチェック ボックスをクリアしま
す。

[アニメーション速度]
このスライダーを使用して、アニメーションの速度を調整できます。ここで設定した速
度は、[アニメーション] タブで設定されているすべてのアニメーションに適用されます。

仮想マシンの管理

265

[キーボード] タブ

ホットキーの組み合わせは、コンピュータの各ユーザーごとに異なった設定が可能です。
入力の解放
このキー組み合わせは、仮想マシン ウィンドウ内でキャプチャされている、キーボー
ドとマウス入力の解放に使用されます。デフォルトのホットキーは、
Control+Option(Alt) です。
注意。Parallels Tools がインストールされている場合、マウスとキーボード入力は、こ
のホットキー組み合わせを押さなくとも仮想マシンから解放されます。ゲスト オペレ
ーティング システムでこのパッケージが使用可能であるか調べるには、「Parallels Tools
のインストール 『ページ 97』」セクションを参照してください。
全画面モード
この組み合わせは、仮想マシンを全画面モードに切り換えたり、そこから戻る際に使用
されます。デフォルトのホットキーは、Option(Alt)+Return(Enter) です。

266

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

注意。全画面モードでの仮想マシンの実行に関しては、「全画面モードへの切り換え
『ページ 125』」のトピックを参照してください。
コヒーレンスの切換
これらのキーは、Parallels Desktop 仮想マシンをコヒーレンス モードに切り換えたり、
そこから戻る際に使用されます。詳細については、「コヒーレンス ツール『ページ 145』」
を 参 照 し て く だ さ い 。 デ フ ォ ル ト の キ ー 組 み 合 わ せ は 、
Control+Option(Alt)+Shift です。
マウスの右クリック
右クリックボタンをもたないマウスに対して、マウスの右クリックをエミュレートする
ためのキー組み合わせです。デフォルトのホットキーは、Control+Shift – クリッ
ク です。
右クリックの遅延時間をエミュレートするには、[詳細なオプション] をクリックします。
お好みの遅延時間は、スライダーで指定できます。両方のエミュレーション方法は、同
時にオフにすることができます。

右クリックのエミュレーションについての詳細な情報に関しては、「仮想マシンでのキ
ーボード ショートカット 『ページ 273』」を参照してください。
Num Enter を Alt Gr に変換
MacBook では、キーボード上にない、Alt Gr キー(右 Alt キー)の使用が必要にな
ることがあります。Numeric キーパッド上の Enter キーを Alt Gr として用いるには、
このオプションを使用します(注.この機能は、Alt Gr を必要としない環境では不要
です)。
キーのリマップ
以下のオプションがあります

仮想マシンの管理

267

ƒ

リマップしない。このオプションは、伝統的な Mac OS X のホットキー組み合わせ
を Mac OS X 専用のままにしておきます。ゲスト OS では、このオペレーティング シ
ステムで標準なホットキー組み合わせを使用します。たとえば、Windows ゲスト OS
に お け る Control+C を ク リ ッ プ ボ ー ド へ の コ ピ ー に 、 Mac OS X に お け る
Command+V をこの貼り付けに、Mac OS X における Command+C をコピーに、
Windows における Control+V を貼り付けに使用します。

ƒ

Cmd+ZXCVAF をリマップ。ゲスト オペレーティング システムで、Mac OS X と同じ
キーを類似の操作のために使用するには、このオプションをオンにします。

ƒ

Cmd/Ctrl の交換。Windows ゲスト OS において、Mac キーボード上の Command キー
を Control キーとして使用します。

「仮想マシンにおけるキーボード ショートカット 『ページ 273』」も参照してくださ
い。

新規のキー組み合わせの定義
各キー組み合わせには、少なくとも 1 つの特殊キー(Control、Option(Alt) または
Shift)が含まれている必要があります。
新規のキー組み合わせを定義するには、以下の手順に従います。
1

少なくとも 1 つ以上の特殊キーのチェック ボックスをチェックします。

2

カスタム キー(Control、Option または Shift 以外のキー)を以下のように追
加します。
ƒ

[カスタム] チェック ボックスを選択し、さらにその右側の空白ボタンをクリッ
クします。

ƒ

キーボード上のお好みのキーを押します。このキーは空白ボタン上に表示されま
す。

ƒ

[OK] をクリックして、変更を適用します。

268

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

フロッピー ディスク イメージ
の作成
一部のオペレーティング システムをインストールする場合、フロッピー ディスク イメ
ージの作成が必要になる場合があります。空白のフロッピー ディスク イメージは、以
下のいずれかの方法で作成することができます。
ƒ

構築エディタを使用してフロッピー ディスク イメージを再作成する。

ƒ

[ハードウェアの追加アシスタント] を使用して、フロッピー ドライブを仮想マシン
に追加する(「ハードウェアの追加アシスタント 『ページ 220』」を参照)。

外部 USB フロッピー ドライブを使用して実ディスケットのイメージを作成することが
できます。詳しくは、このトピック内の「USB フロッピー ドライブを使用したフロッ
ピー ディスク イメージの作成」を参照してください。
注意。WinImage アプリケーションまたは VMware アプリケーションを使用してフロッ
ピー イメージを作成した場合、Parallels Desktop でこのイメージを読み込むには、ファ
イル拡張子 .img と .ima を .fdd に変更する必要があります。

USB フロッピー ドライブを使用したフロッピー ディスク イメージの作成
ディスケットの .fdd イメージを作成するには、以下の手順を実行します。
1

USB フロッピー ドライブを Macintosh コンピュータに接続し、イメージを作成した
いディスケットを挿入します。

2

Finder から、[アプリケーション] -> [ユーティリティ] -> [ディスク ユーティリティ] を
選択します。

3

ディスク ユーティリティ ウィンドウで左側のペインからディスケットを選択し、
[新規イメージ] ボタンをクリックします。

4

表示されたダイアログで、以下の項目を指定します。
ƒ

[名前] フィールドにイメージの名前を指定。

ƒ

[場所] フィールドにイメージ ファイルを保存する場所を指定。

仮想マシンの管理

269

ƒ

[イメージ フォーマット] ドロップ ダウン リストにイメージ ファイルのフォーマ
ットを指定。

ƒ

[暗号化] フィールドに [なし] を指定。

設定が終了したら、[保存] をクリックします。

5

デ ィ ス ケ ッ ト の .dmg イ メ ー ジ を 検 索 し ま す 。 こ の イ メ ー ジ を 右 ク リ ッ ク
(Control- クリック)し、ショートカット メニューから [情報を見る] を選択しま
す。[名前と拡張子] グループ内で、.dmg 拡張子を .fdd に変更します。Enter を押
します。

6

ファイルの拡張子を変更する確認画面が表示されたら、[".fdd" を使用] ボタンをクリ
ックします。

Parallels エクスプローラの使用
Parallels エクスプローラ は、Mac OS X 上の Parallels(および他の)仮想マシン の内容
を参照し、管理するためのツールです。このツールを用いると、仮想マシンを起動しな
くても、この内のデータを参照し、変更することが可能になります。さらに Mac OS X と
起動していない仮想マシンの間で、ファイルとフォルダを交換することも可能になりま
す。Parallels エクスプローラ を使用することにより、Mac OS X と仮想マシン間でのフ
ァイルの移動のような、日常の作業におけるコンピュータ リソースと時間を節約する
ことができます。
Parallels エクスプローラは、Parallels Desktop for Mac とともにインストールされますの
で、個別にこれをインストールする必要はありません。Parallels エクスプローラは、ご
使用の Mac 上の /Applications/Parallels フォルダにインストールされます。
Parallels エクスプローラを起動するには、以下の手順に従います。
1

Finder ウィンドウ上で、/Applications/Parallels フォルダを開きます。

2

Parallels Explorer アイコンをダブルクリックします。

270

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

Parallels エクスプローラが起動すると、ご使用の Mac OS ハードディスク上にあるすべ
ての Parallels 仮想マシンは、Boot Camp 関連のものを除き、自動的に検出され、作業領
域に表示されます。
Parallels エクスプローラ のインターフェースは、Mac OS Finder と似通っています。複
数の仮想ディスクを参照する際に便利なマルチ ウィンドウ モードでの作業や、[アイコ
ン]、[ツリー]、および [カラム] の各表示モード間での切り換えによる、Parallels エクス
プローラ ウィンドウのアピアランスの変更が可能です。
仮想マシンの内容を参照するには、以下の手順に従います。
1

サイドバー内の [仮想マシン] をクリックします。

2

作業領域内で、仮想マシンに対する .pvs ファイルをダブルクリックします。

3

この仮想マシンが複数のボリュームを含んでいる場合、そのボリュームをダブルク
リックして参照します。

仮想ディスク内容を参照するには、以下の手順に従います。
1

サイドバー内の [仮想ディスク] をクリックします。

2

作業領域内で、.hdd ファイルをダブルクリックします。

仮想ハードディスクの内容の管理
Parallels エクスプローラを使用すると、ファイルとフォルダのコピー、貼り付け、削除、
および名前の変更が可能になります。さらに、仮想マシンを起動せずに、いくつかのタ
イプのファイルを開くこともできます。Parallels エクスプローラでファイルとフォルダ
を管理するには、項目を右クリックしたときに表示されるショートカット メニューを
使用するか、または [編集] メニュー コマンドを使用します。
Parallels エクスプローラ の詳細な情報については、『Parallels エクスプローラ ユーザー

ガイド』を参照してください。

仮想マシンの管理

271

Finder 上での仮想ディスクの参

仮想マシン ファイルへ簡単にアクセスするために、他のディスクおよびストレージ デ
バイスといっしょに、このハードディスクを Mac OS の Finder 上にマウントすることが
できます。
仮想ハードディスクを自動的に Finder にマウントしたい場合は、構築エディタの [仮想
ディスクを Mac デスクトップにマウントする] オプションを [共有フォルダ] タブ 『ペー
ジ 143』上で有効にします。
仮想ハードディスクに手動でマウントしたい場合は、Parallels マウンタを以下のように
操作します。
1

マウントする仮想マシンの ハードディスク ファイル (HDD) または 構築ファイル
(PVS) を選択します。

2

そ の フ ァ イル を 右 ク リッ ク し て 、[こ の ア プ リ ケ ー シ ョ ン で 開 く ] -> [Parallels
Mounter.app] を選択します。

3

マウントされたボリュームの内容を参照し、操作するには、Finder ウィンドウのサ
イドバー内にあるそのボリュームのアイコンを選択します。

4

そのボリュームをアンマウントするには、サイドバー内にあるそのボリューム名の
となりの Eject ボタンをクリックします。

注意。 Parallels マウンタは、Parallels Desktop の仮想マシンに関連付けられたボリュー
ムにマウントすることにのみ使用することができます。サードパーティの仮想マシンを
参照するには、Parallels エクスプローラ 『ページ 269』 を使用します。
Parallels エクスプローラに関する詳細な情報については、『Parallels エクスプローラ ユ
ーザー ガイド』を参照してください。

272

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

仮想ハードディスクでの
Spotlight の使用
Spotlight は、Mac 上の項目を検索するための Mac OS のユーティリティです。仮想マシ
ン ハードディスク上に保存されている項目を検索可能にする目的で、Parallels Desktop
で Spotlight のサポートを有効にすることができます。
警告。 Spotlight を 使用すると、仮想マシンと Mac のパフォーマンスが低下すること
があります。
Parallels Desktop で Spotlight のサポートを有効にする方法
1

[編集] メニュー -> [仮想マシン] を選択して、構築エディタを開きます。
注意。 構築エディタは、仮想マシンが実行中でない場合のみ、使用可能です。

2

[共有フォルダ] タブで、 [Spotlight 処理を有効にする] オプションを選択します。
注意。 このオプションを使用するには、管理者権限が必要です。

Spotlight を使用して仮想ハードディスクを検索する方法
1

Finder ウィンドウで、サイドバー内にある検索したい仮想ハードディスクのアイコ
ンをクリックして、これを開きます。
注意。 このディスクが Finder 上でマウントされていない場合、 「Finder 上で仮想デ
ィスクをマウントする」 『ページ 271』 トピックで提供されている手順を参照して
ください。

2

Finder ウィンドウ上の [検索] フィールドをクリックするか、またはメニューバー上
の Spotlight アイコンをクリックします。

3

項目の名前を入力して、Return (Enter) を押し、検索を開始します。

4

検索結果は、Finder ウィンドウ内に表示されます。

仮想マシンの管理

273

仮想マシンにおけるキーボード
ショートカット
Parallels Desktop により、仮想マシン上で Mac のキーボード ショートカットを使用する
ことができます。

MacBook と MacBook Pro のキーボード ショートカットの使用
仮想マシン上で F1-F12 を押す場合、代わりに Fn+(F1-F12) キーの組み合わせを押
します。
仮想マシン上で Control+Alt+Del キーの組み合わせを押したい場合は、以下のいず
れかの方法を実行します。
ƒ

メニューで、[アクション] -> [キーの送信] -> [Ctrl+Alt+Del] を選択する。

ƒ

キーボード入力が仮想マシン ウィンドウ内にキャプチャされているときに
Control+Option(Alt)+Del を押す。

詳しい情報については、「仮想マシンのシャットダウンとリセット 『ページ 122』」も
参照してください。
F1-F12 キーを定義するには、以下の手順を実行します。
1

Apple [システム] メニューから、[システム環境設定] -> [キーボードとマウス] を選択
します。[キーボードとマウス] ウィンドウが表示されます。

2

[キーボード] タブの [F1 ~ F12 キーを使ってソフトウェアの機能を制御] オプション
を選択します。
[キーボード] タブで、キーが続けて押された場合の反応速度も設定することができ
ます。

274

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

仮想マシンで標準 Mac OS の キーボード ショートカットを使用する
Macintosh キーボードには多数のシステムキーがあります。これらのキーを使用すると、
仮想マシンにインストールされているオペレーティング システム上で他の操作を実行
することができます。ただし、仮想マシンでこれらのキーを使用すると、問題が発生す
る場合があります。たとえば、F9 - F12 キーは Dashboard と Expose 操作用に予約されて
います。 F11 キーは、Windows Internet Explorer で全画面モードに切り替える際に便利
です。仮想マシンで Mac のキーボード ショートカットを使用するには、以下の手順を
実行します。
1

Apple [システム] メニューから、[システム] の [システム環境設定] ->[ユニバーサル ア
クセス] を選択します。

仮想マシンの管理

2

275

[ユニバーサル アクセス] ウィンドウで、[補助装置を使用可能にする] オプションを
選択します。

276

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

仮想マシンへのマルチユーザー
アクセス
デフォルトでは、新規の仮想マシンは、カレント ユーザーのホーム フォルダに保存さ
れます。しかし、この仮想マシン作成時に適当なオプションを選択することにより、こ
れをご使用の Mac の他のユーザーと共有することも可能です。仮想マシンの事前定義
済みの共有に関する情報については、「Windows の高速インストール 『ページ 69』」
のトピックを参照してください。
仮想マシンのフォルダの場所を調べるには、[Parallels Desktop] -> [ユーザー設定] -> [一般]
タブ を選択します。(この章の「一般タブ」トピックを参照してください)。
仮想マシンに他のユーザーをアクセスさせたい場合は、以下の手順に従います。
1

仮想マシンの以下のコンポーネントをご使用の Mac の /User/Shared/Parallels フォル
ダにコピーします。

仮想マシンの管理

ƒ

仮想マシン フォルダ

ƒ

構築ファイル(.pvs)

ƒ

ハードディスク イメージ(.hdd)

ƒ

保存された状態ファイル(.sav)、存在する場合

ƒ

CD/DVD イメージ ファイル(.iso)、存在する場合

ƒ

フロッピー ディスク イメージ ファイル(.fdd)、存在する場合

ƒ

シリアルおよびパラレル ポート出力ファイル(.txt)、存在する場合

277

2

コピーされたファイルを右クリックして、ショートカット メニューから [情報を見
る] を選択します。

3

[情報] 画面で、[所有権とアクセス権] をクリックし、[権限] フィールドに [読み/書
き] を選択し、コピーされたファイルに対して適当なアクセス権を設定します。同じ
操作をコピーされたすべてのファイルに対して行います。

4

[詳細な情報] をクリックし、[その他] オプションに対して、[読み/書き] を選択。

5

このウィンドウを閉じます。変更内容は自動的に保存されます。

278

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

仮想マシンのクローン
[仮想マシンのクローン アシスタント] を使用すると、仮想マシンの完全なコピーを作成
することができます。このクローンには、元のマシンに接続されていた仮想ハードディ
スクと同数のハードディスクが設定されます。デフォルトでは、このアシスタントによ
って新規ファイル(元のファイルのコピー)が新規フォルダに出力されますが、既存の
フォルダに保存することもできます。仮想ハードディスクと構成ファイルのコピーは、
つねに同じフォルダに格納されます。
仮想マシンのクローン内では、すべてのデバイス、ドライバ、仮想ハードディスク イ
メージの名前は、元のマシンの場合と同じ名前になります。クローン仮想マシンにある
デバイス間のすべての接続は、元の仮想マシンの接続と同じになります。
元のマシンのデバイスが外部リソースに接続されていた場合、このデバイスはクローン
内では同じリソースに接続されます。ただし、シリアル/パラレル ポートのログ ファイ
ルだけが異なります。こうしたファイルが元の仮想マシンで使用されている場合、クロ
ーン用として新しい空白のログ ファイルのセットが Parallels Desktop によって作成され
ます。
元の仮想マシンにスナップショットがある場合、仮想マシンのクローンのスナップショ
ット構造も同じになります。
ネットワーク アダプタが元の構成に組み込まれている場合、クローンに対して新規の
MAC アドレスが Parallels Desktop によって生成されます。
仮想マシンのクローンを作成する前に、以下の条件が満たされているかを確認してくだ
さい。
ƒ

仮想マシンが停止している。仮想マシンが稼働している場合、[ファイル] メニュー
の [クローン] オプションが無効になっている。

ƒ

仮想マシンにゲスト OS が設定されている(ゲスト OS が設定されていない仮想マ
シンをコピーすることはできません)。

仮想マシンのクローンを作成するには
1

コピーを作成する仮想マシンを開きます。

2

[ファイル] メニューから [クローン] を選択します。[仮想マシンのクローン アシスタ
ント] ウィンドウが開きます。次回から [はじめに] ウィンドウを表示しないように
するには、[次回からは、このウィンドウを表示しない] を選択します。[次へ] をクリ
ックします。

仮想マシンの管理

3

279

[クローンの準備を行います] ウィンドウで、仮想マシン クローンのフォルダを指定
します。フィールドに表示される名前とパスは、アシスタントによってあらかじめ
指定されたものです。これらの値は、元の仮想マシンの名前とパスの最後に「のク
ローン」を追加したものになります。別のフォルダ名を指定することもできます。
仮想マシン名は、50 文字以内で指定してください。仮想マシン ファイル名は、この
フォルダ名と同じ値になります。
[完了] をクリックすると、マシンのクローン処理が開始します。

280

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

4

仮想マシンがコピーされている間、[コピーしています] 画面に現在の処理の状態が
表示されます。クローン処理が成功すると、コピーの実行が完了して新規マシンの
準備が完了したことを通知する画面が表示されます。[完了] をクリックして、ウィ
ザードを閉じます。

仮想マシンの管理

281

[クローンの準備を行います] ウィンドウで [コピーを自動的に新規のウィンドウ内に開
く] オプションを選択した場合、新しい Parallels Desktop ウィンドウが表示されます。仮
想マシンのクローンを起動することができます。

282

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

仮想マシンの削除
仮想マシンは手動で削除することができます。ただし、[仮想マシンの削除アシスタン
ト] を使用して削除することをお勧めします。 このアシスタントを使用すると、仮想マ
シンを構成しているすべてのファイルと、仮想マシンに接続されているすべてのファイ
ルを検出することができます。
仮想マシンの削除アシスタントは、以下の仮想マシン ファイルを削除します。
ƒ

構成ファイル

ƒ

仮想マシンに接続された仮想ハード ディスク

ƒ

スナップショット

ƒ

仮想マシンに接続された CD/DVD ディスクの .iso イメージ(存在する場合)

ƒ

仮想マシンに接続されたフロッピー ディスク イメージ(.fdd など)(存在する場
合)

ƒ

シリアル ポートとパラレル ポートの出力ファイル(存在する場合)

ƒ

仮想マシンのファイルが保存されているフォルダ

このアシスタントを使用すると、以下の条件を満たす稼動中の仮想マシンを削除するこ
とができます。
ƒ

ゲスト OS が実行されていない(ゲスト OS が実行されている場合は、[ファイル] メ
ニューの [削除] コマンドを無効にする必要があります)。

ƒ

仮想マシンが、Parallels Desktop の別のインスタンスによって開かれていない。

ƒ

仮想マシンが空ではない。

仮想マシンを削除するには
1

削除したい仮想マシンを開きます。

2

[ファイル] メニューの [削除] を選択します。[仮想マシンの削除アシスタント] 画面
が開きます。次回からこの画面を表示しないようにするには、[次回からは、このウ
ィンドウを表示しない] を選択します。[次へ] をクリックします。

仮想マシンの管理

3

283

アシスタントにより仮想マシンに関連するすべてのファイルが検出され、[ファイル
のリスト] ダイアログに表示されます。構成ファイル、仮想ハード ディスク、シリ
アル ポートとパラレル ポートの出力ファイル、およびホーム フォルダは削除用と
して事前に選択されていますが、.iso イメージと .fdd イメージは他の仮想マシン
で使用される可能性があるため、選択されていません。これらのイメージも削除し
たい場合は、画面上で選択します。

284

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

注意。他の仮想マシンでも使用される仮想ハード ディスクが削除の対象になってい
ないことを確認してください。
選択内容を確認し、問題がなければ [削除] をクリックします。
4

アシスタントにより、選択したファイルが現在のハード ディスクから削除されます。
削除が正常に終了すると、[削除は正常に終了しました] 画面が表示されます。

仮想マシンの管理

285

選択されたすべてのコンポーネント、または(ホーム フォルダが削除のために選択
された場合)ホーム フォルダ以外のすべての選択されたコンポーネントが削除され
た場合、仮想マシンは正常に削除されたものと認識されます。ホーム フォルダに 1 フ
ァイルでも残っていると、ホーム フォルダは削除されません。
[終了] をクリックして、ウィザードを閉じます。

286

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

仮想マシンのバックアップ
多くの人々は、重大なデータ損失を経験しない限り、定期的なバックアップの必要性に
ついて真剣に考えることはありません。データ損失を回避するには、自分自身のバック
アップ方針を作成する必要があります。仮想マシンは、物理的なコンピュータと同様、
クラッシュに対して脆弱です。
そのため、以下の方法のいずれかによって、仮想マシンをバックアップできます。
ƒ

仮想マシンのファイルを手動でコピーする。

ƒ

仮想マシンのクローン アシスタントを利用して、仮想マシンのクローンを作成する。
クローンにわかりやすい名前を付け、バックアップ用に指定された専用の場所に保
存します。

ƒ

また、物理的なコンピュータのクラッシュによるデータ損失のリスクを考慮に入れ
て、コピーまたはクローンを外部のドライブまたは別のコンピュータに定期的に保
存します。

ƒ

仮想マシンのスナップショットを作成して、連続的にバックアップを実行します。
これは差分バックアップとして機能し、Macintosh コンピュータ上のディスク スペ
ースを節約できます。スナップショットを使用するには、それらの作成元の仮想マ
シンが必要です。

ƒ

何をバックアップする必要があるか決定します。仮想マシン全体ではなく、データ
のみのバックアップが必要な場合があります。この場合は、Parallels エクスプロー
ラを使用してデータをバックアップします。これにより、Macintosh コンピュータ上
または希望するその他のバックアップ ストレージ場所上のディスク スペースを節
約できます。詳細については、『Parallels エクスプローラ ユーザー ガイド』
を参照してください。

仮想マシンの管理

287

仮想ハードディスクのメンテナ
ンス
拡張可能仮想ディスクのファイルのサイズは、不必要で一時的なファイルを定期的に削
除した場合でも、作業の進行に応じて増加します。以下の内蔵ユーティリティを用いる
と、仮想ディスクをメンテナンスできます。
ƒ

ディスク コンパクト化ツールは拡張可能仮想ハードディスク上の未使用のディス
ク スペースをクリーンアップして、このスペースを削除し、Mac OS X 内の仮想ハ
ードディスク イメージ ファイルのサイズを削減します。 ディスク コンパクト化ツ
ールを仮想マシン上でときどき使用して、ホスト ハードディスク上のスペースを節
約することをお勧めします。詳細については、「仮想ディスクのコンパクト化 『ペ
ージ 287』」トピックを参照してください。

ƒ

Parallels Compressor。Windows 2000 以降のバージョン用。一時的および不必要なフ
ァイルを削除し、[ゴミ箱] を空にし、ディスクのデフラグとコンパクト化を行いま
す。いくつかの実行オプションが選択可能です。Parallels Compressor の詳細につい
ては、「Parallels Compressor の使用 『ページ 290』」の章を参照してください。
注意。どちらのユーティリティも、プレーン仮想ディスクは処理しません。

注意。どちらのユーティリティも、仮想マシンの [ディスクを元に戻す] オプションがオ
ンになっている場合またはスナップショットがある場合には、仮想ディスクを処理でき
ません。

仮想ディスクのコンパクト化
コンパクト化は、単一ファイル ディスクであるか分割ディスクであるかに関わらず、
拡張可能ディスクに対してのみ実行できます。ディスクフォーマットの詳細については、
「仮想ハードディスク 『ページ 24』」を参照してください。
注意。仮想ディスクのコンパクト化は、仮想マシンの [ディスクを元に戻す] オプション
がオンになっている場合、またはスナップショットがある場合には実行できません。
通常、コンパクト化の手順は、以下の 2 つのステップから構成されます。
1

ゲスト OS で実行される準備ステップ。このステップは、Parallels Tools Center 『ペ
ージ 98』 がインストールされたWindows 95/98/NT/ME/2000/XP/2003/Vista の各ゲス
ト OS でのみサポートされます。FAT 16、FAT 32、および NTFS のすべてのタイプ
のパーティションを処理することができます。このステップの実行中に、未使用の
ディスク スペースがクリアされます。

288

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

2

Mac OS X で実行されるコンパクト化ステップ。 このステップでは、仮想マシンの
ディスク ファイルから、クリアされた未使用のスペース(ファイルの最後にある使
用可能なスペースのみ)が削除されます。これは、他の任意のゲスト オペレーティ
ング システムを持つ仮想マシンに対して使用可能であり、構築エディタから実行さ
れます。

Windows ゲスト OS での 2 ステップのディスク コンパクト化
Windows 95/98/NT/ME/2000/XP/2003/Vista ゲスト OS でのディスクのコンパクト化は、
以下の手順で実行します。
1

仮想マシンの実行中に、ステータスバー上の Parallels Tools Center のアイコンをクリ
ックして開きます。

2

Parallels Tools Center で [ディスク コンパクト化ツール] タブを開きます。

3

[ステータス] グループ内の表により、コンパクト化可能なボリューム(ディスクと
パーティション)の一覧が [ディスク コンパクト化ツール オプション] タブに表示さ
れます。仮想ディスクのすべてのパーティションを選択すると、コンパクト化はさ
らに効率的になります。
準備ステップの完了直後にコンパクト化を実行する場合は、[全段階を一度に実行す
る] チェック ボックスをオンにします。
[開始] をクリックします。選択したすべてのディスクは一つずつ処理されます。
注意。最初のステップ(未使用のスペースのクリーンアップ)には、かなり時間が
かかることがあります。

4

[全段階を一度に実行する] オプションを選択すると、最初のステップの直後に 2 番
目のステップが開始されます。ディスク コンパクト化ツールによって仮想マシンが
中断され、Parallels Desktop によって Max OS X 内の仮想ディスクファイルがコンパ
クト化されます。その際、 [仮想ハードディスクをコンパクト化中] ダイアログが表
示されます。コンパクト化を中止するには、[キャンセル] をクリックします。 この
場合、仮想ディスク ファイルのサイズは変わりません。
コンパクト化のプロセスが正常に終了したら、[OK] をクリックします。

5

[全段階を一度に実行する] オプションを選択していない場合は、以下の手順に従い
ます。
最初のディスク処理のステップが終了すると、次のステップに進むかどうかを確認
する画面が表示されます。
コンパクト化の 2 番目のステップをすぐに実行せず、あとで実行することができま
す。詳しくは、次の「1 ステップのディスク コンパクト化」を参照してください。

仮想マシンの管理

289

1 ステップのディスク コンパクト化
1 ステップのディスク コンパクト化は、Windows ゲスト OS に対するディスク コンパク
ト化の第 2 ステップとして実行される手順です(上述)。他のゲスト OS でディスク コ
ンパクト化を行う場合は、この手順しか実行できません。このディスク コンパクト化
手順は、プライマリ オペレーティング システムで実行されます。その際、未使用のス
ペースはクリーンアップされず、イメージ ファイルから単純に削除されるため、プラ
イマリ OS 内のファイル サイズが減少します。
ディスク コンパクト化を実行するには
6

仮想マシンが停止したら、構築ページ上の [ハードディスク] リンクをクリックしま
す。

7

拡張 タブの [コンパクト] ボタンをクリックします。コンパクト化の実行中は、[仮
想ハードディスクをコンパクト化中] ダイアログが表示されます。

8

コンパクト化するハードディスクが複数ある場合、それぞれの拡張可能タイプの仮
想ディスクに対して、ステップ 1 と 2 を繰り返します。

290

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

13章

Parallels Compressor の使用
Parallels Compressor™ は、仮想マシンをさまざまな目的に合わせて効率的に使用するた
めの新しい Parallels ツールであり、使い方も簡単です。
注意。Parallels Compressor は、Boot Camp パーティションを使用する仮想マシンでは使
用できません。[Parallels Compressor の実行] は使用不可になります。
Parallels Compressor を使用すると、以下のことが可能になります。
ƒ

仮想マシンのディスク スペースの効率的なクリーンアップ

ƒ

仮想ハード ディスクのファイルのサイズの大幅な削減

ƒ

物理ハード ディスクのリソースの効率的な使用

警告。仮想マシンの圧縮は、仮想マシンの [ディスクを元に戻す] オプションがオンに
なっている場合またはスナップショットがある場合には、実行できません。圧縮は、プ
レーン ディスクのある仮想マシンに対しても使用できません。
スナップショットがある仮想マシンを圧縮する必要がある場合には、仮想マシンのディ
スクの圧縮を開始する前に、スナップショット マネージャを使用してすべてのスナッ
プショットを削除します。詳細については、「スナップショット マネージャ 『ページ
171』」を参照してください。
[ディスクを元に戻す] オプションがオンになっている仮想マシンを圧縮するには、最初
に [構築エディタ] で [ディスクを元に戻す] 機能を使用不可にします。詳細については、
「[ディスクを元に戻す] の使用 『ページ 176』」トピックを参照してください。

この章の構成
Parallels Compressor による仮想マシンの操作................................................................ 291
ゲスト オペレーティング システムの要件..................................................................... 292
Parallels Compressor の実行方法........................................................................................ 292
Parallels Compressor のオプション.................................................................................... 295
自動モードでの圧縮........................................................................................................... 299
Parallels Compressor ウィザード........................................................................................ 302
ディスクのさらなる削減................................................................................................... 307

Parallels Compressor の使用

291

Parallels Compressor による仮想
マシンの操作
Compressor は、仮想マシンを以下のように操作します。
ƒ

現在のシステムにある不要なファイルを削除します。

ƒ

仮想ディスクのデフラグを実行し、使用されていないスペースをクリーンアップし
ます。

ƒ

仮想ディスクをコンパクト化します。

特定の仮想マシンに対して実行される操作は、実行モードによって異なります。
ƒ

自動モードの場合、Parallels Compressor は、あらかじめ定義されている一連の操作
を実行して、現在のシステム ディスクだけを圧縮します。

ƒ

マニュアル モードの場合は、圧縮するディスクと実行する操作を選択できます。

実行モードや Compressor の他のプロパティの詳細については、「Parallels Compressor の
オプション 『ページ 295』」のセクションを参照してください。

圧縮手順の各ステップ
Parallels Compressor は、仮想マシンを最も効率的に圧縮するためのツールです。この手
順は以下の 2 つのステップからなっています。
ƒ

ゲスト オペレーティング システムで実行する準備ステップ(一時ファイルと不要な
ファイルの削除、仮想ディスクのデフラグの実行、使用されていないディスク スペ
ースのクリーンアップ)

ƒ

プライマリ オペレーティング システムで実行するコンパクト化ステップ(仮想ディ
スクのファイルのサイズの削減)

292

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

ゲスト オペレーティング シス
テムの要件
Parallels Compressor は、以下のゲスト オペレーティング システムをサポートしていま
す。
ƒ

Windows Vista Ultimate, Enterprise, Business

ƒ

Windows Server 2003 Standard Edition SP0, SP1

ƒ

Windows Server 2003 Enterprise Edition SP0, SP1

ƒ

Windows Server 2003 Web Edition SP0, SP1

ƒ

Windows Server 2003 Small Business Edition SP0, SP1

ƒ

Windows XP Professional Edition SP2

ƒ

Windows XP Home Edition SP2

ƒ

Windows 2000 Professional SP4

ƒ

Windows 2000 Server SP4

ƒ

Windows 2000 Advanced Server SP4

他のゲスト オペレーティング システムの場合は、ディスク コンパクト化ツールを使用
することをお勧めします。手順の説明については、「仮想ディスクのコンパクト化『ペ
ージ 287』」を参照してください。

Parallels Compressor の実行方法
Parallels Compressor を起動する前に
このユーティリティを起動する前に、以下の手順を実行してください。
1

仮想マシンのクローンを作成するか、仮想マシンのハード ディスク ファイルを安全
な場所にコピーすることによって、仮想マシンのバックアップを作成します。
バックアップを作成しておけば、圧縮の結果が望ましくなかった場合でも仮想マシ
ンを復元できます。
警告。仮想マシンの圧縮の結果を元に戻すことはできません。

2

仮想マシンの構築内容に CD/DVD-ROM ドライブが含まれていることを確認してく
ださい。
含まれていない場合は、以下のようにします。
ƒ

仮想マシンを電源オフにします。

ƒ

[構築エディタ]を開きます。

Parallels Compressor の使用

293

ƒ

構築内容に CD/DVD-ROM ドライブを追加します。詳細については、「新規デバ
イスの仮想マシンへの追加 『ページ 220』」を参照してください。

ƒ

[CD/DVD-ROM オプション] タブで、[使用可能] チェック ボックスがオンになっ
ていることを確認します。

Parallels Compressor の起動方法
1

圧縮する仮想マシンの電源をオンにします。

2

管理者権限を持ったユーザーとしてゲスト オペレーティング システムにログイン
します。
注意。仮想マシンで Parallels Compressor を実行するには、ゲスト オペレーティング
システムで管理者権限を持っている必要があります。

3

メニューで [アクション] -> [Parallels Compressor を起動] を選択します。

294

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

Parallels Compressor の実行
Parallels Compressor には以下の実行モードがあります。
ƒ

自動 : これがデフォルトのモードです。このモードの場合、Compressor はデフォル
トの圧縮オプションを使用します。

ƒ

マニュアル : Parallels Compressor をウィザードとして実行します。 仮想マシンの圧
縮オプションを選択できます。

Parallels Compressor を起動すると、Compressor の ISO ファイルが仮想 CD/DVD-ROM に
接続し、時間表示付きのダイアログ ボックスが表示されます。時間表示には、Parallels
Compressor が自動モードで実行されるまでの残り時間が表示されます (タイムアウトは
約 10 秒です)。

Parallels Compressor を実行するには、以下のようにします。
ƒ

自動モードの場合は何もしません。 タイムアウトになるまでお待ちください。この
モードで Compressor を実行するための詳細については、「自動モードでの圧縮 『ペ
ージ 299』」のトピックを参照してください。

ƒ

マニュアル モードの場合は、タイムアウトになる前に ESC キーを押すか、ダイア
ログ ボックスの [マニュアル モード] ボタンをクリックします。このモードで
Compressor を実行するための詳細については、「Parallels Compressor ウィザード『ペ
ージ 302』」のトピックを参照してください。

圧縮の完了後
Parallels Compressor の処理が完了すると、Parallels Compressor の ISO が仮想マシンから
切断され、前に存在していた接続が復元されます。接続が自動的に復元されない場合
は、以下のようにします。
ƒ

メニューで [アクション] -> [Parallels Compressor をキャンセル] を選択します。

注意。このコマンドは、Parallels Compressor の実行中には使用しないでください。その
操作によって ISO ファイルが切断されると、仮想マシンで予測不能な動作が発生する可
能性があります。
仮想ハード ディスクのサイズを減らすためにさらにできる事柄については、「ディス
ク サイズのさらなる削減」のトピックを参照してください。

Parallels Compressor の使用

295

Parallels Compressor のオプショ

この章では、Parallels Compressor のマニュアル モードで使用できるすべてのオプション
について詳しく説明します。

実行モード
Parallels Compressor には以下の 2 つの実行モードがあります。
ƒ

自動 :デフォルトの実行モードです。自動モードの場合、Compressor は (ユーザーに
よる操作確認なしで) 標準圧縮を実行します。

ƒ

マニュアル :Compressor をウィザードとして実行します。さまざまな圧縮オプショ
ンを選択できます。

Compressor を起動すると、時間表示付きのダイアログ ボックスが表示されます。 時間
表示には、Compressor が自動モードで実行されるまでの残り時間が表示されます。
自動モードで Compressor を実行する場合は、何もしないで待ちます。
マニュアル モードで Compressor を実行する場合は、タイムアウトになる前に ESC キー
を押すか、[マニュアル モード] ボタンをクリックします。

Compressor のコマンド行キー
現在のバージョンの Parallels Compressor には以下のキーがあります。
ƒ

/A - 自動実行モードでプログラムを起動します。

ƒ

/G <cmdline> - Parallels Compressor で使用するツールの代わりにサード パーティのデ
フラグ ツールを起動します。< cmdline> には、そのツールのパスと名前を指定しま
す。

ƒ

/H - 使用可能なキーの一覧を示した [ヘルプ] 画面を表示します。

ƒ

/S - Compressor を完全に無人モード ("サイレント モード") で実行します。

コマンド行形式に関する注意点
ƒ

プログラム名とキーはスペースで区切ります。

ƒ

<cmdline> の中でスペースを使用する場合は、以下のようにして式を二重引用符で囲
みます。

ParallelsCompressor /G"C:\Program Files\...defrag.exe"

ƒ

上の例のように、キーとパラメータの間にはスペースを入れません。

296

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

標準モードとカスタム モード
Parallels Compressor をマニュアル モードで起動した場合は、仮想マシンの圧縮処理のモ
ードを選択できます。
ƒ

[標準圧縮] :すべてのユーザーにお勧めします。このモードでは、高レベルで圧縮が
実行されます。つまり、デフォルトで省略される [ドライバ キャッシュのクリーン
アップ] 以外のすべての圧縮タスクが実行されます。標準圧縮では、1 つの仮想ディ
スク (現在のシステム ディスク) だけが処理されます。

ƒ

[カスタム圧縮] :上級ユーザーにのみお勧めします。[カスタム] 圧縮モードでは、特
定の論理ディスク、圧縮レベル、実行タスクを選択できます。

圧縮する論理ディスクの選択
仮想マシンには複数の仮想ディスクが含まれている場合があります。一部の仮想ディス
クでは、パーティションを作成できます。カスタム圧縮モードでは、圧縮する論理ディ
スクを 1 つ以上選択できます。
[論理ディスクの選択] ダイアログ ボックスには、Compressor により、仮想マシンのボリ
ュームの一覧が表示されます。
以下の仮想マシンのディスクは、Compressor によって処理できません:
ƒ

プレーンフォーマットの仮想ディスク。

ƒ

スナップショットがある仮想ディスク。

ƒ

[ディスクを元に戻す] オプションがオンになっている仮想ディスク。

仮想マシンの圧縮は以下の 2 つのステップで実行されます。
1

ディスクのクリーニング :不要なファイルを削除して、ディスクをデフラグします。

2

ディスクのコンパクト化 :ホスト オペレーティング システムで実行され、仮想ディ
スク ファイルのサイズを削減します。

選択されたディスクを 1 つも圧縮できない場合には、Parallels Compressor は圧縮を実行
できないことを示すメッセージを表示して停止します。選択された仮想ディスクを少な
くとも 1 つ圧縮できる場合には、Compressor はそれらのディスクを処理します。

Parallels Compressor の使用

297

圧縮レベル
Parallels Compressor は、低、中、高という 3 つのレベルの圧縮をサポートしています。
それぞれのレベルで特定のタスクの実行が提示されます。ウィザードでは、そのような
タスクの完全な一覧が表示されます。
一覧に含まれているタスクは以下のとおりです。
ƒ

[ページ ファイルを切り詰める] (小さなサイズのシステム ページ ファイルを再作
成します)

ƒ

[一時システム ファイルをクリーンアップ] (操作の速度を上げるために、システ
ムが使用する一時ファイルを削除します)

ƒ

[システムのキャッシュをクリーンアップ] (パフォーマンスを上げるために、シス
テムによってディスクに格納されている一時データを削除します)

ƒ

[ごみ箱を空にする] (前に削除したファイルをごみ箱から永久に削除します)

ƒ

[一時インターネット ファイルをクリーンアップ] (Internet Explorer のキャッシュ
をクリーンアップし、Cookie、履歴、アドレス バー、一時ファイルを削除します)

ƒ

[ハイバネート ファイルを無効にする] (仮想マシンをオフにしたときに、仮想マ
シンのメモリを格納するハイバネート ファイルを無効にします)

ƒ

[仮想ディスクのコンパクト化] (ホスト (プライマリ) オペレーティング システム
のディスクのサイズを削減します)

ƒ

[一時セットアップ ファイルをクリーンアップ] (MS Office や他のプログラムが使
用するインストール ファイルを削除します)

ƒ

[システム メディア ファイルをクリーンアップ] (Media Player が使用する一時フ
ァイルを削除します)

ƒ

[ドライバのキャッシュをクリーンアップ] (頻繁に使用するドライバのキャッシ
ュを空にします。新しいハードウェアをインストールする場合は、このチェック ボ
ックスをオフにしてください)

ƒ

[システム復元情報をクリーンアップ] (最後の正常なシステム ロードに関連した
データを削除します)

デフォルトでは、それぞれの圧縮レベルに以下のようにタスクが割り当てられています。
ƒ

高レベル :一覧に含まれているすべてのタスク ( 、 、
スク)

ƒ

中レベル :

および

ƒ

低レベル :

のマークが付いているタスクのみ

のマークが付いているタ

のマークが付いているすべてのタスク

目的の圧縮レベルを選択するために、低、中、高という 3 つの位置が設定されているス
ライダーを使用することもできます。一覧に含まれているタスクにはそれぞれチェック
ボックスが用意されています。スライダーを高の位置に合わせると、すべてのタスクが
選択されます。高から中の位置にスライダーを移動すると、 のマークが付いているタ
スクのチェック ボックスがオフになり、低の位置にスライダーを移動すると、 のマ
ークが付いているタスクのチェック ボックスもオフになり、低レベル ( ) で実行され
るタスクだけがオンの状態で残ります。

298

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

さらに、どのレベルを選択した場合でも、該当するチェック ボックスのオン/オフを切
り換えることによってタスクを追加または削除できます。選択したレベルのデフォルト
の選択タスクを復元したい場合は、[既定値として設定] ボタンをクリックします。
注意。[仮想ディスクのコンパクト化] タスクのチェック ボックスをオフにすることはで
きません。 このタスクはどのレベルでも必須です。
[標準] 圧縮モード (または自動モード) では、高レベルで提示されるすべてのタスクが実
行され、[ドライバ キャッシュのクリーンアップ] タスクだけが省略されます。
[カスタム] 圧縮では、ユーザーが一連のタスクを選択できます。

Parallels Compressor の使用

299

自動モードでの圧縮
Parallels Compressor には以下の実行モードがあります。

自動 : これがデフォルトのモードです。このモードの場合、Compressor はデフォル

ƒ

トの圧縮オプションを使用します。1 つの仮想システム ディスクだけが処理されま
す (仮想マシンに複数のシステム ディスクがある場合は、現在のシステム ディスク
が圧縮されます)。

マニュアル : Compressor をウィザードとして実行します。 仮想マシンの圧縮オプシ

ƒ

ョンを選択できます。
Compressor の ISO イメージ ファイルを仮想マシンの CD/DVD-ROM に接続すると、プ
ログラムが起動し、時間表示付きのダイアログ ボックスが表示されます。時間表示に
は、Compressor が自動モードで実行されるまでの残り時間が表示されます (タイムアウ
トは約 10 秒です)。

Compressor を実行するには、以下のようにします。
ƒ

自動モードの場合は何もしません。 タイムアウトになるまでお待ちください。

ƒ

マニュアル モードの場合は、タイムアウトになる前に ESC キーを押すか、ダイア
ログ ボックスの [マニュアル モード] ボタンをクリックします。
警告。 圧縮プロセスが完了するまで、Parallels Compressor の ISO ファイルをマシン
の CD/DVD-ROM から切断しないでください。

このプロセスでは、Compressor によっていくつかのダイアログ ボックスが表示されま
す。いずれも通知目的のダイアログ ボックスですが、[キャンセル] をクリックすると
Compressor が停止し、[ヘルプ] ボタンをクリックすると必要な情報が表示されます。
1

実行中のタスクを示した [進行中の処理] ダイアログ ボックスが Compressor によっ
て表示されます。

300

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

2

次に、Compressor が仮想マシンを再起動することを示したダイアログ ボックスが表
示されます。

3

Compressor が仮想マシンを再起動します。

4

再起動後に、時間表示付きのダイアログ ボックスが表示されます。 時間表示には、
Compressor が圧縮タスクの実行を再開するまでの残り時間が表示されます。

Parallels Compressor の使用

301

タイムアウトになる前に [マニュアル モード] ボタンをクリックすると、残りのタス
クの実行を延期できます。その場合は、以下のダイアログ ボックスが表示されます。
[次へ] をクリックすると、Compressor が操作を続行します。

5

Compressor が圧縮タスクの実行を再開します。 現在実行中のタスクが [進行中の処
理] ダイアログ ボックスに表示されます。

6

Compressor が処理を正常に完了すると、以下のダイアログ ボックスが表示されます。

302

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

[終了] をクリックして Parallels Compressor を終了します。

Parallels Compressor ウィザード
マニュアル モードの場合は、Compressor がウィザードとして起動します。
1

ウィザードの [ようこそ] ダイアログ ボックスが表示されます。ウィザードの次回の
実行時に [ようこそ] ダイアログ ボックスを省略したい場合は、[次回からは、このウ
ィンドウを表示しない] チェック ボックスをオンにします。[次へ] をクリックして先
に進みます。

Parallels Compressor の使用

2

303

[仮想マシン圧縮のモードの選択] :この段階でゲスト オペレーティング システムの
種類が検出されます。圧縮のモードとして、[標準圧縮] または [カスタム圧縮] のい
ずれかを選択するよう求められます。[標準圧縮] を選択すると、ウィザードにより
デフォルトの圧縮オプションが使用されます。
[カスタム圧縮] を選択した場合は、特定の圧縮オプションを選択できます。

304

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

3

[論理ディスクの選択] : ウィザードにより、仮想マシンで利用できるハード ディス
クが検出されます。サポートされている仮想ディスクフォーマットがわからない場
合は、「圧縮する論理ディスクの選択 『ページ 296』」のトピックを参照してくだ
さい。サポートされていないフォーマットのディスクを選択しても、圧縮されませ
ん。
チェック ボックスを使用してディスク (複数可) を選択します。[次へ] をクリックし
ます。ステップ 3 で [標準圧縮]を選択した場合は、ステップ 4 と ステップ 5 を省略
します。

4

[圧縮レベルの選択] ダイアログ ボックスで、[圧縮レベル] 『ページ 297』 を選択し
ます。高い、中間、低いという 3 つのレベルがあります。
レベルを選択するには、レベル スライダーの上にカーソルを置いて、スライダーを
目的のレベルに移動するか、スライダが目的のレベルになるまで高レベルから各レ
ベルを連続してクリックします。各レベルでは、デフォルトとして特定のタスクが
表示されます。 実行するタスクのチェック ボックスをオンにして、実行しないタス
クのチェック ボックスをオフにしてください。[すべて選択] ボタンをクリックする
とすべてのタスクがオンになり、[すべて選択解除] ボタンをクリックするとすべて
のタスクがオフになります。選択したレベルのデフォルトの選択タスクを復元した
い場合は、[既定値として設定] をクリックします。
[仮想ディスクのコンパクト化] タスクのチェック ボックスはつねに無効になってい
ます。
[圧縮] ボタンをクリックします。ウィザードにより、選択したタスクの実行が開始
され、操作の進行状況が表示されます。
[ページ ファイルを切り詰める] オプションのチェック ボックスをオフにした場合
は、ステップ 5 とステップ 6 が省略されます。

Parallels Compressor の使用

5

305

[再起動の準備] : 前のステップで選択したタスクによっては、コンピュータの再起動
が必要になる場合があります。
[次へ] をクリックして仮想マシンを再起動します。
[キャンセル] をクリックすると、仮想マシンの次回の起動時に仮想マシンの圧縮プ
ロセスが自動的に再開されます。

6

再起動が完了すると、ウィザードでタスクの実行を再開できる状態になります。[次
へ] をクリックします。

306

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

7

ウィザードの次のダイアログ ボックスで、操作の進行状況を確認できます。[標準圧
縮] を選択した場合は、ディスクのコンパクト化が (操作の確認なしで) 実行されま
す。

8

ディスクのコンパクト化は、圧縮の最終段階の処理です。
この操作を実行する場合は、[はい] をクリックします。ディスクのコンパクト化を
省略する場合は、[いいえ] をクリックします。

9

これで、仮想マシンの圧縮が完了しました。
仮想マシンが圧縮され、拡張可能ディスクのサイズが大幅に削減されました。[終了]
をクリックして Parallels Compressor を終了します。

Parallels Compressor の使用

307

ディスクのさらなる削減
Compressor を使用して仮想マシンを処理した後に、ストレージに保存するために仮想マ
シンのサイズをさらに削減することもできます。
仮想マシンのハード ディスク ファイルを共有する場合(すなわち、別のコンピュータ
にコピーするか、またはネットワーク上でこれを転送する場合)は、ディスクのサイズ
が小さければ小さいほど望ましいと言えます。Compressor の処理が完了した時点で、仮
想マシンをオフにしてください。圧縮処理の完了後に仮想マシンを実行し続けると、シ
ステム ディスク ファイルのサイズが大きくなります (仮想マシンの実行中は、システム
ページ ファイルが大きくなります)。仮想ハード ディスクはコンピュータ上のファイル
にすぎないので、WinZip や WinRAR などの圧縮プログラムを使用して圧縮できます。
そのようにすると、サイズが 50% 以上削減されるので、CD や DVD に保存できます。
仮想マシンで作業を続行する場合には、圧縮ファイルからファイルを抽出します。

308

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

14章

Boot Camp Windows パーティション
の使用
この章では、Windows XP または Windows Vista インストールのある Boot Camp パーテ
ィションを使用するために必要なすべての情報を提供します。

この章の構成
概要....................................................................................................................................... 309
Boot Camp 用仮想マシンの作成 ....................................................................................... 310
Parallels 仮想マシンからの起動 ........................................................................................ 310
Boot Camp からの起動 ....................................................................................................... 313
Boot Camp からの Parallels データの削除........................................................................ 314
642H

643H

10H

64H

10H

645H

102H

9H

Boot Camp Windows パーティションの使用

309

概要
Parallels Desktop の現行バージョンでは、Boot Camp Windows XP (SP2) または Windows
Vista パーティションを、起動可能ディスクまたは仮想マシン内のデータ ディスクとし
て使用することができます。
警告。 Boot Camp に Windows XP (SP2) または Windows Vista 以外のオペレーティン
グ システムをインストールした場合、Parallels Desktop の仮想マシンでこれを用いよ
うとすると、このインストールを破損するおそれがあります。

Boot Camp パーティションをデータ ディスクとして使用する
Boot Camp Windows パーティションをデータ ディスクとして使用するには、これを既
存の Windows XP または Windows Vista 仮想マシンのそれぞれにハードディスクとして
追加します。ディスクを追加するには、[ハードウェアの追加アシスタント]『ページ 220』
を用います。Windows XP と Windows Vista のオペレーティング システムは、自動的に
これを新規のディスクとして認識します。

Boot Camp パーティションを起動可能ディスクとして使用する
Boot Camp Windows XP/SP2 または Windows Vista パーティションがある Macintosh コン
ピュータ上に Parallels Desktop をインストールした場合には、Parallels Desktop が起動時
にコンピュータ上に仮想マシンがないことを検出すると、Parallels Desktop はこの Boot
Camp パーティションの新しい仮想マシンを自動的に作成して、以下の場所に配置しま
す:
<ユーザー名>/Documents/Parallels/マイ Boot Camp
ƒ

Windows パーティションが Mac のデスクトップにマウントされている場合には、
Parallels Desktop はパーティション上にインストールされたオペレーティング シス
テムの認識を試み、認識された OS の適切な仮想マシンを作成します。

ƒ

Windows パーティションがデスクトップにマウントされていない場合、または
Parallels Desktop がオペレーティング システムを認識できない場合には、Parallels
Desktop は Windows XP の仮想マシンを作成します。Boot Camp パーティションに
Windows Vista がインストールされている場合、構築エディタで仮想マシンのゲスト
OS のタイプを Windows XP から Windows Vista に変更する必要があります。

あるいは、[構築エディタ] を用いて、Boot Camp パーティションのある Windows XP ま
たは Windows Vista 用の新しい仮想マシンを作成したり、既存の Windows 仮想マシン内
の Boot Camp Windows パーティションで起動可能仮想ディスクを置き換えたりするこ
ともできます。
注意。仮想マシンのゲスト OS の種類は、Boot Camp パーティション上にインストール
されたオペレーティング システムに従って、正しく指定してください。

310

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

Boot Camp Windows を起動する際に、Parallels Desktop はブートローダ用のもう 1 つの
構築を作成し、Parallels Tools をインストールします。仮想マシンを通して Boot Camp
Windows XP を使用すると、Windows XP のライセンス認証が再度必要になる場合があ
ります。
そのあとで、Boot Camp を通常通り、Windows パーティションへの起動に使用すること
ができ、またこれを、Parallels 仮想マシンを通して起動することができます。「Parallels
からの起動 『ページ 310』」を参照してください。

Boot Camp パーティションを使用する Parallels 仮想マシンの制限
Boot Camp Windows パーティションを使用する Parallels 仮想マシンを起動可能ボリュー
ムまたはデータ ディスクとして使用する場合には、さまざまな制限があります。
1

中断または一時停止できません。

2

このような仮想マシンはスナップショットを持つことができず、[ディスクを元に戻
す] 機能を使用可能にすることはできません。

3

Boot Camp パーティション上の Windows で圧縮またはコンパクト化を実行すること
はできません。

Boot Camp 用仮想マシンの作成
Boot Camp Windows XP/SP2 または Windows Vista パーティションを使用するための新
しい仮想マシンを作成するには、以下を実行します。
1

Mac OS X を起動します。

2

Parallels Desktop を起動し、[新規] を選択します。

3

[OS インストール アシスタント] が表示されたら、OS インストールの [カスタム] モ
ードを選択します。

Boot Camp Windows パーティションの使用

4

311

仮想ハードディスクのオプションを尋ねられたら、[Boot Camp を使用] を選択します。

312

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

5

これ以降、「カスタムのインストール 『ページ 79』」に記載されている手順に従い
ます。

Parallels 仮想マシンからの起動
Boot Camp Windows パーティションを初めて起動したときに、マウスとキーボードに問
題があることがあります。その場合は、Windows によってドライバ設定が構成されてデ
バイスが有効になるまで待ってください。Windows XP または Windows Vista で Boot
Camp パーティションを初めて起動する際の手順を以下に説明します。
Windows XP で Boot Camp パーティションを起動するには
1

Macintosh コンピュータを起動し、Mac OS X を立ち上げます。

2

Parallels Desktop を起動し、Boot Camp パーティションを使用するために作成した仮
想マシンを開きます。

3

ご使用の Mac の管理者アカウントを用いる際に、認証を要求される場合があります。

4

仮想マシンを起動します。

5

マウスとキーボードに関して問題があることが表示されますが、何もせずに、単に
これらが使用可能になるのを待ちます。

6

マウスとキーボードが有効になると、Parallels Desktop により Parallels Tools のイン
ストールが開始されます。

7

インストール完了後、ゲスト OS は自動的に再起動します。

8

起動時に Windows XP のライセンス認証が必要になる場合があります。

Windows Vista で Boot Camp パーティションを起動するには
1

Macintosh コンピュータを起動し、Mac OS X を立ち上げます。

2

Parallels Desktop を起動し、Boot Camp パーティションを使用するために作成した仮
想マシンを開きます。

3

ご使用の Mac の管理者アカウントを用いる際に、認証を要求される場合があります。

4

仮想マシンを起動します。

5

マウスとキーボードに関して問題があることが表示されますが、何もせずに、単に
これらが使用可能になるのを待ちます。

6

マウスとキーボードが有効になると、Windows Vista は自動的に再起動します。

7

起動時に、Windows Vista が Windows のユーザー名とパスワードの入力を要求する
場合があります。管理者権限付きのユーザーとしてログインしてください。

8

Parallels Tools のインストールが自動的に開始されます。

9

インストール完了後、ゲスト OS は自動的に再起動します。

10 起動時に Windows Vista のライセンス認証が必要になる場合があります。

Boot Camp Windows パーティションの使用

313

警告。Boot Camp インストールを使用した仮想マシンを操作している間にゲスト OS
に関係のないエラーが発生した場合、通常通り Boot Camp からの起動を試みる前に、
この Parallels 仮想マシンを再起動してください。

Windows XP でドライバが見つからない問題の解決
仮想マシンから Boot Camp Windows XP を起動する際に、「Parallels Desktop は必要なド
ライバを見つけられません」というメッセージが表示されることがあります。その場合
は、以下の手順を実行してください。
1

Boot Camp を通して Windows XP を起動します。

2

この Windows のインストール時に使用した Microsoft Windows インストール ディス
クを挿入します。

3

ディスクの i368 フォルダの場所を指定し、これを開きます。ファイル driver.cab
および sp2.cab を C:\WIndows\Driver Cache\i386 にコピーします。

Boot Camp からの起動
Parallels Desktop をインストールして、仮想マシンから Boot Camp Windows パーティシ
ョンを最初に起動後、このパーティションへの Boot Camp からの起動を通常通り、継続
することができます。Parallels Tools インストールは、Windows オペレーティング シス
テム自体には影響を及ぼさず、仮想マシンから Windows オペレーティング システムを
実行するときにこれをサポートするのみです。
1

Macintosh コンピュータを起動し、Boot Camp への起動に必要な通常のアクションを
実行します。

2

Windows が起動されるのがわかります。

トラブルシューティング
Boot Camp へ起動する際に、黒い背景画面に以下の 2 つの構築の選択肢が表示されるこ
とがあります。
ƒ

Parallels

ƒ

Windows XP または Windows Vista

コンピュータのディスク ハードウェアの構築の問題についてのエラー メッセージが表
示されることがあります。
この問題を解決するには:
1

Macintosh コンピュータを再起動して、Mac OS X を立ち上げます。

2

Parallels Desktop を起動します。Boot Camp Windows インストールを起動ディスクと
して使用する仮想マシンを起動します。

314

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

3

ゲスト OS が完全にロードされ、実行されるのを待ちます。そしてこれをシャット
ダウンします。

4

Macintosh コンピュータを再起動します。

5

Boot Camp からの起動を再試行します。今度は正常に起動されるはずです。

いずれにしろ、このパーティションを、任意の Windows XP または Windows Vista 仮想
マシンへのデータ ディスクとして接続することができます。

Boot Camp パーティションから
の Parallels データの削除
Boot Camp パーティションを Parallels 仮想マシンからこれ以上使用したくない場合、
Boot Camp 仮想マシン生成時に作成された補助的ファイルを削除したくなることがあ
ります。それには、以下の手順に従います。
1

Boot Camp 仮想マシンを開きます。

2

以下の手順で構築エディタを開きます。
ƒ

[編集] メニュー -> [仮想マシン」、または

ƒ

仮想マシンの構築ページ上で任意のデバイスのリンクをクリックします。

3

[リソース] リスト上で、[ハードディスク] をクリックします。

4

ハードディスクの設定ページで、[拡張] タブをクリックします。

Boot Camp Windows パーティションの使用

315

5

[Boot Camp パーティションのクリーンアップ] 領域で、[クリア] ボタンをクリックし
ます。

6

すべての Parallels 補助ファイルが、Boot Camp パーティションから削除されます。

316

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

15章

トラブルシューティングと制限
この章では、既知の問題の解決方法について説明します。

この章の構成
技術サポートについて....................................................................................................... 316
Parallels チームへの問題報告 ............................................................................................ 317
Mac OS Leopard 上での Windows 仮想マシンにおける F8 キーの使用....................... 318
Ubuntu Linux 6.0.6 Server のインストール....................................................................... 318
Windows システム ファイル チェッカー......................................................................... 320
Fedora 7 仮想マシン上での X Server 起動の問題 ........................................................... 320
649H

104H

650H

105H

106H

651H

107H

652H

108H

技術サポートについて
Parallels Desktop ご使用中に問題に遭遇した場合、まず、Parallels Desktop の FAQ(よく
あるご質問)サイト: http://www.proton.co.jp/products/parallels-mac/faq.html の FAQ(よく
あるご質問) をご覧ください。
上記 FAQ によっても問題が解決しない場合、日本語版製品を正規にご購入のお客様は、
製品同梱のご案内文書の記述に沿って、(株)プロトンの技術サポートまでお問い合わ
せください。その他、開発元のディスカッション フォーラム(英語に限定):
http://forums.parallels.com/ もご利用可能です(ただし、このフォーラムの内容に関する
お問い合わせには、対応いたしかねます)。

トラブルシューティングと制限

317

Parallels チームへの問題報告
仮想マシンで致命的なエラーが発生した場合、Parallels Desktop によって自動的に [問題
を報告] ウィンドウが表示されます。このウィンドウを使用して、問題を報告すること
ができます。仮想マシンの動きに問題があることに気付いた場合は、[ヘルプ] メニュー
から手動で [問題を報告] を選択して、このウィンドウを開くことができます。
注意。 日本語版においては、このウィンドウは問題が発生したことと、その問題を報
告する際のデータの保存場所を通知するためだけのものです。ウィンドウの下の [OK]
ボタンをクリックすると、開発元に情報が送信されますが、この問い合わせに対しては
(株)プロトンは一切対処しませんので、このボタンをクリックしないでください。
[問題を報告] コマンドを起動すると、実行中の仮想マシンの状況報告と画面コピーが
Parallels Desktop によって生成されます。
[問題を報告] ウィンドウは、以下のように表示されます。

318

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

[技術データ] フィールドには、エラーの発生時に生成された .txt フォーマットの状況
報告ファイルの名前が表示されます。この状況報告には、製品バージョン、製品アクテ
ィベーション データ、プライマリ OS とゲスト OS、プロセッサ状況などに関する情報
が記録されます。このデータは、必要に応じて更新できます。[表示] をクリックすると、
テキスト エディタに状況報告が表示されます。
[セッションの画面コピー] フィールドには、エラーの発生時に作成された画面コピーの
名前が .png フォーマットで表示されます。この画面コピーを開くには、[表示] をクリ
ックします。
[問題点の説明] ボックスに、問題の簡単な説明を入力することができます。

Mac OS Leopard 上での Windows
仮想マシンにおける F8 キーの
使用
プライマリ OS が Mac OS Leopard である場合、Windows 仮想マシン上で F8 キーまたは
Ctrl+矢印 キー組み合わせを使おうとすると、問題が発生することがあります。Mac OS
Leopard では、F8 キー と Ctrl+矢印 キー組み合わせは、Spaces ユーティリティで予約さ
れています。
解決法:
ƒ

Windows 仮想マシンで F8 キーを使用するには、[アクション] メニュー -> [キーの送
信] -> [F8] を選択します。

ƒ

Spaces ユーティリティのホットキー設定を変更します。この手順については、Mac
OS Leopard のドキュメントを参照してください。

Ubuntu Linux 6.0.6 Server のイン
ストール
Ubuntu Linux 6.0.6 Server を、仮想マシン内にインストールする際に、標準の方法ではデ
フォルト カーネルはロードできません。したがって、ゲスト OS のインストール後に、
いくつかの追加的なステップが必要になります。
Ubuntu Linux 6.0.6 Server の仮想マシンへの初期インストールを実行するには、以下のス
テップに従います。
1

[OS インストール アシスタント] を用いて、[OS タイプ] として [Linux]、[OS バー
ジョン] として [他の Linux Kernel 2.6] または [Debian Linux] と指定して、典型
的仮想マシンを作成します。

トラブルシューティングと制限

319

2

デフォルトの CD/DVD-ROM ドライブにインストール CD/DVD を挿入するか、また
はこのイメージを仮想マシンと接続します。

3

Ubuntu Linux 6.0.6 Server をインストールします。インストール CD/DVD またはその
イメージと切断しないようにしてください。

4

仮想マシンをシャットダウンします。

追加的なステップは以下のとおりです。
1

[構築エディタ] の [オプション] -> [ブート] タブで、[ブート シーケンス] を [CD-ROM、
HDD、フロッピー] に設定します。[ネットワーク アダプタ オプション] タブ上で、ア
ダプタを [ブリッジ イーサネット] モードに設定します。[OK] をクリックして、[構
築エディタ] を閉じます。

2

Ubuntu 仮想マシンを「電源オン」にします。これは、CD/DVD または イメージか
ら起動されます。プロンプト内に、以下のコマンドを入力します。

rescue

問い合わせられた場合は、通信の言語を選択し、ネットワーク構築のためのホスト
名を入力します。カーネル コンポーネントがロードされるまで待ちます。
3

[レスキューモードに移行] 画面で /dev/discs/disco/part1(root ファイル システム)を
選択します。デフォルト オプション以外のディスク パーティショニングとフォーマ
ッティングを使用していた場合は、root ファイル システムでのパーティション用の
オプションを選択します。

4

そして同じ画面上で [/dev/discs/disco/part1 内でシェルを実行] を選択してください。
問い合わせられたら、[続ける] を選択してください。

5

プロンプト内に、以下のコマンドを入力します。

apt-get install linux-686

6

686 カーネルがインストールされるのを待ちます。完了したら、以下のコマンドを
入力してプロンプトを終了します。

exit

7

[レスキューモードに移行] 画面では、最後のオプション [システムの再起動] を選択
し、仮想マシンを停止してください。

8

仮想マシンから、インストール CD/DVD を切断します。[構築エディタ] を開き、ブ
ート シーケンスを [HDD、CD-ROM、フロッピー] に設定して、仮想マシンを仮想ハー
ドディスクから起動するようにします。

9

仮想マシンを起動します。起動後、Ubuntu Linux 6.0.6 Server にログインします。

320

Parallels Desktop for Mac ユーザー ガイド

Windows システム ファイル チ
ェッカー
ビデオ ドライバのインストール中に、一部のシステム ファイル(.dll)が Parallels
Desktop によって変更されます。この処理によってシステムの安定性や安全性に影響が
出ることはありません。また、システム ファイル チェッカー(SFC)を使用可能にし
ていない限り、ゲスト OS がエラーを報告することもありません。この場合、起動する
たびに CD または DVD を挿入するように求めるメッセージが SFC によって表示されま
すが、このメッセージは無視してかまいません。
以下のシステム ファイルが変更されます。
ƒ

d3d8.dll

ƒ

d3d9.dll

コンソール ウィンドウから以下のコマンドを入力すると、使用可能なビデオ ドライバ
ファイルの一覧を表示することができます。
dxdiag

このコマンドを実行すると、DirectX 診断ツールが起動します。ビデオ ドライバ ファイ
ルの一覧を表示するには、[DirectX ファイル] タブをクリックします。

Fedora 7 仮想マシン上での X
Server 起動の問題
Fedora 7 仮想マシンの X Server に失敗する場合、以下の方法の 1 つを試し、この問題を
解決することができます。
ƒ

Fedora 7 仮想マシン上で Parallels Tools をインストールします。詳細については、
「Linux 上での Parallels Tools のインストール 『ページ 104』」のトピックを参照し
てください。

ƒ

xorg.conf ファイルを開き、以下のように、ServerFlags セクションを編集します。

Section "ServerFlags"
Option "Xinerama" "True"
...
EndSection

索引

321

索引

Bonjour
Bonjour プリンタのセットアップ - 158
Boot Camp
Boot Camp オプション - 25
Boot Camp からの起動 - 313
Boot Camp パーティションの使用 - 308
カスタム構築 - 309
の仮想マシンの作成 - 310
仮想マシンからの起動 - 313
Boot シーケンス、変更 - 87, 90, 187


CD/DVD ディスクの ISO イメージ - 21, 26
ISO イメージの接続 - 26, 208
仮想マシンで使用される ISO イメージ 26, 86
CD/DVD-ROM ドライブ
CD/DVD-ROM ドライブ オプション 208
CD/DVD-ROM ドライブの接続 - 148
CD/DVD-ROM ドライブの追加 - 225
Compressor - 287, 290
圧縮レベル - 297
圧縮手順 - 291
自動実行 - 299
実行の準備 - 292
実行モード - 295
CPU
ホスト コンピュータ上で要求されてい
る - 28
仮想マシンでのエミュレーション - 18


DHCP スコープ - 258
DirectX サポートを使用可能にする - 199
Dock

ゲスト OS からの表示 - 127
に Parallels Desktop アイコンを追加する
- 36
にお気に入りの Windows アプリケーシ
ョン アイコンを追加する - 119, 127
DVD-ROM ドライブ
仮想マシン構築 - 208
実行時の DVD-ROM ドライブの接続 148


eComStation
Parallels Tools のインストール - 109
サウンド ドライバのインストール - 109
サポートされるバージョン - 21
ツール - 111
ネットワーク ドライバのインストール
- 109


FDD - 21, 26
FreeBSD
FreeBSD での印刷 - 156
X Window System の構築 - 95
サポートされるバージョン - 21
FreeBSD での X Window System - 95


HDD - 21, 23, 24


IP アドレス - 183, 258


Linux
Linux での印刷 - 159
Linux での変更 - 251
Parallels Tools for - 104
サポートされるバージョン - 19


MAC アドレス

322

索引

クローン仮想マシン内 - 278
仮想マシン内 - 210
Mighty Mouse - 178
MS-DOS、サポートされるバージョン - 19


NAT - 181


OS インストール アシスタント - 67
OS ウィンドウ モード - 52
OS/2
Parallels Tools のインストール (OS/2) 109
サウンド ドライバのインストール
(OS/2) - 109
サポートされるバージョン - 19


Parallels Compressor - 287, 290
圧縮レベル - 297
圧縮手順 - 291
自動実行 - 299
実行の準備 - 292
実行モード - 295
Parallels Desktop
Parallels Desktop ツールバー - 53
Parallels Desktop のアクティベーション
- 36
Parallels Desktop のアンインストール 43
Parallels Desktop のインストール - 29
Parallels Desktop の起動 - 36
Parallels Desktop の更新 - 38
Parallels Desktop メニュー - 58
ユーザー設定、設定 - 253
Parallels Desktop のアクティベーション - 36
Parallels Desktop のアンインストール - 43
Parallels Desktop のユーザー設定 - 119, 123,
125, 126, 253
アニメーション タブ - 263
アピアランス タブ - 261
キーボード タブ - 265
ネットワーク タブ - 258
メモリ タブ - 256
ユーザー設定の設定 - 253
一般タブ - 254
Parallels Desktop の更新 - 38

自動 - 39
手動 - 40
Parallels Desktop メニュー
ゲスト OS からの表示 - 127
Parallels Desktop 用の RAM 割り当て - 256
Parallels Tool Center を使用不可にする - 135
Parallels Tools
Linux でのアンインストール - 113
Linux でのインストール - 104
OS2 および eComStation 用 - 109
Parallels Tools のインストール - 67, 68,
69, 97, 98, 103
Solaris 用 - 111
Windows 98 用 - 105
Windows NT 用 - 107
Windows でのアンインストール - 113
Windows でのインストール - 103
概要 - 98
更新 - 114
Parallels Tools Center
再起動 - 135
使用不可にする - 135
Parallels Tools のアンインストール - 113
Parallels Tools の更新 - 114
Parallels エクスプローラ - 269
Parallels ネットワーク アダプタ - 98, 102,
109
PVS ファイル - 21


RAM
ホスト コンピュータ上で要求されてい
る - 28
仮想マシン内 - 18, 201
全仮想マシンに対する制限 - 256
RTL8029 - 98


SAV ファイル - 21, 123
SmartSelect - 127, 162, 194, 196, 246
Solaris ネットワーク ドライバ - 111
Sun Solaris、サポートされるバージョン 19


Transporter - 11


USB

索引

USB オプション - 219
USB コントローラの追加 - 239
USB デバイスの接続 - 153
USB プリンタのセットアップ - 158
USB マイクロフォンの接続 - 153
仮想マシンでの USB デバイスの使用 156


VT-x サポート - 17, 62, 189


Web アプリケーション、共有 - 254
Windows
Windows での印刷 - 159
アプリケーション - 119
サポートされるバージョン - 19
解像度の変更 - 250
高速インストール - 69
Windows 98
AC'97 サウンド ドライバのインストー
ル - 105
Windows 98 のインストール - 90
ビデオ ドライバのインストール
(Windows 98) - 105
Windows NT
Parallels Tools のインストール (Windows
NT) - 107
Windows Vista
Boot Camp での仮想マシンの作成 - 310
ユーザー アカウント管理 (UAC) 機能 127
高速インストール - 69
Windows XP
Boot Camp からの使用 - 308
Boot Camp での仮想マシンの作成 - 310
高速インストール - 69
Windows アプリケーション
「お気に入り」から削除 - 119
「お気に入り」に追加 - 119
Dock への追加 - 119
Parallels Tools for - 103
SmartSelect - 162
コヒーレンス モード - 161
Windows タスクバー
コヒーレンス モードでの - 166


アクセラレーション レベル - 189

323

アシスタント
OS インストール アシスタント - 68, 87,
90, 310, 318
ハードウェアの追加アシスタント - 220
仮想マシンのクローン アシスタント 278
仮想マシンの削除アシスタント - 282
アダプタ
Parallels ネットワーク アダプタ - 98, 102,
109
Realtek ドライバ - 98, 102, 258
RTL8029 アダプタ - 98, 102, 109, 111
ネットワーク アダプタ - 141, 180, 228,
258
アドレス
IP アドレス - 180, 258
MAC アドレス - 210, 228
クローン仮想マシンでの MAC アドレス
- 278
アニメーション
アニメーション タブ - 263
アニメーション速度、設定 - 263
コヒーレンス モードへの切り換え時 166, 263
スナップショット動作時 - 263
モード - 263
全画面モードへの切り換え時 - 125, 263
中断および再開時 - 263
アピアランス タブ - 261
アプリケーション切り換え - 162
インストール

324

索引

AC'97 サウンド ドライバ - 103, 105, 107
Parallels Desktop - 29
Parallels Tools - 97
Windows 98 - 90
Windows XP - 69
Windows 高速インストール - 69
カスタムなインストール - 79
クリップボード同期ツール (OS/2 およ
び eComstation) - 109
ゲスト オペレーティング システム - 86
サウンド ドライバ (OS/2 および
eComstation) - 109
ネットワーク ドライバ (OS/2 および
eComstation) - 109
ネットワーク ドライバ (Solaris) - 111
ビデオ ドライバ (Windows 98) - 105
ビデオ ドライバ (Windows NT) - 107
マウス同期ツール (OS/2 および
eComstation) - 109
典型的なインストール - 74
インターネット アクセス - 180
インターフェースの基礎 - 46
インテル仮想化テクノロジ (VT-x) - 17
エイリアス
Parallels Desktop 用、作成 - 36
お気に入りの Windows アプリケーショ
ン用 - 119, 127
カスタム仮想マシン用、作成 - 79
仮想マシンのエイリアスを使用する 118
仮想マシン用、作成 - 47
典型的な仮想マシン用、作成 - 74
オプション
Dock 内での Mac OS X 解像度の変更 125, 249, 261
Dock 内にアプリケーションを表示 - 119,
261
Intel VT-x サポートを使用可能にする 17, 60, 189
OS ウインドウ変換 - 52, 263
USB デバイスを自動的に接続 - 219
仮想マシンのデフォルト フォルダ - 254
全画面切り換え - 125, 263
予約メモリの調整 - 256
オペレーティング システム

ゲスト OS - 10, 28, 64
プライマリ OS - 10
プライマリ OS への要件 - 28
仮想マシン内にインストール - 67, 68, 87
対応するゲスト OS - 19
お気に入りの Windows アプリケーション 58, 119, 127
Dock 内にアイコンを保存 - 119, 127
Mac OS X からの起動 - 119
のエイリアスの作成 - 119, 127
お気に入りのアプリケーション ツール - 98,
144


カスタム Boot Camp 構築 - 309
カスタムの画面解像度 - 249
カスタム仮想マシン - 79
キーのリマップ - 265
キーボード
ショートカット - 265, 273
仮想マシン内のキャプチャと解放 - 96
キーボード タブ - 265
キーボードとマウスのキャプチャ - 96
キーボードとマウスの解放 - 96
キー組み合わせ - 265
クリップボード同期ツール - 136
クリップボード同期ツールのインスト
ール (eComStation) - 109
クリップボード同期ツールのインスト
ール (OS/2) - 111
グローバル ファイル共有 - 241
ゲスト OS とプライマリ OS 間の時刻同期 98, 137
ゲスト オペレーティング システム - 10
Windows 高速インストール - 69
カスタムなインストール - 79
ゲスト オペレーティング システムのイ
ンストール - 86
サポートされるゲスト オペレーティン
グ システム - 19
典型的なインストール - 74
コヒーレンス ツール - 145
コヒーレンス モード - 161

索引

SmartSelect - 162
アプリケーション切り換え - 162
コヒーレンス モードへの切り換え - 126
コヒーレンス、オプション - 166, 192
への切り換え時のアニメーション - 166,
263
コヒーレンス モードへの切り換え - 126


サウンド オプション - 217
サウンド デバイス
サウンド デバイスの切断 - 152
サウンド デバイスの接続 - 152
サウンド ドライバ、Parallels Tool - 98
サウンド ドライバのインストール
(eComStation) - 109
サウンド ドライバのインストール
(OS/2) - 109
サウンド ドライバのインストール
(Windows 98) - 105
サウンド ドライバのインストール
(Windows NT) - 107
サポート - 316
サポートされるゲスト オペレーティング
システム - 19
サポートの利用 - 316
システム要件 - 27
ショートカット
仮想マシン内 - 273
仮想マシン内の Mac OS ショートカット
- 273
シリアル ポート
シリアル ポート オプション - 215
シリアル ポートの接続 - 150
シリアル ポートの追加 - 232
ステータスバー
一般的説明 - 56
実行中の VM へのデバイスの接続 - 147
非表示 - 47, 56
スナップショット
スナップショット、使用 - 168
管理 - 171
最終への復帰 - 174
作成 - 173
スナップショット マネージャ - 171
スナップショットの作成 - 168
セキュリティ オプション - 191
ソケット - 215

325


ツール バー - 47
ツールバーの表示 - 53
ツールバーを非表示にする - 53
のアイコン セットの変更 - 53, 131
の位置の変更 - 53
ツールバーの表示 - 53
ツールバーを非表示にする - 53
ディスク コンパクト化ツール - 98, 142, 287
ディスク サイズ、削減 - 307
ディスク サイズの削減 - 307
ディスクフォーマット - 24
ディスクフォーマット、チェック - 24
ディスクを元に戻す - 189
オプション - 189
使用 - 176
ディレクトリ - 74, 79, 254
カスタム仮想マシン用 - 79
クローン仮想マシン用 - 278
仮想マシンのデフォルト ディレクトリ
- 74, 79, 185, 254
データ ディスク (Boot Camp パーティショ
ン) - 308
デバイス
仮想マシンでのエミュレーション - 18
仮想マシンの構築 - 184
仮想マシンへの追加 - 220
実行時の接続と切断 - 147
デフォルト アピアランス - 263
デフォルトのキー組み合わせ - 265
トラブルシューティング - 316


ネットワーク
ブリッジ イーサネット - 182, 210, 228
ホストオンリ - 183
共有ネットワーク (NAT) - 181, 210, 258
ネットワーク アダプタ
Parallels ホスト-ゲスト - 183
ネットワーク アダプタ オプション - 210
ネットワーク アダプタの追加 - 228
ネットワーク ドライバ、Parallels Tools 98
仮想マシンに接続 - 149, 210
仮想マシン内 - 18, 210, 258
ネットワーク タブ - 258
ネットワーク ドライバ

326

索引

インストール (eComStation) - 109
インストール (OS/2) - 109
ネットワーク ドライバ オプション - 141
ネットワーク プリンタ - 159


パーティション
Boot Camp パーティション - 25, 308
ハードウェア アシスタント - 220
ハードディスク
サポートされているハードディスクの
タイプ - 23
ハードディスクのコンパクト化 - 142,
287
ハードディスクの追加 - 225
仮想ハードディスクのフォーマット 24
仮想マシン内のハードディスク - 204
接続オプション - 206
ハードディスク イメージ
ハードディスク イメージのファイル タ
イプとフォーマット - 23
プレーン ハードディスク イメージ - 24
拡張可能ハードディスク イメージ - 24
新規の空のハードディスク イメージの
作成 - 204, 220
パスワード - 69
パラレル ポート
パラレル ポート オプション - 213
パラレル ポートの接続 - 150
パラレル ポートの追加 - 235
ビデオ ドライバ、Parallels Tools - 98, 139
ビデオ ドライバ、オプション - 139
ビデオ メモリ - 201
ファイル
PVS ファイル - 21
SAV ファイル - 21, 123
スナップショット ファイル - 21
ファイルの共有 - 241
仮想マシン ファイル - 21
画面コピー - 63, 317
技術データを用いた報告 - 317
ファイルのドラッグ
OS 間 - 161
ファイルの共有 - 241
プライマリ オペレーティング システム 10

対応するプライマリ OS - 28
定義 - 10
フラッグ
VM シャットダウン時にアプリケーシ
ョンを終了 - 187
VM を開いたときに、これを自動的に
起動 - 187
エミュレーション フラッグ - 189
ブリッジ イーサネット ネットワーク - 180,
182, 210
プリンタ
Bonjour プリンタのセットアップ - 158
Mac プリンタの共有 - 157
ネットワーク プリンタのセットアップ
- 287
パラレル ポート経由のプリンタのセッ
トアップ - 157
仮想マシンでのプリンタのセットアッ
プ - 156
プレーン ディスク - 24
プロセッサ
ホスト コンピュータ上で要求されてい
る - 28
仮想マシンでのエミュレーション - 18
フロッピー ディスク イメージ - 21, 26, 87,
90
フロッピー ディスク イメージからのイ
ンストール - 86
フロッピー ディスク イメージの接続 149
仮想マシンで使用されるフロッピー デ
ィスク イメージ - 21, 26
空のフロッピー ディスク イメージの作
成 - 26, 202, 220
実際のフロッピー ディスクのイメージ
の作成 - 26, 268
フロッピーディスク ドライブ
フロッピーディスク オプション - 202
フロッピーディスク ドライブの接続 149
ヘルプ メニュー - 15
ホスト コンピュータ
ソフトウェア要件 - 28
ハードウェア要件 - 28
ホストオンリ ネットワーク - 183
ホットキー - 265, 273

索引


マイクロフォン (USB)、接続 - 239
マウス - 178
プライマリ OS と ゲスト OS の間での同
期 - 98, 140
右クリック オプション - 178, 265
仮想マシン内から解放 - 96
仮想マシン内にキャプチャ - 96
マウス同期ツール - 140
インストール (eComStation) - 109
インストール (OS/2) - 109
マルチユーザー アクセス - 276
メディア、変更 - 147
メモリ
ビデオ メモリ - 125, 202
ホスト コンピュータ上で要求されてい
る - 28
仮想マシン内 - 18, 201, 256
全仮想マシンに対する制限 - 256
メモリ オプション - 201
メモリ タブ - 256
メモリ割り当て - 256


ユーザー設定 - 253
ユーザー設定の設定 - 253


ローカル ファイル共有 - 241

漢字
圧縮
圧縮オプション - 295
圧縮レベル - 297
自動圧縮 - 299
圧縮するディスクの選択 - 296
一般タブ - 254
印刷
Bonjour を使用した印刷 - 158
FreeBSD での印刷 - 159
Linux での印刷 - 159
Windows での印刷 - 159
パラレル ポートの使用 - 155
右クリック オプション - 178, 265
仮想ハードディスク

327

[ディスクを元に戻す] オプション - 176
コンパクト化 - 287
ディスクフォーマット - 24
デバイスの構造 - 206
ハードディスクの管理 - 287
プレーン仮想 HD - 24
圧縮するハードディスクの選択 - 296
仮想ハードディスクのファイル タイプ
- 23
仮想マシン内のハードディスク - 204
拡張可能仮想ハードディスク - 24
最適化 - 206
新規の空の仮想ハードディスクの作成 204
仮想ハードディスクのコンパクト化 - 287
仮想ハードディスクのメンテナンス - 287
仮想ハードディスクの圧縮 - 292
仮想マシン

328

索引

Boot Camp からの起動 - 313
USB デバイスの使用 - 156
シャットダウン - 122
スナップショットの作成 - 168
デバイス オプションの編集 - 184
におけるネットワーク - 180
のエイリアス - 118
の状態の保存 - 168
バックアップ - 286
へのマルチユーザー アクセス - 276
マウスの使用 - 178
リセット - 122
一時停止 - 123
仮想マシン - 115
仮想マシン ファイル - 21
仮想マシンのクローン作成 - 278
仮想マシンの管理 - 253
仮想マシンの作成 - 64
仮想マシンの削除 - 282
開く - 116
起動 - 120
構築 - 21
再開 - 123
新規デバイスの追加 - 220
説明 - 47, 117, 185
探索 - 269
中断 - 124
典型的な構築 - 66
保存用フォルダ - 254
名前 - 47, 74, 79, 185
仮想マシン ストレージのデフォルト フォ
ルダ - 254
仮想マシン テクノロジ概要 - 16
仮想マシンのクローン作成 - 278
仮想マシンのシャットダウン - 122
仮想マシンのバックアップ - 286
仮想マシンのリセット - 122
仮想マシンの一時停止 - 123
仮想マシンの構築
仮想マシン構築の作成 - 47, 50, 52, 67
定義 - 21
編集 - 184
仮想マシンの再開 - 123
仮想マシンの削除 - 282
仮想マシンの参照 - 269
仮想マシンの探索 - 269
仮想マシンの中断 - 124, 253

仮想マシンの停止 - 122
仮想マシンの電源オフ - 53, 122
仮想マシン構築の編集 - 184
仮想マシン内の IDE デバイス
CD/DVD-ROM - 208
ハードディスク - 204
仮想マシン用の RAM オプション - 201
画面アニメーション - 263
画面コピー
ゲスト オペレーティング システム画面
の - 63
バグ報告用 - 317
画面コピーの作成 - 63
画面解像度
Linux での追加 - 251
Linux での変更 - 251
Windows での追加 - 250
Windows での変更 - 250
カスタムの画面解像度 - 249
解像度変更ツール - 98
開く
仮想マシン - 116
構築エディタ - 57
拡張可能ディスク - 24
管理者パスワード - 69
起動
Mac OS でのお気に入り - 119
Parallels Desktop - 36
仮想マシン - 120
起動オプション - 47, 118, 254
起動モード - 187
技術サポート - 316
技術的概要 - 16
共有 Web アプリケーション - 254
共有ネットワーク (NAT) - 181
共有フォルダ
ゲスト OS での表示 - 243
共有フォルダ - 194
共有フォルダの使用 - 241
共有フォルダの設定 - 242
共有フォルダへのアクセス - 243
共有フォルダ ツール - 98
共有フォルダへのアクセス - 243
更新チェック、自動 - 39
構築

索引

FreeBSD での X Window System - 95
Mighty Mouse、構築 - 178
仮想マシン、構築 - 66
構築エディタ - 50, 57, 184
構築ページ - 47, 50, 57, 184
高速インストール、Windows Vista または
Windows XP - 69
作成
Boot Camp での仮想マシン - 310
カスタム仮想マシン - 79
フロッピー ディスク イメージ - 268
仮想ハードディスク - 204
仮想マシン - 64
典型的な仮想マシン - 74
削除
お気に入りからの Windows アプリケー
ション - 119
デバイスの削除 - 241
自動更新チェック - 39
実行
Parallels Compressor を自動的に起動 299
仮想マシン - 115
実行モード (Parallels Compressor) - 295
実行時、構築内容の変更 - 147
切断
CD/DVD-ROM ドライブ - 148
USB デバイス - 153
サウンド デバイス - 152
シリアル ポート - 150
ネットワーク アダプタ - 149
パラレル ポート - 150
フロッピーディスク ドライブ - 149
接続
CD/DVD-ROM イメージ、接続 - 208
CD/DVD-ROM ドライブ、接続 - 148
USB デバイス、接続 - 153
サウンド デバイス、接続 - 152
シリアル ポート、接続 - 150
ネットワーク アダプタ、接続 - 149
パラレル ポート、接続 - 150
パラレル ポート経由のプリンタ - 155
フロッピーディスク ドライブ、接続 149
マイクロフォン (USB) - 153
全画面モード

329

オプション - 261, 263, 265
への切り換え - 125, 263, 265
への切り換え時のアニメーション - 125,
263
全画面モードへの切り換え - 125
追加
CD/DVD-ROM ドライブ - 225
Parallels Desktop アイコンを Dock に追
加する - 36
USB コントローラ - 239
お気に入りの Windows アプリケーショ
ン アイコンを Dock に追加する - 119,
127
カスタムの画面解像度、追加 - 250, 251
シリアル ポート - 232
ネットワーク アダプタ、追加 - 228
ハードウェア デバイス - 220, 222
ハードディスク - 222
パラレル ポート - 235
共有フォルダ - 242
典型的な仮想マシン
典型的な仮想マシンの構築 - 66
典型的な仮想マシンの作成 - 74
非表示のメッセージ - 261
非表示メッセージを再度表示する - 261
標準圧縮モード (Parallels Compressor) - 296
表示のカスタマイズ - 131
表示の切り換え - 131
分割ディスク - 24
変更
ツールバーのアイコン セット - 131
ツールバーの位置 - 53
メディア、変更 - 147
仮想マシンのデフォルト フォルダ - 254
画面解像度 (Linux) - 251
画面解像度 (Windows) - 250
管理者パスワード - 69
実行時の構築 - 147
問題を報告 - 317

Sponsor Documents

Or use your account on DocShare.tips

Hide

Forgot your password?

Or register your new account on DocShare.tips

Hide

Lost your password? Please enter your email address. You will receive a link to create a new password.

Back to log-in

Close